10年振りの味スタ、7年振りの再会&倉敷アナのコト

2018年05月14日 11:20

2018明治安田生命J1リーグ 第14節
FC東京0-0札幌 味の素スタジアム/24,589人
得点 東京;
   札幌;



20180514111411845.jpeg


GWのガンバ戦も参戦したのですが、連休明け忙し
過ぎてブログアップ出来ず。たまたま東京の本社で
週末研修がありそのまま週末を実家で過ごした為、
東京戦は会社の金で参戦する事が出来ましたw

今年は広島・鹿島・浦和・東京と早くもアウェー戦
四度目なのだが、結果は0勝1敗3分。しかも3戦
連続でのスコアレスドローは正直残念。。。
まあ試合内容はどれも素晴らしかったので、昔の様
な帰路の足取りの重さが全く無いのは有難いですw

実家の八王子から飛田給へ、待機列で雨も本格的に
なって来てヤダナーと思ってると、会社の元先輩で
2000年代にいつも一緒にアウェー遠征してた方
に偶然にもバッタリ。昇格した11年ホーム最終戦
でお会いして以来の再会。

そこそこ歳も上の方だしこちらも子育てでバタバタ
している間に縁遠くなってしまっていましたが、住
まれてる仙台から今も年数度アウェー参戦されてい
る様で、去年も清水で残留の場に立ち会ったとか。
当然ご一緒させて頂き、昔話に花が咲きました。

試合は雨が激しくなる中一進一退の攻防。ただ全体
的には東京が狙うショートカウンターの脅威を感じ
つつ、札幌は先発復帰したジェイと都倉へのロング
ボールをアクセントに、慎重なボール運びに終始。
序盤ソンユンの好セーブから怒涛のシュートを浴び
て以降、札幌の時間は多くはありませんでした。

今年のデータを象徴する様に後半から徐々に札幌の
時間が増え始めましたが、流石にガンバを短期間で
立て直した長谷川健太スタイル、見事復調した森重
を中心としたDFライン&林の鉄壁のディフェンス
を最後迄崩すには至りませんでした。
勝てれば勿論良かったですが、上位同士の痺れる様
な緊張感のある攻守の攻防戦をやり切った事もまた
「新しい景色」の一つでした。

三好がいないせいか、駒井が若干攻撃でやり切れて
いない印象でしたが、その分菅ちゃんが思い切った
攻め上がりをしていたし、進藤も攻守のバランスを
上手く保ち、深井さんはボール狩りは当然機を見た
スペースへのドリブルからのチャンスメークも。

特筆すべきは前節に引続きミンテのカバーリングの
読みの良さ。東京の永井・オリヴェイラの縦突破を
ミンテのカバーが何度も救ってくれた。

この様にミシャが使い続ける若手達が、確実に開幕
当初から大きな進化を遂げ、この「新しい景色」の
中で躍動している事を本当に大きな喜びと感じる。

一点苦言を呈するとすれば絶対的に評価はしている
都倉なのだが、競り合い時手で相手をプッシングす
るクセはそろそろ治したい。札幌のセットプレーが
ファールになるシーンの多さが話題となったが、そ
こでも何度かやっていたし、フィフティのボールで
DFとの競り合いももう少しフェアにやって欲しい。
まあその都倉の強引さで獲ってくれたゴールも多い
んだけどさ。。。

さて、ツイッターのTLで実況の倉敷さんへの批判を
結構見て、「ク・ソンヨン」「名古屋ボール」辺り
の間違いに対して勉強不足だ、と。
前者については、元々海外サッカーの実況時に現地
読みに拘ったりされる方なので、読み間違いという
よりは拘りなのかな?と思ったり(調べてない)。
後者はただの言い間違いでしょうね。

でも帰宅後実況を聞いて、個人的には感動したのが
都倉が味方を信じゴールへ走り込む事を評して、
「戦う気持ちを象徴してくれる選手がいる事は幸せ
ですよね?」
と表現してくれるアナウンサーにウチの試合を実況
して貰えるのは嬉しい事だな、とも思いましたよ。

あと、札幌のセットプレーの守り方に対し
「札幌はキレイに一列のラインを敷いてます。この
守り方のメリット、デメリットを教えて下さい」
と解説の中田に質問した後、東京のセットプレー時
に同じく聞き「札幌=ゾーン・東京=マンマーク」
の説明を行う辺りも相変わらず流石だな、とも。

倉敷さんも相手を見て質問してるんだろな。
同じ事を秋田解説員に聞いた所でボヤっとした答え
しか返ってこんからなww



スポンサーサイト

日々是成長

2018年04月25日 11:13

2018明治安田生命J1リーグ 第9節
浦和0-0札幌 埼玉スタジアム2002/39,091人
得点 浦和;
   札幌;


2018042511051600a.jpeg

浦和戦、10年振りに埼スタに行って参りました。
大槻代行監督の元短期間でチームを修復、3連勝中
の浦和に対し、同じく3連勝中の札幌が挑む敵地で
のゲーム。流石ミシャの戦い方を熟知している大槻
さんだけあって、前半から終始浦和ペースで圧され
ながら何とか守備を破たんさせず耐え凌ぎ後半へ。
後半選手交代とシステムの微調整で立て直し、以降
互角に戦った上でのスコアレスドローの結果となり
ました。

確かに勝てれば良かったのですが、鹿島戦同様この
敵地でのドローは、今の札幌には価値の大きい結果
だと思います。しかも鹿島戦とはまた違い、浦和が
主導権を握るゲームを、去年の守備のベースも活か
しつつ修正しながら立て直した所も大きな意味があ
る、と思います。

一方駒井の不在は大きく、昨年機能した荒野のWB
はミシャのスタイルでは機能しなかった。基本的に
ミシャシステムでのWBは、ボールテクニックと運
動量以上にスピード&一対一で前を向いてプレー出
来るかが求められている為、駒井不在で福森との左
での崩しが求められたこの試合で菅ちゃんの足りな
い所も明らかになった様に思う。
菅ちゃんは物凄く頑張ってる。でもチームで上を目
指そうとするなら、駒井と同等のプレーが出来ない
と厳しい。そして現状WBの控えである白井や早坂
もしかり。

先週株式会社コンサドーレの決算公告に関する記事
に、今期は2億4千万の赤字見込、野々村社長曰く
先行投資によるものとの説明だった。この記事を読
んでまず思った事だが、現状のレギュラー選手には
レンタルが3人いる。しかも3人とも絶対に外せな
い選手。レンタルである以上来年彼らが札幌に残っ
てくれるかどうかは分からない。

しかも今期ここまで赤字を計上した以上、チームと
選手の意向が一致したとしても3人共に完全移籍を
目指す事は恐らく難しいだろう。
それであれば、彼らの誰かが外れてもチームが機能
する様にシーズンを通して成長して行かなければ、
この先行投資は上手くいかなくなる可能性もある。

会社としては大きな勝負に出ている訳で、その成功
も失敗も若手ベテランに関わらず選手の成長にかか
ってる訳です。

その意味で都倉が急激に成長していることは非常に
頼もしい。この敵地で個の能力も高い相手に対し、
前線で巧みなボールキープ能力を見せ、厳しい局面
でも都倉に預ければ時間を作ってくれる安心感すら
あった。去年迄はフィジカルでガチャガチャやって
何とか収めるイメージだったのが、足元の技術を使
ってやれる様になった。DAZNでは解説の戸田さん
から「31歳でも十分代表を狙える」とお褒めの言
葉も貰っていた。

さて、アウトレイジ大槻さんのお陰でここ最近動員
も陰っていた埼スタに4万人近い観客が来ていたの
で、流石に10年前に来た頃程では無かったが、相
変わらずJ屈指の「究極のアウェー体験」だった。
正面の赤い壁から来る「声の圧」と言ったら、正直
こないだ感じた鹿島の比では無かった。
上段の座席だったのもあったが、自軍のチャントの
歌い出しが全く聞こえず、戸惑うこともしばしば。

これでこそ浦和ですよ。
いつ来てもこうであって欲しいし、次こそこの空間
を静寂に沈める様な勝利を一緒に掴みたいと思う。

浦和、だいっきらいだけどねw




持っている男達の共演!

2018年04月10日 11:59

2018明治安田生命J1リーグ 第6節
札幌3-0名古屋 札幌ドーム/17,390人
得点 札幌;26'進藤、69’都倉、73’OG
   名古屋;


20180410111416a8f.jpeg

岐阜で町工場をやっているお客さんから最近案件を
頂いたのですが、他社よりも条件が悪い中たまたま
社長がFC岐阜、息子が名古屋のサポーターと発覚
し話が盛り上がり、今回の名古屋戦息子を連れ旅行
がてら遠征したいとなり①ホテルを予約②金・土の
夜の店を予約し、土曜の試合後付き合う事を条件に
案件をウチで決めて貰っていましたw

まあこれまでガチでサポーターのお客さんには中々
遭遇することが無かったので、楽しく仕事させても
らいました。社長は札幌ゴール裏で観戦するとの事
試合前に去年の浦和戦で貰ったユニを寄贈し、札幌
ゴール裏の雰囲気も含め楽しんで頂けた様子でした。

また次女が道新のエスコートキッズに当選し、全く
サッカー興味の無いヨメが10数年ぶりにドームに来
場、付添でピッチ脇に入って喜んでくれたり、色々
盛り沢山の一日でした。

名古屋は開幕連勝もその後ルヴァン含め連敗中、加
えてインフルエンザでシャビエルが欠場との不運。
この試合から始まった「スタジアムTV」では健作が
キーマンは彼だ、とVを流しつつ
「しかし今日シャビエル出ません!」
という、アップダウンの二人がズコーっとする展開
が中々面白かったです良かったね健作仕事貰えて。

正直去年風間サッカーが上手くハマらなかった中で
シャビエルが来てからプレーオフ圏内に絡める様に
なった通り、今はまだ彼の個の打開力で何とか勝負
を決めている段階。札幌にとって名古屋相手にああ
いう展開に持ち込めたのは彼の不在が大きかった。

同じ攻撃的サッカーとは言え、ピッチを大きく使い
極力オートマティックな展開をベースとするる札幌
に対し、「止める」「目を揃える」等独特の言語で
意識を共通化した上で、狭いスペースでパスを回し
続ける事で攻撃は最大の防御を実現したい風間革命
サッカーwでは向いている方向が180度違う。

その名古屋に対し、今や更に去年の四方田サッカー
とのハイブリッドなスタイルへと進化しつつある
札幌は序盤名古屋にボールを回される時間も我慢、
ショートカウンダーを主体に攻撃を完結させるつつ
徐々に能動的にパスを回してミシャスタイルに試合
を通じて変化し、試合を支配していった。

1点目は次女がエスコートキッズで一緒に入場した
進藤の得点で正直家族一同大興奮でしたww
今年の進藤のセカンドブレイクっぷり、また去年迄
も大事な試合でちゃっかり出る辺り「持ってる」感
結構ハンパ無いと思うw

まあ結局セットプレーでの得点だよね、というのは
さておき、押し込みながらも鹿島戦に続き決定機を
外している中で前半に得点出来たのは大きかった。

後半も大勢は変わらず、決定機を外しまくった都倉
が交代の筈が直前の三好のケガでそのまま残り、
結果としてジェイのクロスを今節のベストゴールと
なったあのクリロナオーバーヘッドに繋がった辺り
都倉も流石「持ってる男」だな、と思う。

そして「持ってる」と言えばクッシーw
クッシーと言えばナツさんとの足元改善問題があっ
たよね?と言う札幌サポの疑問とは裏腹に、名古屋
の数少ない本職CBとしてパスを繋ぐ風間スタイル
の中心となり活躍、迎えた凱旋試合なのにあそこ迄
見事なオウンゴールを決めるとは。。。

因みに試合後のお客さんとの飲み会で、名古屋サポ
の息子さんとその先輩に開口一番で
「櫛引がすみませんでした!」
と謝罪したのですがwまあ札幌時代同様にいじられ
キャラとしてサポからも認知されている様で、愛さ
れている様子に安心しました。

名古屋はアウェー札幌での過去最多動員だった様子
で、かなり試合前から気合が入ってた様ですが都倉
の得点で大分トーンダウンしてしまった、との事。

飲み会自体は仕事の話は一切せず、サッカーの話で
4時間も盛り上がり、食事含め満足して帰って頂け
て、私も接待というよりは同じサッカー仲間の飲み
会として存分に楽しめました。

色んな意味で「最高の週末」でしたー!

ホームではカシマって勝ってやろう

2018年04月02日 12:38

2018明治安田生命J1リーグ 第5節
鹿島0-0札幌 カシマスタジアム/19,629人
得点 鹿島;
   札幌;


20180402111205a74.jpeg

つい2週間程前息子から「鹿島行くの?」と聞かれ
「遠いから行かないよ」と答えたもののそう言えば
アクセスどうだっけ?とか何とか調べているうちに
すっかり行く気になってしまい、翌日チケット購入
していたという、欲求の悪魔に勝てない自分の意思
の弱さにただただ呆れている。

ただ、鹿島だけ行くのも癪(?)なので、東京駅で
友人数名と飲むことにしたのだが、試合開始を2時
(本当は3時)と勘違いして約束してしまい、結果
大幅に遅刻することとなり、終了後は猛ダッシュで
東京行きバスに乗るハメに。7人程集まってくれた
が、八重洲発の深夜バスの時間まで付き合って貰い
そちらでも楽しい時間を過ごせました。

さて。勝てなかったし誤審もあったし、決して満足
出来る結果では無いけれど、過去鹿島に敵地で6戦
全敗。且つ殆どが惨敗、その歴史は我々サポーター
に深い傷の様に刻まれており、それだけに眼前で
札幌の選手達が躍動する姿を、少しだけ夢の様な気
持ちで観ていました。

試合前の予想として、伝統的に鹿島は堅い守備を軸
に相手の弱点を一撃するチーム故、当然ながら札幌
のここまでの守備の切り替えの遅さ、裏のスペース
を狙ってくると思ってた。

前者については、中断期間でネガトラでの意識の切
り替えが改善され、開幕直後の3失点を続けていた
頃と違い、奪われても勇気を持って前へ行く守備が
出来ていた。勿論これまでの勢いだけの蛮勇ではな
く、知性を持ちハメに行く意思のある守備だった。

後者について、大岩監督の事はよく知らないのだが
前半の様子、HTに昌子が慌てて守備の確認してた
様子から、ウチへのスカウティングなんぞ大してや
ってなかったんだろうな、と思ったりする。

鹿島の選手達の意識も、永木と金崎がFKのキッカー
をジャンケンで決めてた頃はまだ余裕が感じられた
が、三好がラインを割った球を蹴り出したプレーに
必要に抗議してきた頃には、既に余裕の無さが感じ
られた。

確かに札幌がセカンドボールもほぼ回収し攻め続け
ていた事もあるのだろうが、彼らはそういう時間も
試合の中で許容出来る様に鍛錬されてる筈で、そこ
まで混乱する様には普通なら考えにくい。

個人的には前半10分前後に何とかボールを納めて
起点になろうとした金崎を、深井さんがファールを
させて止め、2回目は奪い切り、3回目は抜けられ
れば危ないシーンをファールで止めた事と、進藤が
サイドに流れて中に切り込みたい鈴木に対し、二度
しっかり対応し、思う様にやらせなかった事は試合
序盤に見せるプレーとして非常に大きかったと思う。

鹿島が誇る、そして他サポにはいつも憎たらしい事
この上ない、負けん気の塊の様なこの二人のプレー
をほぼ完璧に札幌の若武者2人が封じた事で、鹿島
があれっ?という雰囲気に包まれたのでは、と。
あのレオシルバが前半三回イージーなパスミスをし
ていたのも余り観たことが無い光景だった。

この試合ジェイが怪我で離脱、リーグ戦初先発とな
った都倉、これまで2シャドーとの関係性が今一つ
だったが、ここに来てフィットさせてきた上で元々
持ってる献身的な守備、高さ、強さ、裏を取る能力
を巧く調和させていた。ジェイがベストの状態でな
ければ、今の都倉ならスタートで全く問題無い。

但し、結果得点をこの試合では取れず。去年の鹿島
戦同様、最後の所では絶対やらせない執念を見せた
代表CBの昌子、植田から得点出来ないのであれば
レギュラーに定着出来ない、そのレベルにチームは
進みつつあり、もう一段の成長が必要と思う。

ソンユンのプレーも進化していた。前半は金崎のプ
レスをキックフェイントで交わし、後半にはGKに
ガラガラの裏のスペースに放り込まれあわやの所を
右サイドセンターライン手前まで飛び出しカットし
た。これにはゴール裏も流石にざわめいていたw

他にもチャナも菅ちゃんもミンテも、ミシャが求め
るレベルに一段上げてきた。駒井や三好、宮澤福森
も持っているその実力を存分に発揮出来る様になっ
てきた。賛否色々あったミシャ就任だったけれど、
四方田さんのアイデアも見える形で活かされており
これならば選手のレベルアップと、チームのベース
作りの両方が実現出来る様に思えてきた。

昌子のハンド見逃しについては、正直主審が見逃し
たとしても、副審が見れる位置にいた筈で許しがた
い所ではあるが、三好が言う通りその他に決めるべ
きシーンは多くあった訳で、そこで取りきれる様に
進化して行こう、と前向きになるべきである。
次のホームでは必死に攻めてくる鹿島をいなし、逆
にカシマって勝ってやりたい、とすら思う。

・・・と今は言えるけど、スタジアムでは滅茶苦茶
審判にどなってましたけどね、私w

クソアクセスの上渋滞も酷かったけれど、専スタと
して最高レベルだったし、モツ煮も豚串もコスパが
最高レベルだったし、楽しい鹿島遠征でした!

こちらこそなんまらありがとう

2018年03月19日 11:10

2018明治安田生命J1リーグ 第4節
札幌2-1長崎 札幌ドーム/13,568人
得点 札幌;53’ジェイ、90+4’チャナティップ
   長崎;82’翁長


土曜は奈良へ朝イチで高速バス移動し、7年振りに
高校・大学の友人と会ってきた。奈良市内の寺関係
を中学校の修学旅行ぶりに観光も、正直食も含めて
地味な所が多くwまあ目的は友人と会う事だったの
で早い時間から飲んで、早い時間に近鉄で名古屋へ
戻ってきた。自分もいい歳になって来たので、そろ
そろ会える時に会うべき人に会っておかないと、と
最近思う様になり、無理してでも行く様にしてる。

とは言え、名古屋は関東と関西の中間なのでどこへ
行くにもちょっと頑張れば行ける。東京は新幹線で
1時間ちょいだし、安く行きたければ高速バスも。
関西は近いし、安く行きたければJRや私鉄の鈍行を
使えば2-3千円で行ける。非常にありがたい。

さて昨日は午前出かけ所要をすまし、溜まった家事
を片付け、万全の体制でDAZN観戦。
予想通り、長崎のミラーゲームにして後ろを固めて
からのカウンターに苦しめられる展開。前半はほぼ
効果的な崩しは見られず、長崎が決定機を2度外し
てくれたお陰で何とか0-0で折り返し。

1トップのジェイにチェ・キュベックが常にマーク
に付かれ、三好やチャナも狭いプレーエリアで前を
向けず、長崎ゴール前のエリアを攻略出来ず。
今期ここまでサイドチェンジで局面打開してきたが
相手WBが逆サイドもしっかりケアしており、逆に
カウンターの起点となる場面も多かった。

また運動量が担保されている長崎は試合通じ前プレ
が減衰せず、CB-ボランチへのプレッシャーも激し
い為GKまで戻してのロングボールも多く、ライン
が間延びしルーズボールも回収出来ず。支配率は
札幌でも長崎に完全にコントロールされていた。

ボランチには荒野と深井が入ったのだが、プレスが
キツイ事もあり彼らが真ん中で前を向く場面は殆ど
見られず。確かにリスクはあるけれどあそこで後ろ
へ簡単に下げてしまうとラインはズルズル下がって
しまう。3-4回に1回でも何とかいなして前を向くか
前へのパスコースを作らないと、このサッカーをや
っていく以上厳しいと思う。

後半の先制点はチャナティップのボール奪取からの
すんばらしい体幹の強さで相手に引っ張られながら
も前を向き、相手DF2枚の間に位置取りしたジェイ
へのスルーパス、簡単では無いが流石にこれは外す
筈が無くGKの逆を付き見事にゲット。
終盤運動量の落ちない長崎が圧す展開、82分に追い
つかれ、ドローがやっとか?と思いきや都倉の投入
で相手WBが上がった裏をドリブルさせて押込み、
ほぼラストプレーのFKで福森が狙い通りにジェイ
の頭へ、その折り返しをチャナがヘッダー。
劇的な勝ち越し弾となった。

結局は四方田サッカーかよ!とツイッターのTLには
並んでいましたが、元々狙いはミシャ式と四方田式
のハイブリッドサッカーな訳で、ミシャ式がある程
度構築出来る迄は、昨日の様にいざとなれば無骨な
サッカーも出来る、というのは実際強みだと思う。

また都倉は高さのターゲットでは無く、シャドーの
選手としてスペースへ流れてドリブルさせれば相当
相手に対し脅威になるので、ここまでリーグ戦での
出番が限られているが、自分の活きる方法を掴んだ
とすれば、大きな一歩になったのではないか。

そして何と言ってもチャナ。もはや札幌のメッシと
言っても良い。1点目のスルーパスは彼の真骨頂だ
し、2点目の得点感覚は今期覚醒したと言えそう。
ヒーローインタビューで「なんまらありがとう」
って言ってくれてたけど、今チームが耐えられてる
のは彼がいるから。こっちこそありがとうだよ。
タイ人J初得点は広島のライバルに取られたものの
得点数で上回って行こう。

夜の川崎×名古屋を観て、そのボール回しのレベル
の高さに愕然としました。ミシャ式と違いシステム
化してる訳では無いのに、長崎以上にキツイ名古屋
のプレスを巧みに剥がしてボールをポンポン繋いで
行く川崎、見ていて軽く眩暈がしました。
本来の風間サッカーが出来ずともそれならとGBXの
個人技、活きの良い青木が繰り出す鋭いカウンター
でジョーの決定力を活かそうとする名古屋の試合は
ちょっと別次元でした。ここに札幌が勝てるの?と。

それでも昨年までだったら守ってからのカウンター
しか他に活路が無かった筈。今はまだまだレベルが
違うけれど、もっと精度を上げて行けば状況に応じ
選択肢も増やしていくことが出来る筈だ。

中断期間後はアウェー鹿島戦。
これまでの鹿島戦とは違う展開になることを期待。







勘違い甚だしい、ホーム開幕戦

2018年03月14日 15:18

2018明治安田生命J1リーグ 第3節
札幌1‐3清水 札幌ドーム/19,390人
得点 札幌;15’ジェイ
   清水;26’クリスラン、48’金子、67’河井


今更ながら開幕戦について。

だぞーんのドリンク無料券配布に食いついた子供達
が早く行きたい、というので珍しく最優先先行入場
の時間にドーム着。先週のセレッソ戦のたこ焼きの
件があったので、飲み放題だと思ってたらそうでは
無かった事に気づき、結果子供達のドリンクを多く
買わされるハメになったのはここだけの話。
思い込みでの勘違いはホントダメ。
滞在時間も長くナイトゲームだったし、帰りの地下
鉄は子供達全員ぐったりでした。

過去ドーム開幕戦でナイトゲームって記憶が無いの
ですが、その影響か動員2万人切りは正直試合結果
以上にショックでしたね。道外民でよく知りません
が何でいつもやるTV局周りをしなかったんですか
ね?あれだけ地上波TVの影響力を強調していたの
に、何かDAZNデイだったことが関係しているのか
などと勘繰っちゃいます。試合開始時間についても
当然ながらDAZN主導でしょうから。

ドールズが試合前に居なかったこと、HTのダンス
が無かったことについて「なぜ?」とのツイートも
ありました。DAZNブースに結構長く居ましたね。
HTは100万チャレンジもあったし、なんせJの巨大
パトロンだし、ビールタダで飲ませて貰った訳なの
でw諸々仕方無いのかねえ。

さて試合ですが、正直広島戦、セレッソ戦以上に胸
がワクワクしましたよ!ジェイの得点シーン、兵藤
のサイドチェンジからの駒井の見事なクロスは勿論
でしたが、その前の左サイドでの清水のプレスを掻
い潜ってのパス交換は正直痺れました!

「スゲー!スゲー!」と得点後興奮していたのは今
となってはいい思い出ですw

が。
後半は一転、単調なパターンに清水もすっかり慣れ
てしまい、落ち着いて奪い所を決めて刈られ、且つ
終盤になると疲労からボール運びもままならず。
守備はルヴァン甲府戦の感じ、とまでは言いません
がCBがあっさりサイドに釣られ中を崩される場面
の多いこと多いこと。

セレッソ戦では終盤までもったスタミナ面も顕著に
逓減していったのもどうも気になりますが、よーく
考えてみればホーム開幕勝利や開幕ダッシュを期待
するのはウチのチームにとっては歴史的に見ても酷
だった、と思えばまあ我々も切り替えられますね。

大体前節ちょっと良いサッカーが出来てたくらいで
ウチの長年の伝統が簡単に覆せると思うなぞ、まあ
勘違いも甚だしいw

三好くんが凄すぎて、もはやシャドーとして欠く事
は考えられませんね。ただシュートだけはふかすの
が気になりますが。。深井さんの凄さも改めて実感
出来ました。菅ちゃんと進藤はもっと頑張らないと
ダメだよね?このメンバーの中で自分が出ている事
の意味をもっとよく考えないと。

ってことで今日はルヴァン磐田戦、来週は長崎戦と
ホーム連戦で何とか勝利を手にして貰って、ムード
を変えて欲しいところ。でもジャパネット長崎さん
は高木さんが色々やってくるだろうから、厳しい
戦いになるだろうね。



広島戦旅行記

2018年03月01日 16:11

一昨年亡くなった小学校の担任が、戦争や原爆等の
伝承に熱心な方で、その頃から一度は広島へ行きた
いと思いつつ実現する機会無く。
そして先日再上映していた「この世界の片隅で」を
観て、中盤以降映画館で号泣し続ける程感動した事
でよりその思いも強くなっていました。

栄より人生初の深夜バスに。3列シートだったので
思いのほか快適・・・と思ったのだが、腰痛持ちと
しては結局寝返りを打てないからダメ、という事は
良く分かった。

広島駅に8:00に到着。広電の1日乗車券600円を
購入。明日は宮島行くので、ロープウェー割引券の
付いた乗船券付840円を買おう、と思ってたら張り
紙に「ロープウェー改修の為運休中」と。残念。

2018030116023051b.jpeg
早速広電で原爆ドームへ。「原爆ドーム前」で降車
するとすぐ目の前。正直ここまで生々しい感じで今
もそのまま残ってる事に衝撃。
20180301160226f69.jpeg

その後平和記念公園を散策、TV越しの式典で観る
あの場所に。石碑の言葉が重すぎる。
平和祈念資料館、本館が耐震工事閉館中と。宮島
の件と続き残念だが、新館の展示だけでも十分。。

「この世界の」の中で、すずさんが呉で日常化する
空襲に心を削られ、空襲の無い実家の広島へ帰りた
いと旦那さんへぶつけるシーンが印象的だったが、
「米軍は原爆目標都市には空襲を行わない」と通達
があった、展示に書かれていて、改めてあのシーン
を振り返ると尚の事切なくなってしまった。

被爆者の方々が当時の様子を振り返るビデオに暫く
釘づけにされ動けなくなり、焼け焦げた三輪車、
被爆者の方の残された服、酷い火傷姿の写真の数々
にもう・・・と思いつつ何とか全てを見ました。

言葉が間違っているかもしれませんが、我々日本人
はかの戦争で、戦って、空襲で、原爆で亡くなった
方、あの映画のすずさんの様に悲しみの中で何とか
日常を続ける事で平静を保とうとして、生き残った
方のお陰で今の平和な世の中がある事を、憲法改正
等の議論が活発化している今こそ、その賛否は別と
して改めて思い返さなければいけない、と思う。

他者や他国と真剣に戦うのはサッカー位がちょうど
良いのだ。


その後広島駅付近でお好み焼きを食べ、アストラム
ライン「サンフレッチェ応援きっぷ」600円を購入
し向かうのだが・・・遠い!!時間にすれば新白鳥
から32分なのだが、スピード感の無いモノレール
田舎感が増して行く車窓の景色と相まり、実感的に
は正直J1最悪クラスのアクセス、と感じました。
且つ駅から徒歩10分超の坂道と来たもんだ。

恐らくですが、鈴井さんがいましたw正面に座って
おりましたが、完全にオーラを消そうとしてたので
まあ声はかけませんw遠くまで有難うございます!

20180301160228be0.jpeg
スタジアムの印象も特にありません。典型的陸スタ
で設備も古い。座席は背もたれなし。アウェー側は
ずっと逆光w中に入ると売店は1か所のみでしたが
再入場OKなので、外に出店は結構あってそれは良
さげでした。私は何にも買いませんでしたが。

20180301160228922.jpeg
試合以外のこの日のハイライトは試合開始直後表示
されたこの呼び出し。ハーフタイムにも出たので何
か余程のことがあったのでしょうw

2018030116024881c.jpeg
帰り。袋町近辺でカキ小屋を3件程リストアップし
てたのですが、どこも入れず。面倒臭くなってすぐ
目の前にあったやきとりの秋吉に入ってしまったw
知らなかったのだが、福井の会社なのね。。。
でも超好きな店だった。純けいが旨い、安い、女将
のコールが面白いww店舗名古屋にもあるんだね。

その後最近流行りの汁なし担担麺のキング軒に。
細麺が特徴的。札幌の175℃DENO担担麺が好きな
のだが、あそこよりもっと庶民的な感じ。
実はそばにあったお好み焼きの八昌に行こうと思っ
てたのだが、軽く1時間待ち位の物凄い行列で断念。

201803011602502bf.jpeg
翌日。8時にはホテル出て広島駅からJRで宮島へ。
JRフェリーの方で島についたのは9時過ぎ位。
干潮で、皆近くまで行ってましたが靴を汚したくな
かったw

2018030116031641e.jpeg
想像していたよりも鳥居が大きかったですね。迫力
ありました。出来れば満潮の時にまた来たいな。
色々見て回りましたが千畳閣が個人的好みでした。
秀吉が作ったとか、板壁が無いので高台で解放感も
あり、屋根の張りに木が丸々一本使われてたり中々
の迫力でした。

20180301160251166.jpeg
20180301160310a0a.jpeg
20180301160252b59.jpeg
昨日食べれなかったカキリベンジで牡蠣屋さんへ。
特選牡蠣屋定食と生ガキと白ワイン。
定食には焼ガキ・カキフライ・オイル漬け・カキの
炊き込みご飯・カキの赤だし味噌汁。最高。
全てカキが大ぶり、生も焼きも最高。カキフライが
また最高。仙台のかき徳のと甲乙付けがたい。

食後ものんびり宮島探索し、今度は広電で市内へ。
紙谷町西で降りて広島城へ。この頃にはもはや歩き
過ぎで足が痛くなってきた。結局二日で38,000歩。
広島城は・・・特にありませんw

20180301160312152.jpeg
そこから胡町まで歩いて最後にふみちゃんへ。
うっかり写真撮り忘れたのだが、ウマすぎでした。
前日の店もそこそこ人気店だったのだが、正直昨日
のなんなん?って言いたくなる程美味しかった!
広島焼(というと某機関からの刺客に殺されると聞
ておりますが)のあの鉄板の上でヘラを忙しそうに
チャッチャ捌いて行ったり来たりするあの雰囲気は
凄く「美味しいの作ったる感」があって好きですw

20180301160315194.jpeg
201803011603138f4.jpeg

帰り広島駅でお土産にハスキン磯部氏がイチオシし
てたせんじ肉を探してると、カープグッズコーナー
がずらり。ただ良く見ると地元食品会社とのコラボ
商品だけで1列!!この他にお菓子のみで平棚が。
これ北海道ならもっとやれるでしょ!と思うけれど
残念、まだそこまでの全国的知名度が無いからね。
これと別で公式のグッズショップも。流石グッズの
売上50億超。凄い。

以上、広島戦参戦旅行記でした。

冒険コンサドーレの開幕

2018年02月26日 20:58

2018明治安田生命J1リーグ 第1節
広島1-0札幌 エディオンS広島/17,026人
得点 広島;28’ティーラシン
   札幌;

広島での開幕戦へ行ってきました。
久々の泊りアウェー遠征だったので遠征記は別で。

2月開幕になってからサポの感覚としては少しだけ
オフシーズンが短くなったことは、ある意味有難い
のではありますが、選手やスタッフからすればオフ
は短くなるし、チーム作りの準備期間も十分取れな
かったりするのでしょうから、共に監督が変わった
両チームにとってはどうだったのかな、と。

キャンプ中の札幌を追う中で、断片的な情報を元に
想像するに、諸々の練習試合の結果については不安
視せざるを得ない雰囲気もありましたが、この試合
での内容も考慮すると、比較的順調に行ったのかな
というのが素直な開幕戦を観た感想です。

何せ継続すりゃある程度の結果は計算出来たのに、
180度方向転換し、リスク承知のミシャ式サッカー
を1カ月ちょい仕込んだだけで、ここまで表現出来
たのは上出来じゃない?と思ったので。

まず良かった点は、ボール回しが想像してたよりは
恰好がついていたこと。これは去年のJ1でベース
もあるのと、新加入選手のスペックによる所が大き
い。深井さんなんかは元々の技術が高いのは知って
るけど、何年もこのサッカーやってる様な雰囲気も
あったし、福森は貫禄すら出て来たし、宮澤は言う
までも無く、進藤が一番不安だったが意外や意外w
菅ちゃんはまだすこーし不安かな。。

ミンテが正直不安定だったが、あれはマークの付く
シャドーに厳しいボールを付けにいくチャレンジを
してのミスだったので、多めに見てあげたいところ
・・・ではあるがクリアとかはもう少し味方を認知
して冷静にやって欲しい。

繋ぎがそれなりに恰好ついてた理由として、いざと
なれば長いボールを蹴っても良い、と恐らく指示が
出てた事で余裕を持ててたんじゃないか、と。
一時期の広島や浦和だと、蹴るのは許され無い位の
厳しいボール繋ぎやってたんで。ウチの選手達に今
そこまで要求したら結果は出ない事も重々承知して
いるのでしょう。

そういう意味ではしっかりボールを保持して左右に
相手を動かし、最終的にはジェイへのクロスで攻撃
を終わらせていた辺りに序盤戦は崩しの形に拘り過
ぎず、内容と結果の両面を求めていく、という事が
感じ取れた気がします。

気を付けるべきは失点シーンに見られたようなCB
が釣り出されてしまう様な守備面でのカオスを如何
に少なくするか。あの場面、ティーラシンとパトが
クロスの受けてでそのマークが菅ちゃん1人ってw
ミンテがサイドのケアに行ってしまった上、進藤も
福森も戻りきれてなく、明らかに自爆だったのだが
その辺どう整理するのか?この辺は多分ヨモさんが
引き受けるのだと思うがww

期待される攻撃は正直長い目で見る必要がありそう。
広島はまだ城福さんの戦術が浸透していないのか、
基本リアクションからのFW2枚任せの攻撃だった。
流石に千葉・水本の代表級CBを中心に引かれると
ジェイ1枚に放り込んでそこを崩すのは難しい。
実際ジェイへのクロスはほぼ跳ね返されてた。

本来ミシャサッカーはサイドからのクロスじゃなく、
そこから更にえぐったり、マイナスのクロスetc…
そういった選択肢がぼんぼん出てくる様になるのは
シーズン中の伸びシロとして期待しましょうか。

そんな中三好だけが真ん中での崩しの絵を持ってて
ジェイと打開しようとしてたのは凄かった!正直こ
んな選手がウチにいて良いの??w駒井は今はまだ
バランスを重視している感じもありこれからかな?

あと今期凄いな、と思うのが控え選手の層が明らか
に厚くなったことですね。ベンチに入ってない選手
がまだまだ主力級でいるってのが頼もしい!

と言う訳で試合後コルリが言った通り、選手もサポ
もこのスタイルを信じてやってく厳しいシーズンに
なることは承知した。そういう意味では過去の辛い
シーズンも、去年の苦しみながら最上の結果を得た
シーズンも、今期がどういう流れになろうともその
経験値の全ては必ず活かせる、と思う。

今期も新聞社・解説陣の予想は下位予想。去年より
はマシだけど、低評価は上等上等。

苦しくも楽しい、冒険シーズンの始まり始まりー。



今は期待感しかない

2018年02月16日 10:42

いよいよ広島との開幕戦まで1週間となりました。

昨日は飲んで帰ってDAZNのカンファレンスを観な
がら寝落ちしてしまいましたが、序盤ミシャが単独
でインタビューを受けてて、去年より注目度はある
のかなという印象も受けました。長年Jで実績を挙
げている監督を迎え入れた事を改めてこういう所で
実感出来たりもしますね。

キャンプ序盤の練習試合での得点の少なさ、失点の
多さに不安を募らせる日々が続きましたが、先日の
パシフィックリムカップ優勝、しかも因縁深いあの
有明放送局様のお陰でw多くの札幌サポが心落ち着
かせることが出来ました。

あの試合を見る限りは、浦和の様なミシャサッカー
では無いのかな、という印象です。ある程度リスク
ヘッジをしながらボールを回しつつ全体を押し上げ
サイドチェンジからテンポアップさせるパターンが
目立っていました。

沖縄での浦和戦の頃は降りてきた選手にCBから縦
にボールを付ける時にミスが出たり、浅い位置での
フリックとかで連携ミスが出てカウンター、WBの
裏をあっさり突かれる等、正直危なっかしさのオン
パレードでしたが、時にはロングボールを相手の裏
に入れる事も、アーリー気味のクロスを入れる事も
それなりにあり、都倉や福森の強みを活かす意図が
非常に感じられました。浦和の頃散々揶揄してきた
ロマンサッカーとは一味違う面を見せてくれそうな
期待感があり、安心すると共に期待が高まります。

正直新加入選手も全員そのままレギュラーに入れる
レベルにあり、既存の選手に思い入れがあるサポに
とっては若干複雑な感情もあったりしますが、そこ
は厳しい競争の世界であり、フラットに全員が競い
高め合ってチームのレベルを上げていって欲しい、
と願うばかりです。

個人的にはやっぱりユースっ子で十分レギュラーに
入れる実力のある荒野・進藤・深井さんに期待。
特に深井さんに対しては、彼のプレーを見る我々こ
そが一切不安を抱かず、他の選手同様の感情で応援
していくシーズンにしたいと思ってる。
絶対大丈夫だし、シーズン終わりには代表も視野に
入ってくる筈、と期待してる。

そして強力なジェイというワントップがいてもなお
都倉がミシャのサッカーに合わせてレベルアップを
果たし、昨年を上回る実績を残すことにも期待。
勿論新加入選手は楽しみだし、去年残留に導いてく
れた他の選手達も新しいサッカーで何を表現してく
れるのか凄く楽しみだ。
もう楽しみな事だらけだなぁ。

今はもう期待感しかありませんが、シーズンが始ま
れば良い時も悪い時もあるでしょう。
我々としては昨年・一昨年同様に常に一体感を持ち
一試合毎の結果への感情に左右されず、一年間を通
しサポートしていく心構えで行きたいと思います。

いよいよ開幕です!来週は広島いってきます!






2018シーズン始動!!

2018年01月15日 20:37

ツイッターの方で写真UPしたのですが、今朝JAL
で名古屋に戻る際新千歳空港内を歩いてると、後ろ
になんだか巨大な人の気配を感じ、振り返ってみる
とそこに居たのはジェイでしたwww

ちょうど選手一行も沖縄に向かう所で、コーチ陣も
含め全員、当然ミシャもいました。ヨモさんが笑顔
で選手が来る毎に大きな声で「おはよう!」と声を
掛けてたのが印象的でしたw

その後ラウンジにいると全選手来て、私が陣取った
席の後方にイナが!数席となりに菊地がが!!
全員朝だし思い思いに過ごしていたので、サポ的な
オーラを出さない様、チラチラ眺めてましたww
てか、選手全員デカイし顔ちっさっ!!

さて先日のキックオフパーティー、久しぶりに参加
してきました。時間も今回短くトークしかないし、
子供達にどうする?と聞いても「行く」というので
開始30分前に行ったのですが、凄い人でアリーナ
後方しか4人で座れる席は無く。殆ど子供目線では
ステージは遠いし見えず、ミシャのインタビューが
長くて若干退屈気味に。特に長男の大好きなチャナ
は出番無く。退場の際に近くにソンユンが来たのと
帰り選手バスが会場から出るところにちょうど鉢合
わせて、伸二やらジェイに手を振って貰い皆大興奮
となり、対子供的には何とか帳尻を合わせる事がで
きました。

さて、新体制が固まっていよいよ2018シーズン
がスタート。何と言っても新加入選手のメンバーと
昨年主力の全員残留達成という、J1予算下位チーム
としてはあり得ないオフシーズンの強化部の働きは
素晴らしいものでした。

まずミシャという、選手から非常に評判の良い監督
が就任確定していたという要素は大きく、その上で
キックオフでも発表になった通り、新スポンサーや
既存先の増額(あいプランやダイアモンドヘッド)
で拠出可能な資金を増やした結果である。

ジェイの残留交渉で金額で纏まらなかった様子で、
まだまだ十分では無いのだろうけれど、金額だけで
はない面(社長が良く言うところの、コンサドーレ
が持つポテンシャル)も大いにプラスに働いた筈。

新加入選手のレベル・年齢構成もここ数年とは大分
変わった。まず年齢が菅野を除けば全員25歳以下。
レンタルが多いとは言え、皆若くまだまだ伸びシロ
が期待出来る選手達が揃った。これは凄いこと。
この層は出場機会もそうだが、やっぱりミシャの元
でやってみたい、という理由が大きいのかな。

今年の選手構成について、J1残留へ十分かと言えば
正直分からないけれど、去年の様な選手・スタッフ
サポーター・道民の「一体感」が出せれば、これは
間違いなく大丈夫!と言っても良いと思う。

都倉が今朝のツイッターで「息子と離れる不安」を
綴っていた通り、家族と離れ気が遠くなる様な長い
キャンプをこれから過ごす選手達は本当に大変だと
思いますが、我々サポーターは今年も全力でサポー
トしますし、特にホーム開幕戦では最高の雰囲気を
作るので、怪我する事なくキャンプを乗り切り元気
に札幌に戻って来て欲しいと願っております!



正月休みの出来事

2018年01月05日 10:57

20180105104807f29.jpeg

明けましておめでとうございます。

年末は単身赴任先の名古屋から帰省後家事で諸々
バタバタしており、1年の振り返りをする時間が
とれず。

改めまして2017年という大きなチャレンジの
一年、 皆様お疲れ様でした。
コンサドーレに少しでも関わる全員の力で大願を
成し遂げた事は、確実に今後長い間語り継がれる
大きな出来事でした。

個人的にも初めての単身赴任生活開始、その冒頭
での大怪我等、年末には人生初の救急車搬送等w
変化や事件も多く忘れられない一年となりました。
また11月に20年振りにバンドでライブをやる
とか、それはそれで楽しい事も一杯ありました。

2018年、コンサはJ1定着元年として、残留が
目標とは言えより大きなチャレンジを掲げて挑む
一年となりそうです。
個人的にも今年は仕事面で一つ大きな転機を図る
為に挑戦する一年とする予定です。
共に達成できる様、努力していく所存です。

さて、年初恒例となります正月休みの出来事を。


12/28
前夜札幌帰省。朝から買い物リスト作成しお節の
準備開始。伊達巻・松風焼・肉巻きごぼう・蒲鉾
紅白テリーヌ・洋風きんとん・鶏ハム・数の子・
鮭と白身魚の押寿司・人参とレンコンのバター煮
松前漬・黒豆・豚角煮・筑前煮。
調理開始が早い気もするが、今日始めないとやる
ヒマが無く。結果これがアダに。
夜は以前ウチにいた先輩が会社の打上げ後に合流
の約束あり、一人大通の第三モッキリセンター。
メニューほぼ300円台。燗酒230円だもの。
良い気分で待ってたが連絡来ず、LINE来たものの
明らかに酔っぱらってる様子で噛み合わない。
結局山岡家でラーメン食って帰ります、と打って
酔っぱらいの謝罪文を眺めながら帰宅ww

朝;玄米&納豆
昼;うどん
夜;外食2件

12/29
朝からおせちの続き。去年失敗した紅白テリーヌ
は紅の方に鮭の他にホタテを入れることで味は鮭
臭さが無くなり、心持ち固めになったが白の方は
やっぱり柔らかすぎに。白身魚の水分が鮭よりも
多いのかな??初めての洋風きんとん、さつま芋
裏ごしで四苦八苦。味は好評も来年は面倒かも。
子供の勉強や自由研究手伝いながら、特に出かけ
ず穏やかな一日、夜のみ義父母と食事へ。
朝;玄米&納豆
昼;ジェノベーゼパスタ
夜;回転寿司(海天丸)

12/30
恒例の宿泊は例年ガトーキングダムだったが、子
供達が同じプールに飽き、バイキング価格が高騰
した為ビューホテルに変更。但し前に食事の酷さ
で辟易した為、プレミアムダイニングにグレード
アップ。結果プールは多様で子供も大満足、食事
も別室で食事の質もまずまずで大人も満足。ただ
同じ定山渓だとミリオーネがバイキングの質は一
番良かった記憶が。

朝;玄米&納豆
昼;牛丼
夜;バイキング

12/31
今年もホテルの布団ではやはり寝れず、6時から
風呂。ただビューホテルの風呂はやっぱ今一。
朝食を食べてから昼までたっぷりプールで遊ぶ。
子供達もウォータースライダーを怖がらなくなり
やっと連れて来がいが出てきた。一番楽しんでた
のはボールプール。ビーチボールバレーが皆上手
くなってた。午後に帰ってお節の仕上げ。初めて
子供達も日が変わる迄起きて、初年越し蕎麦も。

朝;バイキング
昼;なか卯
夜;すき焼き・ソバ

1/1
7時に起床。道新のコンサ特集。広告の方で
「北海道が、まだ見た事のない景色が、
              そこにある」
と新たなキャッチコピーが。この辺博報堂の協力
を得る様になって凄くインパクトが強くなった。
流石だと思う。年賀状見てお節食べて、いざ実家
へ、と思っていたが甥っ子が風邪とのことで明日
に延期。アリオへ買い物に。子供と人生ゲーム等
をして過ごすが、若干体調が悪くすぐ寝る。

朝;お節・お雑煮
昼;たこ焼き(銀だこ)
夜;お節

1/2
甥っ子が元気になり、円山動物園に行きたいとの
事、前夜からの体調不良が続き挨拶にだけ行って
自宅で療養することに。ひたすらTVを見る。
帰りの子供達と合流し実家で夕食。義弟の飼って
るトイプードルが妙に懐いてきて。かわいい。。
ダラダラ飯を食いマッサージ機でTVを見てた。
この日もすぐ寝る。

朝;お節・お雑煮
昼;すき焼き残り丼
夜;鍋、お節

1/3
朝一部のお節から腐臭。やっぱりモノによっては
作り始めるのが早かったのはアダに。勿体ない。
昼食後イオンへ。子供達はお年玉で買い物、長男
は小型のサッカーボードゲームを選択。夜はここ
最近良くお互いにお邪魔して飲んでる友人宅へ。
子供同士も昔はおもちゃで遊んでたのだがもはや
TVゲームばかり。ただここで長男が買ったボード
ゲームが大活躍。やっぱこの手のアナログな遊び
もして欲しい。遅くまで呑んで帰宅。

朝;お節・お雑煮
昼;お節
夜;しゃぶしゃぶ

1/4
早いものでもう帰る日。夕方の便なので午後から
ファクトリーへ。目を付けていたアウトドア系の
店のダウンジャケットを購入。クレカ作って40%
オフに。帰る間際にペットショップに行き、義弟
と同じ黒のトイプーを皆で抱っこさせられ、一瞬
買うか・・・となりそうだったが踏みとどまる。
駅へ送って貰い、家族とは又しばしのお別れに。

朝;お節・お雑煮
昼;鮭のちらし寿司
夜;ラーメン(天下一品)


本年も宜しくお願い致します。






コンサドーレ的2017シーズンを振り返る

2017年12月18日 22:27

今年もJリーグが終わってしまい、週末がいまいち
もの足りないな、とは感じていますが。
最近「何とかロス」って言葉が良く使われがちでは
ありますが、私的に「コンサロス」はありません。

あくまで個人的な感覚ですが、前回のエントリ通り
長年の大願を掲げて「SURVIVE」をチーム・道民が
一丸となって戦った結果、「史上最高のシーズン」
として見事完結しましたので、充実感でいっぱいで
何というか感無量でこれ以上はお腹いっぱいw
最後のガンバ・鳥栖戦の精神的解放感の気持ち良さ
は確かに最高でしたがね。後は余韻を楽しむ程度で
良いかなぁ、と。

その余韻を楽しむ中で、今年のチームを振り返って
色々と個人的なベスト○○をチョイスしたいと思い
ます。

●ターニングポイントゲーム
これは今期の大きな目標であった残留に至る上で、
重要な流れを作った試合を。決めきれず2試合に。

まずはルヴァンカップ第1節磐田戦を上げたい。
自分のエントリでターニングポイントとなるかも、
と書いたからってのもあるんですがw開幕から勝利
が無い中で、所謂控え組中心でアウェーで2-0で
勝ったという試合。ソンユンが好セーブ連発の上、
途中出場の都倉が追加点、試合の内容は守勢はこれ
までと変わらずも、最後まで気迫で守り切った。
控え組の気迫と今シーズンのキーマン2人の活躍で
チームが「俺達はやれる」と自信が持てた試合。

もう一試合はアウェー広島戦を上げたい。そこまで
今シーズンアウェー戦勝ち無。その前のアウェー戦
も神戸に0-2、ホームでは新潟に2-0から追いつかれ
ドローと悪い流れの中、PKで先制され嫌な流れの中
PKで同点に追いつくという渋い試合w
アウェーで先制されながらしぶとく勝点1を取った
というのは大宮戦同様大きかったが、この試合が次
のアウェー東京戦の初勝利に繋がったし、何と言っ
てもこの試合以降ホーム鹿島戦以外全勝でした。

●ベストゲーム
内容的に言えばホーム柏戦。当時優勝争いに絡んで
いた柏に対し、ドームでは無く厚別を使用すること
を選択、正にチーム総力戦で挑み、見事に柏をハメ
て3-0の勝利。守備はタイトに守り得点はシンプル
にチームの長所を活かし内容的にもパーフェクト。
ジェイがこの試合でコンディションを上げ、以後の
神がかりな得点能力を発揮するきっかけとなった。

●ベストゴール
ゴールの価値としては福森の大宮戦のFKを上げたい
ところだが、C大阪戦菅ちゃんの初ゴールに。何と
言ってもチャナティップのアシストが見事だった。
ペナ前中央で左サイドで息を合わせラインブレイク
した菅ちゃんに、点で合わす見事なスルーパス。
チャナティップの本質をあそこに見た気がします。
コンビネーションの面では、間違いなく今期ベスト
ゴールだと思います。

●MVP
正直候補となる選手は5名以上いますが、序盤戦に
チームがJ1に順応するまで何とか持ちこたえる上
で欠かせなかった兵藤に。中盤を走り回りDFライン
前のスペースを整え、奪った後の落ち着きどころと
なり、空いたスペースを見つけてはボールを呼び込
み、又相手に奪われるとファーストディフェンスに
走り回る。札幌の走行距離ランキングで常に上位、
正に獅子奮迅と言える活躍でした。
横浜を長く支えてきた彼が中盤に鎮座してくれたか
らこそ、既存の選手達も精神的に耐えれた、と思っ
てます。

●ベストサポート
ホームは浦和戦、アウェーは東京戦ですね。
理由は言わずもがな!!皆知ってますね!

こうやって今シーズンの色々な出来事を思い出して
振り返るのはとても楽しい。改めてこんな幸せな
一年にしてくれた選手スタッフ、サポの皆さんに
感謝です!




コンサ史上最高のシーズン

2017年12月08日 11:51

2017 明治安田生命J1リーグ 第34節
札幌3-2鳥栖 札幌ドーム/27,796人
得点 札幌;6’ジェイ、16’都倉、88’横山
   鳥栖;40’田川、52’キムミンヒョク



大分たってしまいましたが、ホーム最終戦について
の思いを記録しておきたく。

楽しみにしていた試合後のセレモニーでしたが予想
以上に長くなってしまい、ヨメを車で迎えに行かね
ばならなかった為、サンクスウォークの途中で離席
してました。

長男がトイレに行きたいというのでフロアで待って
いる時、四方田監督の挨拶が聞こえてきて。
正直くだんのオファーの件で微妙な立場故、ああい
うくだけたインタビュー形式にして、監督挨拶しな
いのかなぁ、と勝手に思って不安を募らせてた。
だから、あの場にいた多くの人と同じ様にその言葉
を聞いた瞬間、泣いてしまいました。
しかも結構な勢いで。

目の前の子供達はきょとん、としてしまい
「なんで泣いてるの?」と。
何とか子供にも分かる様に説明しましたが
「そんな事で泣くのー??」と笑われてしまい。

確かにそこまでの思い入れの無い人からすれば
「そんな事」なのでしょう。
でもあの場に居た多くの人にとっては
「そこまでの事」であって。

この辺の事は説明するのは難しいし、説明する必要
も無いのかもしれません。

試合の2日前の夕方、一報が入ってからのモヤモヤ
した感じ。翌日の報道や昼間のノノラジの内容等で
ある程度今回のミシャへの監督交代の件は納得でき
てはいましたが、我々にとって今回の件で一番大事
なのは「ヨモさんにチームから離れて欲しくない」
この一心でした。

2万8千近くの動員、JBと都倉のコンビネーション
での見事な2人の得点、追いつかれてジリジリしな
がら大歓声が勝ち越すことを期待している中、残り
1分での横山の劇的なヘッダー。伸二とイナの共演
も演出されての大勝利。

そしてJ1での過去最高順位である11位の達成。
サンクスウォークで次々と繰り出される選手の残留
宣言(これについては苦言を呈したい思いもある)
微笑ましい選手の子供がピッチを走り回る様子。。

コンサドーレ史上に残る大挑戦に挑んだこの1年を
締めくくる意味で、この通り最高の大団円となった
筈だったが、心に引っかかるヨモさんの去就の行方
だけが全てにモヤをかけていた。

それが自ら伝えてくれた言葉で、吹き飛ばしてくれ
たのだ。こんな嬉しい事は無い。
その言葉が聞けてようやっと、
「コンサ史上最高のシーズン」と言えたのかな、
と思ってます。

改めて本当にありがとう、四方田監督。ヨモさん。
正直言って少々お人よしが過ぎる気もしますがw
コンサドーレの殆どの歴史に関わってきて頂いて
尚、あなたの変わらぬチームへの思いの強さに
感謝します。

そして何年後か、再びチームを率いる日を楽しみに
待ちながら、我々も変わらず札幌というチームと
ヨモさんを応援して行きますよ!

響き渡る「行けサッポロ!」コールの快感

2017年11月27日 11:34

2017 明治安田生命J1リーグ 第33節
G大阪0-1札幌 吹田スタジアム/25,625人
得点 G大阪; 
   札幌;72’ジェイ


201711271242283f5.jpeg


昨日は久々のゴール裏、試合後は相当な疲労感で。
千里中央でガンバファンの大学の同期とたこ焼き屋
とバルで飲み新幹線で名古屋戻り、だぞーんで余韻
に浸ろうとも前半早々で寝落ち。今朝も声ガラガラ
疲労感満杯ですが、メンタル的には超爽快。

J1上がったら絶対に行く!と決めていた吹田スタ。
千歳7:40発JAL伊丹行は目測5割はコンササポw。
伊丹からモノレールで20分万博記念公園に到着。

人生初の太陽の塔を目にして、大賑わいの巨大商業
施設のエキスポシティを横目にスタジアムへ歩く。
きつい階段を上り下りして20分、今や日本最高峰
のスタジアムに到着。中に入りコンコースを歩いて
いる時点でピッチと観客席の雰囲気がビシビシ。
観客席に入って一望するだけでもう絶景だった。
日本に初のイングランドタイプで全席屋根付きの
箱型スタジアムだ。正面のガンバゴール裏がまるで
壁の様だった。凄い。まずこれだけで感動した。

スタグルがまた素晴らしかった。座席から上がって
コンコースに出るだけで売店がずらり。アウェー側
もちゃんと店がいっぱい。早速くくるのたこ焼きと
肉まる商店の肉吸いうどんを堪能。どちらのも買う
とガンバ選手のカードをくれるというサービスも。

スタジアムの話題はこの辺で試合の方へ。

選手アップ時より明らかに札幌ゴール裏の雰囲気が
良く、決起集会時から「達成した残留のその先へ」
というテーマを共有出来ていたのと、何よりも皆が
・・・てかコールリーダーが超楽しそうでwそれが
全体に伝播したというべきだろうかwwただそこは
緩く楽しむのでは無く、全力で楽しむ感じで。

それが選手入場前、静寂の吹田スタへ一発かました
「行けサッポロ!!」の大コールに繋がった。
ダゾーンでも確認出来ましたが、あれはやってる方
も超鳥肌モノでした。

試合は序盤ハイプレスでガンバを押し込むも、荒野
の怪我辺りから落着いたガンバがボールを保持。
正直後半は一層その傾向が強くなり、深い位置から
カウンターを繰り出そうとも、2シャドーが守備に
追われジェイのフォローが出来ず、ボール逸の繰り
返し。ただ必要に裏を狙う長沢を何度もオフサイド
にかけるし、サイドを突破されても粘り強く守りき
る事は出来ており、所謂本来のウチらしいサッカー
は出来ていた様に思う。

余所様の事ではあるが一応触れておくと、井手口は
ボール狩りが秀逸、倉田からはボールを奪える雰囲
気が無く流石の代表選手。一方遠藤は進藤にカット
されたシーンあり、正直衰えたなぁという印象w
また長沢が必要に裏を狙っていたのだが、良い時の
ガンバに見られる連動性が一切なく、彼一人の予備
動作で合わせてくるのでそりゃ読まれるわな。

スコアレスで終盤、福森が怪我で菅ちゃんと交代。
札幌の武器セットプレーは厳しくなる、と思った。
それが菅ちゃんのCKからジェイのヘッダー!!
深い箱型スタジアム所以、声援がドーム以上に反響
するそのスタジアムの静寂の中で、札幌ゴール裏の
熱狂の絶叫のみが響き渡る、その快感と言ったら。
これを超える快感が得られるのは多分埼スタだけ。


20171127124230df7.jpeg

後はもう札幌タイム。粘って守り切って時間を使い
結果を毟り取った。その後は一しきり歓喜の大騒ぎ
をさせて貰い、長谷川監督ホーム最終戦セレモニー
を結果的にぶち壊してしまいましたww

やはりモチベーションの差がはっきり出たと思う。
残留を決めたが、更に上の目標を持って臨んだ札幌
と、監督は早々に退任発表し目標を失ったガンバ。
選手もサポも目に見える様な歴然としたここの差で
個の実力をひっくり返す試合なんぞ、過去に何度も
この目で見てる。

アウェーだったし、チーム自体上手く行ってるから
やり易かった面はあるけれど、サポーターの意識の
共有って本当に大事だな、とつくづく思う。
去年今年と厳しい時期もそうやって乗り越えてきた
結果、今の雰囲気があると思うし、この辺はやはり
野々村社長の広報的役割の中で繰り返し現状認識を
PRし続けてきた事が非常に効いていると思う。

最後に、アップ時最初の選手コールが都倉であった
こと、試合開始時に竜二のコールをしたことを参戦
されなかった皆様に是非お伝えしたい。

この素晴らしいチームと共に、最終戦も楽しもう!


14年越しの大願成就

2017年11月19日 12:46

2017 明治安田生命J1リーグ 第32節
清水0-2札幌 IAIスタジアム日本平/13,723人
得点 清水;
   札幌;11'、39’ジェイ


昨日は東京のライブハウスで自分のバンドのライブ
があり、打ち上げも含め夕方まで拘束されており。

打ち上げ中場所が地下であった為だぞーんも見れず
勝っていることは分かってたので、帰りの新幹線で
清水を通過しながら、ツイッターのTLで喜びを噛み
しめていました。

前日都倉が何やら遠征に参加しない、菊地とヘイス
が怪我とか、不穏な雰囲気も若干ありはしましたが
今年の序盤の様な層の薄さは今や感じられず、誰が
出てもチームでやる事が明確なのは試合を観ればこ
こ数試合一目瞭然であったので、正直左程不安はあ
りませんでした。
ただこのシーズンを支えてくれた彼らを、目標達成
の場に立たせてあげたかった、という思いはありま
したが。

試合は帰宅後ゆっくり楽しんで観ましたがアウェー
で勝てないあのチームはどこへやら。前半は清水を
完全に圧倒、事前のスカウティングとは違いジェイ
が両サイドに張る動きに清水も翻弄され、左石川の
クロスを右サイドから飛び込んでのヘッダーで先制
し、兵藤からのヒールパスをチャナティップが見事
なペナ内でのドリブル、こぼれ球を福森が冷静に右
のジェイにパス、ダイレクトで併せ前半で2得点。
後半は清水に圧される展開も2点差を上手く精神的
にも優位に活かして試合を運び、そのままクローズ。
1時間前に広島は勝利していたので、見事自力での
J1残留を果たしました。

これは書き始めると今年の総括になってしまうので
また別の機会にしようと思うのですが、既存の選手
とシーズン前に加入してくれた選手、夏に新加入し
てくれた選手と、徐々にチームが成長していく中で
この悲願は勝ち取ったもの、と思います。

一つどうしても上げたいのはユース出身で唯一今年
中盤以降のレギュラーを勝ち取った荒野の成長。
正直昨年まで怪我がちな事もありつつ、どこかもの
足りないシーズンを繰り返していた。今年も序盤は
プレーが安定しなかったが、元々のテクニック以上
に運動量に磨きをかけ、走れる選手になった事で攻
守共にチームに貢献できる選手になった。

昨日もジェイの一点目、アタッキングサードで相手
ボールを引っかけ周囲を清水のDFに囲まれながら、
粘り強くボールを運び左サイドの石川にボールを流
した。あのプレーには本当に感動したし、彼自身の
一層の成長も、他のユース出身選手も彼に出来るん
だから俺にも、と思ってやって欲しい。
そうでなければ、我々の様な地方クラブはこの先も
J1に定着することは難しいのだから。


個人的には前回残留を果たした01年はただの観客と
してドームへ足を運んでいた。自称札幌サポと意識
したのはあのどん底の03年-04年から。
J2で年間5勝だった2004年、将来J1に定着出来る
チームになる事を、チームもサポーターも同じ目標
とし、その為には一歩一歩、少しづつ進むしか無い
と腹を括った。

それでも当然上手く行かない時期が長くって諍い事
もそれなりに多くあったし、離れて行く仲間もいた。
2度の昇格もあったが、正直そのJ1シーズンの終盤
は辛いことばっかりだった。

ようやく叶った大願。
14年も懸かったよ。
自分の人生の中で、これまで長く願った大願って
あったかな?
こんなに一つの事で長く一喜一憂してきたことって
あったかな?

この文章を書いているだけで涙が止まりません。

札幌に関わった全ての選手の皆さん、
スタッフの皆さん、
サポーターの皆さん

おめでとうございます。
ありがとうございました。

そしてやっと成し遂げたこの大願ではありますが、
本当の目標はこの先の「定着」なのです。
皆んなで努力して、続けていきましょう!!


最近の記事