プロ気分。

2007年05月30日 23:06

SA330042001.jpg



日曜日は会社の野球部試合。
事業協会戦の決勝戦。インボイス西武ドームで行われ、参加してきました。



と言ってもその前座試合で、その日は朝から事業協会で貸切としており、7位決定戦から3位決定戦まで行われるのだ。
我々は残念ながら5位決定戦だった。



実は、人工芝で試合をするのは初。
高3の神宮で夏の予選大会の入場行進をして以来踏む。
まあ当時の人工芝ってすんごい固かったけど、今のは柔らかいね。
でも、東京ドームみたいな芝っぽい感じでは無く。
旧西武球場は小学生の頃は良く行ってた。田尾のファン(中日時代から)だったからね。
んで、最後に行ったのが清原が新人の年の最終戦(古っ!)。
最後の3冠を落合が取った年で、落合のホームランが間じかに突き刺さり、延長で清原がサヨナラヒット打ったっけ。



この日は7番センターで先発出場。
ちゃんと電光掲示板にも表示されるし、ウグイス嬢が名前を呼んでくれる。これは気分がいい!


SA330045001.jpg




それにしても外野が広い!!
1回に左中間に打たれ、真横に追ったのだが思ったより打球が伸び、
抜かれてしまった・・・後方に走ればせめて止められたのに。
いや~抜かれると地獄だね。おっちゃんには広すぎるよ。。。
1回に2点を先制され、3回まで無失点。
自分もショートゴロ、四球。タイミングが合わない。


4回に5番打者が3ランを放ち逆転した後、わが軍が打者2順の猛攻!!
初めて「ビヨンド」という、バットの芯の部分がゴムというか反発性の素材で出来ている、「そりゃ反則だろ?!」というバットを貸してもらい、私も左中間及びセンターオーバーの3ベースを2本!
3打点。いや~気持ちいい!詰まったかな、と思ったんだけど相当伸びたらしい。バット様様。
この回わが軍は14点!!を入れ、結局17-2で圧勝。



試合後、家族連れの方はグラウンドに家族を招いて皆で記念撮影。
子供達は人工芝自体初めてだろうし、広い空間に自然にはしゃぐはしゃぐ。
ただただ走り回って楽しそう。仲間が「なんで子供ってただ走るだけであんなに楽しめるんだろうな、すごいな」と言う。確かに。しかし同じこと大人がやってたら想像するだけで気色が悪い。



ロッカーもプロと同じロッカーを使用できた。
あんまりキレイじゃないね。シャワーもなかなかお湯でないし。。。
しかし、気が付くと物凄く汗をかいており、体がめっさ疲れてる!
人工芝って、やっぱり負担大きいんだな、と思ったよ。



この後当社野球部はマリンカップに出場予定。
そこそこ活躍できたので、今後もそれなりに試合には出してもらえそうだ。
その為にもトレーニングに励まねば!
ロデオボーイⅡ、頼んだぞ!!(おいおい)

スポンサーサイト

東京論

2007年05月30日 23:00

2007 J1リーグ戦 第13節
FC東京 0 - 1 名古屋 味スタ/22,679人
得点 東京: 
   名古屋:'32 ヨンセン


SA330038.jpg





東京の試合はいつもゴール裏を後ろから眺めるか、中でバモるかどちらかなので席はゴール裏もしくは同2階席で観ている。
が、この日は試合自体をじっくり見たくってU自由に初めて行った。
思ったより観やすくはなかったね。トラック分のスペースがなけりゃ、かなりいいんだろうけど。


入り口ではノッポンがお出迎え。

20070530225945.jpg


妙に愛想が良くて・・・だな。


この日は福西がボランチで先発。梶山が右、リチェが左。ワンチョペ、ルーカスがFWで縦の関係。
DFラインは変わらず。


思ったこと。
ワンチョペはなかなか誰も言いづらいみたいだが、そろそろ断言してもいいと思う。「はずれ」だと。
原さんのサッカーでディフェンスしないFWは機能しない(あのおざなりなチェイスは正直腹が立つ)のもあるが、彼の持ち味は一体何なのか?
ハイボールはちゃんと競らない(当たりを避けてるんだよな)、ポストは納まらない、ゴール前でフリーになれない、サイドに流れてもボールキープできない。かといって強烈なミドルを打つかって言ったら・・・???
やる気の問題だと思う。それならもう使わなくていいんじゃないか?と思う。


梶山は相変わらずムラがあるけど、ボールを奪われた後猛然とダッシュして戻っていったプレーをみて少し救われたwし、ボールキープはさすがだったな。
リチェは一本調子過ぎるキライがあるから、もう少しプレーの幅を広げたいなあ。
ナオは・・・完全に迷っているなあ。それが分かるだけに味方もボールを出さないし。名古屋が少し退いて、東京がボールを持たされた後半に登場したので、彼が生きるスペースは無かった。そこで中へ、中へって行くんだけど。。。



失点シーンはディフェンスがペナ前を横にドリブルする杉本とのスペースを誰も消しにいかず、本田にいい形で渡され、最後はヨンセンへのスルーパスを通され失点。
名古屋もあまり内容的に良くなかっただけに、ここのミスは痛かった。



ファン歴の浅い、且つ札幌と並行で(しかも今年は札幌に圧倒的比重)応援しているものが何をいわんや、ということは重々承知でここ最近の東京についてブログで書いてきたけど。。。



昨日の試合を見て改めて思ったことを、いつも参考にさせて貰っているコチラの大御所http://umanen.org/blog/2007/05/post_235.html#moreが、全てを書かれてました。



あえて書いていくなら、土曜の試合の内容自体は以前に比べ、まずまずな内容だった。
初めて東京の試合を観に来た、というのならそれなりの試合。


しかしサッカーっていうスポーツは戦術、理論は日々進化しているわけで、そういう「根本的なサッカーの質」という意味で、ある意味ピーク?だった04年ナビスコの辺りから東京のサッカーには成長が無いな、とおもってしまう。


志向するサッカーについては、05年から紆余曲折してきて、やっぱり原さんの「サイドを使う縦に速いサッカー(こう纏めるのは暴論かもしれないが)」、っていうことでも問題無いと思う。
ただ、やっぱり志向するサッカーの質は完全に停滞している。
そしてそうなってしまったのは監督・選手・フロントはもちろんだが、ファンの影響も大きいと思うのだ。
これは、こないだのエントリーhttp://saptok.blog12.fc2.com/blog-date-20070410.htmlは勿論、05年辺りからずっと思い続けていること。



各所で書かれている通り、試合後大合唱の「クソレフリー」コールが全てを表しているのかな。
正直、あの試合の締めくくりがレフリーへの批判だったというのは、完全に何かを見失っているとしか思えない。



あー、どうしたらいいんだろう。
悩んだって、こうやって色々書いてみたって、この大きな流れは簡単には変わらない。 暫くはこうやってもがくんだろう。
人生はサッカーだ。

昇格へのステップ2

2007年05月26日 09:50

2007 J2リーグ戦 第17節
湘南 1 - 2 札幌 (平塚/3,872人)
得点 湘南:'17 アジエル
札幌:'56 西谷(PK)、'80 ダヴィ




この日は平塚の顧客に訪問予定とし、直帰になっていたのだが肝心の平塚の客が外出しており、菓子折りを置いてくるだけになってしまい(菓子折りを持っていくあたり、ダメ営業マンだということがバレバレ)
4時から平塚駅でPCを立上げ仕事を終え、始発のシャトルバスでスタジアム到着。
まださんさんと輝く太陽。暑い。もう夏だね。



いつもお世話になっている暢気さんに初めて直接お目にかかかれました。お仲間も大勢ご紹介頂き、一緒に最前列でバモることに。

20070526094031.jpg


目の前で躍動するアフロの図;
(暢気さん、無断使用すみません!)


皆様大変お世話になりました。楽しかったす。ゴール裏では一人でバモることがほとんどだけど、やっぱり大勢の方がイイ!
暑い、楽しい、ビールがうまい!
さあ、試合も(も?)頑張るぞ~・・・



いやー、正直前半は今期最悪だったんじゃないかな?と思う。
湘南は守備のキーマンであるボランチの北島が有休より戻り、前線、中盤のプレスが早い早い。
札幌はいつもよりどうしてもボール回しの位置が低くなり、パスの出しどころが見つからない。結果パスミスが乱発。
且つロングフィードが元気のコンディションが低く収まらない為、打つ手なし。



そして相変わらずアジエルが止められない。ドリブルとパスアンドゴーで簡単に札幌の3ラインを一つづつ乗り越えていく。 それに連動して加藤が逆サイドに行ったり近くでプレーしたり。
真ん中は曽田、西嶋がなんとか踏ん張るも、サイドの池内・キッチーが少々心もとない対応の為、クロスもガンガン入れられる。
そして前半早い段階でFKから珍しい高木のミスでアジエルの得点を許し、久々の失点。


今年は先制からの逆転は無い。
怪我人が出てメンバーが変わり、早い時間での先制を許し、いろんな意味で戦い方を問われる試合だった。



後半開始、するとスナマコとケンゴがピッチに。三浦監督が今年初めて大胆にカードを切ってきた(藤田と元気は疲れてたね。仕方ない)。
これは何かが起きる予感。
そしてカウエを前目にし、前線と距離が空き気味だった中盤を埋めることで、ボールをキープできるようになった。
マコは相変わらずキれており(藤田も代表に行くし、暫く先発で使って欲しいと思う)、それに伴って前半消えていた西谷も動きが変わる。
ケンゴは裏を狙うプレーでポスト一辺倒だったFWの動きにアクセントを付ける。


すると徐々に札幌ペース。ゴール前で押せ押せの展開でダヴィの放ったシュートのこぼれを押し込みに行ったケンゴが倒されPK。
正直私も周りも??、シュミレーション?あれ、PK貰っていいの?
という反応だった。が、後でV見たら確かにPK。
これを西谷が決めて同点。


この後キッチーを大塚に代え、カウエをSBとする。やはり三浦監督の采配が攻撃的だ。
より中盤でボールが拾えるようになり、完璧に札幌ペース。
ほとんど上がらなかった(押し込まれて上がれなかったのだが)キッチーと比べ、カウエがいい場面で左サイドをかけ上がってチャンスを作る。


すると戦術どおり中盤でしっかりボールを奪い、ダヴィから湘南SB村山が中途半端に上がっていた裏のスペースに駆け込んでいた砂川へパス。
砂川のクロスを駆け込んだダヴィが見事なヘディングゴール!!!
ダヴィは僕らの前に走ってきた!!


20070526093825.jpg


この後は見事に試合を締めくくって勝利。
今シーズン初めて逆転での勝利を得た。


昇格へ向けて真価が問われる形となった試合で、勝負強く選手も粘り、監督の采配も生き勝てたこの意味は大きい。確かに運もあったけど、皆が今出来ることをしっかりやった上での結果だ。
スタートダッシュが昇格へのステップ1だとすれば、これまで固定メンバーで戦ってきて、アクシデントでメンバーが変わったにも関わらず、こういう勝ち方が出来たという「チームの成長」はステップ2だと言える。攻撃的な采配で攻めて勝った、というのも含まれるかな。


試合後の「ダ~~~ヴィ~~」と「ダヴィ!ダヴィ!ダヴィ!」の連呼は楽しかった。ダヴィも楽しそうだった。
でもあれを聞くと「ジャ~~~ン」を思い出すよ(涙)


もうジンクスは無いのではないか?

2007年05月22日 22:02

2007 J2リーグ戦 第16節
札幌 3 - 0 水戸 (札幌ド/15,251人)
得点 札幌;'1 ダヴィ'31 カウエ、'83 曽田




SA330023.jpg



子供に会いにまた今週も札幌へ。
でも、折角来るのに試合を観ないわけには・・・


ということで、ドームに寄り道しました。


いきなりのダヴィの得点。反対サイドだったので何が起きたのか良くわからんかったが、とにかくビックリ。
こういう展開は札幌みたいに守りから入るチームの場合、ゲームプランが崩れるケースが多いものの、そうはならず得点パターンである「ハイボールを元気が競って」後のこぼれ球をカウエがアウトにかけた見事なゴールで前半に追加点。


そして後半にはセットプレー崩れから、またもソダン。
序盤少々危険なシーン(水戸の3トップが機能したのは15分位だったかな)があったものの、試合のペースをしっかり掴んでの勝利。


中山ダヴィは前線で90分を通じてチェイスし、怪我のブルーノの代わりに急遽入った池内、そしていつもの交代パターンであるスナマコ、大塚も持ち味を生かして与えられた時間できっちり仕事をこなしたし、ヒーローインタビューに呼ばれた芳賀が、「なんで俺なんすかね?」と笑いを誘ったが、ここまであらゆる場面に顔を出し、こぼれ球を拾いまくる運動量溢れるキャプテンらしいプレーで貢献しているのだから、チームとして非常に充実した状況に今あると思う。



そしてスタジアムの雰囲気もいい。
スタ全体が持つ「いい期待感」みたいなものが感じられる。


さて、今日発売のサカダイ。
「氷壁を成す合理主義~好調・札幌を支える守備理論を分析する」
という2ページの特集記事。
紙面を割けないJ2、相変わらず試合記事は各誌話題性のあるベルディやC大阪ばかり。ベストイレブン常連も仙台の選手ばかりだし、首位にいる割には個人が目立たない戦術だけあって記事にはなかなかならないものの、今週はサカダイグッジョブ。


まあ、内容は札幌の試合を観ている我々からすると、分析と言われても・・・という内容だったが、二つ、自分のモヤモヤした部分がすっきりした記述があった。


てっきり三浦監督は、自分の得意な戦術に札幌をうまく当てはめたのだと思ってた。だが、セットプレーの戦術の部分で「当初はマンマークも考えていたが、昨年の失点シーンをチェックしてみるとマークし切れずに相手に振り切られているケースが多かったので」と、ブルーノを相手のキーマンにマンマークさせる以外はゾーンで守っている、と。
ああ、ちゃんとウチラのことを分析して、あった形にアレンジしてるんだな、と。
結構就任前から、正直言って「これってどうなの?」とJ2時代から思ってた大宮のつまらないサッカーを札幌が継承することになるのか、と。
それでJ1に上がっても・・・という不安、これは大分解消された気がする



そしてもう一つは草津戦でのセットプレーでのミスについて、芳賀・西嶋が「次は大丈夫」と言っているように、「シーズン中での修正」が出来るようになったようで、精神的なタフさが感じられるようになったこと。




ブルーノが3週間は難しそう。画伯も怪我。
それでも、なんかこう、不安を感じない。
油断は禁物。だけどまあ、邁進するのみか。さあ湘南戦!
行け札幌!






6億より札幌の勝利ォォォ!!!

2007年05月19日 01:07

20070519010731
営業先のソバで巷の噂を独占している「BIC」を購入~

ところが、五口買って内二口が水戸の勝ちになってる!これはケシカラン!!
おのれ、totoのコンピュータめぇ~

仮に札幌負けで6億当たったとしても、破り棄ててやる!!
6億より、札幌の勝利じゃ~!!

以上!(ホントかよ)

でも、6億をチームに寄付するって手もあるなあ…それもイイ!

まあ、取らぬ狸のなんとやら~

なんつっ亭(品川麺達)

2007年05月16日 20:31

20070516203110
最近ランチで立ち寄りに、よく品川麺達に行ってます。

ここは超有名だけど、最近きつくなってきた九州トンコツ系だし、マー油って苦手だな~と思いながらも入ってみた。空いてる他店に比べここだけ異常に並んでる。チャーシュー麺をば。

スープダケで言ったら九州トンコツ系では一番かも。俺でも結構飲み干しちゃうくらい!コレって苦手な筈のマー油の効果かなあ?他店で使ってるとこあったと思うけど、独特の匂いとザラっとした舌ざわりがあまり好みで無い筈が、それも無くマイルド。

麺はもうちと細麺でも合うかなあとも思うが、まあいい。

いや~美味いよ、さすが有名店w

今日のベストショット

2007年05月14日 22:59

20070514225446.jpg



今日は初めて母親との同室を許されたわが子。
そのわが子のベストショットですww


目出度い(愛でたい)もの2並び、ということで。
ヨメに散々「これよくない?」ってアピールしたけど無視されました。


今日は折角ずっといられたのに、ずっと寝てました。
かえる間際お腹すいてギャンギャン泣いて、ミルクを物凄い勢いで一気飲みするわが子にびっくり。20mlをわずか5秒・・・
おかわりをするところで私のタイムアップ。泣く泣く空港行きのバスに。



早く来週にならんかな?

札幌グルメ

2007年05月14日 22:53

先ほど内地に戻ってきました。



金曜から4日間、子供とヨメに会いに病院通いの毎日。
面会は12:30から20:30まで。その間は夕飯を食いに行く以外、ずっと病院でヨメと話をしてるかテレビ観てるか本読んでるか。
非常に残念なことに、昨日までは手術してまだ痛みのあるヨメの状態から、子供は別室にいる為、一回しかダッコも出来ない。


よって、原則ヒマだ。


というわけで、病院へ行く前の昼飯、中抜けの夕飯の食事はプライベートな楽しみの時間となる。
幸いヨメの実家の車を貸してもらえたので、色々懐かしいところを回った。


まず、たまたま病院から近かったのが今や有名店、「てつや」北32条店。


070512_1131~01001.jpg



味噌チャーシュー。
新宿の「武蔵」ほどではないけれど、なんか作業中にパフォーマンス的にかけ声をあわせている。前はやってたっけ??
味は、まあ美味い。背油系のスープながらあまりこってりし過ぎず飲みやすいのは相変わらず。チャーシューはそのままだと固いけど、スープに浸したらいい感じ。量も多い。
麺はさすがの自家製麺。ツルツルシコシコ。美味い。
でも、狼スープのが上。



翌日。夕飯にちょっと足を伸ばし、栄通の回転すし「一心」本店へ。
昔の取引先でもあり行き始めたのだが、札幌一年目に食べた100円(当時)の「サーモン」が衝撃的な油のノリで、マグロ系も相当イケてることからファンになった店。
ただ、GWに元町ジャスコ店へ行ったらなんかガッカリの感じで、さすがに他店の進出で勢い落ちたか・・・と思いながら、本店なら・・・
という期待で行ってみた。


20070514224246.jpg



6時前に行ったにも関わらず、並んでる。。。
期待に違わず、「本店は違う」!!!
旨過ぎ!!
ネタの大きさ、あの衝撃のサーモンも変わらず。マグロも本マグロ中心で旨い。「魚屋」だけあって、ネタも他店と違って「女子供向け」ではない、本格的寿司屋のレパートリー。
イカも内地のとは甘みが違う。ウニも旨かった・・・
本店は何も変わってなかった。これからは本店以外は行かないようにしよう。あ、近場の東急平岡辺りはどうだろう・・・


翌日。前から気になっていて行ったことが無かったラーメン屋。
本州にも出始めている「一国堂」。
ココに関してはコメントなし。味はもとより、客をなめてる。
昼12時に行ってご飯もの頼んだら、「炊けてない」だって。
どうしょうも無い。味も大したこと無かった。


そして今日。最終日はどうしようか・・・車は今日は借りれないし、病院の側で探して・・・
ということで、ホント久々、札幌人なら王道のあの店へ。




SA330013.jpg



やっぱ、シメは「みよしの」でしょうww


入社して最初に先輩につれてって貰った夕飯の店がココ。
衝撃の「ぎょうざカレー」。そしてジャンボ餃子セットは脅威の「餃子16個」。
約8年ぶりのみよしの体験、「大盛セット」にしてみました!


口直しのガムが、グミみたいな飴になってたww


この直後、カレーとニンニク臭を漂わせたまま、初のお母さんと同室になったわが子に会いに行きましたとさww

人の親となりました

2007年05月13日 09:45

20070513094531
金曜、昼前にヨメから連絡があり、帝王切開になりそうだとの連絡があり、急遽午後休を取り、13時の飛行機で札幌へ。
予定日のGWを大幅に過ぎ子も大きくなっているのだが、骨盤が狭いらしく通常だと危険があるとか。


ギりで手術前に到着。いつも診ていただいている先生も何とか外来が終わって手術に入ってもらえることになり、挨拶。


正直待合室で待っている時は長かった~
が、これかな?という泣き声が聞こえてきたあと、目の前に自分の分身が…


3212kg、産まれた瞬間泣いたとか、声デカ!
それにしても良く動く元気な女の子。


ヨメにはこれまでいろんな障害を乗り越えて、体を張ってコヤツをこの世に出してくれたことにホントに感謝。


しかし、皆に言われいたことたが、ホントにかわいいなあw
やばいよ、コレww


このブログもカテゴリが「サッカー」から「子育て」に変わってしまいそうだw

三河島「桃天花」

2007年05月09日 13:55

20070509135528
仕事で荒川区をウロウロ。昼に事前に調べていたここ、桃天花へ


タンタンつけ麺が有名と、それとセットの半ライスを頼む。
汁は思ったほど辛くなく、上に浮いてるスリゴマ?がその麺が喉を通るときのザラザラとした異物感とは裏腹になぜかマッチしている。具として入ってる菜(チンゲン菜?)がシャキシャキしていい。


麺は平打ちのちぢれ麺でつけ汁によく絡む。旨かった~
が、つけ汁ぬる過ぎ!熱ければもっと美味しいのに。


最後につけ汁に半ライスを入れるのがここのおすすめとか。これが美味い!いいね~

「ネ申」MVP!!

2007年05月08日 23:41

SA330007001.jpg



今日は飛び込み営業の日。東京は暑かった。。。
仕事中にちょっと休憩・・・とエルゴラを買って多摩川クラシコの悲劇を流し読みしwフムフムとページをめくると・・・


そこには我らが「ネ申」の勇敢なお姿が!!!


権威ある日本版「ガゼッタ デ スポルト」の???
J2 4月のMVPにソダン神が選ばれましたよぉ!


読者投票とエルゴラ採点と印象点の総合での選定のようで、読者票の一位は仙台の萬代。採点票は一位は山形の臼井だったようです。
ソダンは読者票2位、採点では6位でしたが、札幌の好調の牽引車であることで選ばれたようですよ。


そのほかの札幌勢はあんまり振るわず(山形勢が4人位入ってた)。まあいいけど。。。札幌さんはチームで勝っているからイイ!のだ。
しかし、なんでGKは高木じゃないのよ!!


まあ、ソダンの評価は当然。
ホント、3年くらい前の姿からは想像つかないほど安定してきたなぁ・・・非凡だけど、スーパーなプレーがあるけど、やっちゃうみたいな。。。
それが、今年のこの安定感と来たら・・・


少々気持ち悪い(スマン)が、札幌には決して欠かすことの出来ない選手ですな。


この調子でヨロシク!!


ゆすら(ってどうかくんだっけ…)

2007年05月05日 21:58

20070505215843
宮の沢見学の後、白恋パークでお土産購入し、琴似のゆすらへ。


札幌時代は若かったからいつもトンコツだったのでw、味噌食ったら印象が違う~


まあ、味噌は「味噌」の味。旨いけど、味噌が強くスープのベースがよく分からない感じ。麺は細ちぢれ麺でスープにマッチして旨いのだが、これインスタントの「麺づくり」かなんかに似てる味だなあ、とも思う。


ここまで書いてなんだけど、でも旨かったよw!

今日の宮の沢

2007年05月05日 18:13

20070505181347
最後のセットプレー練習(ディフェンスが先発メンバー、オフェンスがリザーブ。キッカーはスナ)の時間に到着。


三浦監督の細かい指示あり、コーチングの声もそこここであり、い緊張感あるいい雰囲気だった気がします。


その後セットプレーのオフェンスメンバーだけでコンビ確認の後、シュート練習で終わり。ダビが何だかテンション高めで楽しそうにハイパーなシュートを放ってた。至近距離で受けてた優也がカワイソ~


ブラジル人三人でウリセスさんからかったりしてるのを観ながらグラウンドを後にしました。
明日は頼むぜ!

念願の狼スープ

2007年05月03日 14:18

20070503141836
札幌が草津になんと2-1(HT)でやられちょりますが…


なかなか札幌滞在中に好きなところに食事に行くのもままならないのだが、久々にラーメンくっていい、とヨメから許可が下りたので札幌時代「最高ランク」をつけてた狼スープへ。約五年ぶり~


メニューは味噌ラーメンのみ。すみれ系(修行先)の濃厚ながらあそこまでの油っぽさもなく、甘味は刻み玉葱とキャベツか?マイルドで思わずスープをすすってしまう。


麺はツルツルの中太麺、札幌ラーメンの定番。チャーシューは北海道では珍しい機械スライスした冷えたタイプでこちらもジューシー!

全て俺的にカンペキ!ラーメン好きでないヨメも美味い言ってた。

でも、空いてるんだなあ~芸能人のサインはやたらあるんだけど、場所も酷いし…

生き残ってくれ~

朝のモエレ沼公園

2007年05月01日 14:09

20070501140924
朝の散歩でモエレへ行きました。
バカは高いところ好きなので、思わず中央のゴミ山に登って、札幌駅方向に向けてパチリ。


まだ産まれませんが、それなりに兆候もあり。この後北海道神宮へ安産祈願に。



これでGW中に産まれて来なければ、相当な親不孝モノになりそうw


まあ何にせよ無事に…


最近の記事