札幌の未来

2007年11月23日 10:30

2007 J2リーグ戦 第50節
札幌 2 - 2 京都 札幌ド/32,599人
得点 札幌;73' 岡本、76' 石井(PK)
   京都;35' 渡邉、89' 西野(PK)





あの長い一日から早くも5日たった。けど、未だ興奮冷めやらず。
今週も多忙を極めたけれど、昨夜はドームへ行けなかった人と相変わらずその話題で盛り上がった。
決められず心底悔しかった、でも一生忘れられない試合になった。



IMGP0256.jpg



行きの飛行機、空港からのバスは3割が札幌サポ。しかもアウェイコールリーダー達勢ぞろいw。ドームで降りたのが10時過ぎ。着いてみるとこんな状態だ!すごい!
こんなの、ドーム元年以来!!それにしても寒かった。


開門直前に仲間と合流。B自由だったので最悪アウェイ側になることも覚悟していたが、なんとか中心部に2席空きがあり確保。


必勝を期す為、担げるゲンは全て担ぐ。
J1時代に道新のサンクスマッチで配られた小旗を持ってきたり、
いつも基本弁当は決まって「カツ」系を買うんだが、今回は


071118_1224~01.jpg



カツサンド。??。
「勝つ!サンガ(に)」と掛けてみた(強引)w。


大掛かりな一文字をするという。「ONE HEART」の私達はEの辺りを担当していた(後で見て)のだが、USの方々が非常に丁寧に何度も説明をしていたのが印象的だった。後でTVで見て若干ハートが上に伸びていた気がしたが、感動的でした。その事前努力たるや大変だったことでしょう。


そして選手アップ入場。サンガの選手の時に響き渡る大ブーイングで、自分の中のスイッチが完全に入った。
そして我が軍。最高の雰囲気で迎えてやる。


IMGP0258.jpg



ふと気づくとメインスタンドからゴール裏の最上部に、びっしりダンマクが張られている。良く見ると・・・このJ2時代に選手を叱咤激励してきたダンマク達、まさに歴史そのもの。



IMGP0264.jpg



J2 2年目の「5ヵ年計画って何?」から、去年の「攻めて攻めて攻めて・・・」等、一つ一つに歴史が刻まれている。眺めているだけでウルウルきてしまう。


IMGP0260.jpg



そして、いよいよ選手入場。いつも通りUSが煽る。本当に、いよいよだ。


来て欲しいようで、その結果がどうなっているかを想像すると、怖くて苦しい、そんな1週間だった。いや、現実的に昇格を意識し始めたこの3年間ずっとだったかもしれない。
「俺らの思い、歌に乗せて響かせろ、共に叫ぼう ララ勝利の為に!」
この歌で始まった。


一文字は当然見えなかったが、会場を埋め尽くす赤黒ボード。


IMGP0273.jpg




こんなフルハウスに近いドームがまた観れるなんて。それだけでも幸せだ。



この日は藤田が出場停止。西谷はまだ戻れずベンチ外。そこでなんと西が初先発!苦しい台所事情もあるが、三浦さんはこの終盤になってかなり思い切った采配をするようになった。
GKは高木、右から西澤、曽田、ブルーノ、西嶋。MFは西、チョン、芳賀、砂川。FWは中山、ダヴィ。
対する京都はGK平井、DF平島、角田、森岡、手島。MF斉藤、石井、渡邉。FWに田原、アンドレ、徳重。徳重がトップ下的に入り中盤がダイヤモンドだったろうか?


序盤は膠着した展開。お互いにロングボールを蹴る展開。それも、京都はキープ力のあるトップに当てて細かくボールを回したそうにしていたのだが、この日の札幌の前線からのプレスはいつも以上に凄まじい。皆が全力ダッシュ、スライディングを怠らない。
札幌も長いボールをダヴィ、中山がうまく裁いてチャンスを作る。


京都はDFラインのギャップを旨くついた田原の落としから徳重が1対1でシュート、これを高木がスーパーセーブ。ヒヤッとさせられる。
20分、芳賀のスルーパスからダヴィが素晴らしいファーストタッチでGKと1対1を決めるもののオフサイド(ビデオで見る限りではオンサイド)。


そして27分、クロスに反応した中山を手島が倒してPKゲット!
ここで蹴るのは砂川でなく、ダヴィ。しかし、ダヴィの蹴ったボールはコースも甘く、平井に止められてしまう。



ここで思い出されるのは、アウェイ徳島戦。西谷がPKを外してからグタグタになってしまったあの試合。
イヤな予感は的中するもんで、35分、アンドレが前線でキープ、田原に戻してダイレクトで札幌DFラインのギャップを突くスルーパスに3人目の動きで石井が飛び出し、逆サイドに飛び込んだ渡邉が押し込む。0-1・・・


一瞬、場内の札幌への声援のトーンが弱まる。
「まじかよ・・・」という皆の気持ち。でもここからが気持ちを奮い立たすのが俺らの仕事。その為に札幌まで来たんだから。


この後、砂川のスルーパスから中山がシュート、DFに当たってコースが変わる難しいバウンドだったが平井がうまく弾き出す。平井が当たってきてしまった。そのCK、西嶋がファーで折り返し、狙い通り曽田が中央で待ち構えるもヘッドでふかしてしまう。



後半、驚きの交代。曽田、砂川OUT、池谷、岡本IN!!
曽田は確かに後半終了時に腰を抑えていたから怪我だろう。砂川も連戦の疲れからか、キレが無いのは事実。それでも攻撃的MF2枚が西、岡本というかなりのギャンブル。確かに終盤のラッキーボーイではあるこの二人だが、この大舞台で大丈夫なのだろうか・・・


かと思いきや、岡本はいきなり「そんなの関係ない!」とばかりに見事なミドルをお見舞いすると、西とのパス交換からチャンスメイクを繰り返す。西も岡本も縦というよりは、お互い中へもいけるタイプ。これに引っ張られて札幌の両SB、ボランチもサイドのスペースを使う。これにはリードする京都も翻弄される。


そして、後半の札幌はあらゆるファイフティのボールに対し出足が早く、セカンドボールをことごとく拾って圧倒。
その間、攻撃のタクトは西と岡本が堂々と振るい続ける。59分には西のオーバーヘッドが飛び出す!いやー、なんという若者。


66分に西澤に代わり謙伍を投入。
すると西・岡本・謙伍、この3人が見事な連携を見せる。
この若い3人がミスを恐れず躍動する姿をみて、なんかまたウルウル来てしまった。この1年で彼らは大きく成長したなあという思いと、札幌の明るい未来が見えるような気がして。


そこで思い出すのは、しまふく寮の存在。
村野さんがああやってお母さん(言われたく無かったんでしたね、失礼)のように彼らとコミニケーションを取ってきてくれたお陰で、まっすぐにサッカーに打ち込める環境を作ってきてくれたこと。


そんな感慨に浸っていると、その瞬間は訪れた。


73分、ダヴィが落としたボールを謙伍が前を向いて2タッチ、左へ走りこむ岡本へパスすると、なんとダイレクトで左足、しかも逆サイドへ流し込む!同点!
岡本はメインに向かって大の字になってガッツポーズ!


もう、ゴール裏は何が何だかわからない興奮状態!
何人と抱き合ったかわからない。来たよ来たよ!ついに同点!
物凄いドームの雰囲気。またウルウルしてきてしまう。
でもまだ何も得てない訳で、グッとガマンする。この勢い、いけるよ!


と思っていた矢先、76分岡本が左サイド前線に張る謙伍へパス、謙伍が角田との1対1を仕掛けると、中へ切り込んだ謙伍を角田が手で押さえてしまい、PK!!!!!!!!
まじで???



IMGP0278.jpg



ここでゴール裏は全員着席。なんとマウスに向かうのは謙伍!
これを冷静に真ん中へ蹴り混む。2-1、なんと逆転である!


IMGP0279.jpg



もう、感情が良い意味でグチャグチャになっていた。なんと表現していいのかわからない。
とにかく、あと14分後に歓喜の瞬間が訪れるよう、後は声を出し続けることだ、と思っていた。


この後、京都森岡のパスミスから、ダヴィが自陣からドリブルでDFを振り切りGKと1対1、惜しくも弾かれるシーン、84分には石井の縦のボールをダヴィがダイレクトで流し、岡本がミドルを放つ等攻める姿勢は崩さない。


ただ、残り5分を切って若干守るのか、攻めるのかがあいまいになったところを、最後の京都の猛攻が押し寄せる。
そして運命のロスタイムに入るかどうかという89分。
パワープレーに来た京都をペナルティエリア内でブルーノが覆いかぶさり、この判定が無常のPK・・・


この日2枚のPKを札幌に与えていた主審の西村、正直これだけが怖いな、と思っていたのだが。。。
ここで守護神高木なら、と祈ったものの、西野が冷静に逆サイドを突いて2-2。
この後、逆にロスタイムを圧倒的に攻める札幌、しかしこのままゲームは終了した。


IMGP0282.jpg



信じられない結末。


ただ言えるのは後半に架ける選手の気持ちも凄かったし、この雰囲気を作り出して選手を後押しできたのは、間違いなく僕らだったと思う。あのPKも、1/3位は僕らが取ったもの、そう思っている。
これは僕らが成し遂げたことの一つとして、誇っていいと思う。
そして、そんな場に入れたことが心底嬉しかった。


それから思ったこと。
後半のサッカーが「未来の札幌」と表現したが、プレーの内容面で考えても、我々が目指すべき理想、去年の柳下攻撃サッカー+三浦サッカー、これがようやく具現化出来た気がする。
攻撃面では見ていてワクワクするようなワンタッチプレーの連続、守備面では前線から中盤でリスクを排除したしっかりしたディフェンス。


ああ、ここまで来れたんだな。


心底悔しかったけど、心底来て良かったと思う。
この試合に来させてくれた家族に心から感謝したい。






スポンサーサイト

新しい朝が来た

2007年11月18日 07:31

20071118073102
希望の朝だ・

朝日を見ながら、自然と口ずさんでいました。

決戦の地、札幌ドームに向かいます!

オシムさん。待ってます。

2007年11月17日 00:37

ビックリしました。
ショックに言葉がない。



サッカー云々ではなく、一人の人間として尊敬してます。
現場復帰とか、日本代表とか、そんなことはどうでもいいので、
また私達の前に元気な姿を見せてくれれば、それだけです。



一日も早い回復を祈りつつ、あなたの愛するフットボールライフを、
昨日までと変わらず、私達は続けていきます


日々の活力

2007年11月16日 23:15

今週はひどい一週間だった。



比較的大きな案件を抱えていたのですが、社内・顧客・社外関係者それぞれの条件がコロコロと変化し、実行しなければいけないタイムリミットが刻一刻と近づき、徹夜仕事をしてなんとか条件が纏まった・・・
と思ったら昨日、いざ契約書を明日持ってくていうドタンバにきて、とんでもないニュースがリリースされ、全てご破算か?っていう状況に。


まあ、なんとかなるもんだな。今日無事契約。
しかし、精神的にも体力的にも堪えた。会う人会う人に「疲れてるね」と言われるくらい(さすがに客には見せません。営業ですから~)。



今週は毎日深夜帰宅だったのだが、不思議なことに普段は寝ている筈の子供が起きている。
何故か深夜にも関わらずご機嫌。


ヨメさんは勘弁して欲しい感じなのだが、私にとっては物凄い安らぎの時間となった。そして頑張ろう、と思う。




私にとって、日々の活力。




そして、もう一つ私にとって大事な活力、というか。
既に共に歩むべき存在、人生の一部になったとも言えるもの。


このチームを取り巻いた、楽しくも辛かったこの数年間。
自分なりの関わり方で、時にはやせ我慢をして笑い飛ばしたり、時には本気で怒りを撒き散らしたり、時には本気で悔しがったり、時には感動で涙を流してたり、自分の持っている感情を素直に吐き出せる、そんな存在。



こんな存在って、家族以外にそうあるもんじゃないよな。
本当に、自分はこのチームの一員なんだな、と今思える。




そして。




いよいよ、待ちに待ったその瞬間がやってくる。


いやいや、もしかしたら、思いもしないことが起こるかもしれない。




それでも。



フットボールは常にそこにある。
そして、私はいつでもチームと共にあるだろう。






















きめちゃっていいよ!

2007年11月10日 09:48

いよいよ、明日は鳥栖戦。


この土日は、姉が一年ぶりに日本に帰ってきており、実家でイベントがある為TVの生観戦すらできません。




そうなると余計、私的には来週参戦する京都戦、目の前の昇格決定っていうストーリーが一番嬉しいんだけどそれはまた別の話。




頼む、決めちゃってくれ!


今日ベルディ×仙台が引分(あくまでベルディの勝ちは望まない!)だといいなあ。




恐らく、京都線の結果を知るのは明日の帰りの武蔵野線車内かな?




やべえ、車内で号泣してしまいそうだ・・・



かなり恥ずかしい・・・
それだけが一番不安だ。


h-sc-071110-0001-ns.jpg





現地組の皆さん、何卒宜しくお願いします

札幌サポ的には静かな週末

2007年11月04日 22:46

18日の鳥栖京都戦参戦決定!
正直にヨメにお願いしたら、許可が頂けました、ハイ。
先週の愛媛戦の涙が効いたかもw


7時40分東京発でドームへ直行。帰りは8時55分千歳発の日帰り!
期末ですので、有休は取りづらいのだ。
それでも、少しは(昇格したらだが)祝杯も上げられる余裕もあり。
まあ鳥栖戦で昇格決まっても当然ながらOKですからね!





さて、今週はナビ&天皇杯の為、久々に試合無し。静かな週末だ。
毎週息を呑む試合の連続。緊張感の高い試合が続いた中、落ち着いて過ごすことが出来た。


お陰で、道ニッカンの記事も「J2札幌DF曽田が「読書の秋」のススメ」と、Jリーガーが誰も読んでないような本3冊(勿論私も・・・)を上げて見せ、次の対戦である鳥栖の選手に「俺はJリーガなのに高学歴だぜ」という、先の見えにくいサッカー選手にとって、言いようの無い不安を煽る緻密な作戦wなのか、それとも単なるお気楽企画なのか、なんだかノホホンとした感じである。



今となっては、もし天皇杯があったとしたら・・・
明日、明後日とチーム練習は休み。そして、今の札幌に取って2週間のインターバルは大きい。


筋肉系の怪我で戦列を離れていた西谷、藤田が戻ってこれる目処がついたし、同じく怪我で離れていた西澤、曽田、ブルーノ等ベテラン勢がこのタイミングで休めるのは大きい。




しかし。


大塚。
何故こうも毎年靭帯断裂系の怪我が一人は出てしまうのだろう。
全治9ヶ月のオフィシャル発表衝撃的だった。
靭帯の場合、リハビリの過程でリスケジュールは頻繁だし、来年のシーズンに間に合うかどうか。
彼はJ1に上がる為に札幌に来てくれた選手。
本当に好きな選手だし、この事態には色んな思いがある。


16番の為にも、必ず昇格しよう!
Power To 1!!



高層マンション見学、ナビスコ決勝(川崎×G大阪)、角煮、リーガ(マドリー×セビージャ)

2007年11月04日 21:44

土曜日。


駅前のスポーツジムのプールで昼より子供の水泳教室。
ヨメが入れるので、外で参観。どうやら水に無関心らしい。


午後、駅前に出来る高層マンションのモデルルームの見学会でヒマ潰し。
一番知りたかったのは、ショッピングモールにどんなテナントが入るかということだったのだがw
しかし、最近のマンションは細かい配慮が素晴らしい。例えばドアや引き出しが閉まるときに大きな音がしない構造だったり、押入れの奥に隙間が空いていて、フトンに湿気がたまらない・・・とか。


最後に進められるがまま、参考までにローンの計算をしてもらった。
頭金が小さすぎたのだが、月の支払い+管理費+駐車場代で今の手取りの3/4の金額(!)w
ショックでかすぎ。


夜、海鮮丼とトン汁、ほうれん草のおひたし。
トン汁はジャガイモ多目の方が圧倒的に美味しいと分かった。


ナビスコ決勝、川崎×G大阪。
ナビスコも随分価値が上がった気がする。
手前味噌?だが、東京の優勝くらいからのような気がする。
フジテレビも力を入れてきたし、J1チーム数が増えたことでリーグ戦以外の「タイトル」に対する欲望が、チーム、ファンにとって強くなった気がする。


試合は前半川崎が持ち味のショートカウンター中心の攻撃で攻勢。しかし今一歩決めきれず。
後半は逆にガンバの持ち味、ゆったりしたポゼッションから一気にスピードアップする攻撃が縦横無尽に飛び出し、バレーのグラウンダーのクロスをニアのマグノが潰れ、ファーに飛び込んだ安田がゲット。
その後はお互いに中盤の潰し合い、カウンターの掛け合いになったがいま一つの内容。そのまま1-0ガンバ。


安田と森のサイドでのマッチアップは、互いに「好戦的」で面白かった。TVでもアップで抜くので、お陰で安田の守備をじっくり見れたが、
思い切りは勿論、読みもなかなかのもの。
川崎では中村憲がピルロばりのゲームメイク・・・をしようとしているのは分かったが、ちょっと気持ちが入りすぎていたのか周りとのリズムが少し違った気がする。



日曜日。


お弁当(おにぎり、ポテトサラダ、卵焼きetc)を持って大崎公園へ。
ヨメの友人から聞いて行ってみたのだが、サイスタのソバ。
中に入ると、子供連れで足の踏み場も無いくらい。
こじんまりとしているが、ミニ動物園あり、遊具あり、花あり、芝生ありでなかなか。


その後夕飯の買物ついでの時間、ベスト電器で新しいi-pod miniをチェック。恐ろしく小さい。欲しい。そろそろ買おうか。。。


夕飯は昨日より下ごしらえをしていた豚の角煮、里芋と人参・鶏肉の煮物、あさりの酒蒸し、ほうれん草のおひたし。我ながら全て絶品!
レシピ覚書;豚の角煮;
①豚ブロックに焼き色を入れ、カップ1のおから、ネギの青い部分、しょうがの皮、みりん1/4カップで2時間弱火で煮込み、終わったら豚肉を冷水で洗う。
②水3カップ+みりん3/4カップに豚肉、大根を入れ1時間、醤油1/4と卵を入れ30分、醤油1/4を入れ更に30分。



その後ビデオでマドリー×セビージャ
今年はセビージャをしっかり観ておこう、と思っていたらラモス監督が不義理の退団。前節同じく監督退団のバレンシアに大勝したマドリー相手にどうか?とおもいきや、ケイタ(セビージャに移籍してたとは)が圧巻の左足アウトのミドル、その直後にカヌーテが後ろからのロングボールをうまくコントロール、シュートのこぼれをファビアーノがゲット。
前半22分で2-0とする好ゲーム。
改めて今年はこのチーム、ちゃんと見ようと思った次第(遅いって)。



札幌行きのエアのチケットを予約しました。
日帰りですが、少しは宴会にも参加できる予定。

早く慣れてくれ

2007年11月04日 20:57

071104_1322~01.jpg



本日、大崎公園の小動物園にて。
後ろはレッサーパンダ。


最近のわが子は、ヨメがいないとすぐ泣く。
ヨメ以外、誰が抱っこしても、いくらあやそうが暫くすると泣く。
ひどい時は引き渡された瞬間に泣き出す。


ただ、ヨメも週末くらい少し子供と離れたいだろうし、こっちもいつまでもこのままじゃ寂しい限りなので、無理してでも出来るだけ抱っこするようにしているのだが、マジ泣きしだすとどうにもならない。
こっちも、再来週の札幌行きが無事適うようwヨメのキゲンを損ねたくないのだが・・・


風呂も先週から週末は必ず入れることにした。
風呂は好きな筈で、最初はご機嫌に遊んでるのだが、暫くするとやはり泣き出す。そうなったら、反響する風呂場では絶叫が増幅、えらい事になるので、そそくさと体を洗い風呂を出ることになる。待ち受けているヨメが受け取ると、泣き止むのだからたまらない。


そして今日。
公園から帰ってきて、風呂へ入れることになった。
そういえば暫くオムツを替えてなかった。うんちをしてない。
ちょっとイヤな予感がしたのだが、風呂に入れていると案の定泣き出した。仕方ない、体を洗い始める。すると泣き方がひどくなり、体に力が入る・・・



ブリッ。



うんちしやがった。。。



思わず動揺してしまい、わが子の体はしっかり洗ったのだが自分の体を洗い忘れて風呂に入ってしまい、風呂がうんちまみれw
わが子は引き渡したヨメに体を拭かれている頃には、既にニコニコしてる。腹立つ~w


ほんと、笑ってると心底可愛いんだけど。。。
早く私の方にも慣れてもらわないと(ていうか、ヨメ以外の人に)、ヨメの機嫌が安定しないしw、頼むよって感じ。



それにしても、人生で初めて体にうんちかけられたよw







最近の記事