古巣対決

2008年05月17日 08:43

2008 J1リーグ戦 第12節
大宮 1 - 2 札幌 NACK/7,358人
得点 札幌:18' OG 85' ダヴィ
    大宮;69' 森田




080510_1558~01





GW明けから風邪をひいており(寒い中外で義父が強制的にBBQを強いられた為?)、正直雨はキツイ。
でも、折角の我が家から一番近いアウェイだし、新生大宮公園(NACK5スタジアム)は期待大だし、
なにしろ札幌さんはここで勝たないと相当厳しいことになるわけで。
ちょっと無理して行って参りました。。。




久々に通るオレンジロード・氷川神社参道はとっても長い気がしました。
そしてアウェイの洗礼か、昔はメインからも入れた気がするのだが、ゲート1に行ったら「ゲート2です」と、 ゲート2に行ったら「ゲート3です」と言われ(良く見たらチケットに書いてあったが)、グルンとスタジアムを3/4周させられ、しかもアウェイ側は妙に隔離されていてフロアが狭い!雨しのぎで降りてきている人が多いので余計に混雑、ハーフタイムはラッシュアワーのようでした。




遅く着いてしまったのですが、ゴール裏2階席最前列に席を取ってもらいましたが(アフロ隊の皆さんありがとうございました) 非常に眺めが良い!高さがある。傾斜があるのでピッチはやはり近い。
そして座席が個席になった。昔はメインも長いすだったよね。まあ、ゴール裏はコンクリうちっぱだったし。 こんな良いスタなんだけど、雨っていうことを考慮しても、大宮サポはあんまり増えてないね・・・
まあ、余計なお世話か。



080510_1552~01




この日の選手紹介は楽しみだった。両軍思い入れのある選手、監督がいるだけにね。
三浦監督は勿論盛大な拍手、マーカスも拍手だった。もっともか。
妙に安っぽい選手紹介曲(J1J2の中で、もっともテンションの上がらない曲だと思う)で
先発のメインを張った吉原には、札幌側からも勿論盛大な拍手で迎える。
選手もサポも、それぞれ何か気持ちの入った試合になるだろうな、という予感がする瞬間であった。




先発FWにはついに宮澤キター!相方は勿論ダヴィ、クライトンは中盤に戻り、キャプテンとWボランチ、右に砂川、左に大伍。
DFは坪内が出場停止で左SBに平岡、右に池内、CBは柴田・吉弘でGKは高木(そういえば高木には拍手あったか?)。
大宮はGK江角、DFに村山、富田、レアンドロ、波戸、MFは藤本、小林慶、片岡、小林大、FWはデニスマルケス、吉原。




前半は圧倒的に札幌ペース。札幌がロングボールを起点にするのはいつも通り、そこから砂川、大伍辺りがからんでのショートパスで大宮のゴールへ向かっていく。但し、4本目くらいの「ここが通れば決定機!」というところで必ずと言っていいほどミスが出てしまう辺りが今後の課題か。
前半特に良かったのはセカンドボールを拾う運動量があったこと。


大宮はダービーの際にも「ガンガンショートパスを繋ぐ」イメージがあったのだが、この日はスリッピーなピッチなのに意識しすぎたのか、札幌の中盤の網に簡単にひっかかり攻撃の糸口すら見えない状態。
そんな中クライトンのニアへのCKを宮澤が小林慶と競り合った結果、今期初のオウン選手のゴールが生まれる!先制は札幌。
ゴールの1/4はクライトン、1/4は宮澤のゴールと言えよう。 勿論2/4は小林慶のものw



この日の宮澤は前線でのポストプレーで非常に貢献していた。やっぱり巧さが目立つ選手。
前半にスルーパスから抜け出しGKとの1対1のシーンはトラップミスがあって惜しかったが、
FWとしてやっていくなら、ああいうシーンは決めて欲しい。まあ、初先発としては上出来。



後半、大宮はダメダメだった小林大を下げ新人の土岐田を投入スピードを活かして前線へ走らせる。
すると札幌のDFラインが下がり始め、中盤にスペースが出来ると大宮にラインの間に入られて
押し込まれ出す。
札幌も前半の運動量はどこへやら、守備が全て後追いになり、「こりゃしんどいな」という展開。
小林慶のシュートがバーに助けられたころにはもう時間の問題かと思った。
すると、FW吉原に代えて森田投入。J2時代、こいつに何度やられてきたことか、いやーな展開。
その直後、セットプレー崩れで残っていたレアンドロがゴール左に展開、その返しを森田が足で決め、同点。



まあ20分以上も攻めを受け続け、よく持ったものだ、という感じで正直厳しいな、という感じだった。
そこで三浦監督は運動量の落ちた砂川に変え西谷を投入。
札幌もようやく攻撃にスイッチを入れ、「狙ってカウンターを仕掛ける」形に変えていく。



そして迎えた85分、西谷がカウンターから相手DFへ仕掛けてCKを取り、クライトンのCKをダヴィがニアで流すとそれを走りこんだ柴田がシュート性のボールを返し、ダヴィが頭で押し込む!逆転である。
ダヴィはこの高速ワンツー(???)の後、クライトンとゴール裏へ向かって走りこんでくる、
ゴール裏はそりゃもう、上へ下への大騒ぎ。そこで私も椅子に思いっきり足をぶつけ、大アザを作ってしまった。。。


080510_1751~01




結局このまま残り時間を凌ぎきって札幌が勝利。連敗を4でストップした。
リーグ前半戦の札幌の課題は、前半で先制すると、受けっぱなしになること。
そして、失点してから攻勢に廻る為、この日はうまく行ったが2点目を喫するケースが多い。
先制した後に、もうちょっとカウンター狙いの意識を強めに持てないか、と。
これは三浦監督の戦術というより、選手の意識の問題だと思う。
あとは運動量。前半は素晴らしかった。これから夏場を迎えるにあたり、これではちょっと。。。
中断期間中のトレーニングに期待したい。



吉原は試合後、「三浦監督を意識していないが、変な感じはあった」とコメントしており、他の大宮の選手も恩師である三浦監督を意識していたようだ。そんな部分が前半の空回りを生んだような気がするし、 そこに助けられた気もする。これも一つの三浦マジックかもしれない。
そして、それだけ大宮の選手に未だに慕われている監督を擁している我々は幸せかもしれない。
改めてそう思った。



スポンサーサイト

08年初味スタ

2008年05月17日 08:34

2008 J1リーグ戦 第11節
F東京 0 - 1 名古屋 味スタ/30,825人
得点 名古屋;17' 杉本



080506_1501~01





GWは札幌で過ごし、妻子はそのまま暫く札幌ステイ。
6日の東京戻りの飛行機がなかなか取れず、午前中の飛行機になってしまった。
午後遅くならドームでベルディ戦を観てから帰れたんだけど、やむを得ず。
それならと味スタに東京×名古屋を、と羽田から直行で向かった。



今年は札幌中心の観戦をしているので、味スタは今年初。GW最終日ではあるが、開始1時間半前に着いたが入りがイマイチのように見える。
ただ、結果的には30000越えだった。何でかっていうと、妙にバクスタ1階席に集中しているからか。
それに比べGⅡが妙に空いている。結構余裕で最前列の席取れたしなあ。




試合は連敗を止めたい名古屋がチームを修正してきており、玉田はおらずともスーパーサブの杉本が ヨンセンと絡んで裏へ相変わらずのスピードスターぶり。
前半長友が接触し負傷退場して一人足りない間に、ヨンセンへ対応しにいった佐原と藤山のギャップを付いた小川からのスルーパスに杉本が抜け出し、失点。




東京は前節アウェイ大宮で3-0で勝利。今節は梶山が有休だが、羽生が怪我から復帰し先発、ナオも控えで復帰しており期待の大きい試合だった。が、その羽生が(まあ復帰明けだから仕方ないが)大ブレーキ。 パス&ゴーのパスでミスっちゃうもんだから、カウンターの基点になってしまった。



案の定後半は大竹と交代。大竹に期待したいものの、さすがにブレイクした新人だけに
注目度も上がってきているわけで。 中へドリブルっ!て読まれちゃっているところを2人、3人で囲まれてあえなく潰されるシーンが何度も繰り返される。



この日は赤嶺も若干カラ廻り気味。60分にユースケと交代、76分にはナオが投入されより前へ前へ。
しかし名古屋は驚異的な運動量で試合終盤までプレスをかけ続ける。
東京にとって最大のチャンスだったカボレが奪ったPKもユースケが思いっきりバーに当てて得点ならず。
東京が終始マエがかりだったものの、そのまま1-0で終了した。




なんとまあ、清水戦といいギッタンバッタンの「バッタン」の試合にたまたま当たっているのか、
これが東京の実力なのか?といわれれば後者なんでしょうね。



清水や名古屋のようなハードプレスをかける相手に対峙した場合、ポゼッションしたい東京としては
DFラインでボールを廻し、
①ボランチに前を向かすか、②サイドチェンジからサイドを起点にするか、③長めのグラウンダーのパスを下がってきたトップへ当てるか
だと思うのですが、ボランチが使えるスペースを早めのプレスで名古屋が潰してきた場合、多少のボールでも変態的にキープする梶山がいなかったこと、そして長友が負傷で動きが重く、徳永はなんだか不安定な日だった。すると③しか無いわけですが、これって一番技術のいるパスなんですよね。
早くて正確なパスが要求される。特に藤山辺りの中途半端なパスが狙われていて、ここからカウンターを喰らってしまっていた。
佐原はフィードは良いようだが、ポゼッションサッカーを目指すうえで、この辺のDFラインからじっくりビルドアップするっていう、攻撃の「第一歩」の部分でのミスを減らしていくってところが課題なのかと。




また、攻撃に関してはSBがこの状態だと、何故か全体的に中で作りたい人ばかりになっており、
サイドのスペースが活かせないのが非常に歯がゆかった。あのナオまでも、中へ勝負していくってんだから、 なんか指示が出ているのだろうか。



そんな感じで非常に穏やかな小春日和の午後ではありましたが、モヤモヤとしたものの残るGW最終日となってしまいました。

雨に強い!?

2008年05月10日 18:42

20080510184251
ダヴィの勝ち越しゴールで勢い余って足打撲した…けど、そんなの関係ない~♪良くやった!名古屋とホームでいい試合して、気分良く中断期間へ入りたいところ。しかし、大宮も柏同様来る度雨だなあ…

常にある、「非日常」な空間

2008年05月02日 14:34

2008 J1リーグ戦 第9節
浦和 4 - 2 札幌 埼玉/48,031人
得点 札幌;6' 砂川、25' 柴田 
    浦和;24' 阿部、28' 闘莉王、50' 86' エジミウソン



080429_1532~01



「頭が真っ白になる程の衝動」って、そうそう無いと思う。
この日は、前半だけで2回もあった。
別に札幌の得点を期待してなかったわけでは全く無いのだけれど、
それは、色んな要素が重なったことで得られたものだ。



完全なるアウェーの空間、ACL王者である浦和との対戦、チームの苦しい台所事情、大挙訪れた札幌サポ。
そういった舞台が整って、選手がいつも以上に闘って、サポも普段以上の気合でもの凄い雰囲気を作った。去年の昇格を賭けた試合のような雰囲気とは違う、「皆で全力を出して、楽しんでやる」的な感じ。正直、自分もおだっていてw普段以上に声をだし、飛び跳ねた。



だからこそ、物凄く悔しい。



試合は序盤落ち着かない浦和に対し、札幌が前へ前へプレスを掛けていく。明らかに普段のサッカーと違う。
それにはダヴィがおらず、且つ控えにも前線でロングボールに体を張れるFWがいない事情から、大伍、クライトンがFWのポジションに入り、中盤で奪ったらクライトンが受けて砂川、今期初先発の西谷が飛び出していくという、三浦体制になってから初めてじゃないかと思える変則的な攻撃体制を取らざるを得なかった為だ。



しかし、これが結果的には前半の勢いを生み、最終的には打ち合いに強い浦和を目覚めさせてしまった。
6分、中盤で芳賀が奪ってから西とのワンツーで飛び出し、前線に走る砂川へのスルーパス、それを落ち着いて砂川が決める!
ゴール裏は狂喜乱舞!天を見上げて何度も叫び、頭が真っ白になった!
周りを見渡してみても同様。物凄い雰囲気だ!


080429_1559~01



その数分後、セットプレーからトゥーリオの折り返しに高原がゴール・・・ああ、追いつかれたか・・・
と思ったらオフサイド、ゴール裏も又勢いを吹き返す。
徐々に浦和が高原のポストプレーでリズムを作り、札幌の中盤のプレスをかいくぐってゴール前に
進入してくる。芳賀・マーカスが体を寄せ、吉弘、柴田、池内、坪内が体を張って守るも
テクニックで交わされ、何度も危ないシーンを作られる。
そしてゴール前でフリーでシュートを打った阿部のシュートは、ミスキックでコロコロ転がる・・・
が、これを高木が横にとび防ごうとするがタイミングが外れたのか、手に当てつつ後ろへこぼし失点。
これまでの高木のプレーからは信じられないミスで、早い時間に1-1とされてしまった。



この日の高木は少々雰囲気に飲まれていた感じがあった。いや、他の選手も同様だ。
そもそもJ1でプレーした選手自体が少ない札幌だ。
しかし。それを上回る気合のオーラが選手を包んでいたのも分かった。



その気持ちからか、直後に得たFKから柴田がヘッダー、再度リードを奪う!!
これには札幌ゴール裏は壊れた!!絶叫、絶叫、絶叫。
よく見ると柴田はファーの位置で完全にフリー。浦和がいかに札幌戦へのスカウティングを怠っていたかが分かるシーンだった。
そして、浦和ゴール裏が暫く沈黙。
これはアウェーならではの快感だ。気持ちよすぎる。



しかし。その喜びも3分間。今度は浦和のCKからファーで待つ闘莉王へ。これには吉弘がしっかりついていたのだけれど、体を入れられてしかもGKのニアの狭いスペースに叩き込まれた。2-2。
札幌は当然浦和のセットプレーを研究しつくしたはずだが、個人の能力の差でやられてしまったのだ。



気持ちとしては同点で振り出しに戻った訳で、勝負はイーブンだ・・・
と思いながらも、札幌本来の戦い方ではない中で浦和相手に「結果的」に打ち合いを挑んでしまっているこの状況に大きな不安を抱きつつ、前半はなんとかそのまま凌ぎ、後半へ。



するとゲームは札幌ゴール側でのワンサイドマッチに。そして平川のクロスが流れた逆サイドから、エジミウソンが梅崎とのワンツーから見事なミドルを突き刺し早々に失点、3-2。



札幌は西谷を岡本、砂川を謙伍に交代するも、後半のシュート数は14-2。圧倒的である。
それでも選手もサポも全く諦めず、最後まで全力を尽くした。
カウンターから4-4の同数でゴール前へ押し寄せ、砂川のクロスをボールを奪った芳賀が長躯のランニングからあとわずか届かなかったが飛びこんだ惜しいシーン、ゴール前の混戦から西が放ったシュートもあと少しだった。



結局、終了直前に前がかりの札幌をエジミウソンがカウンターから得点、2-4、戦いは終わった。


080429_1750~01



札幌が得たものは大きい。
まず、この雰囲気でプレー出来たこと。良い意味で「スイッチ」が入ってくれたんじゃないか、と思う。
そして戦力的に完全に見劣りするのは事実だが、戦えるということが分かったこと。



そして、僕らもよい経験ができた。やっぱり全力を尽くせば、何か必ず得られるものがある、ということ。



西谷は後半消えてしまったが、コンディションから言えば仕方ないこと。こういう試合では頼りになる存在であることは間違いない。
砂川も同様。状態も良いし、見事なゴールだった。
なんといっても大伍。慣れないポジションだったけれど、良く動くしボールもできる限り頑張ってキープした。大分自信がついてきたと思う。
クライトンはやっぱりキーマンだけれど、この日気づいたことは「シュート意識が薄い」ということ。
スーパーな選手なんだけれど、コイツ、シュート無いなってそろそろDFにばれている感がある。
そういう意味ではやっぱりボランチで使うべき選手だ。札幌のシュート数が増えない理由がここにある。



そして最後に、悔しいけれどサイスタの雰囲気は異常だ。
そして、それは常にサポが「非日常」の空間を自ら作り出し、その場を体感すればするほど
嵌っていき、必然的にファンを増やすサイクルが出来上がっているということだ。
僕らが今日感じたような衝撃、「非日常」がサイスタでは「日常」になっているのだ。



本当に悔しいけれど、学ばなければならない点である。
くそう。













清水とんぼ帰り

2008年05月02日 13:22

2008 J1リーグ戦 第8節
清水 1 - 0 F東京 日本平/14,145人
得点 清水; 44' 青山


前日は札幌がホームで新潟に負け。しかもダヴィが前半に頭突きで一発退場、2試合出場停止は
免れないという、なんとも受け入れがたい結果。大事な浦和戦にダヴィ抜き、しかもFWがいない!
やるせない気分の中、なんとか気分を切り替えたくなって。
今年1試合も観に行って無いが、そのお陰か?
ダービー、多摩川クラシコと劇的に勝ち好調な東京の試合がムショウに観たくなった。
ということで、GWを控えヨメも札幌に帰っているので急遽清水に行くことにした。



静岡からのバスが遅れ、外で牛タン弁当の列に並んでいる間に結果的にこの日のメインイベントとなった、パルちゃんショーがスタートしてしまい、席に着いた時にはスポンサー紹介は終わっていた・・・
今日の出し物は実は良く知らないんだけど、「羞恥心」のダンス。


080426_1210~01



080426_1211~01



相当練習しているんだろうなあ、と思う。
これを見るために早くきている人も多いだろうし、いい付加価値だなあ、と思う。


試合直前、雨が降ってきた。
朝天気予報も見ずにきてしまい、手ぶらだった為「こりゃ、濡れてもしょうがないか」と思っていたら
隣の方がカッパを貸してくれた。本当に助かりました、有難うございます!


さて試合ですが・・・


期待していた内容とは相当かけ離れ、「ハズレ」の試合。
清水は西澤へのクサビをフェルナンジーニョが前を向いて受けて、左右のワイドオープンに展開、
ポイントは西澤への対応、フェルナンジーニョへの対応だったのだが、東京のボランチがここを押さえ切れなかったのが敗因。
特に今日は「ダメな梶山」の日だった為、ここをフリーにしてしまうシーンが多く、且つ折角ボールを奪ってからの簡単なミスが多く、ゴール裏からも「なにやってんだ梶山!」という声が常時上がっていた。



清水は今年上手く行っていない印象のスタートだったが、フィニッシュ以外は去年の清水だった。
逆サイドのSBが中に絞らず、サイドチェンジからチャンスを作ったり、フェルナンジーニョを絡めたパスワークは流石、そしてなんとか耐えてきた東京だったがやはり精度の高い藤本のCKから打点の高い青山がヘッダー、0-1。


後半は東京も守備を修正し、攻撃に比重が乗ったゲームを実現。清水のシュートを0に抑え、8本のシュートを放ったもののこのまま清水に逃げ切られた。


後半も梶山は相変わらず。多少守備に気迫を見せるのに、簡単にボールを失ったり。ホント、スーパーな時は感動すら覚えるんだけれどね。。。
初カボレだったが、まずスピードがある。そしてストライカー然としていて好きなタイプのFWだ。
初大竹は、あんまりこの日はドリブルドリブルしていなかったけれど、ボールを失わないしリズムが作れる。ただし体力的な問題か、後半消えてしまうね。
前2試合のように、サブで「スイッチ」の役割の方が期待感があるし、暫くはそういう使い方で良いんじゃないかと思う。


全体的には目指している城福サッカーのカケラも見えない試合だったけれど、これだけ怪我人もいる中ではまあ仕方ないし、序盤はこんな感じで模索しながら、ギッタンバッコン的な試合を繰り返していくのだろう。
羽生がいたらな、という試合だった。早く戻っておいで。


前日のショックもあり気が乗らなかったものの、折角来たのだから清水でなんか旨いものを・・・
と思って清水駅行きのバスに並んだつもりが、乗る直前に静岡駅行きバスと気づいて
更に気が滅入ってしまい、結局そのまま静岡駅へ行って土産に黒はんぺんとわさび漬けを買っただけで新幹線に飛び乗ってしまった。



最近の記事