多摩川クラシコ

2008年09月27日 16:29

2008 J1リーグ戦 第25節
川崎F 0 - 1 F東京 等々力/20,729人
得点 東京:5' 赤嶺





札幌×千葉戦をTV観戦し、あまりに無情な結末に何も考えられないまま電車に乗り、
ほとんど気がついたら等々力についてた感じ。



080920_1900~02




等々力に来たのは川崎のJ2時代の札幌戦、03年6月以来だと判明。
あの時は確か平日ナイターだったけど、休暇を取って5時に車で来場。
競技場の駐車場にも余裕で駐車。
スタンド周りは閑散としていたし、メインで観戦したけどガラガラだった気がする。



それがたった5年で家族連れが数多く観られ、外はイベントブースで一杯。
開始1時間前にスタンドへ入るとメイン以外はほぼ既に満席。
多摩川クラシコということ考慮しても、この雰囲気はすごいな、と。
今の柏みたいな「楽しめる」雰囲気あり、新潟のような「アットホーム」な雰囲気あり。




それにしても、試合前の「川崎市民の歌」には思わずほのぼのしてしまった。
お返しに「東京音頭」を歌ってあげたけど。




東京としては、大宮戦で逆転勝利を得た良い流れを継続したいし、
去年歴史的大敗で連敗を喫した川崎に対し、今年は連勝をお返ししたいわけで。




試合はほとんど4-2-4に近いフォーメーションの川崎が東京陣内でボールを終始支配。
ジュニーニョ・テセ・ジュニオール・黒津が次々とペナ付近に侵入し決定機を作る。
背後ではケンゴがボールを左右に散らし、谷口も前へ侵入の機を伺う。
東京は川崎の早いプレスの前に全体的に押しこまれ深いラインを引いてしまい、
攻守の切替がうまくいかない。



ところが前半5分にCKがファーに流れると、そこには絶好調男赤嶺が待ち構えており、左足一閃、
あっという間の出来事で東京先制。



しかし、ここからが苦しい戦い。その赤嶺が16分にDFとの接触で負傷交代で平山IN。
41分には今野が肘打ちで一発レッド。



こうなるとタダでさえ押されまくっている東京としては、しっかり意思統一し守るしかない。
川崎は後半も怒涛の攻撃を繰り返す。危なかったのが57分のケンゴのダイビングヘッド、これには塩田がなんとか反応。 それから60分、塩田が不用意にペナ外に飛び出したところをジュニーニョがループでがら空きのゴールへ。これがポストをかすって入らずなんとか奇跡的にピンチを逃れる。
川崎も若干焦って中での攻撃にこだわってしまいサイドを上手く使えず、
2枚のラインでガッチリ中を固めた東京が上手く守り抜けた感がある。



正直いつ崩壊してもおかしくない雨あられの攻撃を凌ぎきり、1-0で一人少ない東京が勝利。
試合終了の笛がなった瞬間、東京の選手達は一斉にピッチに倒れこむ。
アウェイの試合での勝ち方としては一番「痺れる」、これ以上ないものだった。
それだけに、今ちゃんが退場して以降、試合後半は特に大挙集まった東京サポの声の大きさといったらなかった。
(ホームでもあのくらい声出ていたらいいんだけど)



試合後。ビッグセーブ連発し(危ない飛び出しは自作自演だったが)
再三に渡りこちらを煽ってくれた塩田のシャー(ちょっとフライング気味w)、
古巣川崎相手にゲームキャプテンを努め、必死の形相で体を張ってディフェンスをした佐原のシャーに大満足し、余韻に浸るように帰りは徒歩で武蔵小杉まで帰った。



残留争いも佳境、かなり降格も現実的になってきて、負ける度に張り詰めた糸が切れそうになるのをじっと堪えるしかない札幌の試合と、
戦術のコアがしっかりし、選手も戦えるようになり、順位も上がり昨年とは雲泥の差で楽しめるようになった東京の試合。
同じJリーグの試合でも、立場が違うとここまで違うか?っていうのを痛感していた。
それでも東京だって去年・一昨年と勝てない以上にチームが停滞し、雰囲気も悪く苦しんだシーズンもあり、結果今年のシーズンがあるわけで。



もっと単純に1試合1試合に一喜一憂する方がラクだなあ、とか。




正直去年もそうだったけど、札幌みたいなJ1でギリギリ戦えるか?という戦力(財政力)のチームにとって、サポートする気持ちを持って望む長い1年間のシーズンは、正直つらいことの方が多いに決まっている。



勿論他のチームのサポも同じくらいしんどいと思う。浦和みたいな優勝を義務付けられて、勝ち続ける苦しみがあること、ACLの遠征なんてのも当然しんどいだろうし、今年で言えば名門の千葉・磐田のサポも、「まさか」の戦いでかなり精神的に追い込まれているだろうし。
J2で毎年昇格に届かないチームのサポもしんどいだろうし、逆に毎年最下位争いをしているようなチームだって同様。




それでも、ウチのようにJ2での昇格争いとJ1の降格争いを交互に繰り返すような闘いの日々に、
果たして幸せってあるのかなあwwと。



それだったらもっとライトに応援するとか、J1の中堅どころの他サポになるとか。
そうしたらもっと楽しくサッカーと関われるのかな、とか考えたりした。




・・・・・けどまあ、出来るわけないな、と。




オシムじゃないけど、「Football is my life」。
今更この年になって、自分の選んだ人生に後悔してる場合じゃないし。




まあ人生だって、いい時だけを切り抜いたダイジェスト版を楽しむようにはいかないし。
僕らだって勝敗だけで言えば希望なんてこれっぽっちも無かった、あの04年J2のシーズンがあったからこそ、 去年のJ1昇格を心から喜ぶことが出来たしね。
このチームからは、すぐに忘れたいような最悪な日々も数多く与えられてきたけど、
既にもう心から消すことの出来ない出来事のいくつかを与えてもらっているわけで。



それから、去年までは小さいところに喜びを見つけたり、逆境を茶化して楽しんだりすることも出来るようになっていたんだけど、今年はJ1ってことで力が入り過ぎているところもあって、これもイカンね。




・・・と、東京の試合だったのに、結局は札幌について色々と考えながら帰路につきました。
スポンサーサイト

癒し(札幌U-18×岡山作陽)

2008年09月21日 09:24

高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)
グループC第3節
コンサドーレ札幌ユースU-18 2-1 岡山作陽高校
得点 札幌;34'、72'鶴野
    作陽;31'村上


080915_1316~01



昨日の千葉戦については気持ちの整理が出来てから、ということで。
先週の札幌ユースについて。
ユースの試合を見るのは・・・確か智樹がいた頃の高円宮?でフロンターレの柿生グランドかなんか
だったっけ?その時以来だから・・・何年振りだ??




1試合目の流通経済大学×静岡学園は前半20分位に到着したところ、既に流経が3-0リード。
比較的関東近隣の高校同士ということもあって、高校関係者でスタンドはほぼ満員。
噂の流経柏は大人のチームだなあ、という印象。一つ一つのプレーがしっかりしてます。
10番の田口君のダイレクトボレーは凄かった。
そして静学は伝統のテクニックを見せるんですが、最後のツメが甘い感じ。
かなり決定機を外していましたし。あと全体的に小柄だったなあ。
結果、5-1で流経。





この試合が終わるとスタンドは関係者が去り、ガランとした感じに。
そして札幌サポがスタンド右側に姿を見せ始め、結果かなりの数に。
まあ、いつも見る顔ばかりですw



080915_1418~01


一方の作陽は遠方の為か、ほとんど応援団はおらず、その分札幌サポの大人気なさが
目立ってしまうww





一番見たかった古田君は怪我の模様。
札幌は鶴野君がトップ下、佐藤君がワンボランチで4-1-3-2。
グループリーグ突破が決まっているけれど、同勝ち点の作陽とトップ通過を争う試合。



札幌ペースながら作陽に先制されるものの、鶴野君がすぐに同点弾。
その後もなかなかビッグチャンスを得られないながらも札幌が押し気味に進め、72分に再び鶴野君が得点を決め、2-1で勝利。トップ通過を果たし、決勝Rは前橋育英との対戦となった。


080915_1446~01



全体的な札幌の印象として、まずぱっと見で作陽とは体格が違う!
流経と比べてもみても、身長というよりはがっしりしている感じ。
この辺は何人しまふくに入っているのかわからないけど、これは村野さんのお陰でもあるんだろう。




皆技術はしっかりしているんで、ポゼッションはある程度ラクに出来るんだけど最後のとこの泥臭さが無いかな。この辺はトップチームとは真逆か(笑)
サイドチェンジの技術と判断は素晴らしかった。
特に右SBの松本君。攻め上がりの思い切りも良かったし。
鶴野君は2得点決めた得点力は勿論、1回の攻撃で必ず彼を経由していくし、
果敢にドリブルも仕掛けるし、文句なしのMVP。




そして終盤古田君が登場。
決定的な仕事は無かったけれど、やっぱ雰囲気ある。
ボールを持った時の「何かしそうな感じ」っていうか、
多分あんまりサッカー知らない人が見ても、「あの子うまいね」って言われるタイプ。
一人違うオーラがある。このまま順調に育って欲しいね。




試合後、挨拶を終えたユース達の中で、一人残ったゴールキーパーの松原君が俺らが歌う「好きですさっぽろ」に合わせ、踊りながら服を脱ぐというwオモローな映像もビデオで取ったんですが、ユースっ子の名誉もあるんでこれはアップしませんww



トップはしんどい状況だけど、彼らの未来あるプレーをみるだけでなんか癒されるなあ。
しかも、それなりに安心して見れるし(笑)



ただ、今日からの決勝トーナメントはまた一層厳しいでしょうね。
勝ったら次は恐らく流経柏になるだろうしね。
トップの分もガンバレ!








東京もまた10人に…

2008年09月20日 21:13

20080920211322
だが勝った!
良く守った~特に塩田。
これで負けてたらちょっと立ち直れなかったかも。
何で今ちゃん退場?
でもまあ良かった!!

人生、あんまりだ…

2008年09月20日 18:04

20080920180427
いくら頑張っても、報われないのかなあ…ただ、やっぱり小さなプレーの積み重ねの結果招いてるんだよなぁ。
ダヴィは累積と合わせて2試合かな~
切り替え出来ないまま、多摩川クラシコに来ました。

東京よ、こんな俺を少しでいいから気分良くさせてくれ~

静学×流経

2008年09月15日 12:54

20080915125426
前半30分到着し、流経が3‐0リード、後半に10番が見事な胸トラップからの左ボレーがドライブで決まり4点目、その後お互いにPKで加点、5‐1流経勝利。
気付いたら後ろに四方田監督がいたw

ドーレ君に会えて、だいぶん救われた

2008年09月14日 21:33

2008 J1リーグ戦 第24節
清水 3 - 1 札幌 (日本平/15,395人)
得点 清水;42' 枝村、62' 岡崎、78' 西澤
    札幌;89' 西




結論から言うと、清水に行って良かった。



パルちゃんとドーレ君のコラボショーがみれたから!!以上!






参戦出来なかった方は勿論、後援会バス組や車組は渋滞で試合開始直前到着だったし、開始後に来た人も多くみれなかった人も多かったと思うので、是非ビデオをご覧下さい!







こんなのあるって知らなくって、ちょうど一時間前にスタンドはいったらもうスポンサー紹介やってて、「ああ、パルちゃんショー何とか間に合ったなあ」と思いながら着替えたりしていると、準備しているパルちゃんと一緒に何故かドーレ君が?



なんで~?って思いつつ、あ、これはなんかあるな?と思いビデオを回し始めたら・・・
運よく動画取れました!
中盤のくだりはこっち向きで演出してくれて、完全に札幌サポ向けだったのか?
何だか嬉しかったな~序盤、ダンスの練習量か、ちょっとドーレ君のダンスが遅れ気味だったけど
ソロダンスは相変わらずキレキレで見事でしたね!





それにしても3連休初日ってことを忘れてて、高速バスで優雅に・・・
なんて思ってたら、東名の横浜抜ける辺りまで酷い渋滞。静岡駅着が1時10分。すぐに日本平行きのバスに乗って40分弱(座れず・・・)、都合乗り継ぎ入れてバスに5時間半も乗らされていたという、
「俺はどうでしょう班か?」と思ってしまった。




試合についてはいつものようなレポートは今回は辞めます。
正直、最後大伍のゴールで救われた・・・と思いたいところだけれど、なんで経験ある筈の選手、先発で出た選手達がそれをやらない?と思うとちょっと悲しくなりましたよ。
勝てないチームが陥りがちな、負のスパイラルが選手の体を止めてしまっているのだろうとは思うんだけどね・・・
ただ、本気で勝ち点3を求めるなら、攻める気持ちのカケラもないこんな試合はしないんじゃないかな~
休み明けなんだし、ガンバ戦のような試合が見たかった。





技術的に。基本の基本、トラップの技術とショートパスの技術の差。
多分練習では皆普通にプロだし、上手いんだろうけど、J1のハイプレッシャーゲームの中でこういった基本技術の差が現れているのか?
でもさー、清水がそんなに格上のチームかっていったら・・・ねえ。
浦和とか鹿島にならわかるけど、折角ガンバ相手でもああいう試合できたのに。。。
これも負のスパイラルのせい?気負い過ぎだと思うよ。




戦術的に。やっぱりクライトンいないとダメだわ。
理由は、ポゼッションからの攻撃を何度も仕掛けようとしたが、基本クライトンがいない場合中で持てる選手がいないので、サイドから崩すしかない。その時にボランチの大塚とヨンデでがコンビネーションに全く絡めず、サイドMFとSBのみで相手の同MF・SB&ボランチと2対3。こうなると技術の劣る札幌の選手では数的不利からは勝負できず、あきらめてCBに戻すだけ、この日はこれの繰り返しだった。




後半から期待の上里が入ってこの部分が改善されたのだが、ボールを中で「受けて」 「外へさばく」上里に対し、クライトンはその間に「キープして(相手を交わして)」がある分、味方の押し上げが出来ること。これが無く、簡単にサイドへさばくだけでは今の上記チーム事情では外を崩せないのだ。
しかも、この日は簡単なパスミスが多かったよ。迷いも多かったし。



もはや、ダヴィは完全にマークされて以前のような一人で変態的な切返しで相手を振り払うようなチャンスはあんまり無いと思う。もうダヴィだけに頼るのはよそう!
繰り返すけれど、勝ち点3を取るしか生き残る道は無い。
いまこそヤンツー時代に叩き込まれたことを思い出し、マイボールの時には自らアクションを起こさなきゃいけない、と思う。
がんばれ!





さて、試合後は清水行きのバスで新清水下車。そこから徒歩2分位、小さめの飲食街の中にある
「寿司割烹 一兆」さんへ。


ネットで調べていたら「マグロの美味しい店」「リーズナブル」という書き込みがあり、選んだものの何だか小振りな感じの店構えだし、路地中だし、大丈夫かな・・・
と思っていたのだが、これが大当たり!


080913_1846~01



おまかせ握りでなんと2,500円!私も高い寿司屋には縁遠い人間なので、通の人はどういうか判らないけど、これがどれも旨かった~
その後中トロの握り、近海ものの戻りカツオの刺身(これがトロっとしていて最高だった!)、ヒラメの刺身を食べて、生ビール、日本酒が揃っているので地元の高砂(純米吟醸)、初亀(吟醸)を飲んで、1万なんて全然いかないくらい。
しかも、日本酒は一合一杯600円と非常に良心的!




ご主人はまだ若い感じだが(他の店員は若い女の子)、土曜で他の店は結構閉まっている中、予約で満席だった、とのこと。予約客が来る前ということで、入れてもらった。
もし次行く機会があれば、また来たいと思う。




この時点で試合のことなんか全く忘れて、気分よーく(ベロンベロンで)新幹線へ乗ったということで・・・
まあ、いい遠征でしたw








清水遠すぎ

2008年09月13日 14:33

20080913143302
東名の大渋滞で開始一時間前にようやく着きました。都合六時間近くバスに乗ってたていう…
関東後援会バス二台がまだ着いてなく、太鼓が無い

でも、パルちゃんショーはギリギリビデオに押さえました~

3連休はサッカー三昧

2008年09月12日 23:39

今週の3連休は土曜にアウェイ清水戦、月曜に高円宮杯全日本ユースの札幌U-18と、
札幌サポにとってはたまらない週末を過ごす予定です。



日曜日も天皇杯1回戦が始まっており、これも行ければ3連荘だったのですが
その日は免許の更新に行かねばならず(なんで違反者講習とはいえ、鴻巣くんだりまで休日を潰していかなあかんねん!だから埼玉キライ!)さすがに断念。それでも関東近郊の試合は日立の流経大×YSCCか群馬サッカー場のアルテ×ジェフリザーブズ位だったから、まあいいか。




いつも清水へはリッチ?にこだまで行っていたのだが、そろそろ年間遠征予算もしんどくなってきており、 行きは新宿-静岡の高速バス(2,650円)、帰りも・・・と思ったが流石に深夜バス以外無く、仕方なく「ぷらっとこだまエコノミープラン(4,500円)」に。



「ぷらっとこだま」は初めて使うが、1680円の割引は勿論、指定席確保できるし、ドリンク(缶ビール可)サービスだし、非常に良いね。



この浮いた分で帰りは清水駅でリッチに寿司屋で祝勝会・・・と考えています。



試合の方はヨンデが「ここで負けたら終わり、のつもりでやる」というコメントが示す通り、
正直な話降格圏脱出に向けて相当厳しい状況になります。
そんな中でクライトン・芳賀キャプテンの出場停止は痛いけれど、やるっきゃないですね。
個人的にはG大阪戦で輝きを見せてくれた上里を是非先発で!・・・と思っています。




実は日本平って全くいい思い出が無い。
06年の東京アウェイでは0-2での負け+モニの怪我(思えばこの辺からモニって怪我がちになった)、清水サポからは嘲笑気味な「モ・ニ・ワ」コールを浴びせられ、今年の東京アウェイではいいとこなしの敗戦+雨具を持っていかず強い雨に合いビショ濡れ(親切な東京サポにカッパを頂いて事なきを得たが)になり。



そもそものケチの付き始めは、遡れば友人との旅行で訪れた2002年11月の清水×マリノス戦、寒風吹き上げる日本平で完全に風邪を悪化させてしまい、ホテルで寝込み旅行どころじゃなくなって、帰宅後扁桃腺炎で1週間入院するハメになったあの時からだ(スポンサーチケットで凄く良い席で見せてもらったが)。



札幌に行ってしまったら当分清水に来ることはないだろうし、なんとか今回このジンクスをぶち破ってやりたいと思ってます。




そして月曜の高円宮杯。我らが札幌U-18はリーグ初戦を終え勝ち点3。セレッソに勝った岡山作陽高と勝ち点で並んでおり、土曜の試合の結果次第ですがグループリーグ最終戦はその岡山作陽高との対戦であり、グループ首位通過を賭ける試合となりそうです。



今年のチームは未見ですが、噂に聞く古田君や鶴野君を生で見れるチャンスであり非常に楽しみです。 日程表を見ていて開催地が「秋津」ってなっていたので、てっきり埼玉の秋津かと思い「スゲー近いじゃん!」と思っていたら・・・千葉の秋津かよ~まあ、それでも蘇我より少し近いし、1時間かからないかな?
その前の試合が流通経済大柏×静学。ちょっと開始時間が早い(11時)けど、この試合も見たいなあ。




サッカー漬け、札幌漬けの週末です。

東京のラーメン 自分的ベスト3

2008年09月12日 23:36

都内を廻っているのでラーメンの有名店に行ける機会が増えました。



以下、行ったことのある店。


光麺(新宿・池袋)
無敵屋(池袋)
ばんかららぁめん(池袋)
えるびす(池袋)
ごとう(池袋)
神座(池袋)
桂花(新宿三丁目)
桜吹雪に風が舞う(新宿)
やすべえ(新宿)
十味や(新宿)
麺屋武蔵(新宿)
青葉(北千住・新宿三丁目)
ホープ軒(千駄ヶ谷)
AFURI(恵比寿)
九十九ラーメン(恵比寿)
九州じゃんがららーめん(原宿)
博多天神(渋谷)
まっち棒(渋谷)
百麺(中目黒)
フジヤマ製麺(中目黒)
きび(品川)
せたが屋(品川)
TETSU(品川)
ひごもんず(品川)
なんつっ亭(品川)
味噌や(神保町)
赤坂ラーメン(三田)
まるきんラーメン(中延)
J'sラーメン(西台)
千石自慢ラーメン(王子)
空海(北千住)
しゅうまい屋(上野)
尾道らーめん 七鐘屋(中野)
ホープ軒本舗(吉祥寺)
吉村屋(横浜)


*実際には他にも行っているけれど、店名を思い出せないところも多く・・・
いわゆるネット情報での有名店を中心に行ってますが、
本当にラーメンってのは「個人の好み」だなあ、と改めて認識させられます。



例えばネット上での評価も下がってますが、一時期人気店として一世風靡した「麺屋武蔵」とか、
食べてみて「麺は美味しいし全体的に丁寧な作りだけど、特段特徴無いなあ」と思ったり、
「青葉」は最初ちょっと魚系の臭いがきつく食べられなかったり(つけ麺に挑戦したら、こちらは全然大丈夫だったのは何故だろう)。
会社のそばだったので、何度か空いている時に行った「やすべえ」はいつでも並んでいるのだが、特段特徴の無い印象だったり。



もうすぐ東京を離れるので、この1年半で食べたラーメンのベスト3を決めたいと。



第3位 TETSU


080901_1224~01





つけ麺って、正直どこも特徴が一緒(大体ダブルスープで、もちっとした麺で)っていう感じで実はあんまり良く分かっていないってのもあり、特別においしいと思ったのは高崎の「北関東麺類研究所」くらいだったのだけれど、ここのはその通りまんまの特徴なんだけど、初めて「これは美味しい!」と思った。麺が旨いのは勿論、やっぱりつけだれに個性があるね。


最後に焼き石を入れてスープ割りで飲むのも楽しいし。ただ、その為なのか最初のスープがぬる過ぎる気がするけど。



第2位 無敵屋


300071774.jpg



実は今日も食べてきたwので、1位でもいいかな、って感じだけど。
良く頼むのはねぎ豚麺。とにかくとんこつ醤油のスープが飲みやすい!それでいて中太麺にも良く絡む。麺も旨すぎ。
そしてチャーシューがトロトロ。ねぎ豚麺の九条ネギもとんこつスープとの相性が良いしね。
そしてなんといっても「節粉」の追加で味がガラっと変わって楽しめること。薄めるタイプのジャスミン茶もGOOD。



第1位 なんつっ亭


150x150_63344_26375.jpg



正直、熊本ラーメンでよく使われる黒マー油って苦手でした。が、ここのは「黒マー油がなけりゃ始まらない」って感じ。
とにかくスープが旨い!いつもは控えているけど、ここのはどうしても飲んでしまう。
麺は粉っぽい固めの中太ストレート麺、どちらかというと好きな部類では無いけれど、スープに合っているしスープの旨さだけでその減点部分を補ってしまう。ネギを頼むと、白髪ネギ?が別盛で出てくるんだけど、これも好き。



次点は空海。あっさりしたワンタン麺が好き。横浜の吉村屋もかなり良かったな。



・・・ただ、東京ラーメン心のベスト1は八王子の「壱発ラーメン」(ねぎとろチャー)な私。


最近の記事