おわりはじまり

2010年06月30日 23:47

2010FIFAワールドカップ南アフリカ
パラグアイ 0 - 0(PK 5 - 3)日本 プレトリア/36,742人



パラグアイ戦




なんていうか、不思議な2週間を過ごさせて貰った。



久々に沸点に達した自分自身のサッカーへの熱と、
普段サッカーに興味の無い周囲の人々を巻き込んだ一時的な熱が交じり合い
フワフワとした、何か長いお祭りのような感覚が続いていた。



そして、それは敗戦した翌日になってもまだ余韻として続いている。
結果は残念だったけれど、こんな感覚は2002年以来である。
しかも、その幸福感は前回よりもずっと濃い。



結果は2002年と同じベスト16である。
確かに自国開催以外ベスト16、という要素があることは否定しない。
最初はそう思った。
けれどここまでの4試合を観て、陳腐な言葉で恐縮だが
試合中の選手の気迫に、自然と代表への思い入れが強くなったことの方がより大きい。
そして更に言えば、2006年とは違いひとつの「チーム」として機能していたこと、
それが見ている側に分かりやすいほど伝わってきたこと。
(カメルーン戦の本田のベンチダッシュだったり、国家斉唱での肩組だったり、
ベンチウォーマーの表情だったり、岡崎への松井のケリだったり)
僕は単純な人間なので、そういう絵を見せられると更に感情移入してしまう。
そして本当に良いチームだったのだな、と改めて思う。



この日の試合は実に膠着した状態が続き、前半は柔道で言えば
組み手争いをずっと続けていた印象である。
それでもパラグアイは何度かエリア内に進入してはあわやのシーンを作るも
そこは中澤・トゥーリオ、川島がしっかりと体を張れていた。
一方日本はしっかり引いたパラグアイに対しては中盤への進入を許してもらえず
ロングボール主体となり、たまにカウンターを発動しても枚数が足りず
ミドルシュートを打つのが精一杯だった。
頼みのFKも、パラグアイは危険なエリアでのファールに細心の注意を払っており
チャンスは少なかった。



お互いがお互いをリスペクトしており、後半も緊迫感のある試合展開が続き
息を呑むようなジリジリとした攻防が続く。
後半も中盤が過ぎ、中村憲が入った辺りでリズムが変わり攻撃が活性化されたものの
パラグアイのブロックは固く、崩すには至らなかった。
結果、90分+延長戦も得点は入らず、PK戦でパラグアイが勝ち上がることとなった。
残念な結果だったし、日本がベスト8に行ってもおかしくない内容だった。
但し、今回はここまでだったのかもしれない。



カメルーン戦やオランダ戦と絡め、このパラグアイ戦を「守備的」という
一言で片付け戦い方を批判する人もいるだろう。
その批判自体は否定しない。実際僕も超攻撃的なバルサのサッカーの信奉者であり、
モウリーニョのチェルシー・インテルでの戦い方は好きではない。



けれど、それをもってこの4試合の価値を否定するような人がいるとしたら、
それはあまりに「サッカー的」では無い、と言える。
杉山某とかいう「自称サッカー通」は各所にて、
「ワールドカップは品評会としての側面を持つ」「負け方が大事」等と
「それがサッカーの世界基準」とか噴飯ものの持論を展開していたが、
世界のどこの誰に聞いたって、ワールドカップにおいて何より優先すべきは
「結果」と答えるに違いないのだ。
それこそが「サッカーの世界基準」じゃないのか?



「品評会としての側面を持つ」ことは否定しないが、それは優先すべきことではない。
パラグアイ戦は確かに結果を得ることは出来なかったが
南米予選2位だったチームに得点を与えなかったのである。
それに何度もピンチに体を投げ打って防いだ中澤の姿を見ていたとするならば
この試合の価値を貶めることはありえない。



だから徹底して相手を研究し、自らのベストを探り、一定の結果を得ることに成功した
今回の日本代表を心から誇りに思う。



そしてPK戦で駒野がバーに当てた時、センターラインで見守っている選手は殆ど動じてなかった。
そんな選手達を気持ちの強さを誇りに思う。



今大会の日本代表は大きく成長した。
組織的に守ることは出来るようになったことは大いなる進歩だし、
走り負けないことや試合中に選手同士でゲームをコントロールできるようになったことは
これからの代表の一つの「基準」となることだろう。




一方で技術的な課題も改めて明らかになった。
世界の強豪相手に現実的な守備的戦術を取るのであれば、
カウンターで攻めきることが出来なければならない。
以前から指摘されている通り、ここの攻守の切り替えの意思統一がイマイチなのだ。
オシムさんの言う「リスクを冒す」かどうかの見極めも大事だし、
もっとフォローも含めスピード感が無いと、攻めきることは出来ないだろう。
韓国はここが出来ていたから、あれだけインパクトを与えることが出来たのだろう
(一方で守備がグタグタだった分、思っていた程の結果は得られなかったようだが)。
そして個の技術の未熟さも改めて浮き彫りになった。
しかしそれは、次の監督だったり、協会の育成課題とすべき事柄である。




改めて岡田監督及びスタッフ、選手達には今年に入ってからの批判、苦言の数々
を思い返し、謝罪したい。
本田が「応援だけでなく批判してくれたことを感謝している」と言ってくれたようで
多いに救われた気がしたが(しかしこの若者の発言は短期間でなんと成長したことだろう)。
そして、この夢のような2週間、大いに楽しませてくれたことに
心から感謝したい。
あなた達のお陰で、日本が少し明るくなった気がするよ。
そして2002年のような、世間におけるサッカー熱も少し戻ってきた気がする。
それは、代表人気の低迷を一身に背負わされてきたあなた達が
自らの力で取り戻したもの。
サッカーに少しながら関わっている人間として、
その点においてもありがとう、と言いたい。



日本代表の冒険は終わってしまったが、ワールドカップはいよいよ佳境に入る。
そして、ワールドカップが決勝戦を終えたころ、フットボールは又僕らの身近な場所に
それぞれ舞い降りてくる。
そして、それぞれの持ち場で次なる闘いを迎える。
僕らが観る舞台、それは欧州なのか、南米なのか、中近東なのか。
Jか、それともJ2?
はたまた地域リーグだったりして。
今日の終わりは、明日の始まりなのだ。



フットボールは続く。
スポンサーサイト

デンマーク戦、改めて。

2010年06月26日 11:10

2010FIFAワールドカップ南アフリカ
デンマーク 1 - 3 日本 ロイヤルバフォケンスタジアム/27,967人
得点 デンマーク;81' トマソン
  日本;17' 本田、30' 遠藤、87' 岡崎)




カメルーン戦のエントリーで「歴史的勝利」ってタイトルにしたんだけど、
それは、まだまだ取っておいた方が良かった。
デンマーク戦の戦いぶりで、何だか「まだまだこんな試合が観れそう」
な気すら出てきたのだから、改めて大会前の状況を思い出すに付け、
不思議な感覚になる。



この試合でも岡田監督が選んだ先発メンバーは同じ。
結局3戦同じメンバーとなった。
この辺はこれまでと変わらず頑固というか、無難というか。
この試合の位置づけを考えれば、高さの無いSBの右に今野を入れるとか、
守備的負担の多くなる松井のポジションに岡崎を入れるとか
外野からは試合前に色んなシュミレーションで楽しめただけに。
但し、試合後のインタビューによれば「若干攻撃的にシフトした」
ということで、4-2-3-1とし、長谷部を右、中央に大久保、左に松井
だった模様。


それに対しデンマークは警戒されていた右サイドのロンメダールとトマソンのポジションを
逆にしてきた。
それによって序盤の日本はマークがずれ、守備時に真ん中に寄せられてしまい
サイドのスペースを巧く使われ危険なシーンが頻発。
トマソンの鋭い飛び出しにもDF陣が対応できなかった。
もし仮にそこで失点していたとしたら、日本にとって難しいゲームに
なっていた訳で、非常に危険な序盤10分だった。
そこで早い段階で4-3-3に戻し、守備が安定したことが
この試合の大きなターニングポイントだった。


この後、大久保のクロスに松井が飛び出しヒールシュート、
その流れで松井のスルーパスに反応した長谷部がゴール右隅上にシュートを放つなど、
デンマーク寄りの流れが変わった。
その直後、本田△のグループリーグ全体でのベストゴールとも言える
ブレ球FKが炸裂、1-0。これだからサッカーは面白い。


次の遠藤のFKのゴールも、ソーレンセンには事前のスカウティング情報は
あったと思う。が、あまりにも本田のFKの残像が残ってしまったんだろう。
遠藤も言ってたが、私もあれは伏線があるだけに「普通に蹴れば決まるFK」
だと思ってみてた。


しかし、前半で2点リードなんて全世界の誰も予想していなかっただろう状況。
それだけに観ていても何だか落ち着かなかった。


後半、早い段階でパワープレーに来ると思いきや、無理攻めすることに慣れていない
デンマークはイライラを募らせるばかり。
巨人ラーセンを投入するも、あまり効果的に活用できていたとは言え無かった。
日本のDFラインはオランダ戦同様、粘り強く且つラインを勇気を持ってあげ、
しっかりゾーンを張って前線から全員の守備で守り、危なげが無かった。



PKで失点するものの、その後の岡崎の3点目は感動的だった。
あの状況のままでも日本のグループリーグ突破は見えていた。
それでも、あの時間帯にカウンターをしっかり発動し、
守備に奮闘していた本田が力強い足腰を使って2度のフェイントで
相手DFを交して岡崎のゴールをお膳立てした。
あのシーンを観て、日本にもこういうプレーが出来る選手が出てきたという
事実に目頭が熱くなった。
そして、日本はE組を見事2位で突破した。



恐らく、カメルーン戦が無ければこの日のような戦い方は
出来なかっただろう。
それは、勿論この日の勝ち点でのシチュエーションのことではなく。
日本は最悪の状況でカメルーン戦を向かえ、消極的な戦い方では
あったが、最高の結果を手にした。
あの時点で本質的には何も得ているものは無かったけれど、
カラカラに乾ききった喉に水を流し込んだ様に。
日本代表にとってカメルーン戦で得た結果は、命の水だった。



そしてオランダ戦では、カメルーン戦で得たその自信を手に
もう1歩戦い方を前進させた。
守りつつも、オランダを相手に勇気を持って攻めた。
時には一方的にゲームを支配されながらも、何度も何度も。
結果的に負けはしたものの、日本代表は更に勇気を得て、
この日を迎えたのである。




そして、今大会は思わぬチームが予選で敗退した。
フランスは内紛で。
イタリアは世代交代の混乱で。
カメルーンはお家芸で。
そんな中、1歩間違えば日本も同じ道をたどっていたかもしれない。
だからこそカメルーン戦で得た結果が全てだった、と言える。



岡田監督が「サッカーはチームスポーツだった」と言った通り、
多少のタレントの差など、かような大舞台においては
その時その時のチームの状況によっていかようにもなる、ということが
日本代表のここまでの戦いで良く分かった。



さて、日本代表はどこまで行けるのか?
今の代表なら・・・・・
と書きかけたのですが、それは書いてしまわない方が
今は良いような気がします。
一つ一つにベストを尽くして。



ワールドカップをここまで楽しめていることについて、
改めて日本代表の関係者の皆様に感謝致します!!






まってろ!パラグアイ!

2010年06月25日 06:04

オシムさん


こんな結果になるとは、韓国戦の頃には誰も予想出来なかった。。。
言葉がありません。
嬉しすぎて!!



デンマークは強かった。
けど、俺らの代表も強かった。
だから、このグループEを突破出来たのだ!
ありがとう!


オシムさんも嬉しいのでしょう。
かなり饒舌でかなりお説教モードでしたww


さーて、今日はどうやって仕事をサボるかww
みんな頑張りましょう~


祝!今野W杯初出場!!!

歴史的勝利~ここまでのグダグダはロンハーどっきり企画並の壮大なフリだったのね。

2010年06月15日 22:18

2010W杯カメルーン戦


すまん、岡田監督そして、「そう言わせてくれてありがとう!」



ここまでのグダグダは壮大なる「フリ」だったのか・・・
なげーよ!!
って、言わせてくれるもんだと、願ってた。
しかし、それが現実になるとは!!



これまで代表を散々こき下ろしてきましたが、前回エントリーでも書いた通り
メンバー発表後はただただ手放しで応援してました。
大会がはじまってしまえば、俺達の代表だもん。
応援しないなんて選択肢は無いのだ。
金子某とか、杉山某とか、あいつらは日本人じゃないからねwww)


いやー。2002年の時とは全く意味の違う、歴史的な勝利でした。


今の日本がワールドカップに望むに辺り、戦い方には2つの選択肢しかない。
一つは昨日のように
「格上に対し、現実的な戦い方で徹底的に勝ちに拘る」こと。
もう一つは
「日本らしいサッカーをして、たとえ勝てずとも魅力的な試合で世界にアピールする」こと。



そもそも岡田監督は後者を目指していた訳ですが、
今年に入りチーム作りが進まなかったことにより
W杯直前になって突貫工事で前者に変更した訳です。
そもそも札幌・マリノスでの仕事っぷりを思い返しても、
岡田監督にとってもっとも得意な戦術がこの「現実的な戦い」であり、
そういう意味では運が良かったというか、何と言うか。



前者・後者のサッカーについて、人それぞれ好みはあります。
個人的にも後者のサッカーの方が好きですし、オシムからの流れを踏襲し、
出来れば今回そういうサッカーを我らが代表に見せて欲しかった。
が、岡田監督が「素晴らしいチーム」と評していた2002年のアイルランドのように、
気持ちを前面に出して愚直に勝利を追い求める、そんなスタイルも観て見たいとも。
そういう意味では昨日の代表は闘志むき出しで最後まで戦った。
まだアイルランドのレベルでは無いけれど、過去の日本代表の中で最高の試合の一つと思います。




何より前半のボールの持たせ方は最高だった。
プレス掛けるところと掛けずに持たせているところの意思疎通が素晴らしかった。
そして、相手を徹底的にスカウティングして望んだこと。
試合後の選手の言葉にも「スカウティング通り」と言う言葉が並んでいたが
攻撃では相手の若いCBの間にクロスを入れること、
(日本から見て)右サイド偏重の攻撃等、指示が徹底されていた。
勿論、エトーへのマークも。



但し、まだグループリーグの初戦。反省材料は山ほど。
突貫工事で作り上げたチーム故、
昨日のカメルーンだったから何とかなった場面も数多くありました。



特にディフェンス面。
後半15分頃からカメルーンがロングボールを放り込んできたこともあり、
ラインが上げれず、前線・中盤のプレスが効かず以後ほぼボールを支配されてしまった。
残り15分ならまだしも、あの時間からベタ引きして逃げ切れたのは奇跡に近い。
サイドにボランチとサイドMFが引っ張られて中がスカスカになってしまうと、
いくら跳ね返しても全て相手にボールを拾われてしまうから、圧倒的に支配されてしまう。
この点は修正しないと。



個々の局面では松井がオーバーヘッドでクリアミスした場面とか、
トゥーリオが軽く飛び込んで交わされ2対2にされた場面とか、
軽いプレーがまだ散見された。


あと、心臓がとまりそうになったムビアのバー直撃シュートの場面。
何故かDFラインの前にいたトゥーリオが、ボールをフリーで持っているムビアに寄せない。
恐らく6・7メートルはスペースがあったと思うが、結果ミドルを簡単に打たせてしまった。
終盤で疲れているとはいえ、あれをオランダ相手にやったらと思うと恐ろしい。



さて。逆にこの試合一番良かった、と思ったこと。
本田が得点後、控えベンチに走っていって皆に抱きついたシーン。
ここまで対外的には盛り上がりにかけるチームだっただけに、あの絵は最高だった。
恐らく、彼等自身はあんなチーム状態でも高いテンションは保っていたと思う。
ああやって喜ぶことで、更に自分達の雰囲気を高める効果も勿論なんだけど
それ以上にそれを見たサポーターや会場の人達、メディアetcがこれまで持っていた
ネガティブなイメージを一新する効果があったと思う。


これで、一丸となって闘える!!

幸せって何だっけ

2010年06月07日 22:15

久々の更新であります。
中々ブログに何か文章を書こう、という気持ちになるのが難しく。



しかしワールドカップイヤーなのに。
何でこんなにサッカーについて書きたくないんだろう。。。



代表についてはまあ見ての通り。
イングランド戦、ちょっと上向いたかと思ったらこれだからw
しかもドログバ&今ちゃん負傷って、得るものどころか失うものの方が。



札幌については、今期選手・監督・チーム・会社、全ての面で前年を上回る筈、
・・・と期待感が強かった分。。。
富山戦が少し良かったのに、こちらも帳消しどころか更に下ぶれしちゃって。
FC東京についても一緒。ナビはいいけど、リーグ戦が。



こんなことを言えば「期待をするから失望する」ってオシムに言われちゃいそうだけど。



ただ最近、サッカーから「幸せ」が貰えないのよねぇ。
こないだのベルディ戦のエントリで書いたとおり、スタジアムに行く行為にワクワクしなかった。
行ったらそりゃ楽しいんだけど、これ、やばいなぁ、と思ってた。


それが最近更に増してる。
何だか、TVで観ることすらテンションが上がらない。待ち遠しさが無い。
代表の体たらくから始まって、悉く自分が肩入れするチームが尽く不甲斐ないと
こういう気持ちになるんだなぁ。
そのせいで、バルサがCL準決勝で負けたことが更に追い討ちをかけて、リーガは見事取ったのに
「CLが取れなかった」ショックの方が大きくなっちゃった。
多分ほぼ末期症状なんだと思う。



所謂(自分も論じるのが好きな)サポーター論の範疇で言うと、
「幸せは自分で掴め」「むしろお前ががんばれ」的な話にもなって来るわけなんですがw
今の状況はそうじゃないだろ?っていう。
やっぱりサッカーもスポーツだから、プレーをする者が主役。
その主役達があんなにぎこちなく、焦って、つまらなそうにプレーしているんだから、
我々応援する身分の者がどうこうできることなのかな、と思う。
その原因が選手自身の問題なのか?それとも監督なのか?
関係者なのか?会社なのか?協会なのか?マスコミなのか?分からんけど。



別に勝てないからそう思うんじゃない。
だってほとんど勝てないチームをサポートし続けてもう8年目なんだからw
こんだけサッカー観てれば、勝つか負けるかが全てじゃないってのは良く分かってるし。



こんだけボロクソ言っておりますが、それでも代表だって札幌だって
全試合観てるし、どんな状況でも応援する気ではいます。



特に代表は「岡田ヤメロ」を連発してましたが、メンバー発表後の韓国戦以降、
もう手放しで応援してますし。
まあ、やっぱサッカーバカにつける薬は無い、って良く言いますが、
こういうことなんですな。



ただ、先週大きな幸せを貰えた試合があったな。
取り貯めてて見てなかったリーガ最終節、アルメリア×セビージャの1戦。



セビージャはCL出場権の4位を掛かっており、緊張感からミスが目立ち序盤アルメリアに制されるが
何とかワンチャンスで先制・・・も追いつかれ、一旦は突き放すがファンマオルティスのゴラッソで2-2。
別会場ライバルのマジョルカは2-0でリード、このままではCLはマジョルカの手に。
先にマジョルカは試合終了。そしてロスタイム93分、セットプレーからロドリが劇的な逆転ゴール。
しかも今シーズンリーガNo1ゴールとも言える超ゴラッソ。
ビジョンで観ていたマジョルカイレブンが崩れ落ちる。。。



ようは、こういうのが観たいんですよ。
サッカーに期待して、見続けているのはこういう光景なんですよね。
負けたアルメリアの選手も素晴らしかった。
調子の面では最悪だったセビージャの選手も素晴らしかった。
別会場で悲劇的な結末を迎えたマジョルカの選手も。
サッカーに全てを賭ける、選手やチームの「熱」を感じたいんですよね。



ワールドカップで、2010J2リーグ戦で。
日本代表が、札幌が少しでもこんな試合を見せてくれることを期待して
今年も、これからもずっとサッカーを見続けて行きます。





最近の記事