東京がやばい。

2010年09月27日 23:07

2010 J1リーグ戦 第24節
F東京 0 - 1 大宮 味スタ/17,477人
得点 東京;
    大宮;73' 金久保





東京が大変なことになっている。




言うても地震があったとか、治安が悪くなっているとかそういうことじゃなくて。
多摩地区に本拠地を置く、J1のチームのことです。



正直に言います。
現時点で札幌に対する興味はほとんど無くなってしまった。
今ここに来て、東京の厳しい状況に対する思いの方が強くなっています。



東京を離れてしまったこともあり、FC東京に対する気持ちは大分薄くなっていました。
スタにも3年近く行ってないし。
そうは言っても03年より観続けているチームであり、札幌のゲームより多く観た年もあった。
何より大好きな今野が腰を据えて頑張っているチームであり、
今野の移籍と共に本格的なファンになり、ゴール裏で声を張ってきた。
初のナビスコ優勝時はチケット争奪戦に敗れ、泣く泣く参戦できなかったけれど、
昨年の優勝同様、カップウイナーという、札幌では得られない(笑)大きな喜びを与えてくれるチームだし、
今年は城福監督の元、高い志を持って優勝争いに食い込み、ACLを目標としていた。



それが今、城福監督は解任となり、降格圏の16位という、チーム設立以来最大の危機を迎えている。



2006年から2007年の連敗地獄や停滞感とか、何度もスタジアムで肌で感じてきたけれど、
今年はそれ以上に苦しい。
そもそもチームの志は高く、この試合でも選手の気迫や連動性は損なわれてない。
今シーズンここまで、はっきりとそれらが失われていたのは前節の磐田戦だけだったように思う。
そこが札幌との違いだ。
だからこそ、「何故こんなことに?」と、現場にいないだけに思ってしまうのだ。



こうなってしまったターニングポイントはいくつかある。


まずは米本の負傷不在。
これにより「今野をCBに定着させる」と決めたばかりの城福監督は頭を悩ませることになり、
不向きな徳永や羽生、向いているもののファールの多い森重をアンカーで使わざるを得なかった。


次に梶山がハズレ年だったこと。
梶山はプレーが安定さえすれば間違いなく代表でレギュラーを張れる選手。
今年は怪我がち+不安定なプレーを繰り返したが、城福サッカーでのキープレーヤーである為、
それでも頼らざるを得なかった。


そして長友の移籍。
元々規定路線だったのに、フロントは手を打たなかった。米本の負傷も含めて、これは明らかな失策。
結局、徳永がボランチに入ることもあり左SBに本来のポジションでない松下を起用するなど、
ただでさえ複数人が複数ポジションをこなす状況を、更に複雑にしてしまい、選手の混乱が増した。



それでも、ワールドカップ明けホーム神戸戦、前半完璧な試合運びで2点リードしながら
後半追いつかれたあの試合。
あの試合をきっちり勝ちきれていれば、僕は全く違う流れになったんじゃないか?と思っている。
決定力不足が表面的なチームの課題であった為、大黒という、東京が初めて得た「リアルストライカー」
が最後のパーツとなって、後半の巻き返しにおおいに期待していた。



大宮戦。前半から東京の猛攻。熊さんの復帰後初采配試合。雰囲気が明らかに違う。
選手は走る。追い越す。果敢に仕掛ける。シュート意識も高い。
ただ、シュートだけは入らない。その「リアルストライカー」大黒が放ったシュートすら。


時間が経過する毎に焦りが見え始めると、お約束の様に劣勢の大宮がカウンターからラファエルのゴール。
・・・と思いきや、明らかにゴールを割っていたが、バーに跳ね返ったボールが戻ってきた為、
審判はまさかのノーゴールのジャッジ。
「助かった。今日はツキがある」なんて思いはただただ甘く。
直後大宮にゴールを割られ、以後MAXの焦りと、大宮の「降格争い慣れ」した冷静なプレーにいなされ
無情のタイムアップ。



降格の危機にあえぐとき、選手やサポがいつも思うのは
「落ちるわけが無い」「このチーム、選手達で降格するなんて」っていうこと。
今回も同様、「このメンバーでJ2なんて、ありえない」と、磐田戦前までは楽観的だった。
が、この2試合を観て「本気でやばい」と。



城福さんの「味スタを満員に」が、この試合なんと17000人。
僕が行ってた頃20,000人を割るっていうことはほとんど無かった。その意味でも危機的状況だ。
しかし。この日の味スタは凄かった。



試合終了直前からずっと、終了後、挨拶も終わった選手がスタジアムを去ってもなお、
永遠と「VAMOS TOKYO」のチャントがずっと鳴り響いていたのだ。当然、バックもメインの観客も一緒に。
スタ全体が一体となって、折れそうになっている選手を支えていたように見えた。



今後東京がどうなるかは分からない。微力ながら僕もTVの前から応援しようと思う。
ただ、長い東京の歴史の中の1ページとして、この光景は目に焼き付けておきたい、
そう思った瞬間だった。



何かが変わることを信じて。










スポンサーサイト

「コンサドーレは札幌に必要ですか」

2010年09月08日 23:47

ニュースサイトにこんな記事が。


読んで思ったことは、そんなに回りくどい言い方しないで「サッカー嫌い」「コンサ嫌い」って言えばいいのに、と。




記事では色んな話題を盛り込み過ぎていて、話題が飛び飛びで非常に読みにくいので
以下要点を箇条書きしてみた。



・代表監督にザッケローニ就任、何故実績を今回上げたのに日本人監督じゃダメなのか?
・ただ欧州とのパイプのある監督なら、強豪国との親善試合も組みやすくなる点で(唯一)メリットはある
・今後Jを経ず海外に渡る選手は増えるだろう
・ヒデのように語学が話せることは、海外でプレーする絶対条件である
・U-20W杯の出場権を逃した。Jユースの強化レベルは世界基準ではないのが一因
・Jは経営難のチームが多く、協会は大掃除をする必要がある
・プレミアではホームグロウンルールが出来た
・高校野球で駒大苫小牧が優勝した時、大半の選手が道産子だったから感動した
・田中マー君は道外出身だが、2年下積みがあったから皆「ほぼ道産子」と認めていた 
・要は、サッカーの母国イングランドでも「地元選手制」を取ったのだ
 
(注;彼の書く「地元選手制」は所謂ホームグロウンルールで、「最低8名は国籍に関係なく、16-21歳までの間で少なくとも3年間は、イングランドかウェールズのクラブに所属していた選手でなければならない」っていうルールなんで、アーセナルみたいに青田刈りすれば、国外選手でもOK。まあそれを理解した上で、田中マー君の話題を書いているのかなw)
・サッカーが日本に定着するには「地元選手制」が不可欠だ
・ハムが定着したのはヒルマンや新庄が道産子化したからだ
・道民はハムの先発メンバーは言えるが、コンサの先発は言えない
・日本協会が導入しなくても、コンサはローカルルールでホームグローンを導入すべき
・他チームにも道産子選手はいるし、選手をトレードするのも良いが、存続危機が迫っているのだから
 道産子選手を集め、地元に愛されるべし
・そうでなければ、コンサドーレに道民が応援する価値があるだろうか?



箇条書きにしたら、余計分かりにくくなりましたねw
論旨を要約すれば「コンサドーレは地元に愛される為に道産子選手を増やすべき」
ってことで、それ自体はその通りです。
なのに何でこんなに嫌悪感を感じる文章なんでしょうかね?

そう思うのって私だけ?



論旨に関して言えば、04年のリスタート時の強化計画にも、中期計画にもはっきり記載があります。
現状、地元出身はヒロキ、小ヒロ、セイヤ、ヒッキー、ジュンキの5名ですが、昨年まではケンゴ、ダイゴもいて
しかもヒロキ以外は自前のユースから選手を補っており、確かに排出する選手の実力はまだまだですが、
Jの中でも自給率の高いチームではあります。だから、今後この路線を発展させていく必要はありますが、
今更言われなくても、と札幌サポなら思うことでしょう。
彼の言う、道外選手の「道産子化」っていう屁理屈については、都合の良い理由づけじゃないですかね?
選手の手厚いファンサービスをもって「道産子化」と思い込むのはいいですけど、
それはその選手の人柄と人気度がポイントだと思います。
ちなみに一応調べてみましたが、ハムのHPによれば64人の選手登録の内道内出身はなんと2人!!
「北海道」日本ハムなのに、ですよ?しかも浅沼、渡部って誰よ?(失礼!)
・・・てこんな事書くとムダにハムファンを煽ることになっちゃうんで本意では無いのだが。



コラムを書いた方については良く知りませんが、北海道スポーツの語り部的な立ち位置で書いてらっしゃりながら
このような遠まわしな文章で「ハムは強くて人気あるのに、コンサは弱くて人気ないよね」と、
コンサファン、サッカーファンを煽りたがっているように見えますが、それはうがった見方でしょうか?



他のコラムでも、去年のゴン入団の際の記事についても一言言いたくなります。
このコラムも話題が飛びに飛び、ゴンの入団がタイトルなのに冒頭より道新に寄せられたサポーターからの昨シーズンの札幌の不出来についての厳しい意見をとり上げ、次に「居酒屋談義」のレベルになると・・・と「Jはチーム数が多くてレベルが低い」とかはまだ笑えるレベルだが、
「もともと、Jリーグの前の日本リーグ時代は観客はぱらぱら!Jリーグになったからといって、実力が格段に上がるわけがないんだって!」とか、「サッカーってのはスポーツのレベルとしては低いな、ファウルが多すぎるし、痛がりかたを見れば足が折れたかと思うのにすぐケロって、だましが多すぎだよ」等と、取材元も明記しない意見を書き連ね、最後の「だましが多い」って部分だけを強引に展開し、
ナビスコ決勝の川崎の悪態事件を表面的に切り取って「サッカー界は(フェアプレー精神が無く)乱れている」と展開し、最後には「中山という最後の切り札で集客するのはよいが、まずフェアプレー精神でプレーすれば存続の危機にあるこのチームの存在意義があるだろう」と、めちゃくちゃ強引なまとめでコラムを締めくくってる。
この時も「コンサドーレの存在意義」について一段上から語っている。




更に他のコラムを見ると、W杯関連のコラムにおいてもアンリのハンド事件やマラドーナ発言等を切り取って同じような理論を展開したり。それでいてW杯は「パラグアイ戦以降観てない」って堂々と書くんだから、その度胸には恐れ入る。この人明らかにサッカー興味ないでしょww
だって、サッカーのことコラムでこれだけ調べて書いておきながら、W杯の決勝トーナメントほとんど観ないってww




こんなコラムを書くことが北海道スポーツの発展の為でしょうか??
まあそれもこれも、事実コンサが弱くて人気無いから、甘んじて受け入れるしかないのかね。
ただ、ロクに取材もしないで(もし十分している自信があるのなら失礼。だって、文章からはそうは受け取れないのでね)このような形でコンサやサッカー界を「断言」するような書き方をしてしまっては、サッカー寄りの人間からすれば有難い提言等とは到底受け取れず、サッカーをあまり知らない人を悪意を持って必死に誘導しよう、としている妨害行為にしか思えませんよ?



それから彼のコラムに良く出てくるフェアプレー云々については、実に正論なのですが、
いわゆるプロスポーツ全般においては、そんなことで片付かないことの方が多いですよね?
例えばプロ野球でよくある乱闘シーン、珍プレー集で皆笑ってみてますけど、あれは道徳的に良いんですかね?
乱闘シーンがあってもTVのスポンサー辺りが「けしからん!!」って特に言ったりしないですし、
どっかからお咎めも来ないですよね?
私はあれって、一つの「お約束」だと思うんですよね。だから問題無いんだと思います。



例えば今厳しい側面に立たされている大相撲。暴力団がタニマチだったりするのは、そりゃもう江戸時代とかからの大相撲の発展の上での一つの歴史であって、故にタブーでもあったはず。星の貸し借りとかそういうのも・・・
今回そのお約束が大きく取りざたされた。悪いものは悪く、反省し正すべき。
ただプロスポーツにはそういう文化や歴史もあるのだ。



そもそもスポーツライターを名乗りながら、フェアプレーフェアプレーってひたすら叫ぶ人って
そのスポーツの何を知っているのか?と思ってしまう。
スポーツを学校の体育教育の延長としか考えていないんじゃないか?と。



そういう意味では色んなスポーツの中で「サッカー」は、そこには当てはまりにくい要素は
多いのかもね。
そうか、だからサッカーが浸透しない訳だ!?



さて、「コンサドーレ札幌は必要ですか」って聞かれたので答えることにしよう。
「ああ、必要だよ!!」

自分の人生ベストアルバム30⑤

2010年09月04日 00:12

さてさて、本シリーズもようやく半分まで来ました。
色々とサッカー界的時事ニュースもありますが、取り合えずそれは又今度。
今日はこの3枚。

ジョンの魂


John Lennon/Plastic Ono Band

70年の1st。
ビートルズ解散後、ジョンが作成したアルバム。
これもまた、私なんぞが語るのがおこがましい作品ですが、自分なりの思い、思い出を。
中学時代にビートルズ好きな友人から色々と聞かされたことで
ビートルズに興味を持ち出し、その後様々なジョンの経歴を遡って知るにつけ、
このアルバムは聞くべきだ、と半ば使命感からこのアルバムを手に取りました。
とにかく1曲目の「Mother」。慟哭に近いジョンの叫びを聞き、心を鷲掴みにされた。
この曲は原初療法という治療を受けたジョンとヨーコが過去の苦痛を呼び覚ます中で
出てきた言葉やエピソードを元に作ったと言われてます。
(この他には「God」や「I Found Out」もそうだと言われている)
それだけに各楽曲には様々な感情が吐き出されており、どの曲もシンプルな楽曲では
あるものの英語は分からなくとも伝わってくる、強いインパクトを持っている。
又、「Working Class Hero」のような、ビートルズ時代とは一線を画した政治色や
メッセージ性の強い楽曲は、以後の彼の活動のモノローグのようでもあります。
当時の自分としてはビートルズは「お行儀の良いもの」、ストーンズは「不良、ロック」
っていう画一的なイメージそのままを持っていて、一時はストーンズの方を良く聞いていました。
ジョンはビートルズの中でも尖がった存在だったし、そんな所に惹かれたのも正直なところ
一つのきっかけです。まあ中房だったんで、思考が単純で。
でもそんな単純な理由がきっかけとなり、こんなアルバムに出会えて真のインパクトを受けるんだから、
少年時代の思い込みってのも大事なんだな、と思う。
少年だった頃「Mother」を聞いて感じることと、今聞いて感じることは相当に違う。
そんな時に俺も大人になったなぁ、と思ったりもする。


サブヒューマンレース


SUBHUMANRACE / SKID ROW


96年の3rd。
世間一般的にはスキッドロウと言えば1stだろうと思う。しかも本作は売れなかった。
が、私に取ってはこのアルバムが彼らの最高峰。
理由としては「ヘヴィロックムーブメントの最終形」と個人的に評価しているからです。
彼らはBONJOVIに見出され、89年という「華やかかりしHM/HRブーム」の終焉の頃にデビュー。
以降、時代はグランジ/ヘヴィロックが主流となり、幾多のバンドがその影響を受け
パーティロックからヘヴィロックへと鞍替えし、結果そのほとんどが失敗。
そんな中で本作は数少ない鞍替えの成功例であり、元々バンドの持つ個性と上手く折り合いを取って
作られた良作だと個人的に思ってます。
前作「SLAVE TO THE GRIND」でも、当時のHMとしては少々ヘヴィな音質を志向して
おり、ボブロックのプロデュースがまた微妙ながら絶妙(?)で、奇跡的な化学反応を起こしたとも言える。
彼らは演奏技術の評価は低かったが、元々音楽的に素直だし(恐らくInputがスムーズなだけに
Outputも素直だったんだと思う)、自分らなりにヘヴィロックを巧く昇華できたのと、
1stから既に楽曲は粒揃いだったように、楽曲自体の質は元々高かった。
又一部からは評価の低いセバスチャン・バックのボーカルも、確かに器用貧乏ではあるんだけど
1stのようなパーティロックでも、2ndのようなメタルでも、本作のようなヘヴィロックでも
どのようにも歌え、マッチするっていうのは中々凄いことだ(確かに不安定さと高音域のパンチには欠けるが)。
本作はヘヴィグルーヴ満載の「My Enemy」「Firesign」で幕を空け、ヘヴィパンクとも言える「Bonehead」、
シングルカットのヘヴィーバラード「Eileen」(何でも「ヘヴィ」ってつけりゃいいってもんぢゃないなw)、
メタル的なアルバムタイトル曲や「Medicine Jar」、それぞれで音的にもリフテンポも
当時の主流ではありながら、歌メロがしっかりしているし楽曲の質は1st、2ndを上回っている。
本ツアーは横浜で見ましたが、「Eileen」のソロ前のミドルパート、セバスチャンとスコットヒルの
ボーカルとギターがハモるパートがあって、それがバッチシ合って二人がサムアップし合ってたのが
何故か印象的に残っているんですが、この少し後メンバー間のトラブルでセバスチャンは脱退。
結果として今でもバンドは活動を続けていますが、中々苦戦をしている模様。


ぶっ生き返す



ぶっ生き返す / マキシマム・ザ・ホルモン


07年の6th。
これまでひた隠しておりましたが、遅ればせながら私、今年より腹ペコの一員になりました。
本作が発売された頃、ラジオで「恋のメガラバ」を聞いて「何だこいつら?」ってかなり衝撃を
受けましたが、その後存在自体を忘れておりました。がたまたま今年あるお店で彼らのライブDVD、
「DECO VS DECO」が掛かっていて、思わずすぐに本作も含めDVD等一気に揃え、
夜な夜なライブを観ながら酒飲んでヘドバンしたり、営業車でダイスケはんのパートを練習したりしてます。
ここ半年位ホルモンはヘヴィロテ、というかI-Podの再生率8割位を占めている状況です。
昔はこういう変化球系のロックバンドは食わず嫌いで、例えば日本語詞だってだけで避けてみたり、
ましてやホルモンみたいな一見フザケた曲名、音楽的にも節操無いバンドはまずお気に入りにはならなかった。
この年になりやっと心が大きくなったというか、彼らのおふざけやお約束も含め「好き」と言えるようになった。
何が好きかって、「好きなものを全部やる」っていう子供っぽさかな。
自分自身もバンドをやってきたけど、メタル・パンク・スカ・ヒップホップ・デス・レゲエ・・・
から堀ちえみまでw「好きなものをごった煮」にするようなスタイルのバンドをやってみたかった。
そんな理想的スタイルを体現している彼らへの羨ましさが、これだけハマッた理由の一つ。
アルバムもライブも、「楽屋落ち」に近いノリで押し通しながらこのジャンルとして最高峰の人気を誇るのも
中々痛快だし、4人全員がそれぞれ個性的なボーカルを取れるのも魅力的。大体一つの楽曲にデス声とキャーキャー
うるさいのとシャウトと普通声とがなりと女声が混在するって、どんなだよ?と。
初期アルバムはかなりチープだったが、「ロッキンポ殺し」でステップアップし、本作で楽曲面も含め一気の
レベルアップを図り、コア色を強めたタイトなアルバムに仕上がっている。
アルバムタイトル曲が一番のオキニですが、まあ捨て曲は一切ありません(まあホルモンの楽曲に捨て曲は殆どありませんが)。その他のアルバムだと「包丁ハサミカッターナイフドスキリ」はいつ聞いてもテンションが上がるし、「握れっ」とか「W×H×U」とかも同様。
但し、本作でもやっぱりプロデュース面は海外のバンドと比較し、チープさが依然残っているのは否めない。
特にドラム、スネアの音が残念なんだよな。亮君のギターも本作ではかなり改善されているけど、
少々ブーストが軽いというか。この辺はOUTRAGE辺りと比較しちゃうとアレだけど、まあ他の魅力が十分だし。
中々困難だけれど、ライブは絶対に行きたい。フロント3人と一緒に汗まみれになってヘドバンして、
モッシュして最後は「麺かたコッテリ」やりたい!
ちなみに私は彼らの地元、恋の町八王子の大先輩です。長沼ラーメン歴は彼ら以上だし!!


最近の記事