震災後。

2011年03月21日 00:46

震災から9日が経過しました。



この間、会社関係、サポ仲間等の安否については幸いにも確認できました。
しかしながら、被害の尋常でない大きさに、毎日言葉を失いつつも、
札幌での生活の平穏さとのギャップに戸惑うのがやっと、の一週間でした。



仕事は月曜から平常通り、しかも1Qエンドということもあり、
ノルマに達してないダメ営業としては、追われる日々は変わりません。
そんな中、東北エリアの各支社に対しての救援物資の買出し等も同時に行い、
そして、昨日休日出勤(ボランティア)でその配送作業を有志8名で行いました。



米100キロ、缶詰100缶、カップ麺250個、パスタ?グラム、パスタソース50袋、
ジャガイモ、にんじん、たまねぎそれぞれ5箱づつ、トイレットペーパー90袋、オムツ10袋、粉ミルク5箱、
簡易トイレ、ドライシャンプー、長靴等等・・・
レンタカーの2tトラック満載で、取引先の業者に依頼し梱包作業もご協力頂き
無事配送しました。



近時「買占め」についての批判も強い中での買出しは、正直色々な葛藤もありました。
が、上記のリストは実際に被災地の仲間からのリクエストです。
特にオムツや粉ミルクの大切さを理解している私としては敏感に反応してしまいますし、
今だ簡易トイレやドライシャンプーが必要な地域があることを知り、
この作業に加わったことで、今更ながら事態の深刻さを改めて実感することとなりました。




長友がCLバイエルン戦でアウェイ勝利後、メッセージの刻まれた日本国旗を掲げている中で流れた
「You'll Never Walk Alone」には、物凄いインパクトがありました。
これまで僕は何度と無くこの歌を歌い、泣きそうになったことは数知れずありますが、
今回ほどこの曲が持つメッセージの強さを感じることはありませんでした。



被災地の皆さんには中々かける言葉が未だ見つかりません。
が、とにかく。皆さんは一人じゃありません。
そして、我々非被災者である全ての仲間は、皆さんと共にあります。
You'll never walk alone・・・
スポンサーサイト

次節以降、寂しい順位予想を覆すような戦いを。

2011年03月05日 21:22

2011 J2リーグ戦 第1節
愛媛 2 - 0 札幌 ニンスタ/6,230人
得点 愛媛;16' ジョジマール、56' 赤井
   札幌;




試合前やってたスカパーの開幕スペシャルでのJ2編を見てた。
札幌は各解説者皆10位以下の順位予想だった。
当然だよね。
札幌当事者以外が感じている札幌のポテンシャルなんてその程度のもの。
流石のノノも5位にしてたww



そして、待ちに待った開幕戦。
今年のスローガンは「Challenge For Smile」。
どう喜ばしてくれるのか?去年と何が変わったのか?
相当期待して観てました。




・・・・・特に何も変わってませんでしたね。。。
この試合に限って言えば、サポを笑顔に出来るような試合じゃなかったなぁ。
そして、誰もが思っている札幌の順位予想を覆すような希望は、まだ余り持てなかったな。
初戦からチアゴ大作戦って。勝負に拘るのはいいけどさ、熟す筈の戦術はどこへやら。



ただ、この時期のコンディショニングが難しい札幌にとっては仕方の無い面もあり、
正直なところ次のホーム開幕戦までに何とかしてくれれば、というのが本音です。
相変わらずシュート意識が低いこと、組み立ての段階でショートカウンターを受けやすい位置での
平凡なミスパスが多いこと、エンジンがかかるまで前線の動き出しが少ないことetc
全く去年と変わらない問題点が出ているのは、コンディションの問題からである、と信じたい。



でも、一つちょっと物騒なことを言わせて貰いたい。
開幕5戦。ここまでに昨年からの変化が相変わらず感じられないようであれば、
これ以上同じ指導者に期待するのは難しい、と。



それは昇格争いの為とかでは決してなく、もしそうなったとしたら、
これ以上続けてもらうことはお互いにメリットが無いからである。




これは石崎監督の問題でもあり、選手の問題でもある。
2年近く継続しながらこの状況である訳で、何か劇的な刺激が無ければ
選手の意識が変わらないんだと思う。



勿論そうならないことを望むし、是非今年のスローガン通り、
僕らを笑顔にするべく頑張って欲しい。
そしてスタジアムで笑顔になれるのなら、僕らも何だってします。



来週は失望することなんかこれっぽっちも恐れず、目一杯の期待感を両手にこぼれる程抱えて
ドームに足を運びたいと思います!!












最近の記事