このワールドカップ優勝を機に。

2011年07月19日 23:37

遅ればせながら、なでしこジャパン優勝おめでとうございます!!
流石に決勝だけは生で見ました。
去年の男子のワールドカップベスト16で得た興奮とはちょっと違うけれど、
「日本がワールドカップで優勝する」
という、非現実的な言葉の響きを、実現することを信じて活動を続けていた
女子のサッカー界に対して敬意を表すると共に、
おめでとう、ありがとう、と言いたいです。



澤姐さんの同点ゴールの際、スマホでつぶやこうと思ったのですが
文字を打つ手が震えてしまって。。。
あんな劇的で出来過ぎなゴール、これまで数多くの試合を見てきましたが
殆どありません。
ふと思い出したのが日韓大会欧州予選の最終戦で決めたベッカムのゴールで、
あれも「出来過ぎ感たっぷり」でしたが、良く考えれば舞台の格が違います。
ワールドカップ決勝ですから。



それにしても、PK戦前の円陣の中でみせた佐々木監督と選手達の心からの笑顔は
我々の心の中に一生刻まれると思います。
勝負の境目で見せた彼ら彼女らのあの笑顔こそが、日本の誇りだと思います。



その一方で ここ1週間で急加速するなでしこへの報道過熱ぶりには違和感を感じていました。
前回エントリーでもそれを書き始めたのですが、折角の盛り上がりに水を差すようなことを
書いても、と途中で止めました。




が、昨日の朝からTVで延々と続いている日本のマスコミ独特の
「感動をありがとう」
という、自分たちの扱いやすい(分かり易い)感動を追求し、
バーゲンセールの様に短期的に浪費する、いつまでも全く変わらないその体質には
いい加減げんなりしてきて、やはり一言言いたくなりました。




以前以前バレーボールのTV放送姿勢について書いたことがありますが、
競技自体の本質をスポイルして、安っぽいドラマ化し
最大公約数の視聴者に向けて発信したところで
瞬間的にその競技が盛り上がったとしても、
本質的な人気拡大や強化には繋がらない。
そのくせ、以後試合に勝てなかったりすると軽々しく批判したり、
もしくはその競技からスッと身を引くだけ。




すべてのマスコミがそうとは言わない。
NHKのドキュメントだったり、民放でも良い特集番組もいくつか存在する。
専門誌やネット記事、ちゃんとしたジャーナリストの素晴らしい記事は、
自分の手で探せば幾らでもある。
ただ受け身で情報を得ている限り、垂れ流される番組や記事の質はその程度であり、
これが変わることはもはや期待出来ない。
そういうしょうもない情報を与えられている我々自身が、もっと気づかなければいけない。



為末さんと乙武さんのやり取りの中にあった
「今日僕らが得た感動は、彼女たちが失った多くのものに支えられているのだということを、僕らはもっと知っておく必要がある」
という点で僕らJのサポーターは、サッカーという競技に対しある意味体現している。
他のスポーツ界との比較で考えると、そのスポーツの競技・関係者や
熱狂的な支援者やスポンサー以外の個人レベルで、この点について一番理解をしているのは、
私はJリーグクラブのサポーターだと思ってます。



又「普段からの下支えにお金を使えば、もっと多くの感動を得られるかもしれませんよ」
と乙武さんがつぶやいていたが、競技の強化の一端をファンが支えるという文化についても然り。
ある意味においては僕らもそれを期待しているから、何度つまらない試合を見せられて
もわざわざスタジアムに足を運んでいるのだ。



勿論感動を得たんならその競技のサポーターになれ、と言うことじゃなく。
その競技が普段国内ではどういう体制でどういうチームが全国にあって
いつ試合をしていて、ぐらいの情報を自ら調べて、もし機会があったら観に行く。
それ位のことでも良いんだと思う。
そして話は戻るが、せめてマスコミはその程度の情報を提供するくらいの時間を
割いてくれても良いのでは、と思う。



という訳で。
私もノルディーアについて少し調べることから始めたいと思います。

スポンサーサイト

なでしことか、さぽーろとか、じぇいとか

2011年07月14日 22:34

生では観れませんでしたが、今朝は朝から良い気分でしたね~
日本がワールドカップ決勝進出て!
文字にするだけで幸せな気分。





今大会は澤姉さんの凄さを改めて知る大会になりましたね。
最近ネットで話題の数々の武勇伝はさておき。
今日の試合では自分のバックパスで先制点を許しながら、
逆にそんな失意の姉さんの為に、とチーム一丸となって川澄の同点ゴール、
そうなったら今度は姉さん自身が逆転ゴール。
凄い、凄すぎるよ。
男子も含めた日本サッカー界における唯一無二の存在だと思う。
勿論、それに応える他のメンバーも素晴らしいけれど。




日曜の札幌さんは厚別で愛媛に快勝。
謙伍にやられた時は相当凹んだけど、内容的にもまずまずだったと思います。
純貴の2ゴールは圧巻。もうウッチーとの2トップで良いじゃない?
と思うけれど、4-2-3-1に拘る石崎監督はどうするかぁ?
まあ、点を取るという仕事に限定するなら純貴はスーパーサブの方が、
っていう考え方もあるけれどもね。
岡山もピッチ外でまた大活躍だったみたいでw
そんで、宮澤にだいぶ安定感と責任感みたいなものが出てきたのも
とても嬉しい。




順位は久々の一桁順位となったけれど、劇的に何かが好転しているわけでもなく。
いずれにせよ水戸・千葉・岐阜にも勝って4連勝でもしないとねぇ~
ホントは水戸戦いけそうだったんだけど、家関係の予定が入ってしまってNG。
岐阜戦の日はヨメが嵐のコンサートに行くことになってしまった為w、
多分次は平日ドーム千葉戦かな?




J2も今年は混戦。栃木とか徳島がJ1上がるなんて一昔前では冗談にもならなかった。
ただ昇格の苦しみはこれからだからね。。。
東京がトンネルを抜けて昇格圏に上がってきた。まだ得点力不足ではあるけれど、
実力差をゲームに反映できるようになってきたから、あまり心配していません。
だからと言って来期クマで良い訳はないんだが。。。
あとルーコンが戻ってきたのは中々感動する話でした。




一方J1もこのまま行くとは思わない展開。
柏はまだ勢いあるけど、仙台は流石に段々厳しくなるだろう。
震災でキャンプがしっかり出来なかった代償が、ここに来て出てきたと思う。
鹿島は序盤から躓いただけに、その影響は更に出ると思う。
しかし、柏が優勝しちゃったら・・・それもまた凄い。
柏がACLってのも想像出来ないww
みゃ長海外進出てww



まあ勿論、まだまだ分からんがね。

スマートフォン購入

2011年07月14日 22:27

スマホを買ってしまった。



これまで使っていた携帯のバッテリーが全然持たなくなってしまい、
auショップでバッテリー購入しようとしたら、買い替えを進められた。



私の性格なのだが、一旦「欲しい」となると、もう抑えが利かなくなる。
「買おうかな」、が「すぐに欲しい」になってしまう。



当初は値段の安い旧モデル「IS03」に決め、翌日連絡があり引取りに行った際、
いざ引渡し手続き中に、
「このモデルは物凄く電池の減りが早いので、ご了承ください」
って言われた。こっちとしては「えっ?」となる。
「1日は全然持ちませんよ」と追い打ちされ、
「ちょいちょい、元々買替え目的が電池の減りが早くなったからなのに意味ないじゃん?」
って思い返し、
「新機種だとどうなの?」って思わず聞いてしまったら最後。
「バッテリー容量も増えてますし、Android2.3の方が電力使用量もセーブできますよ」
なんて想定通りセールスされてしまい、
「ですよね~」
と答えつつ、Android2.3って何?とか思いながら新機種の並ぶ売り場に歩き出し・・・




結局それぞれの機能も良く分からないが、既に「何が何でも欲しい」モードに故に
とにかく早く欲しいが為、デザインだけでIS12SHを選択。翌日入荷しGET。
当初予定していたよりも月額支払額が1000円弱UPしてしまったことも関係無し。
「欲しい」の一念のみで選択した為、3Dだってことも暫くして気づいた位で、
分割支払してるから気付かないだけで、実は結構高い買い物なのに、
こんな決め方で良かったのだろうか。。。




その結果、今は生活の中心がスマホになってます。
とにかく「使いこなそう!」と躍起になって、毎日職場のモノおたくの同僚より
アプリやら機能のレクチャーを受けてます。
こそこそフリッカーで文章を打つ練習したり、会社のPCで良さそうなアプリの検索をしたり、
完全に仕事そっちのけww




元々前の携帯でも通話はヨメか実家しかなく、使用はモバイルサイトの閲覧メイン。
スマホになってサイトビューが思った以上にサクサク行くので、楽しくて仕方ありません。
自宅のPCを殆ど開かなくなったし、会社のPCでヒマ潰しにサッカーサイトを見に行く回数も減りました。




その余勢をかってTwitterも初めてしまいました。
しかしながら特につぶやくことも無く、何をつぶやいたら・・・と困ってしまう始末。
ただ自分的には双方向での情報交換ツールというよりも、
フォローした先から勝手に情報が飛んできてくれるという意味で、
観に行かなきゃ情報の得られないWEBサイトよりも凄いなぁ、と思う次第。
まあ、今更な話ですけどね・・・




それにしても。
振り返ると自分の物欲の深さにビックリする。
普段は食欲以外の欲はあまり表に出ないんだけど。。。
一旦走り出すと止まらない、
暴走物欲列車な私。

マイホームへの道⑥

2011年07月14日 22:23

その後色々ありまして。もう工事の3/4が終わってます。
その間も色々あって、思い出すのも一苦労ですが
まあ自分用の記録なので。。。







前回エントリ以降の打ち合わせ等ですが。
まず、決まってなかった流し台と食器棚について、リクシルのショールームに見に行った後、
その見積を出してもらいました。それが思いのほか高かったので、その後ニトリでもチェック。
但し、ハウスメーカー値引きを入れてもらったら、ニトリの価格と大して変わらなくなったので
ニトリの食器棚の上の段についていたダウンウォール(引っ張ると中の棚が下に降りてくるヤツ)
を一つおまけして、と交渉。粘ってOK貰いました。



照明・カーテンは合計で40万程予算を見ていたのですが、
照明もカーテンも1階のみ、2階部分は既存のものや別途持込みで付けるということにし、
予算の半分程度で済みました。
その為、以外に高くってあまり付けられないと思っていたダウンライトを増やしました。
ダウンライトは一つ12000円前後で、取付費用が1個6000円程度取られます。
元々ダイニングに二つのみの予定でしたが、玄関・廊下部分にも追加。
ダウンライトにすれば、余計な突起物がなくなるので、天井が高く見えるかと。
又、間接照明をリビングと玄関のシューズボックス下に付けました。
それから、外に人感センサー付ライトを玄関、庭に二つ設置。
防犯用+センサーのONOFFスイッチがついているので、BBQとか夜間照明としても
利用可能です。




また、リビングのTV周りにエコカラットを張ることにしました。
建築関係の友人宅で「冬も加湿器をたかなくても大丈夫」と教えてもらったからです。
但し、頼んで張ってもらうとかなり高い為、失敗の出来ないリビングのみ
ハウスメーカーに依頼し、それ以外2か所(玄関、2階)は完成後にDIYでやってみる予定です。
ちなみにリビングのTV(46型)周りで、施工費込7万近くの見積もりです。



壁紙については全室ほぼ同じ白で決めていたのですが、寝室は先述の友人より
「寝る部屋だから、暖色系を入れておくのも良い」と聞き、1面のみ薄いグリーン系を入れました。
その後、現場監督を交えて最終図面の確認で1時間程。
それでハウスメーカーとの主要な打合せは終了となりました。




銀行借入は結局北洋にしました。
3年固定の0.8%、その後変動で優遇金利-1.1%。
今回自己資金もそこそこ投入出来たので、結果的に月額負担が軽くなりました。
また子供達の学校でお金がかかる頃は、10年後以降になる。
そう考えると、この10年は基本繰り上げ返済を大目にし極力元本を減らすことを目指します。
そうすると、今の日本の状況を考えれば10年で一気に金利が上がるとは考えにくいので、
変動でもよいだろうと。んで、金利がその後上がったとしても、元本がそれなりに
目減りしていれば、負担も小さかろうと。
まあ、これは一つの考え方ですかね。





あと外溝工事は、ハウスメーカー推奨の先と、紹介して貰った先で今検討中。
カーポートとコンクリ工事はまあいいのですが、庭部分のイメージが全く湧かず、
どうしたら良いのか途方に暮れた感じです。




それから5月20日、土地の決裁。
銀行の応接を借りて行政書士の先生に来てもらって、売主(不動産会社)の方と
登記書類の確認、捺印等を行い、現金の受け渡し。
1000万以上の現金を前日までにおろして持参しました。
かなり緊張したー




決裁後22日に現場で実際にどこに建物のどこの部分が建つのかの確認を
現場監督と営業・設計交えて行い、その流れでセルフ地鎮祭。
酒と塩と米を持ってきて、4つ角と真ん中、そして水回りにそれぞれ子供たちと
一緒に撒きました。そして近くの神社にお参り。




そこからはあっという間で、5月23日に着工し基礎工事から始まり、
あれよあれよという間に7月1週の日曜に中間立会。
床張りまで終わっている建物内で、現場監督の方から柱や構造等の説明を受けました。
基礎の時は「ちょっと狭いんじゃね?」と思っていた各部屋も、そうでもないな、
という印象に変わりました。
・・・が、逆に玄関が異常に狭いことが発覚。
前述の建築関係の知人に「玄関が狭いと思うので、玄関土間のスペースを削って広げた方が良い」
と言われ玄関の上がるところを斜めにして多少広くしたのですが、
それでも狭い!靴脱いで上がろうとしたら目の前がすぐ壁、みたいな。
色々限られた建坪の中で各所のスペースを確保した為に、この辺に歪みが来てしまったかぁ。
まあ、仕方ない。。。
それ以外は今のところ想像通りでした。



これから部屋の仕切り壁を入れていって、階段を作って、フローリング張って
電気関係の工事が入って、クロス張って。あとほぼ半月で完成。




早いもんだなあ。

後半は優也の弁髪がビールのつまみ

2011年07月08日 22:17

2011 J2リーグ戦 第2節
札幌 0 - 0 北九州 札幌ドーム/7,811人
得点 札幌;
   北九州;







仕事も半期で一段落したので、定時退社で行ってきました。
但し、子供の保育園への迎えの都合もあり後半30分には帰らなければならない
ということで、「そこまでにせめて1点入ってくれれば」という期待をしてたんですが
・・・まあゴールの遠い試合でしたね。。。両チーム共に。



この日は仕事人ナイト、ということでかなりのスーツ姿の人がいて、
ゴール裏から見た感じ1万いってるかな?という見栄えだったんですが
過去最低の7000人台・・・。大丈夫か~HFC。




試合はアレだったんですが、ビール半額デーだったので
選手アップを眺め、ポテト摘みながら飲むビールは最高だったし、
岡山の挨拶はいきなりの「劇場」だったのも楽しかった。
いきなり「俺たちの誇り」歌いだしたのには驚いたが、
それ以上に歌いながらフェードアウトするという芸?にも驚いたww
改めて思うが、我々は良くも悪くも上手く彼を活かさなきゃいけないと思う。



USも物凄く気合い入ってた。
ホーム3連勝、って何度も連呼してた。
それだけに、帰ってからスカパー録画で試合後の挨拶のゴール裏の無反応ぷりといったら・・・
そりゃそうだよな~
確かに北九州は上位チームだけれども、そういう問題じゃない。




内容的には今年見た試合の中では、ゴール前での連携面は大分改善された印象は
あります。分かり易いところで言えば、スルーした先に全く味方がいないというような
シーンは少なくなったし、SBが走りこんで欲しいスペースにちゃんと突っ込む様に
なったり。
又ウッチーでボールが収まり、ヤスが色んなところに顔を出すので全体的な押上げも
出来ていた様に思います。
DFは相変わらずゴール前では固いし。




ただし、それだけ。
贅沢かもしれないけれど、岡山があそこまで「昇格」と言ってる中で、
これで良い筈がない。
この日にふらっと来た、娯楽に目の肥えたサラリーマンの一見さんが、
このサッカーの内容で「楽しかった、また来よう」とは思わないだろうし。
良かったと評価したウッチーとヤスだけれども、その側面で評価したら0点だよ?




ただ、唯一「また見たい」と思わせてくれたのがユースケのプレー。
あのゴリ押しドリブルは一見の価値があり。ここに来て磨きが掛かってきた。
あとはムラさえ無くなれば。。。



芳賀の復帰が待たれる中、宮澤の怪我がどうか。
彼が引っ込んだ後半、明らかに攻守の切り替えが遅くなったし、
ボランチとして存在感が出てきただけに心配。
岡山が入ってきても、河合・山下のDFラインは出来れば崩したくないしなあ。。。




過ぎてしまった試合は仕方ない。
責めて残りホーム連戦3試合ではしっかり結果を残すことを期待したい。
・・・あ、フクアリもホームにカウントしちまったww





最近の記事