期待と不安と

2013年01月31日 23:13

昨日の純貴の結婚発表には驚いた。しかも相手が辻田ちゃんで更に驚いた。

コンサの応援に行った時のブログエントリを見たことがあり、

とてもタイプの美人さんだったので、仕事中ツライことがあった時

お気に入り登録した彼女のブログ(の写真)に何度癒されたことか。

ブログを見る限りとっても良い子だし、お似合いの美男美女だし。

まあ目出度い。9番背負う勝負の年に大きな決断。

彼女のバックアップを受けて大活躍の一年になりますように。


さて、先日のCPPを挟み、チームは市内でトレーニングを続けております。

CPPはU-STREAMで一部のみ見れました(いつでも見れると思ったら、配信時間は

決まっているのね)。まあ内容については既に各所で触れられているので

今更特に触れませんが、U-STREAMの配信というアイデアは素晴らしいですね。

メディア経験の長いノノ顧問の発想でしょうか?コストを左程掛けずとも

ファンサービスやチームを知ってもらう為の手段はあるということです。

今後こういう発信が増えてくれることに期待したいですね。



背番号の件はまあ大きな驚きは無く。一番印象に残ったのは深井の18番。

芳賀ちゃん、ソダン、コータの番号だし、期待の大きさを伺わせますね。

それとやっぱ他のユース選手と比べガタイがいい、という印象。

早くコンディションを整えて欲しいです。



さて、熊本キャンプまでiioneともう一か所(東雁来?)で別れてトレーニングを

しているとのこと。

致し方ないこととは言えこういう形でのトレーニングだと

出遅れ感は否めないですね。古辺さんは去年の怪我人の多さを踏まえて

「より鍛え上げる」とのことですが、芝ではない人工芝や固い床の上での

ハードなプレーやランニングを課することで悪影響が無いのでしょうか?



そして財前監督の持分である攻撃では、「ポゼッション」を重視するようですね。

まあ選手時代は攻撃的ポジションの天才肌の選手ですから

まさかカウンター志向になる、とは思いませんでしたが、石崎体制4年で

あれだけ「ポゼッション出来なかった」のを振り返ると、選手もそう変わらない中で

実現出来るのか?少々不安になりますがそこは信じるしかないか。



守備の再構築については、名塚には何となく期待感がある。

ただの思い込みではあるけれど、何故かそう思う。



まあいずれにせよ、熊本キャンプに行ってフルコートの練習での話を

見聞きしないとチームについての印象もイマイチ分かりずらいな。



折角ホームタウンでトレーニングするなら、岡山の小豆島キャンプの様にいっそサッカーから

完全に離れた精神修行や基礎トレーニングを道民へのアピールも兼ねてやるのはどうだろう?

それこそ岡ちゃんがやってた雪上トレとか過去にもあったし、

ましてややきうのキャンプもまだやってない時期の始動だからこそ

新聞に取り上げて貰ういいチャンスじゃないかと思う。

岡山もここ数年自力を付けて来ている背景には、こういうキャンプの効果も

あるのだろうし、金が無いなら無いなりに工夫しつつ露出効果も狙うってことで

そういうのも良いんじゃないかなぁ?等とシロウト考えですが思う次第。



なんか久々に適当な感じのエントリーになってしまったw
スポンサーサイト

サポ冥利に尽きる

2013年01月26日 23:19

昨日、今日と東京出張でした。


終日赤坂本社で会議。久々の東京でしたがまあ暖かい。

気温10℃って、コートいらんがな。

会議はしんどかったけど、飲みは会社のメンバーで赤坂なかむら屋分店、

その後表参道に大学サークルの同期2名を急遽呼び出して終電まで飲んで

赤坂へ戻ってホテルそばにあったやすべえでつけ麺、更にホテルで飲みなおし。

まあ、たまの東京を満喫しましたw

ちなみに昼は見附駅前で念願の天下一品でしたww



今日昼の飛行機で北海道に戻りました。

相変わらず雪が多く寒い北海道ですが、戻るとやはりほっとします。

いつからだろう、こういう風に感じる様になったのは。




先日JPの清水復帰と芳賀の引退&スタッフ入りが発表されました。




JPは10年シーズンに途中加入し、札幌の選手とは切れ味違うプレーで得点に何度も絡んで

流石J1の選手、と思ったのが今や懐かしく感じる程。

意識も高いしポジションも複数出来るし男前だし、札幌でずっとプレーして欲しかった。

チーム事情でSBとして定着したけれど本来はもっと前目でのプレーをさせるべきだったなあ。

清水に復帰できるというの幸せなこと。本当に良かった。



そして芳賀の発表には驚いた。

契約満了の発表があった時、何とか芳賀だけは残せないものか?と思った。

それすら許されないチーム事情。

昇格した07年のキャプテンとして印象深いし、愛想ない割に愛すべきキャラクターだった。

最初は左WBでの起用だったり攻撃的なポジションでの起用が多かったが、ボランチで本領発揮。

ピッチをこれでもかと走り回る姿は全ての選手の見本だったし、サポに対してしっかり向かい合える

数少ない選手だった。口下手で照れ屋だけど自分の考えを語れる選手だった。

実は発寒のイオンの食品売り場で家族で買い物をしている姿を

見かけたことがあって、子供にべったりな彼の姿を微笑ましく遠目に眺めていたことがあった。

実に幸せそうだったことがとても印象に残っている。



そんな彼が札幌を離れるのは寂しい、と思っていたから。

今回の発表は嬉しかった。

札幌に関わってくれることもそうだし、出身地でなくとも「北海道のために」

と言ってくれるのはやはりありがたい。

7年間でそれまで縁もゆかりも無かったコンサドーレと、

札幌という土地を「ホームタウン」と感じてくれる様になってくれたのかな、

と思うと、何だかムショウに嬉しく感じますよね。

こういう選手が出てきてくれるとサポ冥利に尽きる、というか。




チームは道産子中心でビルバオ化しつつある。

でもスナもそうだし、ノノ社長も四方田さんも。

非道産子ながら「札幌が好きになった」人こそ、大事にしなきゃいけない、と思う。

出身者とは違う角度で物事をみれるし、思いの強さもまた質が違うから。




かく言う私もそうでして。

皆さん、大事にしてねww














CALDERA/LA-PPISCH 

2013年01月23日 22:27

レピッシュ

CALDERA/LA-PPISCH 

年始にCSでARABAKI ROCK FESの特番をやっていて

正直あまり観たかったバンドが少なく流し見をしていたのだが

その中でMagicBlueCaseを演奏するLA-PPISCHの映像が流れたのだが

もうそれはそれは圧倒的なカッコよさで。

ちょっと前にこのアルバム自体はCD屋で見かけはしつつも買うには

至らなかったのですが、あれを見せつけられちゃー買うしかない。



いやー、超カッコいいっす。

昔の曲のセルフカバーが殆どですが、オリジナルに比べても

演奏がパワフル過ぎる!

何がやばいって、「美代ちゃんの×××」の超コアなアレンジは

刺激が強過ぎてクセになる。オリジナルからして相当刺激的だったのに。

先のTVで流れてた「Magic Blue Case」もまた同様。

「HardLife」や「AnimalBeat」も懐かしくもあり古臭さは全く無し。

どの曲でも恭一のカッティングのキレはハンパ無いし、あとはドラムが

オリジナル(雪好)に比べると断然パワフルでしかも音が渇いてて。

ちょっと最近聞いた日本人のドラムの音で一番好きかも。




「ワダツミの木」は彼等では無く現ちゃんの曲だけれども

Magumiヴァージョンの歌も泣かせる。

出来れば一番好きだったWonderBookやKARAKURIHOUSEからの

曲もあったら良かったけど、まあ満足。

最後は名曲「パヤパヤ」で締め。



そういや高校時代にカラオケ行って「パヤパヤ」歌ったら

「なんだよ?その曲?」ってスゲー笑われたことを思い出した。

まあバンドブームとかに無縁だった人達にとっては、

LA-PPISCHなんて耳にする機会もあまりなかっただろうし、

ミクスチャーの概念がまだ無くジャンル分けしにくくて、

クセや毒の強い彼等の歌詞・音楽・キャラクターは理解されにくかった

と思う。ただ彼等もそれを敢えて狙って、トンガリにトンガってたのが

コアな音楽が好きなものにとっては最高にカッコ良かった。





今や時代も変わって音楽界はクロスオーバーしまくって、刺激的で個性的な

バンドも山程ある。今やまたバンドブームが来ている、と言っても良い状況だ。

そんな中で改めて聞いてみて、彼等はあいも変わらず新鮮だしまだまだトンがってた。

それが再確認出来てうれしかった。





彼等のPVを擦り切れる程見た中・高の頃。野球部の練習が休み無くあるし

ライブに行くことなんて考えられない時代。

それでも画面の中で暴れる彼らをみながら、自分がバンドをやることを妄想しまくってた

あの日々を思い出す。彼等は自分の青春の一部。



それにしてもMagumiってもう50近いはずなのに

何であんなにカッコいいんだろう・・・

先のARABAKIでの革ジャン姿には正直惚れた!!

ニッカンの秋春制記事で思ったこと

2013年01月17日 21:57

スポーツ新聞を最後に買ったのはいつだろうか?

札幌関連で記念に買ったりしていた時期もあったが

一昨年の昇格の時も買うことは無かった。



飲食店に置いてあれば必ず手には取る。

しかし、読むところはサッカー欄を流し読みし、道内版でコンサの記事を

チェックし、芸能欄をちょろっと見る程度である。

時間にすれば2分程度だ。ココイチだとカレーが出てくるどころか

先に注文したサラダが出てくる前に大体見終わってしまうww




野球の記事は見るに堪えない内容のものばかりだし、Jはそもそも記事が

少ない。海外サッカーに関しても内容が薄っぺらすぎて、それならまだ

Goal.comとかの記事の方が読み応えがある。

皆さんはどうでしょうか?

最近はネットで記事も見れてしまうから、スマホが普及した以上余計に

紙の新聞を買う価値には極めて低い様に思える。





ただ一方、ネットで見ている速報系のニュースソースはやはりスポーツ新聞の

記事によるものだから、「スポーツ新聞なんていらない!」等と言うことは出来ない。

そうなったら、専門誌の情報は流石に速報性は無いので、

少しでも早く知りたいサッカーのデイリーなニュースは我々の元に届きにくくなる。

彼等の存在があってこそ、日々サッカーの話題でネットは盛り上がれるのだ。





スポーツ新聞という媒体は今後益々厳しくなっていくと思う。

そんな中、折角汗水たらして(経費を掛けて)取材をするのだから、

中身のないダジャレに逃げたり、成功した結果を精神論や根性論、プレー以外の人間ドラマ

ばかりで美化することなく(それも多少は必要だろうけどさ)

野球でもサッカーでも、ちゃんと彼等が勝つ為にしたことのプロセス

(戦術だったり練習方法だったり)について書く比率をもう少し上げて欲しい、と思う。



それともう一つ、読み手に事実を誤って解釈させる様な書き方はやめるべき、

と思う。



ニッカンの「15年Jは3ステージ制?秋春制移行へ準備」という記事のことで思ったことである。





この内容で記事を書いている新聞はニッカンだけ(多分)。

この記者は「3ステージ制」のことをどうしても大きなインパクトを持たせたかったんだ、

と思う。ただ、その書き方がまずもっておかしい。




まず見出しが?だ。

秋春制問題自体今一歩議論が進んでない筈なのに、移行方法を先に準備してるの?と。



そして記事を読めば、秋春制のことを良く知らない人から

「16年から秋春制移行を予定していて、15年スタートのシーズンは

3ステージ制になるかもしれないのか。そうなると1年半を1シーズン分の予算で

過ごすことになるんだから、予算の厳しいJリーグチームの運営は益々大変になるな」

と言う安易な感想を引き出すのは容易いだろう。

少なくとも野球しかみないオジサンが見れば、そう思うに違いない。



一方過去数度に渡りJリーグ全体としての秋春制移行の現時点での判断はNo。

とされてきたことを理解している我々にとっては違和感のある文章だ。

一応最後の締めのところに来てようやく

「戦略実行会議は秋春制の可否も含めた基本方針を・・・」

云々書いてあるけれど、スポーツ新聞なんて見出しのインパクトありき。

私も含め流し読みする人が大半であり、こんな記事の作り方で正しく内容が

伝えられる訳が無い。




これはJFAの圧力による作為的な記事だ!!

等とその内容に過剰に反応するつもりは流石にこれっぽっちもない。





それを言うとすれば、こないだの高校サッカーが雪で順延したのを受けて

「だから秋春制はムリなんだ」とネットで騒いだおばかさんと一緒になってしまう。

私は秋春制に反対はしてはいますが、それでカンに触ってわざわざこんなエントリーを

書いてるわけではありません。




言いたいのは、ありがちで安易な感想を引き出そうと見出しありきで文章を考え、

読み手に事実を誤って解釈させる様な記事の書き方を意図的にしているとすれば、

それは新聞本来の価値を著しく下げる行為なんじゃないの?ということ。




新聞、特にスポーツ新聞にありがちな書き方なのかもしれません。

まあ実にささいなことの様にも思えますがね。

それって記者の本分としてどうなんだろうね、というお話。



私がささいなことに拘り過ぎなんですかね?


どうなんだろうか。

古田残留決定~2013年戦力考察~

2013年01月15日 22:02

今年最初の札幌関連(ていうかサッカー関連)エントリです。

先程公式HPに古田の残留がUPされました。



元々デンマークブロンビーへのトライアウトに参加できるかどうか、

というレベルの話でしたので、残留濃厚とは思ってました。

シーズン終了時には流出を覚悟はしてましたので、逆に残留で複雑な思いも。

国内からのオファーが無いということは、ウチらのエースに対する市場の評価が低い

ということです。

真希は移籍金が無いというのもあるでしょうが、川崎に決まりました。

ノノが言ってた通り古田もまだまだ札幌でやるべきことがある、ってことだ。



さて、「残せない選手」以外の「残したい選手」をほぼ残せた、ということは

まあ評価しても良いかと思います。というかこれも古田同様オファーが

無かった、ということの裏返しの様にも思いますが。。。

ということで、毎年恒例ではありますがポジション毎の戦力についての

考察をしてみたいと思います。




GKはホスンが復帰してくれればJ2なら概ねOK。ベテラン杉山もいるし。

ただ4選手皆怪我にだけは気を付けて欲しい。

注目選手は曳地。今シーズンこそ必ず出場を果たして欲しい。




CBは今年も引き続き課題。奈良さんがせめて2011年程度に戻ってくれれば

目途は立つのだけれど、相方候補は外国人&皆若いのでそれでも不安。

JFLで実績&日本語も話せるチェ・ソンジンがどこまでやれるか、に尽きる。

マーケットを見る限り日本人CBのコマは確かに少なかった気がするので、

この状況になるのなら岡山を残しても、という思いも今更ながらある。

SBは日高が軸。松本は即戦力で期待。前兄の展開力と頑張る守備はボランチで見たいかも。

小山内は試合に出るチャンスは確実にあるので頑張って欲しい。

DFの注目選手は松本。2008年9月に古田を観に行った高円宮杯岡山作陽戦で初見。

SBらしいSBで、積極的なオーバーラップが印象的な選手だった。

トップに上がらなかったのが不思議だった。4年間での成長が見たい。



ボランチは河合が残ったのが心強い。が、もう一枚が心もとない。

宮澤はどうかって?正直ここ数年色んなことさせられ過ぎて自他共に

持ち味を見失ってしまった。自身の能力を一旦棚卸しする作業が必要だろう。

前兄、ゴメス、深井、そしてレンタルバックの上里を含めて

全員にチャンスありと思う。河合もそろそろフル出場は厳しいだろうし。

前目のMFはスナ・ヤスを除けば残りは新人・2年目の選手のみ。

ここも正直厳しい。そうなるとFW登録のマエシュン、ボランチの上里らも使えるとは言え

やはり今年のエースとして古田は絶対に欠かせない選手だ、と改めて認識させられる。

MFの注目選手は荒野。2年目とは言え今年は勝負の年。J2が舞台なのだから

遠慮なく大いに暴れて欲しい。



FWは内村が軸。そこに榊、上原、そして未知数(?)のテレがどう絡むか。

内村さえそこそこ稼働してくれれば、三上・横野を含め比較的層は厚いと思う。

ただ決して得点力は高くないのが悩み。誰かがブレイクしなければ苦戦は必至。

その誰かの筆頭はテレ。J2屈指のガチムチ系FW。足元はそこそこあると思うので、

しっかりキャンプからフィジカルを整えれば化ける可能性はある。榊・上原は

先発定着には何が足りないか、そこをキャンプで何とか掴んでくれれば。

ところでマエシュンである。正直難しい。使う以上先発でないと活きない。

が、去年の最盛期のプレーを実際に見続けてみてピースとして使い辛い選手だと

いうことは改めて分かった。今更プレースタイルを変えられる選手じゃないし、

ここは財前監督のアイデアに期待したい。

FWの期待選手は内村。何も言うまい。



さて、27日のPreviewPartyは金曜から東京出張もあったりするので

行けないことが確定。ここ数年は毎年参加でオフシーズン唯一の楽しみ

だったので残念。でもまあ最近YouTubeにも皆アップしてくれるので

まあ今シーズンのチームの雰囲気も少しは感じれるかな、と思う。



日本人補強ゼロで新加入はユース勢と外人のみ。

そういう意味ではチームがガラッと変わった印象は無いと思う。

が、去年の結果を受けての今シーズン。既存選手の目の色がガラっと

変わってなければウソだと思う。

それを期待したいと思うのですが、果たして。

念願のGBLP

2013年01月10日 21:29


昨年末、ついに買ってしまった。


DSC_0257_convert_20130110211841.jpg

中古の97年製のギブソンレスポール、ヒストリックコレクションの59年リイシューモデル。

カラーはチェリーサンバースト、ピックアップはバーストバッカー2基。



新品のトラディショナルで検討していたのだが、市内のショップを

梯子してみたが現物は結局2~3台位しかなく、カラーも限定される。

ハードオフとかの中古ショップも梯子したがまあ気に入ったものは無く。

通販で買うのはちょっと心配だったので、どうしようか思案していた。



一方で「どうせ一生モノにするならヒスコレ」という思いが頭から離れなかった。

でも59年の新品のヒスコレはあまりに高くて手が出ない。

市内の某店舗に新品の59ヒスコレが1台だけあったけれど、まあお高い。

しかもその店舗は大げさにガラスケースに入れて鍵も掛けて

「試奏のみお断り!!」なんて書いてあってちょっと感じ悪かったり。

58年のヒスコレならどうか、とも考えたけれどネットで調べてみると

材質レベルとか虎目とか何だか色々違うとか、いや基本大差無くて虎目がキレイなだけとか

書いてあることも違ったり良く分からない。

迷いに迷いつつ、ただ59ヒスコレなら中古かな?と考えてました。

その場合実物を見ずに一か八かの通販かオークション、と思っていた頃。




夜な夜なネットで検索していたところ、今回のギターに出会った。

市内の中古楽器店で店頭販売もしてるけど、オークションにも出してる、というやつ。

ネット通販でなら幾らでもあるけれど、現物も見れるというのは希少だった。




後日店頭で確認。97年の中古という割にはキレイ目の外観。

試奏させて貰って、まあそれ程幾つも弾いたことも無いので自信は無いのだが、

太く甘い音色は勿論のこと、こないだのトラディショナルと比べても

鳴りが良いせいか音のツブがしっかりしており、音がデカい気がする。

まあとにかく良い。まあ試奏自体が緊張するのと、憧れのギターを触って

ちょっと浮かれ気分で正直冷静ではなかったかもしれない。



外観についてもボディカラーは絶対チェリーサンバースト!って決めており、

且つボディーの外枠のチェリー色の厚みが少なめなのが良かったので、

その条件も満たしており虎目もそこそこ理想的で文句なし。

ただ最後までほんとに15年落ちの中古で良いの?というのは悩んだ。

でも同じ店舗に2008年製のチェリーがあったが10万も高く!

自分の財布(ヘソクリ)と相談したらまあこれが限度かな、と。



その後、最低落札価格を店員さんに確認させて貰い数日後に無事落札。

受け取る時は結構緊張したが、ケースを抱えて店を出た瞬間嬉しさが

込み上げてきて、物凄い雪の夜だったが駐車場まで小躍りしてた気がする。

そんで車に乗ってから嬉しさのあまりちょっと叫んでみたww




買った数日後。平日なので夜中にヘッドフォンアンプで弾いてみた。

正直ヘッドフォンアンプじゃあ違いは分かりにくいだろうな・・・と思いきや。

持ってるオービルのスペシャルと全然音が違う!!(そりゃそうだ)

先に書いた音のツブだちがまあ違う。想像以上に各弦から出る音の自己主張が強い感じが。

それからネックは太いね。私は手が小さいので、慣れるまで苦労しそう。

どうしても親指と人差し指の間の水かきの部分がネックをスライドさせるときに

引っかかってしまう。

ネック裏にボディークリーナーを塗って、なめらかにしたら何とかなった。

正月休みにようやく普通のアンプにつないで弾いてみて、改めてサステインと

鳴りの良さを実感。ソロを弾くと音が良いから上手くなった様に聞こえるww



いずれにせよ、憧れのギターが自分のものになってちょっと夢見心地だ。

音についてはせいぜい上に書いた程度のことしか判断できないレベルで

正直猫に小判なことはよーくわかってる。



でも今の自分には二つの意味でこれが必要だった。

ギターがまた楽しくなって、趣味の範囲でも相応に自分のレベルも上げていきたい。

そういう向上心がある今こそ持つべきだってこと。

あと今色んな不安を抱える中でこういうギターを持つという、精神的な余裕を持つ意味。

まあこれに関しては持とうと思って持てる状況だった、ということ自体が

もはや十分幸せなんだけどね。



という訳でへそくりがついに底をついてしまい、生活を見直さなければ

ならなくなりました。。。

シーチケ買えるかな・・・

正月休みの出来事

2013年01月07日 22:17

20130104_convert_20130107220539.jpg


新年明けましておめでとうございます。


本日より会社も始動です。
休みが長かったので、気持ちが言うこと聞かずどうもなりません。
ということで、リハビリも兼ねて恒例の年末年始中の出来事をつらつらと。

29日
朝食後、ヨメとどちらが言い出すことも無く大掃除を始める。
途中義弟が東京に帰る前に子供へのお年玉を渡しに来たので
1時間程度お茶を飲んだが、昼を挟み終わったのは3時。
もはや疲れ切って他に何も出来ず、夕飯は久々にほか弁で済ます。
夜から人生初めてのおせち作りに挑戦。黒豆・栗きんとん・伊達巻・酢ごぼうは
上手くいったが、ごまめは砂糖を焦がしてしまい大失敗。明日作り直すことにする。

朝;ヨーグルト・納豆
昼;カレーラーメン
夜;ほか弁(メンチカツ弁当)


30日
朝から大掃除の続き。前日気合い入れてやったお陰ですぐ終わる。
昼過ぎに義父が訪れ大量のソバ等食材を持ってきてくれた。
その後お正月用の食材を買い出しに行った後、新川のコーチャンフォーで正月用の
本を物色。面白そうな文庫本が見つけられず、結局サッカー批評に。
子供の付録付きの雑誌の値段が最低でも700円程度することにびっくり。
以前なら上の子だけに買えばよかったのだが、流石に双子も3歳になり
そういう訳にもいかず、3つ買うとかなりの出費だ。
おせち作りは筑前煮・松風焼・ぎんなん焼・酢タコ、ごまめのリベンジ。
ごまめは今度は上手くいった。松風焼は松の実を入れ忘れたのと
少々出来上がりが固くなってしまった。何故だろう。

朝;ヨーグルト・納豆
昼;焼きそば
夜;ラムしゃぶしゃぶ


31日
おせちの仕上げ。お重が無いので黒いお弁当箱に詰めていく。
作らず買ったのは松前漬、かまぼこ、数の子。都合全12品でまあ中々の見栄え。
この日は外出もせず。ギターを弾いたりしてノンビリ過ごす。
子供達は昨日買った本(というか付録)に夢中。
上の子と神経衰弱を久々にやったら、全く勝てない。まあ元々苦手ではあるが
ヨメも参戦してきたがやはり勝てない。短期間での子供の成長に驚かされ、
自らの記憶力の衰えにガックリくる。夜は例年すき焼きなのだが、
ヨメのリクエストで奮発した和牛霜降りステーキに。
しかし「この年になると霜降りの脂はもたれる」「赤身の方が良いかも」
と二人で話し合うことになり更にガックリくる。
子供達は9時過ぎには寝てしまい、ヨメと「笑ってはいけない」を見始めるが
続けて観ると流石に飽きが来てしまい、例年通り後でゆっくり録画を観ることに。
適当に採り貯めていたバラエティ等を観ながら新年を迎える。

朝;ヨーグルト・納豆
昼;そば
夜;筑前煮・そば・ステーキ


1日
8時過ぎに起床。作ったおせちを皆で食べる。反応はまずまず。
糖質食を減らしている都合、泣く泣く餅は1個にした。
年賀状等を見てノンビリした後、近所の神社へ初詣。お札とお守りを買う。
おみくじは今年は大吉!上の子は2年連続大吉。ヨメは2年連続末吉w
その後ジャスコでケーキと義父母へのプレゼントを購入、義父母宅に挨拶。
3時位から刺身やおせちをつまみながら日本酒、結果マッサージ機で爆睡し、
7時頃帰宅。子供就寝後は香川復帰初戦や天皇杯を流し見し、
レンタルした「ダークナイト」のブルーレイを見ながらまた晩酌。

朝;おせち・雑煮
昼;筑前煮・おせち
夜;おせち・刺身・かに等


2日
発寒のイオンへ初売りに。気合い入れて10時に到着したので流石に空いてた。
子供はお年玉でファンシーグッズを購入。自分は帽子とネクタイ&ワイシャツ、
そしてABCマートでPUMAのスニーカーを購入。同タイプのモノで3代目。
その後ヨメと合流、迷って決められない様子で子供を引き取ってゲームコーナーへ。
子供にせがまれUFOキャッチャーに2千円突っ込むが全く取れず。才能が無い。
この日は夜にお隣家族を招いての新年会。料理を持ち寄り大宴会となった。
1昨年我が家の入居より3-4か月遅れで越してきて以来1年近くでようやく実現。
奥さんは子供を介して結構行き来があったのだが旦那さんとは仕事も遅く
話すことがこれまで無かったものの、年も近く酒も飲むしサッカー好きだし
11時近くまで盛り上がった。この日はそのまま子供と就寝。

朝;おせち・雑煮
昼;リンガーハット(長崎ちゃんぽん)
夜;おせち・サケのちらし寿司・唐揚げ・ポテトフライ・筑前煮


3日
予定無くヒマ。年末購入したレスポールを初めて普通のアンプにつないでみた。
やはり鳴りが良いしサステインがオービルとは全然違う。だから巧くなった様に聞こえるw
ところがストラップ金具を交換したところ、ネジ穴がバカになってしまった。
高価なギターなのにどうすれば良いの?と若干パニくったが、その後グーグル先生に解決法を
教えて貰い一安心。
午後はアリオにヨメの買い物の付き合い。ついでに取り寄せお願いしていた
ユニクロのスリッパを取りに行く。履いてみるとこれが実に気持ち良い。
暖かいし踏んだ感触が低反発で絶妙な感じ。
夕食は前の日からカレー(シーフード)と決めていた。おせちも良いけど…ってことで。
晩酌しながらこの日もダークナイトの続き。この映画は長いので。


朝;おせち・雑煮
昼;焼きそば
夜;おせち・シーフードカレー


4日
昨年下の子の発熱でキャンセルしたガトーキングダムにリベンジ。
よーく考えたら、双子が生まれてから家族だけでのホテル泊まりは初めてだった。
13時からプールに入れるとのことで、朝から子供に急かされ時間きっかりにホテルへ。
しかしここで問題発生。プールに付いた途端、下の男の子が水を怖がり大騒ぎ。
仕方なく彼は超浅いプールでヨメと遊ばせ、残り二人の浮き輪をずっと引いて
2時間程遊んでクタクタ。その後温泉に入り、夜は洋食のバイキング。
これが中々良かった。種類豊富でローストビーフやスモークサーモンも美味しかったし
シャトレーゼだけにケーキ等も各種あり、10数階分の天井吹き抜けで雰囲気も良く大満足。
子供を寝かした後に一人でまったり温泉に入り直し、ビール3本も開けてしまった。

朝;ヨーグルト・納豆
昼;乾燥バジルのスパゲッティ
夜;レストランバイキング


5日
若干大き目のツインベッドに5人で寝た為、寝返りが殆ど打てずあまり寝れなかった。
6時過ぎから一人温泉に。露天に行くとすぐに髪が凍る程寒い。が、これが気持ちいい。
朝食バイキングも同じ場所だったが、オムレツの具をチョイスして目の前で作ってくるサービスが
あったり、これまた大満足。
10時から再びプールへ。下の男の子は屋内の遊技スペースで遊ばせ、
残り二人を連れてやはりこの日も浮き輪を引き続け、出てから遊技スペースで合流、
再度そこで皆を遊ばせ、その間大量に置いてあるマンガを暫く読みふける。その場で食事し帰宅。
それにしてもガトーキングダムのコストパフォーマンスは素晴らしい。
プール・温泉はもう少し清潔感が欲しいところだが、部屋や食事、また子供の絵本や
アメニティグッズ等の充実には大変驚かされる。
これで大人一人9000円程度。子供は上の子だけプール施設の料金&バイキング料金が
取られるが、下の子二人はまだ無料。よって2万円程度でこれだけの施設で家族5人が
満喫出来てしまったのだ。
帰宅後、睡眠不足から爆睡。しかし夜には復活、晩酌の上ガキの使い&ダークナイト鑑賞。


朝;レストランバイキング
昼;麻婆丼・そば(外食)
夜;カレー・すいとん


6日ついに休みも最終日。朝からアコギでハイスタの古い曲をコピー。
最近休日はリビングにアコギをずっと置いているので、気が向いたら弾いている。
子供も音楽に興味を持ってくれれば、と思う。最近は私が弾いてると
おもちゃのピアノやピアニカを持って近くに来て、セッションしようと言う。
まあ上の子が「キラキラ星」をようやく覚えた程度ではあるが、嬉しいことだ。
午後は食材購入の為外出。その後図書館に行って絵本を借りこんできて、
家で絵本読み大会。一段落してからガキの使いを制覇。
正直今回はゲストの質が低かった。芸人を団体で出してゲームをやったり
見せたりするコーナーが多かった気がする。まあ昨年までは「よくオファーを受けたな」
的な人が多かった分、期待し過ぎなのかもしれないし、芸人を多用するのは
予算的な面もあるのだろうか。ハイライトとしては最初のバスでのELTいっくんと
会議での長州&天龍、あとは三又又三のつまらない話だろうか?

朝;すいとん
昼;ピザ
夜;鉄火丼・野菜炒め・トロロ昆布の味噌汁


天皇杯も流し見だったし、旭実の試合も見なかったしコンサは補強話等も全く無く
サッカーに無縁の9連休でした。
その代り料理は初めてのおせち作成、外食とヨメが作ったお雑煮以外の食事は
全て作りました。結構頑張った。
あとはギターを弾いてる時間が長かったな。


さあ、今年も頑張ろう。


最近の記事