気づいたら開幕まぢか

2013年02月24日 23:00

暫くサッカー関係なしのエントリーが続きました。

が、サッカーはちゃんと観てます。リーガとプレミア中心で。



そういえば先日のCLミラン×バルサは最高に面白かった!

バルサファンながら、ミランの戦い方にはかなり興奮。

比較的高いラインで3ライン&ハーフラインちょい超え辺りでの

前線チェイス&絶対に自由にさせない気合のゾーンプレス。

特に激しめのプレスバックがポイントだったと思う。

シャビがあれほど何度もボールロストしたのは何時振りだろうか?

あの前線の選手が守備を絶対にサボらない徹底ぶりは、イタリアのチームに

根付く守備の文化からなせるものなのだろうか?

バルサホームでは果たして?今からワクワクする。



そして昨日はゼロックススーパーカップ。

まあ広島はこの時期で完成度高すぎ、そして佐藤寿人が凄みを増しすぎ。

流石に代表に呼ばないと問題だと思う。

森脇一人抜けても全く問題ないですね。ミキッチもいなかったけど

清水や石川で十分遜色ないし、寿人と交代で入った石原は十分に代役を務められるし。

ACLがあるので流石に優勝は厳しいと思うけれど、今年も上位には入れるかと。

しかし高萩の10番、似合ってるしあの落ち着き。愛媛時代が懐かしい。



柏の方はまあ天皇杯もあったし、チャレンジした3バックはまだしっくり

きてなかった様ですが、ベースのあるチームであり補強も十分、心配ないかと思います。



部外者として純粋に楽しみたいところでしたが、放送キー局が日本テレビ。

サッカー、いやスポーツ中継の手法が根本的にズレているTV局。

相変わらずの資料読み、作文読みが気になって仕方なく、

どこか試合に入れない。

キーちゃんの解説もリーガの時とは違い実況のレベルに合わせた

ある意味プロの実況で物足りない。




一つ日テレサッカーあるあるに気づいた。

高校サッカーやCWCなどでお馴染みの言い回しなのだが

「広島サポの中には9時間かけてこの国立までやってきた方もいらっしゃいます!」と。

この「遠くからやってきたネタ」、絶対言わなきゃいけないルールでもあるんだろうかww



さて、我らが札幌さん。

気が付けば家には持株会チケット&シーチケが届いており、来週開幕とのことw

練習試合はスカパーでの中継もなく、HFC広報は非公開を貫いている為

結果だけを拾うと良いのか悪いのか、全く分かりませんね。

一応例年通り色んな妄想をするのですが、1-2年目のユースっ子が多いだけに

その妄想にあまり現実味がありません。



ただチャオコンやネットの情報を見ると、攻撃はイマイチ形になっていないようですが

守備の方は「体を張る」というキーワードも多く出ており且つ韓国勢以外とは

比較的失点は少なめでここまで来てます。名塚コーチ効果が早くも出てるのかな?



テレがかなり貢献度高そうですが、今日PKは決めたものの得点が欲しいところ。

夢実が好調のようですが、古田やヤスはもっとがんばれ!

そして、何だかんだ今年も奈良さんと前俊が気になって仕方ないww




さあ、あと一週間!
スポンサーサイト

ギターハンガーを付けてみた

2013年02月20日 22:36

秋にアコギ、年末にエレキを購入したは良いものの

保管方法に困っておりました。

アコギ購入時にギタースタンドを買ったのですが

これが結構かさばるので、置き場所に困る。



我が家には平日子供が大勢来ることが多いので

スタンドに掛けて部屋に普通に置いて置いたりすると

まあアコギは安物なので良いとして、エレキの方は

自分が不在の間に子供達に弄られたりましてや壊されたりしたら・・・

ということで、前のギター共々ソフトケースに入れて

クローゼットに保管しておりました。

(ハードケースはかさ張る為クローゼットに置きにくい)




しかし、このままだと湿気対策やネックのソリ等も心配になるので

なんとかしないといけない、と思い続けておりました。

そんな中でネットでギターハンガーなるものを発見。

その中でもヘラクレスのGSP39WBというのが良いとのことで

アマゾンで2つ購入。クローゼットの壁にネジ止めして設置。



DSC_0317_convert_20130220222501.jpg

そんで、サッカーグッズと合わせてこんな感じに仕上げてみた。




正直こんなに良い感じになるとは思ってなかった!!

ギターは壁から10センチ程離れており、スペースがあったのでハンガーで

奈良さんの昨年のレプユニを飾ってみた。

奥のコンサの旗があるところは3段のボックスで、

上からコンサグッズ、FC東京グッズ、帽子類を収めている。

手前は月刊コンサドーレとかMDP。

ハンガーに掛けてあるのはコンサ・代表・FC東京・何故かセリエBの

リボルノのマフラー(姉夫婦が住んでいるので、お土産に貰った)。

その裏にはコンサ他のレプユニが掛けてあり、正に私の好きな音楽とサッカーを

凝縮した、趣味のブースが思いがけず完成してしまった!

前面にまだスペースがあるので、何を置くか思案中。


DSC_0293_convert_20130220222134.jpg



ちなみにこのギターハンガー、このようにギターの重さで前部分が閉じて

ロックする機能がついている優れもので、地震等があっても大丈夫。

保管方法としても通常のスタンドよりネックを支点にして自重を支えた方が

ソリ等の対策としても良いという説もあり、いずれにせよソフトケースよりは

断然マシであり、これでとりあえず一安心。

あと湿度対策は別途しなければなぁ。



我が家は子供3人に一部屋づつ将来持たせる為に、少ない建坪で無理やり2階に

4部屋作った為、収納やスペースに限りがある。

こういう良いグッズがあって非常に助かった。今は本当に便利な時代だなぁ。

前はギターをソフトケースに入れてこの下の段に置いていた為、その奥にある

1000枚近いCD&DVDとサッカー雑誌類は引越して来て以来グチャグチャに

置いてあるだけなのだが、近いうちこれも上手いこと整理してカンペキな

趣味のブースを作りたいな。



あ。別にこれはステマのエントリではありませんww

面倒くさくてアフェリとかやり方わかんないし。

上記リンク先もメーカーのHPですのでご安心を。

子供と雪まつり見物

2013年02月14日 23:21

 DSC_0298_convert_20130214231750.jpg


先週末のネタになりますが、日曜は子供を連れて雪まつりへ。



実はじっくり雪祭りを見るのは初めてのこと。

厳密には先週東京から来た上司に付き合わされて

夜4丁目から9丁目まで見たのだが(プロジェクションマッピングも見た!)。

ヨメはモエレ沼の段ボールそり大会参加の為、一人で3人連れて行くことに。



東豊線で大通りまで行き、東西線に乗り換えて西11丁目で下車。

チビ3人連れて地下鉄に乗るのは2回目だが、まあ大変だ。

地下鉄は階段が多いので、まず下りるのに時間がかかる。

エスカレーターもそう簡単ではないので、エレベーターが無いと厳しい。

それに下の二人は電車と電車の隙間が怖くて、一人であそこを跨げない。

電車の中では座れないと危ないし、とにかく大変。



11丁目から東に向かって順に雪像見物。

UHBのちびまるこちゃんの雪像をまず最初に見物。これには大喜び。

近くに市民雪像でアンパンマン、ピカチュウもあったのでテンションも

高かった。6丁目辺りで若干歩き疲れてきたので肉まんを購入し休憩。

その後3丁目の白い恋人のスキージャンプを見学し、見学終了。

それから地下歩道で札幌駅まで歩き、昼飯を食べて地下鉄で帰宅。



まあ歩いた。よく歩いた。子供の足で西11丁目から札幌駅まで歩いたのだ。

この日は全員寝つきがめちゃくちゃ良かったので、相当疲れてたと思う。

これだけ歩ける様になったことに子供達の成長を感じる。

それに雪まつり会場は当然雪道。かなり滑るところもあって、手を繋いでは

いたものの結構歩けるものだ。流石道産子である。



そして物凄い人ごみの中、4人で手を繋いで色んな雪像や滅多に出ない街に出て

色んなものを見聞きしたと思うので、色んな刺激にはなったと思う。

特に次女は常に最後尾でチョロチョロして、色んなものに興味を示して

付いて来てるかどうか振り返って何度も確認が必要だった程。

他二人は私の存在を常に確認して必死に付いて来てたので、まあ性格が違うことが

良く分かる。

疲れたけれど、子供も喜んでくれたし色んな成長を感じられ

中々楽しい時間を過ごせたな。



雪まつりそのものについては、初めてゆっくり大通会場を回ったけれど

雪像よりも会場にある飲食店の多さにびっくりした。

北海道らしい飲食店群もあればHBC会場の様に雪像に合せタイ料理が充実していたり。

非常に魅力的なメニューの出店が多かった。残念ながら食事時ではなかったので

肉まん以外食べれなかったが。

夏のビアガーデンの時にこの位料理が充実しているとありがたいと思った。



雪像は正直過去も仕事中にチラ見して来てるので、今年の印象としてはスケールダウン

してる感じ。HBCのタイの建物の雪像はかなりデカかったけど(トラック400台分の雪!)。

まあそれでも作った方々には寒い中本当にご苦労様、と思いました。



雪まつり誇らしい!!




仙台出張

2013年02月12日 22:30

金曜日は会社の勉強会があり朝から仙台へ。

日帰りの日程だったのですが直前に決まった為帰りの飛行機が取れず。

キャンセル待ちを入れたものの3連休&雪まつりがありやはり取れず。

止むを得ず仙台に泊まることにしました。



会社のメンバーで飲むのはまあ変わり映えしないので

折角の機会なので仙台在住の元弊社先輩であるサポ仲間と連絡を取り

飲むことにした。



会社の現状等をざっくばらんに話しつつ、次第にサッカーの話題に。

ここ最近はどうしても地元ベガルタが観戦の中心になってきている様子で

去年は磐田戦参戦後翌日に群馬へレディース昇格試合参戦等梯子したり

したとのこと。一方札幌戦は2試合程度の参戦だった様子。



仙台は金銭的にも着実に力を付けて来ているが、アイリスオーヤマの力が

やはり大きいとのこと。観客動員は安定しており、そこをベースとして

その他スポンサーも着実に増えている様子で、今期は広告料収入9億円を

目標といているとの記事もあった。

レディースの受け入れはサポの中でも「ただでさえ強化費が限られている

のに、負担増だ」とする反対意見も結構あった様子。

それでも女子チームも持つというのは街クラブとしては理想的なあり方だし

羨ましい限り。



ただ、札幌ユースの現状について触れると「そこは単純に羨ましい」と。

仙台はそういう意味ではまだ実績が無いし、トップに関しても手倉森体制は勿論

リャンや富田や菅井といったチームのベースとなる戦力の高齢化は

今後の課題であり、いずれ来る世代交代の時までに如何にチームとして

力を付けるか、ということなのだろう。




同じ地方都市のチームとして、仙台はある意味で理想的な成長を遂げたチーム。

昨年は優勝争い、今年はACL出場。世界を目指すスローガンを掲げた我々にとって

ベンチマークとなる存在。

ただ我々にも彼等とは違う強みはあるし、目指すベクトルは一緒ではないし。

決して怯むことなく挑んでいければ良い。

DSC_0286_convert_20130212222413.jpg


そう言えば翌朝ホテルのそばに「オーレベガルタ」というオフィシャルショップ兼

喫茶店を発見。場所は広瀬通沿いの街中であり、札幌にも「おうるず」はあるけれど

街中にこういうショップがあるといいなぁ、とも思った。

石屋さんで建築中の大通のビルの中とかにこんなの出来たら、面白いんだけどなー。



さて。先輩としこたま飲んで別れ、帰り道に行列を見かけた末廣ラーメンで

締めのラーメン。京都の老舗チェーンとのこと。コクのある醤油と大量のネギ。うまし。

その後ホテルで露天風呂にゆっくり浸かり、翌朝も朝風呂、朝食の後

レイトチェックアウトを利用し部屋のTVで「探偵はBARにいる」を鑑賞。

ハードボイルドもの且つ大泉洋的なコミカルさもあり中々面白かったが

ハードボイルド的役ならもうちょっとハンサムな人が良いのではwとも思った。

あと若干舞台的匂いの強い洋ちゃんのセリフ回しだと、この役ではちとクドイ感も。

まあでもあれだけ舞台となるススキノがフューチャーされると、

洋ちゃん以外他に適役はいないか。見知った街並みがあれだけ出てくると

それだけで嬉しいね。近々2本目も公開されるとか。

相方役の松田龍平がキャラクターが立ってて良かった。



その後今仙台では人気の牛タン司に行く予定が、空港行きのJRの時間に

間に合わないことが発覚しやむを得ず違う店に。

常連だった利休は、近時とある噂を聞いてしまいw違う店を検索。

結局駅近くの「喜助」に11時の開店と同時に入店。

<DSC_0288_convert_20130212222641.jpg

牛タン1.5定食にビール、タン豆腐、麦トロ。うまし。



そして仙台駅で萩の月を買ってJRに飛び乗り、12:45発の飛行機で仙台を後にした。



ちなみに運良く前日夜の千歳最終便の飛行機が取れた同僚はJALの機材繰りで

8時台出発の飛行機が10時半発となり、且つ千歳の天候不良で上空旋回し

千歳到着が深夜1時半!タクシー代は航空会社から出たもののタクシー待ちで

結局札幌に帰宅したのが4時半だったとのこと。

元々は同じ飛行機に乗る予定だったので、キャンセル待ちが取れてたら

エライ目にあってた・・・まあ運が良かったとしかいいようがないし

むしろ泊まれていろいろ楽しかった♪



まあ飛行機取れなかったのは自己責任ということで、

ホテル代は会社から出ず自己負担ではあったんですけどね・・・

右往左往する感情

2013年02月01日 22:19

一昨日の純貴の結婚に続き、今日も古田のニュースでまた驚かされた。

ただこちらはあまり嬉しい驚きではなく。



1月初旬にあったデンマークのチームではなく、スイスのチームだという。

恐らくは代理人が何とか古田の希望を叶えるべく(自身の儲けの為?)

ウチとの契約合意後も諦めず駆け回っていたのか、もしくはたまたま先方の

補強計画がギリギリになって変わり、以前届いていた売り込み資料を見て

オファーする気になったのか、正式に発表があればその辺の事情も多少明らかに

されるのだろうか。




ウチと契約合意になった際はホッとしたものの、古田と札幌の契約は恐らく

最近のセレッソ辺りの選手と同様、海外のオファーはチームの状況に関わらず

選手の意向を尊重する、といった内容になっているのは間違いなく、

海外マーケットがクローズするまではわからんぞ、とは思っておりました。



こうなったら移籍も止む無し、とは思いたい所ではありますが。

今回のケースでウチにとって最悪の展開として想定されるのが、

ローンでの移籍となった場合。

今回は「移籍を前提としたテストの為の渡欧」とのことなので

一般的には完全移籍はレアケースだと思う。

海外移籍は完全移籍しか認めない、という条項が入っていることを

期待したいのだが・・・



ローンとなった場合、フィーは貰えてもそれではチームが古田に変わる

同等の戦力補強は難しい。いや、そもそもこのタイミングでは

国内の日本人選手は編成も終わりつつあり、外国人で探すとしても

ウチの外国人枠は既に埋まっている。

ただチームに痛手が残るだけ、である。

ローン後に完全移籍になれば、勿論チームにはお金が入るけれど

ウチにとって古田はエースなのだから、エースが出て行く以上、

即現金化できなければ正直厳しい。

2年もローンだったダニルソンの時のことを思い出して欲しい。

もしこの想定どおりの移籍だとしたら、一昨年末の「強なんで」の件くらい

ありえない移籍、と思ってる。



大伍や征也の移籍の時に思ったことは、短いプロ人生の中で向上心を持って

レベルの高い世界に飛び込みたいと思うのなら、札幌を離れる決意をすることは

逆に嬉しいことと考えてきた。特にユース出身の選手ならなおさらだ。

その代り、自らの決断を後悔しないこと、いつかまた札幌に戻ってきて欲しいこと、

そしてちゃんとそれなりの違約金をチームに置いていって欲しいwという3つを

期待してきたのに。



それにこの時期での決断は、育ったチームの中心選手の判断としては正直残念に思う。

今年J2でフル稼働の活躍をして、ベルディの阿部の様にブンデスリーガの2部辺りに

移籍したら良いステップアップになるな!・・・と思っていたんだけどな。




・・・ただ。これがサッカーの日常であるわけで。

サポとしては暫くそうやって嘆いて時間が経つのを待つしかないのだろう。



古田もこのタイミングでの国内移籍だったらナシだったろう。

ただ夢である海外移籍のチャンスがあれば、藁にもすがりたい、という

意向は代理人に伝えていたのだろう。

そうでなければこんな形でチームを離れることはない(と信じたい)。

それに、ここまで書いてきた様なことは本人も相当考えたに違いない。

その上で覚悟して決めたことであれば仕方ないか、とも思う。

そしてチーム初の海外移籍選手ということも、彼が活躍することで

札幌の歴史の中の1ページとして、近い将来誇らしく思える様になるかもしれない。

いや、そうでなければ困るのだ。

先輩である大伍を遥か超える様な輝きを見せてくれなければ。



真逆の気持ちが複雑に絡まり合い、朝から感情の落ち着かない一日でした。

移籍するのは間違いないと思いますが、決定までモヤモヤするなぁ。。。



最近の記事