「チーン」のお陰で結構和んだ気も

2014年04月30日 22:01

2014 J2リーグ戦 第10節
札幌 0 - 0 東京V 札幌ドーム/10,163人
得点 札幌;
   東京V;



BBQで不参戦の予定が、BBQ主催者の御嬢さんに熱が出て
BBQが中止、その代りさとらんどで遊ぶ、というので
暫くそちらに参加してから、ドームに久々一人参戦。
これで開幕以来ホーム5試合連続参戦。自分的には快挙。


チームに停滞ムードが漂う中、メンバーも大分入れ替わるとの
報道があったので、気合入れて今シーズン初のゴール裏参戦
したら、久々に90分声を出し立ちっぱなしはかなりハードで。。。
しかも後述しますが自転車でドームに行ったこと、風邪気味
だったこと、そして何よりスコアレスドローだったことで
試合終了した時にはもう最悪の気分。
しかも90分で風邪が悪化した上これから自転車で東区まで
帰るのか、と思うと自業自得ながらも憂鬱極まりなかった。


前節からホスン→金山、松本→小山内、パウロン→櫛引、
都倉→榊で前線に前俊1トップで古田トップ下という
連戦と停滞ムードを考慮したフレッシュな布陣でした。
前エントリで「ラッキーボーイの出現」を期待してたので
期待するに十分なメンツだった筈が、彼等による大きな見せ場は
正直あまり無かったのは残念だった。


榊が中央に走りこんでヘッダー、前線で体を張って足元や
ロングボールとかのシーンが目立ち、彼もそういうプレーも
当然こなさなきゃいけないとは思いますが、中央の二人は
やはりボールを持ちたいドリブラーだし、彼があの位置で起用
された意図はサイドからウッチーの様なスペースへ走りこむプレー、
正に彼の持ち味を生かすプレーだった筈。昨日はCBやボランチが
ボールを繋ぐ意識が逆に高く、攻撃に転じた時時間をかけ過ぎて
相手の整った守備陣形には既にその様なスペースが殆ど無く、
結果としてそういうプレーをしようとしても効果的では無かった。
これは前俊の裏抜け狙いも同様。


これはある意味1トップがウッチー→都倉に代わってからの
チームスタイル微調整の弊害なのでしょうか。
この点で気になっているのが河合のボール捌き。最近気になって
チェックしているのだが、前を向いてボールを持っているのにシンプル
にボールをポストプレーヤーに付けることが殆ど無く、出しどころを
考えている内に味方の動きも止まってしまう様に思った。
連戦の疲れなのか、考え過ぎなのか、これもウッチー不在の悪循環か。


良かったこと探しをするならば、DFラインが安定していたこと。
金山も暫く出番を奪われておりましたが、キャッチ・キック共に
非常に安定感があり、落ち着いてプレー出来れば櫛引は有能な
CBだと証明していたし、小山内が日高と同水準で躍動感あるプレーを
こなしており、日高が左なのを忘れてしまう程でした。


昨日は開始1時間前位の時は「こりゃ8000人割れかな」
と懸念した程の客入りでしたが、試合開始間近にSBが埋まりだして
何とか1万越え。例の割引券効果かもしれません。
が、GWでも目標の12000人を達成出来ないのはさびしい限り。
そんな中にあってこの試合内容じゃあ正直情けないなあ。


さて。昨日は自転車でのドーム参戦デビューでした。
別途エントリ予定なのですが、4月初旬にクロスバイクを購入し
自転車通勤を初めており、その勢いでドームにもいっちゃおうと。
さとらんどには車に積んで輪行(前後輪着脱も初体験)。


さとらんどからドーム迄14.2km、46分でしたが、向かい風が
かなりきつく、月寒から福住辺りまでは登り坂がそこそこあるので
中々しんどかった。その一方帰りはその逆であったので相当ラクで
自宅までは11.8km 35分で到着。風邪で体調はかなり悪い中でしたが
思ったより辛くはなかったです。


ちなみに駐輪所は福住よりだとドーム前広場(歩道橋手前)、
北ゲート下のバス亭辺りにあります。
結構同じようにクロスやロードバイクを停めている人も多く
自転車ブームなんだなーと実感しました。
今後一人参戦の時は原則チャリ通の予定です。
スポンサーサイト

許したいミスと許したくないミス

2014年04月28日 21:37

2014 J2リーグ戦 第9節
岡山 2 - 0 札幌 カンスタ/6,381人
得点 岡山:49' 上田、85' 島田
   札幌;


週末唯一のグッドニュースは「天一6月に札幌出店」のみ(あいさつ)。


ウッチー離脱後は正直ストレスの溜まる試合が続いてます。。
全体的に攻撃の停滞感があるのが最大の問題点なのですが、
試合を決めてしまった二つのミスについて思ったことを。


一つは失点シーンのホスンのミス。
前節のパウロン並のボーンヘッドだが、今回に関しては責めたくない。
磐田戦の金山しかり、今年はGKからの繋ぎをしっかりやるという、
去年からワンランク上のサッカーを目指してる(と思ってる)中で
あのワンプレーだけで臆病になってはならない、と思うから。
あのプレーを観て、広島の林が名古屋戦開始4分で同じ様なミスで
ケネディにかっさらわれてゴールを許した試合を思い出した。
でもその後も林は変わることなくしっかり繋いでビルドアップを続け
試合は5-2で勝利した。彼は西川の跡釜として今年から広島のスタイルに
必死にアジャストしようとしていて、札幌としては色々な思いのある
選手だが、素直にあの試合での彼の姿は素晴らしかった。
ホスンも(勿論金山も)同様、チャレンジを続けて欲しい。


一方もう一つのミスである松本のイエロー2枚退場については
正直な気持ちとして許しがたい。
1枚目のイエローのファールの仕方で「これは2枚目あるかも」
と思った方も多いのではないだろうか?
確かにいずれのシーンも突破されると危険な場面ではあった。
が、いずれも左サイドタッチラインにほど近い位置。
突破されても後ろのフォローで如何様にも挽回出来る筈なのに
何故2度共ああいうプレーをしてしまったのか。
更に言えば1枚目のイエロー後、前半もっと浅い位置で同じ様な
ファールをしており、その時点で一枚貰ってる選手のプレーとしては
軽率すぎる、と感じていた。同じミスを1試合で3回繰り返しては
プロ失格と言っても言い過ぎではない。


松本は守備に非常にムラのある選手という印象がある。
磐田戦の様に1試合通じて集中できる試合がある一方、
こういう不出来の試合が散見される。
上原も守備面では同レベルだが、攻撃のオプションが多い分彼が
レギュラーを張っている。
折角チャンスを貰ってるのに、本職のサイドバックの経験が長い
松本がそういうプレーをしていてどうするんだよ!
と腹が立って仕方なかった。
1試合猛省して、もう一度レギュラー奪取出来る様なプレーを見せて
くれることを期待してるから。


さて。
モヤがかかっている様な印象の攻撃面はどうしたもんですかね・・・
ボールの運び方については左程悪くはないのですが、最後の決定機を作る
オプションが無い印象。良いキッカーと高さある二人がいるのだから、
セットプレーももう少し可能性があっても良いのだけれど。
じれる展開を打破する様な古田のドリブルに期待したのだけれど、
2012年辺りのキレを取り戻すにもう少し時間がかかるかな。
こういう時はラッキーボーイが出てくるとスコーンとモヤが晴れたり
するんだけどな。誰だろう?翔太とか適任だけど。
1試合休んだ謙伍はどうかね?まあ、誰でも良いから!!


明日はもうベルディ戦とか。
前節まで珍しくホーム皆勤賞だったけれど、明日は子供の友達家族と
恒例のBBQ、その後東京の両親がGW中遊びに来る為6日も恐らく
参戦出来そうになく心苦しいのだが、ここを踏ん張れないと
去年と同じ。チームが変われないと思う。
選手・スタッフ・明日ドーム行かれる方、宜しくお願い致します!!

2002年は横山ジャパンだった

2014年04月22日 21:57

私が敬愛するパンクロッカー、横山健のコラムが更新され
今回はサッカーの話題で個人的には面白かったので紹介致します。
2002年トルシエジャパンにまつわるエピソードです。


横山健の別に危なくないコラム
(最初は彼の書籍の話題で、真ん中辺りからサッカーネタです)


ここに来られる方は横山健をご存じない方が殆どと思いますが、
Hi-Standard・KenYokoyama・BBQChikensのギター、
且つインディレーベルPizzaOfDeathの社長で
メロディックパンク界ではカリスマ的人物です。


このコラムは彼自身がレーベルのHPで10数年続けているもので
元々サッカーは好きらしく、初期の頃は良くサッカーネタも
コラム中で取り上げていました。


サッカーサイドの人間が見ると、正直「しょうもなっ!」
っていうネタなのかもしれませんが、2002年のサッカー界って
今と比べれば実はまだ古き良き時代だったのかもしれないな、
と思ったり。
まあ繰り返しますが本人も言ってる通り「ネタ」ってことと
ワールドカップ期間中の試合後に選手に電話しちゃう辺りの
頭のおかしさ(本人談)もそれこそが横山健らしさなので
サッカーサイドの方々にはくれぐれもご容赦願いたいところ。


それにしても伊東テルと健さんが繋がってたってのは
今更知ってかなりの驚きです。


エルゴラの選手年鑑で好きなアーティストにロックバンドの名前
書いてる選手って殆どいないからなー
コンサでは上原拓郎が唯一「金子ノブアキ、10Feet」と挙げてた。
彼とは多分話が合う筈だなww

昨日ウチは「すごくフットボールをしてた」のか?

2014年04月21日 22:15

__+2_convert_20140421222342.jpg



2014 J2リーグ戦 第8節
札幌 1 - 0 群馬 札幌ドーム/8,536人
得点 札幌;64' 前田
   群馬;



昨日も3人子連れ参戦。
勝ったのにあんまりすっきりしない感じで帰路につき、
帰宅後いつもの様に風呂に入りながらTwitterや2chで皆の
コメントを眺めているとまあ皆さん同様の印象だった様で。
それでも順位は上がったし勝ち点は2位長崎まで2差。
4勝2分2敗。ホームでは負けなし3連勝。
開幕前に書いた通りスタートダッシュと無縁だったここ10数年を
考えれば、上出来ではある。


ただ内村不在後、前線からプレッシングするチームとの対戦続き。
ボールが回し辛くなった際に前線スペースへのロングボールという
オプションが無くなってしまったことで、2CBとボランチが配球に
苦慮し、やりたいサッカーが殆ど出来ていないのは気がかりである。
長いボールで都倉のポストプレーを期待しても、苦し紛れのボールで
意図的ではない為ポストを受けるフォローが無くボールロスト。
故にDF・MF・FWの動きがちぐはぐな為セカンドボールはほぼ
群馬に支配されていた。

そんな押された試合の中、守備で抜群の安定感を誇るのがホスン。
クロスに対する飛び出しは勿論、昨年あれだけ悩ましかった
DFラインとGKの間に落としてくるボールに対し、一度思い切って
飛び出してからスクリーンしてペナ内に戻してキャッチするという
高度な技術でCBのフォローをした場面が2-3度は少なくともあった。
これも金山との高度な先発争いのおかげなんだろう。


前俊の得点場面。パウロンのクリアを群馬DFが反応ミス。
入れ替わった前俊が相手DF1人と並走しながらペナに侵入、
その動きは他の選手と比べて正直スピード感があまりなかった。
帰宅後スカパーでチェックすると、一度左を追い越してくる
菊岡を首を振ってしっかりチェックしている。
ウッチーなら、あれ程のチャンスであればハナから自分で決める
つもりで並走するDFとGKをどうかわすかをまず考えるであろう。
彼は自分で決める意識があまり無いのか、それともただ余裕からなのか?
時間をかけたせいで結構シュートコースが限られてしまったのに
珍しい右足シュートでしっかり決めた。
いずれにせよ前俊らしいプレーだったなぁと。


さて、群馬は平繁不在ながらも中々良いチームでした。
元群馬県民として、創世期を現地で見守ってきた身としては今の
チームの財政難等の苦境は思うところもあります。
しかし当時草津でプレーしてた秋葉が監督となっており、典型的な
新興クラブと思ってた彼等も着実に歴史を積み重ねてきたんだな、
という印象を受けました。

その秋葉監督が、会見で何だかやたらと
「フットボール!」「フットボール!」と連呼し興奮している
ようでしたが
何事なんでしょう・・・ww
「札幌さんはすごくフットボールしてくれるので」
いやいや、群馬さんのプレスがきつくてウチは全然
「フットボール」出来てなかったつもりなんだけどね。。。
このコメントではJ2はリアクションサッカーや守備ベースの
チームが多いことを言いたかったのかな?と思いますが、
「観ている方は楽しかったんじゃないでしょうか」という
コメントの方に関しては、冒頭に書いた通り少なくとも
ホーム札幌のファンの多くはそうでないだろう、と冷静に
考えれば分かると思うので、少し興奮しちゃってるのかなぁ、
と感じた次第。


まあ中々の熱血漢ぶり?で興味深く、サッカーに熱い人なんだな、
と初めて知りました。


こないだのパドゥ監督といい、秋葉監督といい
今年は試合後の監督会見をもっとチェックしようかな。
あ、ソリマチンのは違う意味でチェックする必要あるけどw

ランチ巡り;白石区 ゆう賀

2014年04月17日 21:58

ジャンル;日本そば
ところ;札幌市白石区
お店の名前;ゆう賀


download (19)

そばと親子丼セット 930円(4月から値上がりしてました)
(そばは更科そば)

この半年位でリピート率1位の店。
週に1度位はそばって食べたくなりません?
車営業の為、郊外店でこれまで一番良く行ってたのは北大北のなみ喜。
田舎そば好きだったのですが、年のせいか?更科とか細切りのをツルっと
したくなってきて、幾つか回った中では今のところ一番のお気に入り。


行きつけ店である焼肉のさんか亭のはす向かい、12号沿いの交差点角に
店があり、車を停めにくいことこの上ない立地。
店は外見も中も正直パッとしないのだが、味は非常に良い。


そして何より十割そばの店で本格派なのに、非常にリーズナブル。
田舎・田舎細うち・更科・細切り(田舎と更科の中間)の4種から選べて
どれも同じ価格、せいろで650円。安い!!
良く頼むのは親子丼セットの細切りで930円(写真は更科そば)。安い!!
殆どの本格派の店はせいろだけで8-900円するし、何かつければ
平気で1000円は超えてくるのに、本当に良心的だと思う。


ツユは結構辛めの濃いい味。そばはしっかり冷水でしめてあり且つ
水切りもしっかりしています。
そういうソバは一口目の喉越しがもう最高で。暫くはソバを堪能。
流石十割、そして田舎と更科の中間なのでソバの風味も味もちょうど良い。
実はここの更科はちょっとコシが強すぎて、若干冷麺チックと感じるのは
私だけでしょうか?それ以来常に細切りを頼んでます。
少しソバを残し、親子丼に取り掛かります。これもミニ丼ですが結構
ボリュームあり、タレはこの辛いソバツユを使ってると思われ、
ご飯にしみ込んだタレだけでもご飯が進みます。
ちょっと塩分気にしてる人にはアレかも。


親子丼を片付けた後、少し残ったソバをツルツルっと飲み込んで
最後にかなりドロっとしたソバ湯を楽しめば、幸せな昼休みの完成。
それに加え店主も店員も非常に感じよい接客で中々の居心地の良さ。


そして、店においてある「そばもん」って漫画がまたマニアックな内容で
これが読めるのも来店の楽しみの一つ。

実況・解説無しの副音声があれば

2014年04月14日 21:37

2014 J2リーグ戦 第7節
大分 1 - 0 札幌 大銀ドーム/6,072人
得点 大分;8' 末吉
札幌;


今日はいつもの様な試合内容の振り返りはしません。


大分が早い時間に先制し、その後高いラインとプレスで札幌の
思うようにプレーさせず。後半はポゼッションも上げられたし
終盤のパワープレータイムは中々見応えがありました。
が、実りませんでした。
去年同様、中々連勝が出来ないのは気がかりです。
ウッチーと荒野の怪我も思ったより深刻で、こうなってくると
多すぎな印象だった選手層も頼もしく思えてきた。
切り替えてホームでしっかり立て直したいものです。


さて、アウェイなので当然スカパー中継で観ていたのですが
序盤から大分放送の実況アナと解説の増田氏が
「大分はやりたいサッカーが出来てる」
「札幌はやりたいサッカーが出来てない」
の構図でずっと話しているのがどうも気になって仕方なかった。


まあ実況解説がホーム寄りになるのはウチのホームでもそうだし、
確かに大分に分のある試合でした。しかし、そこまで札幌の内容が
悪かったかと言えばそんなことはなく。
まあ自チームを褒めるのはよしとしましょう。実況が
「みーてください、大分のDFラインはこんな位置にあります!!」
と大げさに叫んだ時はちょっとイラっときてw


そしてウチが相手陣形が整ってるので一旦DFラインに戻した時、実況が
「ああ、札幌は縦にボールを早く入れられませんね!DFラインに戻さざる
を得ません!!」みたいなことを言い出した時には思わずプチっときて
「無理しないで組み立てなおしてるだけだよ!全てのチームが縦に早い
サッカーを志向してるわけじゃねーだろっ!!」
ってたまらずTV画面に向かって思わず叫んでしまったw


あと、明らかに上原のシュートなのに実況が日高かどうか迷っており
フォローする増田氏が「日高です(キリッ)」と断言した直後リプレイには
はっきりと上原のシュートが映ってたのには正直笑うとこだったけど
やっぱりイライラしちゃった。


まあウチが負けてたことがイライラの原因であり、勝ってりゃ右から左へ
受け流すだけのしょうもない事柄なんですが。
ただ増田氏のテンションの異様に低い解説は大分的にもウケてるのかしら?
私、気になります。

二人の天才を使いこなせ

2014年04月07日 21:53

2014 J2リーグ戦 第6節
札幌 1 - 0 松本 札幌ドーム/9,723人
得点 札幌;60' 都倉
   松本;


松本戦_convert_20140407220139


就任以降アイデア溢れる様々な施策と高いメディアアピール力、
ファン目線ですぐ実行に移す行動力で絶賛されている野々村社長。
だが、残念ながら評価出来ない点が一点あり、それは試合日における
「持ってない感」。少なくとも「雨男」っぽい感が結構強いところw


去年の開幕戦しかり、今年のホームゲームも決して天候には恵まれず、
3試合目は何と雪。それでも9700人も入ったってことは、天候が
よければせめて目標の12000人位は行ってたんじゃないか?
と恨めしくもなる。まあこればっかりは仕方ないかぁ。。。


この日は今期初の3人子連れ参戦でした。まあ特にトピックスもなく
子供関係の話題は割愛。


試合の方はにっくき相手、ソリマチンに良く鍛えられた松本相手に
序盤からペースを握られるも、ついに姿を見せた最終兵器パウロンw
の高い能力も活かしてクソロングボール戦術を跳ね返し、ウッチーの
怪我離脱のアクシデントで動揺させられるも、これまた新兵器都倉
(いちいち選手を兵器扱いするなw)の「バロテッリ砲」で勝利する
という、非常に気分の良い試合となりました。


都倉のパフォーマンスはちょうど目の前だったのですが、
正直遠目で何をやってるのか分からなかったよww
スナの絶妙なDFの処理しにくいボールを、一旦追うのをやめたフリ
からの、上手く体を入れて振り向いてズドン!!
それだけでなく、ウッチーがスペースなら都倉はポストプレーで
味方が安心してボールを一旦預けられるプレーに徹しており、後半は
攻撃にリズムが出来るべくシンプルにプレーしていた。
もしウッチーが怪我で数試合出れないとすれば痛いけれど、
彼の存在は大きいね。勿論他のFWも頑張って欲しい。


さて、この試合で目を引いたのは1人の怪物と二人の天才。


まず怪物の方。パウロンは確かに規格外。鼻血でピッチ外に出た時
「ああ、またか」と皆思った筈wでもちゃんと戻ってきてフル出場。
今後怪我無く試合に出れる様なら、確かに凄いことになるかもしれない。
スピードやフィジカル、長い手足を活かして体を入れる能力は
既にJ1級。この試合でほぼ唯一のミスは前半ロングボールを
バウンドさせてしまい相手に突破されたシーン位でしたが、昨年は
あの手の判断ミスが多かったので、長く出てればああいう場面は
何度か出てくるでしょう。薗田・櫛引と競い合ってレベル向上に
努めてほしい。


そして天才の方。


まずは元祖天才前俊。今までで一番楽しそうに
プレーしていた。多分ニヤついてすらいた、と思う。
前半のPA付近でバックしながらボールを2-3度浮かせてキープしたり
右サイドをゆったり左足でボールをこねながら3-4人引き連れて
ドリブルしたり。ゴールこそ無かったけれど終始これぞ前俊の真骨頂、
といったプレーぶりだった。


もう一人の天才は宮澤。正直彼を「天才」とはあまり考えたことが
無かったけれど、元々彼はそういう触れ込みで入ってきたのよね。
京都戦の出来も素晴らしかったけれど、中盤のプレッシャーのきつい
位置でボールを一旦受けた時、厳しいプレスを受けながらも
ひょいひょいってかわしてボールを捌く姿には上里を彷彿とさせる
ものがあった。その上流石元FW、ゴール前にも飛び込んでいくし。


確かに二人、特に前俊はあくの強い天才。
かといって、今の札幌は彼らが王様に君臨するチームではないのが
財前監督流のマネジメントとして一定の評価が出来るところ。


松本は非常にチーム力があった。ファンには恵まれているものの
決して資金力のあるチームではなく、足りないタレント力の面を
ソリマチンのリーダーシップと戦術マネジメントで昇格戦線に絡める
位置に押し上げているのは凄いことである。
新潟や湘南での実績しかり、地方プロビンチャ球団を率いさせたら
名将の域なのかもしれない。


でもね、彼だったら間違いなく前俊や宮澤は使わない。
いや「使いこなせない」と、思う。緻密に組み上げたい戦術の枠から
彼らは少しはみ出てしまい、そこから歯車が狂ってしまうことを
イヤがるだろうから。
だから、彼自身ももうワンランク上のレベルに上がれないんだと
思う。J1上位ではある意味タレント達を使ってナンボだからね。


若干話はそれますが、彼のチーム(新潟・湘南しかり)がやるあの
円陣組んだ後にダッシュするやつ。あくまでも個人的な意見ですが
大っ嫌いなんですよ。アマチュアの高校野球じゃないんだから。
確かに観る人によっては「気持ちがいい」って思うんだろうけど
プロならそれはピッチでのプレーや普段のファンサービスでやれよ、
と思う。

と、言う訳で長ったらしく言い訳がましい監督会見も癪に障った
のですが、そんなソリマチンに久々に勝てて非常に気分良かったですw

ランチ巡り サウスヴィラ

2014年04月03日 22:34

ジャンル;から揚げ(中華)
ところ;札幌市東区
お店の名前;サウスヴィラ

から4定食

から揚げ3定食 650円
(何故か写真はから4定食。ピンボケ写真で申し訳ありません)


東区の人気店。ここも有名店ですので東区民であれば
ご存じでしょうか。
どうしたらこんなカラッ&ジューシーなから揚げが作れるのか?
自分もから揚げは良く作るし、そこそこの味には出来る。
どこの店で食べてもそう外さない料理ではある一方、
実は結構奥が深い料理だと思う。
市内で自分が食べた中ではここが一番で、電車通の布袋のが
次点かな。


但し。ここも非常に不思議なお店で。
これだけから揚げが美味しいのに、他の料理は3流、ということw
(大変失礼な言い方で申し訳ないが、個人の感想ですので)。
あと、店主が客の退店時に奇声(?)を上げることw
(これまた失礼。多分「ありがとござましたー」とか言ってるとw)


から揚げ定食はから揚げの個数で値段が違います。
から揚げ3定食はから揚げが3個ついてくるということ。
3個って少なくない?と思いきや、一個が異様にデカい。
正直4定食を食べたら体が重くて午後使い物にならなくなる位。


前述の通り、外はしっかりカリっと上がっており、ガブッと
噛り付くと、中からはジュわーっと肉汁が出てくる。
その肉汁と共に肉にしっかり付けこんである下味が絶妙で
溜まらない。そしてそのボリュームたるや、幸せな気分になる。
2個目以降はテーブルに置いてあるレモンと専用のタレを付けて
食べると、また趣が変わって良い。ご飯が兎に角進む。
食べ終わる頃にはから揚げが少々大きすぎる為、顎が疲れてきたり。
3定食でなんと650円。リーズナブルにも程がある。


さて。問題のから揚げ以外のメニューについて・・・


3度目位の訪問の際に「きっと他のメニューも美味しいのだろう」
と思い、チャーハンとラーメンのセットか何かを頼んだ。
チャーハンは・・・こう言って良いのか分からないが、冷食の方が
美味しいような。飯が白っぽく、あんまり卵を使った形跡もなく、
味もピラフっぽい感じで薄味。
ラーメンは・・・化学調味料的な味のインパクトが強い塩ラーメン。
麺も特に拘りがある感もなく、スーパーのフードコートにありそうな
クタっとした感じの麺?
から揚げのクオリティとのこの落差は何だああああっっっ!!ww


それ以降、から揚げ定食以外の注文はしたことがありません。。。
もしかすると、チャーハンとラーメンだけがそのレベルだったのかも
しれないし、たまたまかもしれないし、クオリティが上がってるかも・・・
だが断る!!


こういうことがあるので、基本的に冒険できなくなっちゃうんですよね。
くれぐれも言いますが、から揚げは最高に美味しいのです!!

ランチ巡り 一文字カリー店(白石区)

2014年04月02日 22:16

営業やってて楽しいのはランチタイム。
ってわけで、毎日11時位になると「今日はどこで食べるか?」
ばかりを考えているしょうもない営業マンなのですが
ここ最近行ってる店を備忘録的に1店舗づつUPしようかと。
基本、既に人気店となってるお店ばかりです。


ジャンル;ルーカレー
ところ;札幌市白石区
お店の名前;一文字カリー店

download (18)


来店回数は多分6~7回位。
注文は決まってルーのチキンカレー900円(ランチだと100円引き?)。
スープカレーも評判良いようだが、この店の魅力は何と言っても
ルーカレーの味の濃さ、その濃厚さに見合ったドロっとしたルー、
そして丁寧ながら堅い?接客にあるw


最近でこそスープカレーにハマってるが、基本的にはルーカレーが
好きな私。そしてサラっとしたルーよりはドロっとしているのが好き。
そのタイプでは市内だと旭ヶ丘のクロック位しか知らなかった。
味が濃いっていう方で言えば中央区のエッシャーかな。

ここの味の濃さは新宿勤務時代に大好きで通っていた神保町の
共栄堂のスマトラカレーを更に濃くした様で、黒に近い茶色で
家庭で作るとしたら、コーヒーやチョコの隠し味を相当
利かせた様な雰囲気で、なお且つ重たい位ルーがドロっとしてて
正に私の一番好きなルーカレーのタイプ。
自分の一番好きなカレーの具がチキンなのだが、ここのチキンは
しっかり煮込んであり、少しつつくだけでホロホロと崩れていく。
素揚げした大振りのジャガイモと煮込んだ人参も入っており
具だくさん。そして後を引くスパイシーな感じも非常に良い。
余りに濃いいので、正直少々しょっぱい感じもするが
「カレーを食べてる!」っていう感がいっぱいのカレーだと思う。

さて、接客についてですがw
恐らく夫婦2人でやっており、席数もカウンター7席、4名テーブル1つ
と手狭な店舗。又駐車場が2台分あるのだが軽しか止められないという
店舗の設計に問題がある中、接客自体は非常に丁寧な接客と言える
一方、そういう店舗設計故結構気まずい相席を強いられたり
冬場に店内で待ち客いなかったのに外で待たされたり、オーダーの
タイミングが難しい時があったり、駐車場の前に大きく書いておけば良い
のに、普通乗用車が来る度に店員が止められない事情を説明に言ったりと、
来店の度同じ様な応対を目にするのには何とも言えない趣があるw


これはたまたまかもしれないが、昨夏に行った時どう考えても
店内のエアコンが効いてないな、という日があった。
エアコンは動いているのだが、異常に店内が熱い。隣の女性も
熱いね、熱いねと相方に言ってた。
私は強めのスパイスの匂いだけでも汗をかくほどの汗かきなので
その時点で来店したことを後悔。食べ始めたらもう汗が滝の様に
流れ、正直もうそうなると味わうどころではなく
「早く食べて店を出たい」
としか考えられず、熱くて辛いのに兎に角早く食べ、相当大きな
ダメージを受けた記憶があるw


店内は古い蓄音機的なものが置いてあったりレトロな雰囲気で統一
されてあって良いのだが施設面で色々と問題があるし、もう結構な
人気店でもあるのだから、そろそろ移転したらどうか、
とまことに勝手ながら思う次第。


最近の記事