二人のムードメーカー

2015年01月28日 21:44

コンサの話題に行く前にまず、アジアカップは残念でした。
何か前回のブログのエントリをUPしたタイミング的に
「負けフラグになる気がするな」と思ったら、その通りに。
ただ、私的にはアギーレ監督の評価は現時点では変わらず
この路線を継続希望です。それについてはまた今度。
まあ、今の日本代表は凹む時期だと思います。
ここから3年後に向けて上積みしていければ良いのかと。

さてCPPは今年も行かず、Youtubeで様子は確認出来ました。
ここ数年行かないのは、何となく事前申し込みが面倒臭く
ドームの時の様にフラッと行って、観たい所を観る自由度が
無いってところでしょうか。もし行くなら子供連れてかなきゃ
で、たまたま観た動画も子供が横でぐずる様子が入ってて
あー、こーなるな、とも思うし。
でもまあ、チーム的にはコストも抑えられるこのスタイルが
ベターなのでしょうから、このままで良いと思いますよ。

昨日は夕方のTVでのコンサ特集をたまたま観れました。
ノノ社長からウチの立ち位置(予算規模)と新たな取組(エゾカ)
への期待、そしてイナ&伸二のインタビューで中々の見応え。
今朝も道新でスポーツ欄、平川さんのとは別でイナ&伸二の
記事がありました。
他客観的に見ても着実に注目度は上がってる、と感じます。

エゾカの取組は失礼ながらカードの道内の認知度を考慮すると
ビックデータに成り得るかが未知数ではありますが、狙い自体は
非常に面白いなと思いました。
そして改めて今年のJ2は過酷だな、と認識しました。
降格チームは勿論、J2残留したライバルの補強が凄まじい。
現実的にはプレーオフ進出が妥当な目標と思います。

ただ思い込みかもしれないんですが、チームを取り巻く雰囲気は
今年は凄く良い様な気が、良くなる様な気がするんですよね。


CPPでの河合・都倉・荒野・伸二・イナの5人のトークショーが
正にその象徴の様に思いました。
トーク自体も非常に面白かったのですが、その雰囲気の良さと
会場の期待度みたいなものが、スタジアムでも化学反応を起こす
様な気がするのです。

で、その雰囲気作りを話題の中心である伸二&イナでは無く
実は都倉&荒野が意識的に、積極的にやり始めている様子が
その予感の根拠になってます。
普段からTwitterでの二人のやり取りをTLで見ているから、
ってのもあるのかもしれませんが、サポとチームを積極的に
繋ごうとする役割の重要性は、前回昇格の時の岡やんで我々サポは
良く理解している通り。元々コンサは大人しい選手が多いから、
ああやってサポの前で煽ったり、SNSで頻繁にチームのムードを
発信したりしてくれると、我々サポは必然的に盛り上がるから。

都倉ブログでの残留理由に感動しました。故に意識高くやって
くれてる様に思います。荒野は奈良の移籍もあり、改めて自分の
立位置を自覚したのかな?都倉に弄られてナンボ、の気もしますが
キャラクター的にそれでも十分。

ノノ社長が今年良く使ってる
「みんなでジャイアントキリングを起こしましょう」
って言葉、凄く気に入ってます。
この二人&話題の二人がきっと雰囲気を作ってくれると思うので
我々もそれをサポートしつつ、上手くそこに乗っかって行ければ。
スポンサーサイト

アジアカップ アギーレジャパンの戦いについて

2015年01月22日 21:17

明日はいよいよアジアカップの決勝トーナメント初戦です。

大会前や第2戦頃まではアギーレ監督のスキャンダルの話題が
中心でしたが、グループリーグの内容・結果で見事にマスコミを
黙らせたのは流石だと思いました。

ちなみに私は今回のスキャンダルは静観すべき、という意見です。
今回の報道で一番ズレてるな、と思うのが「八百長」の意味が
「わざと負ける」ことと言うのを分かってない前提で報道されて
いる、ってことですね。
アギーレは勝った方の監督です。普通金貰うかね?
口座に入金があったって事実だけで解任!解任!って??
特に先日「解任決定」と根拠の無いクソ記事書いたスポニチ、
お前らこそ電通から解任へ扇動する様カネ貰ってんじゃないの?

問題とされたサラゴサの残留を決めた試合、確かシーズン後に
WOWOWのダイジェストで観て、凄く両チーム共に激しいプレー
で劇的な試合だった為印象に残ってますが、とても八百長があった
様には思えませんでした。初戦ダイジェストの印象でしか無いですが、
当然マスコミの方々はあの試合を見てモノを言ってるんですよね?
ちなみにメッシも脱税で告発されてますが、試合には出続けてますし。
スペインなんてそんなものです。
今回は他にも参考人は41人もいて、本当に出廷するかもわからんし。

さて話をアジアカップに戻すと、グループリーグ3戦の戦い方を見て
日本は良い進化を遂げてるな、という印象を受けました。

過去アジア予選、アジアカップでの苦戦を考えると非常に試合を
コントロールして勝てたというのがその印象の一番の理由です。
データがあると分かりやすいな、と思っていたらスポーツナビに
こういう記事がありました。
内容はポゼッションがしっかり出来ていて守備の時間を少なく
していることと、相手にシュートを打たせないプレーが出来ていた
ことをデータを使って検証してます。

特に後者については、ヨルダン戦ではシュート数19-5と圧倒的、
ただ特筆すべきデータはシュート1回に至るパスの数で、
日本の30に対しヨルダンは53。日本のパス数は7割近いポゼッション
から当然の数。しかしヨルダンはカウンターを狙いたいのに、
日本以上に手数を掛けさせられています。

これは日本が流れや時間帯を考えず攻め悪い形で奪われピンチを
招くことが少なくなったこと、攻めながらもリスクマネジメントを
意識し、カウンターへの備えが出来ているということ。
長谷部が中心となりしっかりそこへの対応が出来ていました。

アジアレベルだから出来る、ってナンクセ付ける人も多いと思いますが
過去はアジアレベルですらそれが出来なくて苦戦してた訳じゃんww
って思う訳です。

結局これまで日本代表はコンフェデイタリア戦の様な、打ち合い的な
試合で競合国に善戦はあっても、結局自分達のミスやカウンターで
やられ「惜しくも」って試合ばっかりだった。
まだ今大会もグループリーグを1位通過しただけだけれど、こういう
試合をコントロールする経験を積んでいけば、もう一段階上のレベルに
上がれると思います。

そしてそれがJリーグにも還元されると浦和みたいなチームは減る
だろうしwACLでも勝てる様になるんじゃないか、と期待してます。

今日は同じオーストラリアで錦織も全豪3回戦突破。
1stセットは取られたが彼も同様に勝負どころの見極めが素晴らしく、
2ndセットの6-5からのブレイク、4thセットも5-6からのブレイクを
図った様に取って見事な逆転勝利。
年末の番組で本人が「ギアを上げる」という表現をしていましたが、
ちゃんとその通り今日もゲームをコントロールしていました。

闘う舞台とレベル感で言えば日本代表より錦織が上です。
日本代表も錦織に追いつける様、まずはアジアカップ連覇を目指せ!

足元を見つめまた頑張れ!

2015年01月19日 22:08

古田がどうやら海外オファー無く、残留とのことで正式発表は
まだですが、ク・ソンヨンの加入で今期のメンバーが確定、
ということになりそうです。
但し今年も2-3人のレンタル移籍は恐らくあると思います。
個人的には榊辺りは一度厳しい環境に行けば、1年目の様な
ガムシャラさを取り戻すんじゃないかな、と思ってますが。

さて。
古田の件は特にコメントしてきませんでしたが、正直なところ
あまり良くは思ってません。まあ同様の人が多いでしょうが。

13年のチーム始動後の移籍騒動があって、まあ怪我の不運は
あったものの、昨年復帰後もチームにフィットせず讃岐へ。
移籍後の活躍を見る限り、札幌で試合に出れなかったのは
メンタル的な問題?と感じましたが直後また怪我で終盤まで
復帰出来ず。そして今オフのスペイン留学でのオファー待ち。
うーん、何やってんの?もっとやることあるんじゃない?
って感じです。

古田が輝いたのは2010年のプロデビュー年の23試合5ゴール、
そして何と言っても2012年のJ1で28試合4ゴール。
誰もが思い出す浦和戦のゴールは凄かったし、あの年唯一
J1でも十分通用する実力を見せてくれた選手でした。
が、言ってみれば一定の活躍を見せてくれたのは10~12年の
3年のみ。得点は5年間通算13点で、アタッカーとしては
物足りない実績です。しかも内4年は舞台がJ2だし。

国内移籍であれば、本人にステップアップや待遇面での希望
となれば致し方ないとは思ってますが、口の悪い言い方で
恐縮ですが、
「この程度の成績で海外とかまだ早いわ!」
って感じです。
J2で2年間怪我とは言え殆ど実績残せなかった選手を
外国人選手として拾ってくれる様なチームに仮に行っても
まずステップアップなんぞ見込めないよ。
なら去年行った讃岐の様なチームで再起を図った方が良い。

しかも海外ダメなら札幌に戻れる、保険を残してチャレンジ
するって意識がそもそもダメ。
古田はユースの頃から好きな選手だったけれど、2年前の事
がありながらの、今回の一連の行動だけに正直ガッカリした。
(まあ田邉某に良いように焚き付けられてる様に思うけど)

意識の高い選手なので、同世代の若い選手がどんどん海外へ
ステップアップしている中、焦ってるんだとは思いますが
そうは言ってもまだ23歳。サッカー人生はまだまだ長い。
今は足元をしっかり見つめるべき。

新潟の田中亜土夢が9年間在籍した新潟をフリーで出て
海外移籍に挑戦するという。新潟一筋で200試合に出場。
この間J1の舞台で主力として出続けた、新潟の看板選手。
27歳でオファーが無い上での海外挑戦というのも難しい様に
思うし、新潟サポはどう思うか分からないけれどその経緯を
考慮すれば彼の人生の決断なのだし、応援したいと思った。

正直、今年のチームで古田がレギュラーを取れる可能性は
低いと思う。だけどこの中で踏ん張って周囲が十分認める活躍を
して、是非今度は皆に応援されながら海外へのチャレンジを
して欲しいと思います。

後輩が続々とレギュラーで出ている今も尚、古田こそが
札幌ユースの最高傑作だと信じてます。
頑張れ、古田!

奈良さん移籍に関する考察

2015年01月07日 22:36

今日の道新平川さんのコラムで、奈良さん移籍の影響について
触れていました。
残るDFの顔ぶれを見る限り、3バックをやった方が良い、との
私見が述べられてるのを見て、一つ思い出したことがありました。

12/30のコータのTwitterでのツイートに
「奈良選手の報道・・・チーム事情で出さないといけない要素も
あったんだと思います・・・そりゃ残りたいって思ってるよ…」
(一部のみ抜粋)
とあり、各紙の「本人の強い希望」という報道内容との違和感に
何か裏はあるだろうな、と思っていたことです。

あくまでも推測ですが、恐らくはFC東京からのローンフィー等
条件面が札幌側からするとかなり良かったんでしょう。
(もしかするとローン後の買取も見据え契約延長も済んでる?)

何故そう思ったかと言うと、当初より奈良さんの移籍は想定内で
今年バルバリッチ体制で結果的に3バックがベースとなった中、
そのままのシステムで行くのなら、奈良さん不在でもやりくり可能、
それならその資金を別に回した方が、と判断したのかな?と。

去年ドームで河合が3バックのセンターに入った試合が非常に
上手く行ってた印象があり(確か奈良さんもそう言ってた)、
このシステムでは奈良さんもセンターより両サイドの方が適任。
両サイドならパウロンは強さを発揮出来るし、櫛引ももう一伸び
すればかなり計算出来るし、薗田も怪我さえなければ問題無い。
河合をCBの軸にする場合、怖いのは怪我や体力面。
その上で新加入の稲本もボランチよりも、センターCBでの起用を
想定しているのだと思う。

そもそもボランチは上里・宮澤・深井・ゴメス・前兄弟・・・
今日ニウドのローン加入もようやくきたし、かなり駒は揃ってるし、
稲本はCBで河合と併用しつつの方が現実的かと。
だから奈良さんと入れ替わりの補強がゴリゴリCBタイプでない
福森で、しかも近年札幌では珍しいローン移籍の理由なのかなと。

そうであれば、もしかすると50:50だった奈良さんの移籍への
思いを、逆にHFC側で少し移籍の方へ後押ししたのでは?
ということも考えられなくもない。

もし仮にそうだとしても、それ自体を非難したりするつもりは
無い。チームマネジメント・選手構成を考慮した上での経営的な
ジャッジをしたのなら、今回の件は致し方ないこと。

ベテランの河合と稲本の稼働率が一番のリスクだとは思います。
もし上手く行かなかった場合、代わりに適任なのは若い内山?
キャンプで他の選手を試すのか?それとも4バックにするのか?
そこは想定しておかなければならないでしょう。

いずれにせよ評価は今シーズンのピッチでの結果ですべきですね。
良い方に期待してます!

正月休みの出来事

2015年01月06日 21:44

IMG_1034_convert_20150106214008.jpg

あけましておめでとうございます。

昨年はこの後日記に綴る通り、諸事情により年末挨拶を
ブログにアップできませんでした。
来訪者の限られたブログではありますが、この場を借りてご挨拶。
主にコンサに関わる皆様、旧年中はお世話になりました。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

サッカー観戦記録を付けているのですが、2001年からのコンサ
観戦試合数は昨年で123試合となりました。年間14試合参戦は
歴代1位タイ(アウェイサポ時代の07年と同じ試合数)。
少ない方は妻が双子妊娠中の10年の3試合。子供の成長と共に
参戦数が増えており、何だか感慨深い思いがあります。

因みに123試合で勝率は45勝45敗33分の五分!!!
暗黒の02年~03年や2度の昇格を経ているので、ずっと負け越し
状態が続いておりましたが、昨年末でようやく五分に。
今年以降は勝ちの方を伸ばしてくれることを期待。
そうでなきゃ困るし。

さて、私事ではありますが恒例の正月休みの日記を。

12/30 
早朝からおせち作りの仕上げ。ヨメから洋風にしてくれ、との
リクエストあり、いつもの松風焼・栗きんとん・肉ゴボウ巻
伊達巻・松前漬・いくら・数の子・かまぼこの他に、鮭のテリーヌ
洋風エビ焼・鳥ハム・鮭マリネ・タコのアヒージョを。それから
大量の筑前煮。3年目ともなると段取りが大分手馴れてきた。
ていうか、黒豆とか時間がかかるヤツが無かったからな。

昼食後恒例のガトーキングダムへ。プールで子供が大はしゃぎの中、
何だかお腹の調子が悪い。部屋へ戻りベッドで横になると起きれない。
ヨメも同様。もしや、と調べてみると一昨日長男がウイルス性
胃腸炎に罹り、その吐物の処理をした影響の様だ。
折角のディナーバイキングもやめ、夜は寝れずトイレとお付き合い。

朝;すき焼き残りを卵とじ
昼;おせちの切れ端、筑前煮
夜;中華(食べれず)

12/31
辛うじて起きれる様になったが朝食バイキングは殆ど食べれず。
子供達はプールに行きたいので、勝手に行かせる訳にもいかず
仕方なく付き合う。休んでたヨメと合流し昼前にホテルを出、
帰宅後は暫く爆睡。そこで二人共大分復調。
しかし折角行ってバイキングが楽しめないのであれば、大人に
とってガトキンに行く価値は半減。非常に残念な年末だった。
夜は笑ってはいけないを観始める。

朝;朝食バイキング
昼;丸亀製麺(うどん)
夜;おせち、筑前煮

1/1
9時頃起床、道新別冊のコンサ特集は今年も一ページでがっくり。
但し本紙に大きな記事が。全体的に伸二押し。まあ当然か。
年賀状を確認し、ヨメ実家に挨拶。完調でも無いので酒は飲まず
天皇杯も無いのでダラダラTVを観る。夕方おいとましてして
丘珠神社へ初詣。久々に大吉。その後イオンの初売でコーヒー豆
だけ購入し帰宅。
夜は今年も変わらずダラダラTVを観ながら酒を飲む。

朝&昼;おせち・お雑煮
夜;おせち・筑前煮

1/2
ヨメが年末よりふとん掃除機が欲しがっており、まずヤマダ電機の
初売へ。長男もお年玉でポケモンのフィギィアを2個購入。
ヨメは気付くとダイソンの普段3万6千円位するヤツを2万9千円
に値切って購入済だった。その後平岡イオンへ。目当てはギターの
消耗品関連だったが、ヴィレバンで東北ライブハウス大作戦コーナー
がありハイスタTシャツ購入。すると長男が「ポケモンの人形が無い!」
と泣きそうな顔に。だから車に置いておけっていったろ!と叱りつつ
探し回っていると、楽器屋の店員が見つけて追いかけてきてくれた。
感謝。安堵から長男は泣き出すが、まあ良かった。
その後ウルトラマンギンガのショーを観終わった頃、ヨメの買い物も
終了、高速に乗って帰宅。

朝;おせち・お雑煮
昼;ベビーフェイスプラネット(オムライス)
夜;鮭とトビッコのチラシ寿司・おせち

1/3
長女の友達がスキーに、というのを聞き急遽北広島クラッセへ。
長女は昨年公園で2-3度練習したのみだが、遂にゲレンデデビュー。
久々に自分のウェアを出しリフト券入れをみると、日付が2006年の
券が一番上に。自身も実に9年振りだった。
リフトは一つだけで斜面もなだらかな為、デビューにはもってこい。
3回位コースを降りるとコツを掴んで、一旦双子をソリ遊びさせてた
ヨメと交代、次に確認すると普通に滑っていた。流石道産子だ!
夜は張り替えた弦で今年のギター弾き初め。久々で指が動かない。

朝;おせち・筑前煮
昼;おにぎり・肉まん
夜;すき焼き

1/4
昼食後ファクトリーへソファーを観に行く。年末より食卓とソファー
を物色している。子供が飛び跳ねたりお絵かきでヘタっている為。
ソファーは中々良いのが見つかった。その後食材購入、図書館へ寄り
帰宅。子供の自由研究の手伝い。動物の箱庭的なものを紙粘土で。
長女は親バカながらこういう創作物が得意だし、発想力豊か。
但し今回は設計図をまず作らせることを強要した。まあまだ早いとは
思うが、訓練になるし逆に設計図を作るのを楽しめるかと思って。
案の定小学校1年生にしては中々のものが出来た、と思う。

笑ってはいけない観了。大脱獄、という表題なので同名映画を作った
板尾創路がいつ絡むのか?と期待していたら終わってた。
基本5人は受動的なのに、能動的な脱獄の設定は正直無理があった
と思う。終盤は何をやってるのかさっぱり分からなかった。
まあ笑えれば何でも良いのだが、正直暴露トークの方が面白いって
のも、若干限界が見えかけてる。
出落ちかと思ったゴーストライター新垣氏は中々面白かったし、
西川ヘレンとか松本のマッチョネタとか、単発ではまあ笑えたけれど。
土屋アンナは基本好きじゃないのだが、自由過ぎる、ってあの枠の中
ではダメでしょ?日村がいるから成り立ってるだけ。

朝;納豆ごはん
昼;カルボナーラ
夜;白菜鍋(ピエンロー)

以上、今年もダラダラ綴りました。


最近の記事