ガチで強い!

2015年04月30日 21:01

明治安田生命J2リーグ第10節
金沢1-1札幌 石川西部/6,657人
得点 金沢;19’ 水永
     札幌;9’ 内村


3連勝、と行きたいところでしたが追いつかれての引き分け。
残念、と言えば残念だけれども。

現在2位の金沢の実力が全くフロックでは無かった、ということを
イヤと言う程分からされた試合後には、アウェイで2位チームに
引分け、は上々の結果と思います。

強かったです。マジで。
知ってる選手は佐川のお坊ちゃま辻尾、途中出場したJFL得点王の
辻正男くらい。前節迄得点王だった清原(札大)を知ったのも最近。
すみません、後は誰も知りませんでした。

どうせガチガチに守ってワンチャン狙いだろ?と思ってたんですが
まあ基本ブロックひいて守るは守るで、ここが堅いのは想定通り。
ただ、攻撃に転じた時に入るクサビがまず正確。そしてポストプレーで
プレスを受けてもボールを失わないで繋ぐ、そしてウチの中盤4枚の
サイドの裏のスペースに展開、そこからのクロスに対し3-4枚が
ゴール前に必ず飛び込む、というのが徹底されていた。
そしてボールを失ってからの戻りも全員早い。

選手がこれだけ戦術に対し忠実に、且つ徹底して取り組んで戦えば
この順位にいるのも納得する。但し、ここまでは昇格クラブでは
よくある話。今年のJ1で言えば松本や湘南がそうだし、一昨年の
長崎もそうだった。

何より驚いたのは、そのパス回しの正確さと落ち着き。
アタッキングゾーンに入る前のパスはほぼ終盤までミスが無かった。
クリアのボールにしても、札幌の選手と違い繋ぐ意識が高く、
無駄に相手に渡してしまうことが非常に少なかった。
今の彼らであれば、J1でもある程度やれるんじゃないか、と思う。

ここまで鍛え上げた森下監督、一体何者??
こんな人材が昔ウチにいたとはね・・・

という訳で、相手のことばかりになってしまいましたが。
札幌としては前節の流れを汲んで、出来ることは出来てました。
攻撃面では相手のブロックを掻い潜ってチャンスを作るのは容易で
無かったが、バイタルでパスを回して、セットプレーで、縦ポンで
それぞれ状況に応じた攻め手で、決定機は作れていたと思います。
守備面も早いプレスは金沢の正確なパス回しでかなりイナされて
しまってはいましたが、結果球際で厳しくやってましたし悪くは
無かったと思います。

但し、やっぱり4バックのチームとの相性は悪いな、と思いますね。
サイドで数的不利にされるシーンが目立ちます。
結果中央にも人足らずになり、金沢の様にカウンターで前線に4枚も
上がってこられると、ほぼ決定機を作られてしまうので。

まあ上位とのアウェイ連戦で1勝1分は御の字です。
首位磐田との次節が重要ですね。磐田も昨日は負けたらしいので
Jラボダービーだし、ここは連敗で首位陥落させてやりましょう。
スポンサーサイト

湘南かっ!

2015年04月27日 21:08

明治安田生命J2リーグ第9節
岡山0-1札幌 シティライトスタジアム/10,107人
得点 岡山;
    札幌;45+2' 宮澤


あまりのチームの変貌ぶりに驚いております。

試合中何度も「湘南かっ!」って突っ込みを入れてましたw
早いプレスからセカンドボールを拾いまくり、縦に早く入れ、
ポジション関係無く攻め上がる辺り、まんま湘南の様でした。

間違ったイメージかもしれませんが、バルバリッチ監督と言えば
昨日の様なサッカーが理想なんだろう、とずっと思ってました。
それが、ここ数試合の悪い流れからいきなり実現出来るとは。。。

確かにナザリトが強制的に不在だった前節から、その兆候は
表れてはいました。但し水戸戦はプレスの面がまだ緩かったし、
櫛引の率いる3バックも少々不安定でした。
岡山とシステム的にミラーマッチだったのも要因かもしれませんが
守備時のボールに対するアプローチが常に先手先手で行っており、
相手にパスが渡る前にほぼプレスが寄せきれている状態で、
岡山としては「それをされちゃー前にボール運べないよ」って
思ってたことでしょう。

かなりのハイテンションで序盤から札幌の選手は試合に入りつつ
それでもおおよそ70分位まではプレスを続ける体力を維持して
いました。札幌との気温差もあるアウェーでそれが出来たのは
素晴らしいと思います。

但しこの試合だけで「チームが変わった」と思うのは早いかな。
変化にはなんらかの要因があります。
それが単にこの試合のテンションが高かっただけなのか?
ナザリトを外したからこうなったのか?
選手の意識が変わる何かがあったのか?
それとも監督が何かを変えたのか・・・??

出来るだけ後に述べた方の理由であることを望みます。
そうであれば、この試合は後になって
「今年のターニングポイントになる試合」
と言えるかもしれません。そうであって欲しいな。

昨日出た選手は全員良かったですね。

各所で言われている通り、ボランチ二人は出色の出来でした。
DFラインでの対応に大きな破たんが全く無い試合だったのは
この二人がクサビを潰し、セカンドボールを中盤で拾いまくった
から。宮澤は特に良かったですね。ゴールもスーパーでした。
天才復活!この状態を続けて欲しい。

そして一番警戒しなければいけなかった加地のところを、ゴメスが
攻守に圧倒して殆どクロスを上げさせなかったのは見事でした。
今年観てて一番面白い選手、パウロン。まず1対1で負けないし
DFラインで足技で相手をかわすのはヒヤヒヤするけどミスはないし
フィードは正確だし、怪我をしても戻ってくる様になったしww
強化版奈良さん、って感じでしょうかwww

最後に都倉。ブログでキャプテンマークが重い、と言ってました。
感じる重さがそのままプレーに表れる辺り、本当に男気溢れる
素晴らしい選手。

GW頃の試合はここ数年酷いもんでしたが、今年こそ楽しい連休に
して欲しいものですな。相手は好調金沢・磐田と手ごわい相手が
続きますが、上等ですね。

しかし讃岐戦後のレビューから打って変わり、かなりポジティブな
エントリになりましたw 手のひら返しと言われればその通り。
まあ昨日みたいな試合を観せられれば、皆こうなるでしょう?
ただ前述の通り、チームが本当に変わったかどうかは続けられるか
どうか。

続けて欲しい!!

「家族」ということ

2015年04月21日 22:14

あー、先週来プライベートで色んなことがありまして。
ほぼ欠かさず書いてきたコンサの試合レビューも手にかかれず。
ただこのブログは基本普通の自分用日記のつもりなので、
このことだけは絶対書き残しておきたくて。

実は先週会社に激震が走り、その影響で急遽週末本社会議に。
一方で95歳になる祖父が年初来食事を取れない状態になり入院、
退院後も薬も効かず、治療も限界。施設で栄養の点滴を受ける
のみになりもう長くないと聞いており、土曜も東京にステイして
約5年振りに祖父に会いに行くことにしました。

祖父は実家で一緒に暮らしていたのですが、祖母が亡くなり
急に痴呆が進み、両親も負担が大きく7年前から施設に入って
いました。その頃にはもう私が行ってももう誰だか分からない
状態で、いや、暫くすると両親ですら誰だか理解出来てなかった。

金曜深夜に実家に帰宅し、土曜午前中に施設にお見舞いに行く
つもりではいたのだが、夜中に施設より「熱が上がり危険な状況」
との連絡があり、親に6時に叩き起こされ8時前には施設に到着。
5年ぶりにあった祖父はベッドで目も開けず、酸素マスクを付け
苦しそうに口を大きく開けて手足を動かす祖父に会いました。

1月から点滴のみで何も食べていない、どころか両親と叔母が
医師と相談し、月曜からは点滴も外したとのこと。
要は、そういうことです。

ただ、医師の話では
「手足を動かすのは苦しい訳でなく、夢の中にいる様な状態なんです」
とのことで、少しだけほっとしました。

幸い上がった熱も下がっており、結局昼近くまで病室にいました。
容態に変化は無く、合流した叔母と一緒に近くで昼飯を食べた後
予定通り空港に向かいました。
空港に着く少し前に実家に着いたばかりの両親より着信。
「施設より連絡あり、さっき亡くなった」と。

明けて月曜日に午前中仕事をし、東京にトンボ返りして通夜には
出れたのですが、会社は会社で大変な状況の為今日はどうしても
札幌に戻らなければならず、仕方なく告別式は諦め朝一の飛行機で
帰りました。

会社の事情が無ければ亡くなる前に祖父の顔を見ることは
適わなかったので、何とも複雑な思いではあります。
このタイミングで祖父に会えたのは奇跡的であり、通夜に参列頂いた
方々から「あなたを待ってたんだね」と声を掛けて頂きました。
ただこちらにも事情はありましたが、薄情にも施設に入ってからは
1度しか会いに行かなかった私を、祖父が「待っていた」などとは
思うことは出来ませんでした。

非常に気難しい一面があり、亡くなった祖母も両親も祖父のこと
では色々苦労していましたし、私も自宅で一緒に生活していた時は
今思い出しても決して仲が良かった、などとは言えません。

ただ、これだけ長い間縁遠い生活をしていながらも、奇跡的にも
こういう巡りあわせで会えたことで
「やっぱ家族なんだな」
ということを強く感じた、そんなこの数日でした。

じいちゃん、ごめん。そしてありがとう。

つまらない試合+うざい解説=最悪

2015年04月14日 22:00

明治安田生命J2リーグ 第7節
讃岐0-0札幌 丸亀競技場/2,779人
得点 讃岐;
    札幌;



試合後ゴール裏へ挨拶に行こうとする選手達を、監督が呼び止め
説教したとか。うーん、選手にも問題はあるとは思うけど。。。
雰囲気の悪さを感じます。

今シーズンは開幕からネガッてばっかりいて恐縮ですが
このままだとバルバリッチ監督も限界が近いかな、と思ってます。
たった7試合で早くないか?とお思いの方も多いとは思いますが
内容から判断すれば7試合は十分の試合数、だと思います。

途中就任した去年と違い、キャンプを通じてこの状況な訳であり、
思い通りに動かない選手を試合に出しているのは監督自身。
今期のチーム一番の問題が、前の3人が動かないことなのは
素人目でも分かる。特にナザリトと都倉の動き。
でもこの二人はここまで7試合怪我が無ければほぼ先発で長い
時間出ており、監督の指示であの動きをしていることは明確。
監督の指示通りでなければ、チームが機能しない以上交代
させる筈だし。

いや、ナザリトと都倉の得点力に期待して残してる・・・
っていうことなら、選手の個力任せもいいところで、シーズン序盤
からそれでは先が思いやられる。
まだ序盤で挽回が効くのだから、試合中に監督がアクションを
起こして何とか今の流れを変えて欲しいのだ。

それなのに、機能不全に陥っている今のシステムと戦術について、
試合の状況に併せて変化させる動きも見られない。
就任した頃、色んなシステムに対応出来る云々って言ってた様に
思うのだが、実質3-4-3しかやってないよね?

今節菊岡が入って多少改善されたけれど、結局残る前の二人が
連動しなければ大きな変化は起きない。
内村の投入が88分だった、っていうのも絶望的に遅かった。
喋りすぎる解説が超ウザかった佐藤氏もそう言ってたし。
話は脱線しますが、佐藤氏は振られる度「一から十解説しきる」
為何だかずっと解説している印象で、中継の音声に隙間が無く
何だか試合に集中できなかった。話を振る実況も問題だが・・・
つまらない試合と相まって、最悪の気分でした。

今になって思うと、去年は財前さんの作ったベースがあったから
監督交代後暫くは良かったんじゃないか、と思えてきた。
それであれば自分達でボールを持って崩そうと出来るだけ、
財前さんの方が良かったんじゃないか?とも。
大げさかもしれないのですが、今は絶望的に試合が面白くない。
それが一番の問題です。それに加えて勝てない訳ですから。

次節は累積で強制的にナザリトが外されることになるけれど、
これを機に何か変わるのか?
そこには少しだけですが期待したいと思います。

嗚呼、憧れの開幕ダッシュ・・・

2015年04月06日 22:01

明治安田生命J2リーグ 第6節
札幌1-1東京V 札幌ドーム/9485人
得点 札幌;70' ナザリト
    東京V;60' 南


今年2度目の子連れ参戦。
クラッシック&おつまみジンギスカンの組み合わせは最高でした。
失点後静かなSBに響いた長男の「コンサドーレ」コールも最高でしたw
それ以外試合の方はあんまり良いことなかったかな。

思ったことをそのまま書き出すと、前回同様ネガネガのエントリに
なってしまうので、今回は冷静に。

ここまで6試合、特にこのドーム2連戦を見て思ったことは
①3トップの連動性が無い
②パスミスの多さ=毎試合失点&イエロー・レッドカードの多さ
の2点。
ここが修正されない限り今年は厳しいかな、ということ。


①については去年は都倉を軸に、前俊や中原がお膳立てをする様な
連動が出来ていた。都倉とナザリトの連携で福岡戦・ベルディ戦と
それぞれ1点づつ取ってはいるものの、基本的にどっちがポストプレー
でどっちがウラ抜けとか、アタッキングサードに入る前の役割分担が
基本的に出来ていない。3人共意図的な動き出しが少なすぎる。

動きだしが無いので、結局イナやボランチが変化を付けるべく
サイドチェンジ的に長いボールを両WBへ。通ればチャンスにも
なったが、そこしか出すところが無くやってる感があった。
前3人が相手DFラインの前で並んでいるだけの時も結構多く、
尚のことWBに敢えて一旦付け、前の3人の動き出しを煽ろうと
後ろの選手は非常に苦労していた。

その中で下がってボールを貰いに来るのが相手を背負った時に
一番不利なウッチーなのも謎で、ここでのボールロストも多かった。
去年はそれは都倉がやってたし、せめて交互にやればと思うのだが
前で張る様な感じなのは監督の指示?

ナザリトが全く守備をしないことについては織り込み済として
点さえ取ってくれりゃ文句も無いが、今のところ自分の所に来た
ボールへの反応はピカ一でも、自発的な動き出しは期待出来ず。
ポストプレーは動き出しの無さに加えボールコントロールに
難があり、現状ここを求めるのも酷な感じで。
それでも決定力がもっと高ければ文句ないのですが。。。
6試合で3試合連続&5得点は数字だけ見れば立派なんだけれどね。


②についても①による影響が大きい。
パスコースが限定されているので、無理目なパスや前プレの厳しい
チームと当たると後ろの選手がプレッシャーを感じてしまってる。

それにサイドの比重が高い割にサイドの枚数が足りないことから
3バックの両サイドがワイドに開いて攻撃参加するケースが増えており
パスミスが致命的なカウンターのピンチになりえる。

この辺はベテランも若手も万遍なくミスしてるので、個人的な技術の
問題や特定の選手間のコミニケーションの問題では無く、戦術的な
影響から及ぼされているプレッシャーによるもの、と理解してます。
それにしても6試合でイエロー16枚、レッド2枚は多すぎる。
反則ポイントでの罰金も気になるところです。

ということで、暗に戦術批判をしてますよ、っと。
ウッチー、都倉、ナザリトの3人を並べたい気持ちもわかりますが
ここは誰かを下げて中原や前俊を先発で入れるべきかと。
荒野でも良いかもしれません。他の二人に気を使えて技術のある
選手を入れ、要はトップ下的な選手を使い3-5-2にするべき。

3トップのままなら古田を一角に入れてスペースへの動きを意識
させて前でドリブルを活かさせても良いかもしれません。
その場合都倉がもっと去年の様にボールを引き出す役割をしないと。
ていうか、それをウッチーがやれば良いだけなのに。
ってことで、どうも今のチームのやり方に疑問を持ってしまう。。。

動員数が目に見えて減ってますね。
ミッドウィーク京都戦の8千人台も少ないな、と思いましたが
金曜の鹿嶋vs鳥栖でも9千人程度で、そう考えると健闘したんだなぁ
と思う反面、週末でもこの程度。まだホーム4試合目ですよ?
ノノ社長の理想は勝っても負けても、なんでしょうが。
今は現場が踏ん張らないとどうにもならんよ。

てか、コンサドーレっていうチームを応援する限り開幕ダッシュは
望めないんでしょうかね?本当に長いキャンプだけが原因なの?
20年もやってきて、そこを改善する方法は見つけられないの?

・・・と結局はネガネガモードに。申し訳ありません。

Meaning(ToBeHere)

2015年04月03日 06:19

この間の「ロックバンドでは食っていけない時代に」のエントリ
で取り上げたMeaningに今、超ハマってる。



初めて見たのはAIRJAM2012のスペシャのライブを観て、
こいつら何者?PIZZAなのにメタル?Gtーの一人鋲皮ジャン
着てるけどもう一人は普通、VoとDrは髪ピンクとブルーだし、
ベースは謎の童顔w、なんだこの統一感の無いバンドは?と。

暫くは気になったままで特に深追いしませんでしたが、昨秋の
ミニアルバム「150」を聞いてから一気に自分の中でブレイク。

前回書いた通り、メタルともパンクとも言えないスタイルが、
実に両方のイイとこ取りになっていて音楽的にまずツボ。

YoshiとKawaguchiのツインリードがまたベタで結構ネチっこく
絡んでくる感じで、これがメタルならそれでオシマイなんだろう
が、パンクなリズムに乗っかるとそのベタさも逆にグッ、と来る。
曲構成も1曲の中にこれでもか、って言う位曲展開を詰め込んで
いるのも結構メタル的。でもリズムと音的にはカラっとしてて
大仰な印象も無く、ストレートにノりやすい。

ホルモン聞いた時にも思ったが、自分の好きなコアな音楽の要素を
入れれるだけぶち込んだ様なスタイルだから、
こんなバンドやりたいよなぁ。。。って憧れもあり。

楽曲としてはイントロのツインリードが印象的な「MyWar」、
ドラマティックな展開の「Judgement」「MyBrokenHeart」辺りが
気に入ってる、けど今のところ殆ど全部がツボだ。

その上でライブパフォーマンスが激しい!正にハードコア!
特にHayatoのパフォーマンスは激しすぎる。
ビデオで天井のパイプでうんていやったりアンプの上から
飛び降りてたけど、あんなの観たのPearlJamのEddy以来だよ。
若干語りが暑苦しい感じはするけれど、Meaningに全ての情熱を
注いでることは良く分かる。
前回も書いたが、ごく一部の熱烈な支持層はあるけれど、
全く売れてない。それでもこの熱量でバンドを続けようとしている
その姿勢に惹かれる。若者のあるべき姿として本当にカッコ良い、
と思う。


特に一枚もフルアルバムを出してない時期に行ったアジアツアー
の様子を観るとそれが非常に良く伝わってくる。


その上で震災復興支援にも同じ熱量で携わり、この様にチャリティ
CDを出している。PunkコミュニティのDIY精神、行動力にも感心
させられた。

一方でBassの高田メタルや川口のブログを観る限り、独特の
世界感が面白くて、非常にバランスが取れてるなぁ、と。
特に高田メタルは何だか凄くツボで。他の4人は結成時からの
メンバーで、唯一の途中加入。元エルレで結構年も上なのに
一人っ子らしく、一番好き勝手やってるしw

今回の「150」レコ発ツアーは北海道には来なかったんだよな。
次来たら絶対行く。

自分的には結婚前後からギターを買うまでの10年程度、音楽から
少し離れた生活をしていた間、日本のロックシーンも相当進化した
んだなぁーと新しい発見ばかりで、この「失われた10年」を
少しづつ取り戻しているところ。

40超えて改めてPUNKにハマるという、正直ちょっと恥ずかしい
思いもあるが、これまでどちらかと言えばHR/HMよりで聞いて
来たけど、今のご時世、同じコアな音楽を聴くんだったら、
ギミックの要素が強いHR/HMよりも、PUNKの方がよりリアルに
感じる、ってことなんだと、自分的には解釈してます。

故に余計、このジャンルの音楽を聴いてると、年取るってヤダなー
・・・ってつくづく思い知らされる。

ネガネガモード

2015年04月01日 22:56

明治安田生命J2リーグ 第5節
札幌1‐2京都 札幌ドーム/8193人
得点 札幌;82’ナザリト
    京都;64’石櫃、65’大黒



とりあえず、ナザリト、ウッチー、中原、宮澤は明日から毎日
居残りシュート練習ケテイ。
いいか、毎日やれよ?

それから、失点した後に観客と同じテンションで選手が動揺
するのはやめてくれ。しかもベテランが率先してやっちまうのは
マジ勘弁。

本来事務所で出なきゃ行けない電話会議があったのを、
営業先の用事があるとか適当に嘘ついてドーム近くの駐車場に
営業車停めて7時まで済ませてから参加、というリスクを背負って
までしていったのにさぁ。
上司に「あれ、どこ行ってんだっけ?」って言われたさw
その代わり報告関係は完璧に準備して臨んだからいつもより
早く終わって、キックオフに何とか間に合わせたのにさ。

前半の内容は良かったよ。良かったけどさ、内容良かっただけ。
去年からなにも変わってないじゃん。
変わらなければ結果は去年と同じだよ。

ホーム開幕戦から言ってるけど、期待する方が悪いとは思うけど、
期待してただけに落胆が大きすぎるよ、今シーズンは。
気が早すぎるけど正直今年もダメかな、って気になってる。
切り替えるのに数日必要です。ネガってごめんなさい。

しかし、大黒には勝てないねぇ。。。





最近の記事