FWの責任

2015年08月24日 21:55

明治安田生命J2リーグ 第30節
熊本1-1札幌 うまかな・よかなスタジアム/6,532人
得点 熊本;33’巻
    札幌;22’前



土日は長女の幼稚園時代の3家族で南幌の三重湖キャンプ場へ。
昨年行って近場の上湖畔でロケーションも良く、水遊びや遊具
もあって且つテニスコートもあって非常に良かったので今年も。
子供はたっぷり遊んでスイカ割や花火を楽しみ、大人はたっぷり
BBQとお酒を楽しんで、翌日はテニスをして解散。

もう色んなイベントで親同士付き合いも深く、気兼ねなく話が
出来る間柄なのだが、子供達は皆別々の小学校の為、いつまで
こういった付き合いが続けられるのかなぁ、と。

帰宅後仮眠して夕飯作ってから、TVで生観戦。
ウッチーとナザリトの外しっぷりにイライラしつつ、前貴の
ヘッダーでゴールした時にはそりゃ興奮しましたさ。
ただ、その後もウッチーとナザリトは引き続き外しまくり。
また巻にやられて追いつかれ、伸二&イナの途中投入で流れが
多少変わってもやっぱりドローで、結局楽しかった週末もコンサ
の不調のせいで最後にモヤモヤを掛けられてしまう今年の夏。
・・・まあ去年もだったけど。

この試合もシュートは相手より多かったし、ある程度ゲームを
支配出来ていた。バルバリッチ氏の時の単調な攻め方から
四方田体制になってから明らかに崩しのパターンは増えており、
決定機の数は試合に勝つ為に十分な数を生み出している。
あれだけ作れば、ある程度外しても普通は勝てる筈なのだが。
まあ菊岡がPA内で引っ張られたのは間違い無くPKだったけど
PKってとってもらえないこともあれば、とられなくて助かることも
あるから、まあそれが勝てなかった理由とは言いにくい。

結局の所、個人批判になってしまうのだがこの7月・8月の
長期間未勝利に至っているのはウッチーとナザリトを含めた
FW陣によるところが大きい、と言っても仕方ない。
中盤やDF陣の責任が無い、とは勿論言わないが、これだけ
チャンスがあって前の選手が決めてくれないと、耐えきれない
試合も出てくるのは仕方ないと思う。

そりゃ本人達が一番悔しかったり苛立ってるのは分かるけどさ、
プロなんだから批判されて仕方無いと思うよ。
ウッチーは献身的にチームの起点になるプレーもしていて、今の
チームには欠かせないのは分かる。元々好きな選手なので庇いたい
気持ちも強い。磐田戦でゴールした時はぶっちゃけ泣いたし。
ただもうここまで来ると代わりの選手がいないとは言えども
一回先発から外した方が良いと思う。

出続けてればそのうち、いつか決めるのかもしれない。
でも、FWってそれで良いの?って思う。だから外すべき。

巻との接触で肘を痛めた福森は恐らく離脱っぽい。
それにしても、巻って敵になると本当にムカツク選手だな。
あの天然っぽい感じで球際での激しいプレーは結構タチが悪い。
ホーム熊本戦のインチキ相撲ゴールもそうだったけど
「俺にはこういう泥臭いプレーしかできないから」
みたいなイメージで、何となくラフプレーが許されてる感じがする。

唯一ほっこりしたのは、高柳とヤスと拓郎も同じピッチに
立ったことかな。出してくれた熊本の小野監督にある意味感謝。
プレーは激しかったけど、ちょっとした同窓会気分にもなった。
ヤスは膝の具合どうなのかな?
まだ27歳。地元で愛されて、長い現役生活を送って欲しいなぁ。
スポンサーサイト

夏休み最後のホーム・岡山戦

2015年08月17日 22:06

明治安田生命J2リーグ 第29節
札幌0-0岡山 札幌ドーム/10,902人
得点 札幌;
    岡山;


暫くぶりのブログ更新でございます。

夏休み関連で色々忙しくしておりました。
7月末には子供を連れて初の東京帰省。久しぶりの墓参りに
近所や親戚へ子供の顔見せの挨拶周りをしつつ、子供のリクエスト
で多摩動物園、サマーランド等、3泊4日にしては慌ただしくは
ありましたが、少しばかりの親孝行とお礼参りが出来てホッと
しました。

その後は休暇絡みで仕事がバタつき、仙台での研修&懇親ゴルフ、
13日からのお盆休みは北竜町のひまわり畑、夜の円山動物園、
岡山戦参戦、昨日は三井アウトレット&町内会盆踊り・・・
その他にも長女の自由研究の手伝いとか何だか盛り沢山過ぎて、
ゆっくりPCに向かって文章を打つ時間がありませんでした。

さて、岡山戦は双子のお友達のお父さんがコンサ好きとのことで、
子連れでの観戦約束をしてました。(お母さん同士はショッピングへ)。
が急遽お父さんに午前中所用が出来てしまい、子供さんだけ預かり
先にドームに出発。子供4人を試合開始迄私一人で面倒見るという、
結構ハードな役割を担うことに。
遊具で遊ばせ、子供達の好きなニンニンジャーレッドのところに
連れて行き、お弁当を食べさせ、トイレに連れて行き・・・
あっという間に試合開始。暫くしてお父さん到着。

聞くと最初は子供を連れて行ってたが、一人なので飽きてしまって
間が持たないので、最近は職場のメンバーで平日の試合に行く様に
している、とのことでウチも仲良しの子がいれば助かるので、
今後行ける時は一緒に行きましょうね、ということに。
これを機に少しでもコア層に引っ張って行ければ良いなあ、と。

さて、試合の方はここ数試合同様、惜しくも残念な試合でした。
まあチャンスは作れてるしシュート数も多いし、四方田監督になって
前向きな要素は幾つか感じられる様にはなりました。
が、やっぱり得点が取れないってのは色々と致命的で。
野々村社長の対話集会?では色々楽しい?裏話も出た様で、
思う事は色々とありますが、でも今は何より選手が頑張らないと。
来年の契約もそろそろ出てくる頃ですし、いつまでも仲良し集団で
やっていける訳では無いからね。特にユース出身の若手達。

久々のナザリト先発。都倉が長引きそうで頼らざるを得ない状況。
ただ、試合前の5対5のボール回しを見てても、細かい動き出しが
無く殆どパスを貰えず、大丈夫なのかな?と心配してました。

まあ試合は別だから、と思いつつも後半にセンターライン付近で
宮澤?が前を向いてボールを持ってカウンターのチャンス、
ナザリトは相手CB一人と並列。瞬時に宮澤はスペースへパス。
GKとの1対1を作りだす絶好のチャンスで、オフサイドラインを
意識しつつ、スペースへ動き出すのがFWなら当然の場面。
が、ナザリトは動き出しの素振りも見せずボールはそのままGKへ。

使われなかった間、劇的にプレースタイルが変化するなんてことは
まず期待出来ないと分かってはいたのですが、これを観せられて
しまっては正直もう、ね・・・
そうなると今の攻撃パターンに彼が得意な相手DFやGKとの一対一を
誘うロングボールを混ぜるとか、ある程度彼にチームの方を合わせるか、
得点の部分についてはいまや「打てば入る」が過去の話になってしまった
ウッチーの爆発を待つしかないか。

まあ伸二とイナの初共演が観れたのが救い。

さて、最後に試合の話とは関係無い話。

3階の遊具に4人の子供を連れて行った際、子供を遊具に入場させて
いつもの様に前のベンチに座ってビールでも・・・と思ってたら、
係の女性の方に「必ず保護者の方も中に入って下さい」と言われた。
その他にも細かいルールが追加されて、子供達にちゃんと説明してた。
どうやら何か事故?があったらしく、最近変わったとのこと。
6月に連れてきた時にはそんなルール無かったし。

確かに走るのは禁止、となっていても子供は親が注意しないと
走り回るし(あんな楽しい場所で走るなってルールも無理があるけど)、
その為に親がより近くで目を光らせるのは、今の時代ある意味義務
とも言えるので、この変更については仕方ないのかな、と思う。
子供同士のトラブルは、本来施設が追うべき責任じゃないしね。

ただ、まあこうやって今の世の中は何かあっちゃあ誰の責任だ、
ルールが無いのが悪い、じゃあルールを増やしましょう、ってなる訳で。
これってある程度は必要だけれど、あんまりそんなことばっかり
言ってると楽しい場所も段々つまんなくなるんじゃないのかなぁ、
って思ったり。

このことは今のJリーグ・運営会社・サポーターの関係にも同じことが
言えることとなんじゃないかな?


最近の記事