諦めず続けること、諦めた方が良いこと(非サッカー&サッカー)

2015年10月26日 21:08

明治安田生命J2リーグ第38節
大分2-0札幌 大分銀行ドーム/9,062人
得点 大分;51’ エヴァンドロ 68’ 為田
    札幌;



ここ2週間位咳が止まらず、金曜に医者に行くと軽い?肺炎との
診断。よって週末は天気もアレだったし家で大人しくするしかなく。

そんな中サッカーの方は東京も札幌も酷い試合でもうそれはそれは
どんよりしていたのだが、さあ寝るかの日曜21時にふとツイッター
眺めていたら・・年末のパワーストックにハイスタ出演の文字!!
まじかっ!!そんなことってあるの??すげえっ!!
興奮しつつ慌てて震える指でパワーストックのチケット予約した。
去年のZEPPでのTOSHI-LOWと俺らの願いが叶ったって訳だ!
11月から12月中旬までKenBandの予定が入って無かったのは
こういう訳だったのか・・・

ハイスタはBRAHMANとファット・マイクのイベントにも出演。
でも首都圏以外でしかもライブハウスで観れるって、スペシャル
過ぎる。これはもう流石KOちゃん&TOSHI-LOWの力、という
より他はない。ありがとー!

今はライブを理由にし、自由に内地に行ったりできる身分では
無く、ハイスタのメンバーだってそこそこみんないい年齢な
訳だし、AIRJAM以外に出演する気配も無かった為正直この先
ハイスタを生で観れることは無いんだろうな、と思ってた。
まあTOHSHI-LOWもダメ元でオファー出し続けて、願いが叶った
訳だから、人生何事も諦めないことが大事なんだなぁと実感。

思いの他前置きが長くなってしまったがw札幌について。
まあ全くダメな試合を見せられるよりはまだ良いのだけれど、
今期何度も何度も観せられた、同じ様なゲーム展開でした。
今年については、序盤戦の前監督の戦術面・選手起用の問題は
ありつつも、監督が誰であろうが選手個々の技術・精神的安定感
等の進歩の無さの方が大きな問題、だと思ってきました。

ただ、今期こうしてチームの共通意識が低いゲームを何度も
見せられると、ノノ社長が良く言う個々の高い技術や創造性は
一旦諦めて、きっちり型に嵌めたサッカーを目指した方が
選手の為に良いんじゃないか?って思ってる。
それこそ湘南みたいに攻撃・守備での個々のタスクや選択肢が
はっきりしているスタイル(現在はそこに個々の技術や創造性も
兼ね備えつつあるからJ1で凄みを増してる)は勿論、嫌いだけど
今の松本やみうみう時代の札幌のスタイルも視野に入ってくる。

以前長い時間一緒に練習して来て、あれだけパスの呼吸や間違った
選択肢を選ぶのは何故?とエントリで書いたことがあったけれど、
特に四方田監督になって且つ小野が復帰したこともあるのか、
ピッチ上が自由過ぎる気がするのは気のせいでしょうか?
中盤でのパス回しは問題無い。そこそこ個々は技術あるし、相手の
プレッシャーも大きくは無いし。
ただ、最後どうやってゴールを決めるかのワンプレーに全く形が
見えない。外でボールを持ったら一人はニアに入って、中盤から
1人リスクを取って上がって、逆サイドが・・・といった様な
ゴール前でのオートマティックな連動性は最近は皆無と言って良い。
去年・今年の序盤と得点は都倉頼みだった。いざ都倉の魔法が消え
てしまうと、こうなってしまう。

要は選手に任せてサッカーやれる程、そこまでウチの選手の能力は
高くないし、そもそもJ1でもそんなチーム上位にいるのかな?
そういう意味では来期は監督に一番お金を使って欲しいな、と
思いますが、三上さんは別として、ノノ社長はどう考えてるんだろ?
スポンサーサイト

高い山も一歩ずつ

2015年10月13日 20:51

明治安田生命J2リーグ 第36節
札幌2-1金沢 厚別公園陸上競技場/6,981人
得点 札幌;30’宮澤、77’小野
    金沢;54’ジャーンモーゼル


金沢戦は長女の小学校の休日参観&学校祭で参加出来ず。
1年生の頃に比べるとクラスの子達も大分個性がはっきりしてきた
感じで、中々面白かった。
先生の言うことにイチイチ突っ込みを入れる子もいれば、そういう
隣の子を注意する子がいたり、ぼーっとしてる子もいれば何かと
フラフラ先生のところに行く子もいたり、中には黙々と勉強に
没頭している子も。この小学校2年生の30人位のクラスだけ見ても、
まあ一つの社会なんだな、と当たり前のことを思った次第。
ただ学校祭に移行した途端、皆同じテンションで会場の体育館に
殺到するのを見ると、やっぱり子供らしい小学校2年生だな、とも。

さて今更ながら金沢戦。
伸二の勝ち越しゴールが決まるまではかなりフラストレーションの
溜まる展開だった。確かに前半はウチの思う通りの試合運びだった。
後半は策士松井監督の守備のシステム変更からボール支配が金沢に
移ると、アウェイの時の試合を思い出すセカンドボールを出足の
早い金沢が支配し、押し込まれる時間帯が続いた。
流れを変えたのはナザ→荒野の交代。しかも投入間も無く都倉との
パス交換から左サイドに抜け出し、前節同様マイナスのクロスを
右サイドに流れた都倉のスペースに入り込んだ伸二が「ゴールに
置いて来るだけ」のシュートで見事に決めた。

前回エントリで
「これまで伸二のプレーが直接チームの勝利に繋がってなかった」
と書きましたが、2戦連発。フラグになって良かったですw
何て言うのかな、周りの選手がこれまでは伸二にボールを預けて
何とかして貰おうっていう雰囲気を感じることが多かったけれど、
逆に伸二を上手く使ってやろう、ってな感じが少しは出てきた結果
なのかな、と思います。勿論伸二のコンディションが上がってるのも
あるだろうけど。

荒野は前節に続いて途中投入で決定的仕事。
まあ彼の能力からすればこの位の結果は安定して出してくれなきゃ
困る。今の控えメンバーだと途中投入で流れを変えられる選手が
少ないから、サブとしてでも結果を残し続けることが大事。

深井さん2戦連続の先発。今は復帰出来た安堵の気持ちしかない。
悪夢でしかなかった7月の大宮戦、それまでの長期離脱を考えると
そこからたった2か月ちょいで、とファンの我々は思ってしまうが
本人にとっては長い長い2か月だったことと思う。

ユース時代の深井さんのプレーをそんなに見ていないので憶測になる
かもしれないけれど、大宮戦での怪我のシーンは、その責任感の強さ
から、ユース時代の感覚なら少し無理目だけど「(ボールを)取れる」
と判断し体を入れに行ったのが、プロの少し早いプレーと体の強さで
結果遅れ気味に体が入ってしまい、膝を持っていかれてしまった。
能力は高いが故の、感覚のズレから来た不幸なのかなと思っていた。

先日の記事で「大宮戦では自分が全部止めるという気持ちが強すぎた。
自分のエリアじゃないところは仲間を信じていいと思ってやってきた」
っていう深井さんのコメントがあって、今回の離脱もまた一つの成長に
繋がったんじゃないかな、と思う。

ただ、親心の様な感じで毎試合「どうかこれ以上怪我をしません様に」
という目で観てしまっているのは、既に試合に出ている本人に対して
失礼に当たらないかな、とも思ったりも。

守備のカバーリングや安定感のあるパス回しは見られるけれど、
本来の当たり強くボールを奪って素早く攻撃に繋げる様ならしいプレー
はまだまだ。
イナも直復帰してくる様だし、上里らベテランボランチとの競争も
厳しいポジション。でも深井さんならきっとやってくれる筈。

まずはここから。彼が目指す頂きは相当高いと思うけれど、
一歩一歩踏みしめながら登って行って欲しいな。

J1昇格は順当な感じでお願いします

2015年10月05日 21:25

明治安田生命J2リーグ 第35節
東京V0-2札幌 味の素スタジアム/7,712人
得点 東京V;
    札幌;33’小野 87’上里




毎年行っていたオータムフェスト、今年はまだ行けておらず。
昨日が最終日とのことで、気合入れて10時過ぎに大通りへ。
食いまくるぞ~と思いながら駅前通りの交差点に向かって
歩いていくと、マラソンランナーが連なって走ってるのが
見えた。あー、今日はハーフマラソンなんだなぁ・・・
と思ってると4丁目会場の前にプラカードを持った警備員が
いることに気づく。

「本日のオータムフェスタは14時開場です」
・・・・・。

そりゃHP観てなかった私が悪いさ。
でも、最終日に昼の時間帯にやらないってなんなんだよ~
マラソンなんてク○くらえっ!!
ってことで、とぼとぼと駐車場に逆戻り。。。
抑えきれない食欲をお気に入りのスープカレー屋SAMURAIで
何とか満たした残念な週末でした。

ただサッカーの方は久しぶりに残念な週末ではなくて。

こういう試合で負けるのが伝統化しつつあったFC東京だが、
年間順位で2位に付ける広島にアウェイでまた渋い守り勝ち。
サッカーの内容についてはアレだけど、こうやって上位に
絡んでいくことを続けることがチームのレベルアップに繋がる
と思うので、残り4試合結果に拘って頑張って欲しい。

そして札幌はプレーオフ圏内のベルディに2-0勝利。そして
伸二の札幌加入後初ゴールも。もはやプレーオフ云々言っても
仕方ないけど、当然望みが残っている方が良いし、来期に繋げる
意味でも、落とせない試合で結果を出したのは良かった。

内容的には殆どベルディにボールを回され、奪い返しても何だか
落ち着きが無くボールロストをする繰り返しで、内容が良くても
勝てなかったここ数試合とは逆の結果。
櫛引が判断も1対1も酷い今期最悪の出来だったにも関わらず、
同サイドの前貴と河合&パウロンの見事なカバーリングのお陰での
クリーンシートも上々の結果。

伸二のゴールは見事だった。正にパスする感覚のシュート。
やさしいスピードで、優也が絶対に取れないコースへ流し込んだw
正直、これまで伸二は直接勝利に繋がるプレーは非常に少なかった
(実際、彼が出場して勝った試合自体が凄く少ないのだ)。
それだけに、これをきっかけとして伸二がより輝いてくれれば、
チームの好循環にも繋がると期待しています。

あとこの試合で見方が大きく変わったのはナザリト。
四方田監督に代わってから変わってきたな、とは思っていたけれど
こんなにチームプレーが出来る選手になるとは思わなかった。
昨日は終盤まで攻守に渡り走り回り、守備のカバーリングもしっかり
やる様になったし、ポストプレーも頑張ってこなして、自分の得意な
サイドのスペースに流れてのプレーで伸二の初得点をアシストした。
ま、後はもっとも大事な点を取る仕事さえしてくれれば・・・ね。

さて、私は札幌が負けた週末はサッカーに触れたくなくなるのでw
マッチデーや他チームの結果を追わなくなる為、昨日は久々に
マッチデーハイライトを見て順位表もしっかり見た。
ベルディーが上位にいるのもびっくりだが、愛媛がプレーオフ争い
に絡んでいたり、昨日の結果で福岡が3位になってたり。
あと驚いたのが、何気にあの引分けまくってた徳島がウチより上に
いたりwwまあウチが落ちていったからなんだけどさww

まあ大宮は順当だよね。ていうか、J1の去年チーム人件費で上位5位、
17億8千万のチームなんだから。こんなチームが降格するって、
どんだけ効率悪い運営やってんのよ?ってこと。
磐田が2位で自動昇格出来そう。けどぶっちゃけこれって名波監督
云々というよりは、ジェイ・アダイウトン・カミンスキーの3人が
スーパーだったっていうだけじゃない?日本人の質が上がらないと
上がっても大変そう。

福岡も序盤はアレだったのに、名将井原監督の力でスルスルと上位に。
ちょっと前までは明太子サマサマの経営だったのが、アパマンの
お陰で余裕すら感じる。もしJ1上がったら金満チームになるんじゃ
ないか?と、今後の脅威すら感じるな。

ていうか、プレーオフはセレッソに上がって貰わなきゃ困る。
こんなチームに来年もJ2に居座られたら迷惑。大体何だよ、
ちょっと前までフォルランとカカウが居て、いなくなったと思えば
エジミウソンとか田代とかをひょいっと取ってくるって。
とっととJ1上がってまた降格争いしてろってww

だって、来年は王国清水がついにJ2に降臨されるのだからw
今年の内に少しでもJ2に相応しくないチームは上がってくれないと。
ちなみに去年のチーム人件費磐田13億5千万、セレッソ16億8千万
清水13億5千万だから、その通り上がって下りてきてくれれば
来年の昇格争いは少しはマシになるかな?

で、千葉はいつまで居座る気?


最近の記事