今年もまた、この「モヤモヤ」と付き合っていく

2016年02月29日 22:05

2016明治安田生命J2リーグ第1節
東京V1-0札幌 味の素スタジアム/9,272人
得点 東京V;’75アラン ピニェイロ
    札幌;


待ちに待った開幕、とは言え。
今年もこの何とも言えない、モヤっとした気持ちで幾つもの
週末を過ごすのか?と思うと、ちょっとブルーになったりも。

そこまでして応援しなきゃいいじゃん、て言われてもさ。
もはや無視出来る様な存在じゃないんだから、何があろうと
家族と同じで、何とか付き合っていくしか無いのだ。
その代わり、日常では得られない熱狂と歓喜の瞬間だったり
全てが終わった時、穏やかで長い幸せの余韻を得られる事も
時にはある訳で。
まあ、後者の方はせいぜい5年に1度位だけどなwww

余所と違い長いキャンプを未だ続けている札幌にとって、
開幕戦のコンディショニングが毎年難しいのは間違いない。
そんな中で過去4年に渡りアウェイで白星発進を続けて来たが
試合内容はいずれも芳しく無かった。

ただ、今年はキャンプ中の練習試合の結果や内容も例年より
優れていた様だし、四方田監督もほぼ予定していた準備が
出来た、とリップかもしれんが言っていたし、外国人3人も
レベル高いって誰かさんが言ったりしてたので、しなきゃ良い、
とは思いつつやっぱり期待してた。

そうは言いつつも、試合内容の酷さはやっぱり気になる。
守備の部分はキャンプで上手くいってた(PSM北九州戦を
観た限り)前のプレスが全く嵌らなかった。全体的に早い
ベルディのパス回しもあって、一歩目が遅れ後手後手に。
ここが先ず今年の四方田体制のキモの様だけれど、恐らくは
コンディショニングに大きく左右されるスタイルなので、
そこがハマらなかった時どうするか、なのだろう。
それについては、去年のバルバリッチ体制も似たスタイル
だったし、正に同じ課題を抱えていた。

四方田監督はそこに臨機応変さをキャンプで植えつけていた
様に報道等から推測するが、それならある一定の時間は
割り切って5バック気味にしたらどうか、と思ったけれど。
サンフレッチェじゃないけれど、5バックでガッチリ守って
からの精度の高いカウンターとか、ね。
試合終盤の4バックはかなり付け焼刃的で、あまり練習して
いる様には思えなかったし、今のウチの3バックは相変わらず
左右の揺さ振りに弱く、横のスライドが遅れてサイドから
抉られるのが一番の弱点なので。

そこで問題なのは、引いて跳ね返しても都倉まで守備に戻って
おりセカンドが拾えない、残ってる場面でもジュリと二人共
ボールが収まらない、そもそもパスがずれるじゃカウンター
どころではない。
そもそも遅攻時のパスの噛み合わなさと言ったら酷いもんで
そこから食らうカウンターでもっと失点しててもおかしく
無かった。

相手もあるけれど、PSM北九州戦で出来ていた訳なので
この試合のグダグダは恐らくはコンディションやメンタル
なのだろう、とは思うしそうであって欲しい。
個々の選手で心配なのは、マセードが守備を意識し過ぎなのか、
これまで攻撃面で全く良いところが見えない。正確なクロス
が持ち味じゃなかったのかよ?そもそもクロスを上げる
シーンが少なすぎる。

それから、河合・増川・進藤の3バックはどうなの?
福森がいきなり消えたのも心配だが、スピード面に劣る
河合・増川の併用はこれから試合を重ねるに連れ、狙われる
のは間違いない。
数少ないプラス材料の進藤、メンタル的に問題無くやれるな。

さて、J1J2開幕戦を全て観てみると、結構前評判の低い
チームが勝ってて、順当勝ちが少ない印象でした。
J1は浦和位だし(名古屋や新潟、甲府が勝ってたりね)、
J2も清水がドロー、松本・山形が負け、千葉とセレッソは
勝ったけれどあわやで、今年もJ2は泥沼化間違いなし。
まあ、ウチも開幕戦負けて昇格した年もある訳なので、
そうやって気持ちを切り替えるしかない。まだ41試合あるし。

・・・但し。
今年こそ、悲願のスタートダッシュ&ホーム開幕戦勝利だけは
絶対に譲れない!
これだけは、ほんと頼むよ!!
スポンサーサイト

順位予想をぶっとばせ!

2016年02月22日 22:22

いよいよ来週J開幕ですねぇ。
2月開幕のせいか、例年より実質1週間開幕が早いだけ
なのに、オフ期間が短く感じたのは気のせいでしょうか。

週末にスカパーのマッチデーハイライトで、恒例の解説者
による順位予想をやってました。
期待しないで観たのですが、その通りで我らが札幌さんは
全く触れられませんでしたw

6人の解説者の札幌の年間順位予想は
7位(2人)、9位、10位、12位、13位。
まあ、こんなもんでしょう。去年の予想と大差ないですね。
因みに上位予想した2人は去年も比較的上位にしてくれた
後藤さん、と小村さん。下の13位予想は福田(コノヤロー)。

確かに去年ウチは解説者の皆さんのシーズン前予想の通り
の結果。その上余所と違い、今年も未知の外国人以外に
目立った補強も無く、この予想は当然ちゃあ当然でしょう。

尚自動昇格予想はC大阪5人、松本3人、清水2人、千葉2人。
これもまあ順当でしょう。

上位予想されてるところはやっぱり降格組や去年実績、それに
目立つ補強をやっているところになるのは当たり前。
千葉なんて補強というよりは血を入れ替える様な大手術をして
結果プレシーズンも好調(ただ、例年序盤”は”良いんだよねw)。
セレッソの前目の余剰戦力の凄さったら(でもクマー監督だしw)。
清水もほぼ去年の主力維持し、且つ手堅い小林監督だし。

ただ、この予想例年殆ど当たらなくて有名だからねw
ある意味で今ヘタに目立たない方が良いかな、とも思うし。
去年誰が愛媛がプレーオフに行くと思ったよ?
これで良いんです・・・

いやそれでも、話題に上がんないのはやっぱ悔しいww
伸二もイナもいて全く触れられないってのもどうかと思う。
ただこれが現実。現時点での低評価は悔しいけど正しい。

だからそれに対して結局はチクショウ!って気持ちが常に
あり、それが一つの我々の原動力にもなったりもする。
それならそれで、見返してやりたくなるワケじゃない?
それが出来た時が、一番気持ちいい訳じゃない?

さあいっちょ、やってやろうじゃないの。
今年こそジャイアントキリング、皆で達成しましょう!

少しくらい期待しても良い?

2016年02月15日 22:42

先週月曜より自分の両親が来道しており、賑やかな1週間
を過ごしていました。
雪まつりでプロジェクションマッピングを観たり、つどーむ
会場に子供を連れてったり、双子の記念写真を撮りに行ったり
ファクトリーのイタリアンに行ったり・・・
そして昨日は支笏湖の氷濤まつりに行ったのだが、雨と気温
上昇でイベントは全て中止、氷像も殆ど立ち入り禁止で残念な
感じで。それでも10年振り位に丸駒温泉に行き、まあ満足して
帰ってきました。少しは親孝行出来たのかもしれません。

さて、帰宅後楽しみにしていたPSM北九州戦。今年初めてフル
の試合映像を観ました。2-0での勝利。
Jチーム相手に4連勝。内容的にもまずまずで、開幕も近づき
まずまずの期待感を持たせてくれました。

まずは新加入選手や選手それぞれのコンディションの印象から。

まず何と言っても新外国人二人。ジュリーニョは突破力もあり
且つパスワークや連動した動きも出来るので、シーズン通して
好調をキープ出来ればレギュラーは間違いないでしょう。
ただ、WBでは守備の不安が想定され、FWかトップ下が適正。
2トップor伸二の位置になるでしょう。
都倉のコンディションが非常に良さそうなので、ここにヘイスが
入ってくるとFW争いは結構熾烈になりそう。

右WBで出場のマセドは思ったよりも守備を頑張る印象で、
前半1対1の対応で軽く飛び込んだシーンはあったけれど
ある程度は計算出来そう。その代り攻撃の方は突破を試みる
シーンが殆ど無く、そこは今後のコンディション次第なのか?
足元は間違いなく巧い。

3CBは先発が増川・福森・進藤。ここはちょっと不安あり。
増川がセンター、しかも福森と進藤を引き連れて、というのは
シーズン中だと余り見たくないかもw
前半にヘディングの目測を誤って1度、進藤との間に入られて
1度裏を取られて決定機を作られていた。
後半河合がセンターに入ってかなり安定したので、出来れば
ストッパーで入って欲しいところ。
進藤は何度かやらかしたが、アピール出来ていたと思う。
若手CB陣では一歩抜きに出た印象。
ただ開幕までに櫛引のコンディションが上がって来ないと、
CBの組み合わせ的に序盤の戦いに不安を残す気もする。

今更言っても仕方ないのですが、このメンバーなら4バックの
方がなぁ・・・マセドはSB然としてるし、福森やゴメスも
活きやすいし。せめてオプションで持っていた方が良いのだが。

そして何よりイナと伸二が順調にコンディションを上げてる
のは非常に嬉しいこと。イナはフル出場に超ロングシュートで
ゴール、相変わらず巧みなボール奪取、と絶好調。
また去年序盤もそうだったが、イナからのサイドチェンジと
ロングパスがチームに欠かせないアクセントになっている。
伸二は他の選手が見えてないところに動いたりパスを出したり
小野伸二らしさを見せてくれた。あとはもう少し得点に直接
絡むシーンが出てくれば。

チームとしては、攻守の切り替えの早さが先ずベースとして
しっかり出来ていて、前プレと連動した後ろの動き、奪いどころ
の共通意識等は良く出来ていた。
後は前述の通り簡単に裏を取られるのをどう改善するか。
攻撃面では遅攻と速攻やダイレクトプレーの選択もバランス良く
出来ていた。ただ遅攻での最後の連動性の甘さは相変わらず。
今年も個の選手の決定力頼みなのか、少しは改善されるのか。

何だかんだ開幕もあと2週間。選手達は長いキャンプで大変とは
思いますが、あとひと踏ん張り頑張って下さい。
そして、我々サポーターの長年の悲願である
「開幕ダッシュ」
を、今年こそ必ず成し遂げてくれる・・・
と、少しは期待しても良いのだろうか??

アピールタイム

2016年02月09日 00:55


コンサの沖縄キャンプ終了、ということで。
ニューイヤーカップ3試合はスカパー未契約で観れてないし、
その後の湘南・川崎戦も当然観ていないながら、何となく
チームの状態は上向き傾向にある様ですね。
5試合で結果は××○○○、しかもJ1の湘南・川崎相手に
1-0で勝利。期待感は上がりますね。

琉球には2点取られたけれど、失点が少ないのがこの時期と
しては評価できるんじゃないでしょうか。
正直今シーズンこのメンバーで3-5-2やるの?って感じでは
あるんだけれど、上手くやれてるってことで良いのかしら?
特にCB陣は年寄と若手という、イビツな構造でもあるので
不安要素もあるのだけれど、今年こそクッシーが頼もしい感じ
になる予定なので大丈夫な筈w

今日のスポ新の記事で四方田監督が
「若い選手の中には良いアピールをしている選手も数名いる」
ってコメントが出ていましたが、どの辺りの選手なんだろう?
何となく進藤が色々な意味でアピールしまくっている様な気も
するが、「数名」ってのが良い意味にも逆にも捉えられる。
悪く捉えれば「それ以外の若手は何やってんの!!」て感じも。

前目ではしょうごが良かった様で、琉球戦で点取ったけれど
リーグ戦じゃないからまだ全然呪い(?)解けてないからなw
夢実も諸先輩に詰められてから大分良くなったらしいけれど、
継続出来るかどうかが全て。荒野ですら去年は終盤こそ
良かったけど、シーズン通しては×だったし若手の成長って
結局は「継続力」がつくかどうか、なんだよな。

そしてそこが出来る様になればは自然とレギュラーになれるし
高いレベルで出来ればJ1、海外とステップアップ出来る。
今海外でやってる選手は、大体皆ハタチそこそこ、もしくは
10代からそれが出来ている訳で。

今年の外国人は伸二曰く「当たり」らしいので、これから
彼らが徐々にコンディション上げてくると、同じポジションの
若手達は特に厳しくなってくるのだから、今の内にしっかり
アピールしてレギュラー争いに食い込んでいって欲しいな。


最近の記事