若き名将になれるか?

2016年05月29日 21:24

2016明治安田生命J2リーグ第15節
札幌3-1山口 札幌ドーム/10,920人
得点 札幌;53'内村、48' 都倉、79' ジュリーニョ
    山口;82'庄司


昨日は子供たちの運動会。今年は3人参加の為、見所が多くて
中々楽しかった。徒競走は上の子から1-2-1位と、全員大健闘!
且つ長女はリレーの選手に選ばれ、チームも1位。
私もヨメも足は速くなかったので何とまあ不思議な感じである。
天気も穏やかで子供たちの競技をほのぼのと楽しみました。

家に着いた頃ちょうど試合開始、若干ディレイ放送気味で観戦。
こちらはほのぼの、と言う訳に勿論いかず、好調の山口と上位対戦
であり緊張感の高い試合。特に前半は札幌が主導権を握りつつ、
山口も「攻撃のチーム」とは言え守備も相当オーガナイズされて
おり最後の所でやらせてはくれず、お互い攻守の切り替えも
素晴らしく、今年自分が観た試合の中で一番スリリングだった。

後半PKで先制後、札幌は待望の2点目をウッチーが叩き込み
一安心も束の間、深井さんがシャツ引張りと遅延のダブルイエローで
まさかの退場。2点差とは言え山口の攻撃力を考えると…と思って
たらジュリーニョの左足アウトスーパーゴールが飛び出した。
終盤の山口の猛攻は凄まじかったものの、進藤が与えたPKでの
1点に抑え6連勝で首位キープ。今期初の都倉、ジュリーニョとの
揃い踏みのウッチーは三戦連発と絶好調。

マッチデーで一平さんも言ってたが、試合中何度もDFとの駆け引き、
動き直しを繰り返しており、それだけやってればああいう良いボール
が来るのは当然とも言える。本人も言っていたが、今年は体調の良さ
があるからこそなのだろう。

チームとしてはNHKの中継で人間力山本が手放しで褒めてた通り、
ボールを持ってない選手の細かい位置取りの修正、フリーランニングを
徹底して叩き込まれている印象。ウッチーの得点時マセードがクロスを
上げる際、後ろからの進藤のオーバーラップがマセードとウッチー二人の
マークを甘くする結果に繋がっており、オフザボールの動きの質が非常に
高くなったのは間違いない。

余り言及する人が少ないがマセードの個人能力の高さはもっと評価
されても良い。水戸戦のゴメスのクロスについてやいのやいの言ったがw、
金沢戦でジュリーニョに合わせたクロスしかり、そのクロスの質が他の
サイドの選手とは一味違う。コンディション面でイマイチ安定しないが、
能力は間違いなく、左の福森と共に前線を活かせるボールが配給出来る
のは大きい。

一人減ってから山口の熟成されたパスワークに翻弄されシュートを
打たれまくったが、最後必ず体を張ってシュートブロックに行くと言う事が
徹底されており、PKは与えたものの正直崩されて取られる気はしなかった。
この辺はチームがベースとする攻守のごく一部の側面だが、大枠の部分も
細かい部分も非常にバランス良く監督が目指すサッカーを選手に浸透
させられているな、と感じます。
この辺は監督・スタッフが選手と上手くコミニケーションを取れている証し。

また昨日は深井さんの予期せぬ退場の際も四方田監督は都倉を左MFに
下げた4-4-1、最後は櫛引を入れた5-3-1にするなど、冷静に状況を
見極め、大胆にシステム変更を決断する様になった。
何よりそれに選手がさっと対応出来る為の準備、練習でやってないこと
でも咄嗟に対応する為のベースを選手が備えていることが伺える。
しかもそれを固定メンバーでは無く、選手を入れ替えつつやっており、
四方田監督の緻密且つ大胆な指導と采配の賜物であろう。

正直昨年の途中就任の頃には短期間でここまでトップチームでフィット
するとは全く予想していなかった。このままチームの好調を維持して…
いや、必ず訪れる厳しい時期を乗り越えられたとしたらその時には
森保監督に継ぐ「若き名将」と呼ばれ様になっているかもしれない。

是非ともそうなって欲しい!

スポンサーサイト

Kenband/Going north tour@ペニーレーン24

2016年05月25日 20:36

goingnorth_convert_20160721221753.jpeg



昨日単独ツアーでは実に三年振りの札幌公演となった
KenBand@ペニーレーン24に行ってきました。

アルバムツアーでは札幌は無く無念でしたが、今回こうやって
函館・札幌・旭川・北見・釧路と道内隈なく回ってくれるのは
道民としては嬉しい限り。

今回感じたのは3年前に比べ若い人の層が増えたな、ということ。
自分が年取った分そう感じただけなのかもしれないがw。
地上波出演や最近の露出増の結果なんだろう、開演前に後ろにいた
若い子の会話で「楽曲とタイトルがまだ一致しない」とか、最近に
なってライジングサンってイベントがあることを知った、なんて
言ってて、KenBandが彼らの「ロックの入口」になった訳だ。

そうだとすれば、今回のアルバムで歌った通り、狙った通りに
「伝わっている」ってことだし、相変わらずスゲー人だな、と。
後フロア後方に子連れ専用ブースがあり、子供連れも結構いた。
羨ましかった。私も連れて来たいなぁ←確実にヨメに止められる

ゲストSLANGは相変わらずの貫禄、若干キヨさんのギターの音が
割れ気味で残念だったが、硬派なパフォーマンスと何故か
インスタグラムについて語るKOさんのいつになく?軽いMC
のアンバランスさもまた良かったw

そしてKenBand。正確に測っていた訳じゃないが恐らく1時間半
以上、そしてアンコール入れて24曲も!!やってくれた。

・・・のだが、感覚的には「もう終わっちゃうの?」だった。
結構頑張って最前線でモッシュやってると、どんなに楽しくても
主に体力面の影響でそれなりに時間を感じるのが普通で、昨年末の
ハイスタの40分ですら少しだけそう思ったのに。
要はそれだけ楽しい時間だった。ポジティブなハッピー感というか。
パンクロックがそれで良いの?とかの難しいこと抜きな感じで。

今回3月の武道館と同じSLANGとの組み合わせってことで
「武道館公演を札幌に持ってきた、とも言える!」とのMCから
武道館と同じMaybeMaybeでスタート。次も同じくSaveUs、
次が最近のライブで珍しいSummerOf’99で会場が一気にヒート
アップ。ニューアルバムからの1曲目はIdon’tCare、アルバムで聞く
より更にライブ映えするし盛り上がる。次はKencoYokoyamaからw
カバーのIfTheKidsAreUnited。サビのシンガロングを要求も歌詞が
伝わらず声が小さいと「ナナナナでいいからw!」と促した。

今回出来る限り曲解説と収録アルバム等をMCで丁寧に挟んでいた。
初見のファンを凄く意識してやってて、ずっと支えてくれるファンが
いるバンドだと中々出来ないことだし、一見カッコ悪く見えたりも
する。演奏前に曲名を言わないで始めて、って嗜好の人もいるし。
この辺も健さんの何としてでも「伝えたい」って思いの現れだろう。

DreamOfYou→PopcornLoveで皆笑顔のハッピー感ったらないし
BoysDon’tCryを挟んでのYourSafeRockでは一転ソリッドな楽曲に
併せてモッシュ&ダイブの嵐→また一転YellowTrashBluesでは
ムーディーに・・・とガラガラ雰囲気が変わってくのが面白い。
この辺はニューアルバムの多彩さの好影響と言える。

その後のリクエストタイム、人気の高いILove、最近ではレアな
StillBurningとやったが健さんがヨレヨレ&構成忘れ過ぎで後者は
ギターソロからやり直すというw。結局TinySoulで何とか締め、
セットリストに戻るといきなり全員大爆発のIWon’tTurnOffMyRadio、
PunkRockDreamと来て、ABeautifulSongはサビで感動的な大合唱。
ラストスパート突入でRickyPunksⅢ→TenYearsFromNow、最後は
「健バンドのテーマソングをやるわ」のMCでキターーーー!!
私の一番大好きなLetTheBeatCarryOnで本編終了となった。

「ダメって言われるまでやるよ」のMCからWeAreFuckin'Oneで
リスタート。大合唱のWalk、「初めて来たヤツでも歌えるよな」
とBeliever、ダメ押しでStayGold。ここで遂に「ダメ」の合図が。
ラストは客電付けて「ハッピーな感じで帰ろう」とPressureDropで
言葉通りの雰囲気でライブは幕を閉じた。

ヤバイ。ヤバすぎる。
いい年のおっさんが、更に年上のいい年のおっさんをこれまでより
更に好きになってしまってるというww
こうなって来ると、もう一生付いて行きます!
位しか言うこと無し!

武道館と同じ24曲、PressureDropで終わる構成も一緒でした。
KenBandありがとう。また間空けず札幌に来て下さい!!

ウノゼロ首位チームの魔術

2016年05月23日 19:41

明治安田生命J2リーグ第14節
讃岐0-1札幌 Pikaraスタジアム/3,208人
得点 讃岐;
   札幌;42’内村


昨日は子供友達宅が本格的な流しソーメンキットを買ったとの
ことで、昼からお呼ばれして行ってきた。
竹の長さは2m位、ポンプで水を循環する仕組みも作ってあり、
それはまあ立派なもので、子供達は勿論大はしゃぎだったが、
大人も大いにはしゃいでしまった。途中でミニトマトやキュウリ、
イチゴまで流したりして笑いも絶えず、それをツマミに又昼間
っからビールを美味しく頂きました。
て訳で2週連続で情報遮断の上アウェイ讃岐戦をTV録画観戦。
またしてもウノゼロで9年振り!!の5連勝に興奮しました。

徳島・金沢戦辺りでは後半守勢一方だったり、明らかな
スタミナ切れだったり、決して意図した試合運びでの勝利では
無かったが、前節からまずスタミナ切れの様子は見られなくなった。
そして昨日は終盤ほぼ讃岐にボールを支配されたが、以前と違い
ボールホルダーへのプレスもしっかりやれており、相手に自由に
やらせなかった。

また特筆したい象徴的シーンが55分~60分頃のボール回し。
無理はしないが仕掛けの意思を持ってボールポゼッションし、
カットされても後ろの選手が適切なポジションをとってセカンドを
落ち着いて拾い続け、およそ5分弱マイボールを保持し続けた。
序盤戦はこの辺の落ち着きが無く、やろうと思ってもミスが出たり
意思のズレから危ないカウンターを食らうシーンが散見されたが、
攻守両面や試合運び等、チームで意思の共有が進んだ様に思う。

四方田監督の選手交代よるメッセージも明確で、最初の二人は
2点目を取ろうという意図、前節の様に上手くハマらなかったが、
最後河合を入れて「ここからは守り切るぞ」という意図も
分かりやすかった。まあ上手く回っている時はそんなモノだが、
やること全てが論理的に見える様になった。

攻撃面では左右の揺さ振りが一つの崩しの形として出来つつある。
ポゼッション時は縦に急がずDF-ボランチーWBでの左右の揺さ
振りが前提。サイドでFWとの連携で裏が取れれば縦を使うが、
ダメなら無理せずDFラインまで戻すか、中へのドリブルで相手を
寄せてワンツーで縦に突破するか位の持ち札だったのが、中に持ち込み
更に一気に逆サイド迄振るパターンも見られる様になった。

得点シーンではジュリーニョが右サイドから中へ→左高く張った
ゴメスへサイドチェンジ→手前の福森に戻し→逆サイドの
ゴール前都倉へ→都倉がヘッドで折り返し→ゴール左前のウッチーへ。
讃岐DFの福森への寄せの甘さも一つだが、これだけ左右に振られる
と相手としてはたまらないだろう。

ここでキーマンになっているのは間違いなく宮澤と深井。あらゆる
ところに顔を出すし、原則後ろのボール回しではどちらかが絡み、
どちらかが局面で数的優位になる様に前目のポジションにいる。
そして守への切り替えでも必ずどちらかがDFライン前の位置で
適切な位置取りをして奪えずとも相手に自由にはさせない。
攻守両面で2人が潜在的に持つバランス感覚の良さが活きている。

ということで、やってる内容から言えば今首位にいるのは必然、
と思います。

勿論相手も進化するし研究するし、長いシーズンこのまま行く訳は
無く、ウッチーや四方田監督が言う通り今の内に足りない部分を
改善し進化していかなければいけない。

ただ、先週のノノラジオで社長が
「相手が首位だと思うと、敵も色々考え過ぎてくれる」
って言ってて、そんなもんか?と思っていたのだが、讃岐は75分
位からロングボールを徹底的に放り込んできたのには「あれ?」と。
正直ミゲルとのマッチアップ以外圧倒的に高さ面で優位のウチに対し
何故?と思った。案の定ウチのDF陣は殆ど跳ね返せるし助かった
のだが、いつも勝った時のドヤ顔がムカツク北野監督らしくないなwと。

戦力的に他の持ち手が無かっただけなのかもしれないし、前述の
通りウチのプレスがサボらずパスで崩すのが難しかったのかも
しれないが、ウノゼロで勝ち続けているチームを相手にするのは
色々と厄介なことなのかもしれないな。
何かを狂わせる魔空空間の様なものか?←違う

次はやっとこさのホームなのに子供の運動会で行けません。
てか、子持ち家庭やおじいちゃんおばあちゃん達はみんな
そうじゃないの??日曜に出来ずともせめて開始時間を
遅くしてくれりゃ良かったのになぁ。。。

ゴメス、そこはウソついとけばいいのに!

2016年05月16日 10:27

明治安田生命J2リーグ第13節
水戸0-1札幌 ケーズデンキスタジアム水戸/6028人
得点 水戸;
   札幌;81’内村


昨日は毎年恒例4家族でのさとらんどBBQでしたが、生憎の強風。
屋根付きの場所を取る為メンバーに早朝から並んで貰い何とか
取れたですが、それでも皿から肉からビュンビュン吹き飛ばされ
砂まみれにもなって大変だったのでした。が、ハジに居た団体が
ブルーシートで風除けを張り始め、あーいいなぁと思っていたら
ウチもやろう、と何故か用意されていたブルーシートを張り出し
風向きが変わった午後からはもう一面も張って、最終的には非常に
快適な環境が整っておりました。流石BBQ王国北海道。
王国民のBBQ偏差値の高さに驚かされることになりましたw

そんな訳でいい感じにお酒が入った中、帰宅後試合を情報遮断の上
録画観戦。全てウノゼロで3連勝中の札幌は前半はゲームを支配
しても後半運動量が落ちる、って解説の一平さんにも言われており
ここぞのチャンスをヘイスや荒野や都倉が決めきれなかった前半
が終わった際にはイヤな予感も漂ったのですが、試合間隔が空いた
ことも功を奏したのか、気温も高い中それ程運動量も落ちる事無く
後半も狙った戦い方は出来ており、大いに評価したいところ。

そもそもこの試合はジュリーニョ出場停止、福森とマセードが
コンディション不良で不在、内村は監督判断でベンチスタート
ということで荒野・櫛引・前寛・ヘイスが先発でメンバーも替り
特に若いメンバーの奮起も求められていた中、ここ最近選手達が
言う様に「誰が出ても」一定のレベルで戦えるというのは中々
頼もしかった。去年CWCで広島の凄みとして感じたのと同じ様な
状況に近づきつつあるな(レベルは勿論全然違うけど)、と。

一方で大エース都倉が別にコンディションが悪い訳では無いのに
少々ゴールに見放されている中、ヘイスが前半序盤にキーパーまで
交わしたのにネットにひっかけるという珍事もあり、じゃあ誰が
決めるの?と言う中、四方田監督が「途中出場の方が活きる」
との判断しベンチスタートだったウッチーが決めてくれた。

暑さを考慮した四方田監督の好采配でもあるが、コンディション
を上げてきたウッチーが5試合で3点と完全復活をアピール。
ウチはダブルエースがいるんだ!というファンにとっては安心感
選手達にとっては更に競争を加速させる結果が得られているのは
シーズン序盤にして上々の結果。

そして上二つが負けてくれた結果、1試合少ない中再度の首位に。

まだまだJ2の中で抜きに出た何かを持っている訳では無いし
接戦を何とかモノにしての順位、まだまだ力は足りない。
ただ、去年辺りに良く感じていた、「勝てた筈の試合」を「勝ち」
に持って来る、地力みたいなものはちゃんと付いてきたのかな。

昨日の得点後の試合運びなんかを見てもそれは感じるし、何より
四方田監督の「まずはしっかりした守備から」という戦い方の
ベースが全くブレず、選手も忠実にやりきっており、見た通りの
「実感のある結果」を我々が観ても分かる、という今の状況は
ここ数年の何ともベースも定まらない上結果も付いてこない状況
を思い返すとwとても幸せなこと。

但し唯一納得がいかなかったことがあって。
今朝の道新。ウッチーのヘッダーへ見事なクロスを入れたゴメス
そのクロスに対するコメントが「あそこに入れれば誰かあわせて
くれるだろうと思って蹴った(要約)」。えーっ!

入ってくるウッチーが見えて狙って蹴ったんじゃないの???
あそこまで深い位置でサイドの選手がクロスを蹴る時に、味方の
選手が見えてないって事には正直驚きしかないw
ゴメスにワロスが多いのもうなzk(以下自主規制)。

そこはゴメス、ウソでも「ウチさんが入ってきたのが見えたので」
とか言っておけば良かったのに!!

運のない暫定首位チーム

2016年05月05日 08:36

明治安田生命J2リーグ第11節
金沢0-1札幌 石川県西部緑地公園陸上競技場/4,623人
得点 金沢;
    札幌;17’ジュリーニョ


なんと。首位、なんですって。

(GW中家族サービス中につき、ブログでのリアクションが遅くなって
おりますことは何卒ご了承願います←普段から遅いだろ)

まあ暫定順位だし、次節ホーム熊本戦が中止の為そこで確実に
ライバルに抜かれるのは目に見えてるので、まあ4日天下になる
のは間違いないのですが。それでもやっぱり嬉しいし、伝統的に
開幕ダッシュが果たせない札幌が今この順位にいることは大きな
意味がありますね。

昨年の今頃は上位争いをしていたのに、最下位の金沢アウェイ
での試合。前半は順位通りの試合というか、札幌がやりたい様に
試合を運んでいました。
スカパー解説の方も言ってましたが、3人目の動きが素晴らしく
パスコースの選択肢も多くスペースも作れており、ポゼッション
で主導権を握って、チャンスも多く作り、奪われても高い位置で
直ぐに奪い返す戦い方が出来ていました。

しかし後半は一転、出足の反応が遅れだし逆に金沢にボールを
支配され、45分間防戦一方。シュートも1本のみ。
終盤は目に見えて足も止まっており、ここ数試合とも勝っては
いるものの同じ様な試合運びが続いていることは気になる所。
2回もポストとバーに助けられたシーンもあったし、ここ数年の
試合運びの拙さに慣れてる飼いならされた札幌サポであれば
毎試合「あー、試合終盤に追いつかれるタイプの試合だね」
って覚悟しながら試合を観ていたことでしょうwww

それでも何とか水際で耐えれているのは、3バック&ボランチ
に安定感があるからでしょうねぇ。序盤使ってた5バックは
殆ど姿を見せなくなっているので(意図的に、という意味で)
気持ち的には「割り切って守ってカウンター」という狙いは
持ってない様で、恐らくは体力的・暑熱的に後半になると
意図した戦い方が出来なくなっている様に思います。

この前半勢いのあるうちに先制して逃げ勝つ戦い方、
これをやり遂げているのは非常に素晴らしいことではあり
ますが、仮に上手く今期昇格できたとしても1つの戦い方
しか出来なかった08年、12年を思いだすと、ここから如何に
バリエーションを増やすか、にトライしながら戦いたいところ。
・・・って、ホント贅沢なこと言ってますねw

次節はジュリーニョが出場停止。都倉もリーチかかっており
しかもアウェイ連戦。金沢からの帰りは何と飛行機欠航で
GW中の混雑故ホテルの宴会場で選手は雑魚寝だったとか!
(そう言えば清水戦も渋滞で飛行機間に合わず急遽川崎泊
だった)。何とも困難な状況を強いられてはいるものの、
伸二のブログを見る限り、雑魚寝の会場でもみんな笑顔でw
勝ってることもあるんだろうけど非常に雰囲気が良くて。
(特にブラジル人3人が楽しそうに見えたw)

これなら今シーズンはやってくれるかもしれんな、と思わせて
くれますね。頼もしいですよ。

ただ不運は不運。この好調で新聞各紙も「首位!」と取り上げて
くれるのに、ホームで1か月試合が無いなんて。
経営的には最悪ですね、運の無い野々村社長・・・






最近の記事