我らが誇る「クソサッカー」

2017年03月19日 20:55

明治安田生命J1リーグ第4節
札幌2-1広島 札幌ドーム/12,624人
得点 札幌;12'都倉、44'OG
   広島;21'水本


昨日は16時に家族で友人宅に呼ばれており、やむを
得ず前半で帰宅しなければならなかった。正直言え
ば試合途中で席を立つ位なら「行かない」ジャッジ
をするのが自分的には普通。遅れて行くのも同様。

ただ今回は行く判断をし、結果的に大正解だった。
スリータイムスチャンピオン広島にぼこぼこに殴ら
れながら前半2本のシュートで2点を霞めとり、見事
な「ウチのやり方」を貫いてのJ1復帰初勝利。

ただ、前半5分ラインブレイクで飛び出した工藤の
至近距離からのシュートをソンユンがビッグセーブ
出来ず失点していたとしたら、この展開にはならな
かっただろう。やはりルヴァン杯での出場は正解だ
った。

もう一つ大きかったのは、前半雄大がミキッチに裏
を取られまくった。正直広島の得点を生み出す一番
の形でもあるので、何とか凌いだが後半も同じでは
まず逆転されただろう。しかし後半雄大はしっかり
やりあった。この辺他の選手もそうだが1試合の中
で相手に順応する力が付いてきている様に思う。

都倉のゴールは千葉を倒した、と広島のアピールが
あったが手は使っておらず、ポジショニング取りの
中で千葉が競り負けたとジャッジされたのは妥当。
都倉のフィジカルがJ1の一線級CBに十分通用する
事が改めて確認できた。こちらも磐田戦強行出場の
価値があった。

12年の時はパスが繋げず、攻め手無く前に蹴り出す
だけだった。今年も正直ここまでポゼッションして
の遅攻は成り立たないが、前線に都倉、この試合で
は金園もおり「戦術上の選択肢の一つ」として放り
込んでおり、12年の様に「後ろ向き」な気持ちで蹴
り混むのではなく、前の二人がちゃんと相手の脅威
になってる意味は大きい。

それだけに前節のエントリでも書いた通り、都倉が
不在になると途端チームが回らなくなる可能性も高
く、前半に貰った無駄なイエローは止めて欲しい、

あと前回と違うのは中盤でボールを保持出来る選手
が複数いること。兵藤、宮澤に加え深井さんも大分
スピードに慣れてきた。中でも宮澤の視野の広さと
技術は際立っていた。ボール狩り出来、プレッシャ
ー受けてもキープして前を向け、気の利いたフリー
ランが出来る、ある意味兵藤以上のプレーだった。

因みに走行距離は兵藤12.2km青山11.88宮澤11.85。
チーム全体では7km広島より多かった。
スプリントは雄大26回金園23ミキッチ・塩谷17。
チーム全体では22回広島より多かった。
この辺の数字も選手の粘り、奮闘を表している。

HT森保監督が「ウチはパーフェクトだった」と若干
イライラを表し、試合後も「私はいつも勝った方が
強いと思ってるので、今日は札幌さんが強かったと
いうこと」と表現してたが、正直「こんなサッカー
に負けるとは」という悔しさと思う(勿論森保監督
の人間性は素晴らしく、勝負師としてその悔しさは
良く理解出来る)。

この札幌のドン引きサッカーを他チーム、そのサポ
からは「あんなクソサッカー楽しいのかよ」と揶揄
されてるのかもしれない。湘南の様なJ1でも賞賛さ
れるスタイルで生き残る手段もあるだろう。

でも今年は何より監督、選手が終始押し込まれなが
ら一発のチャンスを狙うサッカーを意図してやって
いる。特に選手がそのスタイルを前向きに、覚悟を
決めてやってるのだから、人に馬鹿にされようが、
ウチの選手達が相手に振り回されても食らいつき、
球際でガツガツ闘い続ける限り、我々も諦めず鼓舞
し続け無ければいけない、その勇気を貰えた試合に
巡り合えた。

色々と貴重な45分でした!
スポンサーサイト

シーズンのターニングポイントになるか?

2017年03月16日 12:21

2017JリーグYBCルヴァンカップ 第1節
磐田0-2札幌 ヤマハスタジアム/6,454人
得点 磐田;
   札幌;56'上原、87'都倉


先日のCLバルサ×PSGを観る為急遽スカパーの
サッカーセットに加入していたお陰で、ルヴァンカ
ップ磐田戦が観れました。
直観ではありますが、若手・サブ中心で臨んだこの
試合が、もしかすると今期のターニングポイントに
なるのでは、と感じさせる内容でした。

J1未経験は勿論、今期初出場の若手ばかり、しかも
菅ちゃんなんぞ本来のポジションじゃ無いトリプル
ボランチの一角での起用、磐田も当然メンバーは落
としているとは言えそこはJ1のチーム。ボールが
保持できず、相手に与えた決定機は数しれず。正直
まあーしょーもないパスミスも多く、攻撃面では目
も当てられない場面が多かった。

ただそんなメンバーで去年同様最後に体を張る守備
少なくともコースの限定だけは、という最低限の事
は最後までやりきれていた。
球際の勝負も結果負けてしまうシーンが殆どだった
けれど決して諦めず、執念は見せていた。
その辺になんか「グッと来る」ものがあった。

本来この内容で執念だけだと、流石に90分の中の
どこかでやられてしまうのだが、そこを許さなかっ
たのがまさかのGK先発ソンユンだった。
リーグ戦3試合、正直物足りない出来だった。
自分で志願したのかどうかわからないが、この試合
に出た「意味」は伝わって来た。
金山には申し訳ないが、今年はソンユンが本領発揮
してこそチームはやるべきことをやり切れる。
この試合で彼は自分の感覚を取り戻した様に思う。

その意味ではびっくり途中出場、しかもサイドMF
でのびっくり起用となった都倉も同様。確かに彼の
プレスの圧は相手にとって相当嫌だろう。攻守両面
でセットプレーの高さも効く。四方田監督のこうい
う特殊能力を買う様な起用方法は毎度唸らされる。
そして最後に高い決定力を見せつけ2試合連続得点。
エースがノってくれる事以上に頼もしい事は無い。

そして恐らく一番大きいのは、ここまでリーグ戦の
3試合に出ていた留守番組への影響だ。
「こいつらやりやがったな!」って感じだろう。
経験浅いメンバーが、技術は拙くとも今年チームが
チャレンジしようとしているサッカーをやり切って
事を成し遂げた。今日の宮の沢の雰囲気は如何程だ
ろうか?昨年同様、チーム内の競争が厳しくなれば
成る程、出た選手が躍動する。ここに期待したい。

菅ちゃんはほぼ2アシスト+アラーノへの絶妙スルー
と大活躍だった。小柄な体でのボールキープも通用
した。アラーノはそこでの決定機を外したが全体的
にはボールの落ち着きどころになれていた。永坂は
ミスキックも多いが持ち味のフィードのチャレンジ
はマル。前寛はアンカー適任。次はもっとやれる。
進藤は…もっと頑張れ!
そして河合はホント頼もしい。

ホーム広島戦に良い流れが出来た。
広島は昨日もドローでまだ今期勝ち無し。
元チャンピオンチームではあるけれど、ウチの選手
達のモチベーションは相当だろう。
ここで勝たせてやりたい!

過信せず、自信の積み重ねを

2017年03月13日 12:08

明治安田生命J1リーグ 第3節
札幌1-1C大阪 札幌ドーム/21,760人
得点 札幌;73’都倉
   C大阪;13’マテイ・ヨニッチ



15時キックオフの1時間半前、13時半到着。
いつも通りホーム寄り旧SBで4人分の連席を探す
も見つからず。仕方無く階段を下りて下りて最前方
に見つけたが、このエリアは前席との段差が小さく
前が大人だと子供の目線が全くかぶってしまう事に
気付く。子供達からは終始「見えない」と言われて
しまったが、時既に遅し。可哀想なことをした。

ただ旧SBがほぼ満席となっており、クラブが狙う
「TV映り的にバックを埋めたい」という施策は
ひとまず成功、と言う事か。

都倉のゴール以降のスタジアムの雰囲気は一体感が
あった。周囲にも「初めて来た!」的な人も多かっ
たのですが、何となくJ1という厳しい舞台を戦う
サポートをするぞ!的な気持ちが見えた様な気がし
ました。引分という結果ながらも、皆試合後も多く
残りセレブレーションしてた事からもそう感じた。

勿論それを引き出したのは終盤の選手の頑張りだ。
清武を前後で挟みボールを奪った時の興奮たるや。
昨年同様闘う姿勢を前面に出せば観客には伝わる。

但し冷静に試合を振り返ると、終盤押し込めたのは
中盤がお互い間延びしてスペースが出来た為。
相手からのプレッシャーが無ければ、ウチの選手達
だって去年やってたことは当然やれる。
ということで前半の内容も段々良くはなっているが、
あの内容を持って過信しては行けないかな、とも。

セレッソもユンジョンファンは良い監督だが、すぐ
に結果を出すより徐々にチームを強化してくタイプ
で清武はベストで無く、セレッソは現時点ではウチ
と同じ「所詮J2上がり」のチームだった訳で。

だからこの試合を持って、妙に「行ける!」という
雰囲気になるより、前節までと同様チャレンジャー
として与えられたタスクを着実にこなして、全員で
戦う姿勢を出して行くことを期待したい。結果勝ち
点がついてくる過程で「本当の自信」を得て欲しい。

一方J1のスピードへ対応さえ出来れば、タレント的
にも十分戦えるとも感じた。いち早く順応し、今の
強い気持ちを維持して行きたいところ。

タレント的に、という事では運動量を支えた2人、
兵藤と宮澤が走行距離で11.79kmと11.74kmで
両チーム合わせて1・2位。特に兵藤は足が攣りな
がらもこれだけ走っており、トリプルボランチの横
スライドが四方田システムの守備の生命線である中
欠かせない選手と言える。勿論少ないタッチで的確
にパスを出す判断力と技術から言っても、この厳し
い序盤戦、何とか怪我無く試合に出続けて欲しい。

宮澤は2年程前に「オフJ1に狙われる筈」と妄想
したが、その通りJ1で通用する万能型セントラル
MFになった。冷静に相手のプレスをいなして前を
向けるし守備での運動量、オフザボールでの顔出し
等も見事だった。

そして都倉、前節苦手なポストプレーはやらせたく
無い、とエントリに書いてしまったが今節では前線
でしっかり収め起点の役割を十分なレベルで果たし
ていた。しっかり去年より成長を見せている辺りが
有言実行の彼らしいところ。その上で持ち味のCB
との競り合いからの重戦車ぶりも見せ、当然守備も
走り回る。都倉無しではチームが成り立たない、と
言っても良い。その都倉に初日が出たのは本当によ
かった。

悩ましいのは右WB。途中で入ったマセードが非常
に良かったので、謙伍と比較するツイートがTLで
散見されたが、謙伍はボールの無いところで守備も
攻撃も活きる選手。しっかり守備に戻りつつ攻守が
切り替わればスペースへ走る。元FWならではの
ゴール前での嗅覚も流石。但しボールを持たせると
技術的にエラーが出やすいのだw

一方マセードは投入時の様にスペースがある展開で
活き活きプレー出来る。ドリブルと高精度クロスが
最大限発揮された試合だった。一方で仙台戦や横浜
FM戦の様な終始ガチガチな展開だと全く印象に残
らない事も多い。

交代枠の都合もあるが、今のチーム戦術だと謙伍の
先発を1stチョイスとせざるを得ないだろう。
早坂はいつ戻れるのだろうか?運動量とパス能力の
両方を兼備えており、チームの選択肢が増える筈。

菊地・ジュリ・深井さんの怪我は心配であるし、
イナの再度の長期離脱発表は正直言葉にならない。
一方伸二が全体練習に復帰とあり、この序盤を何が
なんでも凌いで、少しでも早く今シーズンの目標で
ありゴール裏が表した「SURVIVE」を達成したい。

そして折角自ら望んでやってきた、J1のシーズン。
もっともっと選手と共に楽しみたい。

安心して下さい、やれてますよ!(古すぎ)

2017年03月06日 19:51

2017明治安田生命J1リーグ 第2節
横浜FM3‐0札幌 三ツ沢球技場/12,740人
得点 横浜FM;47’バブンスキー、54’富樫
73’ウーゴ ヴィエイラ
   札幌;


この週末、まだこの場には書けないのですが我が家
と私にとって重大な変化が訪れることが分かって、
そのショックの反動から家族で遊びまくりました。
土曜は石狩の冬祭り、日曜はスキー、夜は焼肉etc。
色々大変な3月になりますが、まあ生きていくしか
ない。時期的に何の事か分かりますかねw

さて。この時期にナイトゲーム且つ三ツ沢という謎
の割り当てを食らった札幌さん、土曜にマリノスと
戦い0-3での敗戦となりました。

ていうか聞いてないよーマリノス全然強いじゃん?
オフに俊輔が揉め、中澤が大幅減棒、主力大量移籍
シティーグループの強化方針等の内部情報が色々と
漏れ伝わって来たことで「ゴタゴタ」してると誰も
が思っていたのに。のに。のに。

結局シティー大正解、色々リークした人は意図が別
にあったのでは?という感想を抱かざるを得ない。
適切な外国人補強と大ベテランは中澤のみとなり、
若手もレギュラーに名を連ねつつ斎藤学の様な中堅
の日本代表がキャプテンとしてチームを引っ張ると
いう、極めて「適切なチーム編成」を構築したとい
うイメージしか持てません。

そしてマリノスの昨年までモンバエルツ監督の元で
築き上げた守備組織は非常に堅く、特にセットプレ
―で11本の機会があったにも関わらず、札幌は得点
を奪えず、後半3失点し0-3での敗戦。

この点差での負けはメンタル的に正直しんどいのは
分かる。ただ前半0-0の結果は勿論、内容的にも
守備の部分は仙台戦より奪う位置の共通意識が大分
統一されてきた感もあったし、相手のプレスを交し
て前へ運ぶプレーもずいぶん改善された。
願わくば前半福森CK→横山のヘッダーがあのまま
入り1点を奪っていれば、という。

後半序盤での失点について、1点目はバブンスキー
の左足アウトのスーペル。2点目は進藤の去年も同
じミスで失点したやらかしでこれは猛省願いたい。
3点目ウーゴヴィエイラはペナ内で横山を引き倒し
た後のゴールであり、本来得点は認められない筈。
それほど内容的にも悲観する失点では無かった。
ただ今の戦力で0‐3にしてはどうにもならない。
何とか2失点で耐えられればまだ希望はあった。

ソンユンはビッグセーブも確かにあるがパンチング
リフレクションのコースミスが多いのは気になる。
また福森が仙台戦に続き足を攣らせており、一試合
持たない状態なのは心元無い。
ジュリーニョが敗戦後突っ伏していた画像をSNS
で見かけたが、ブラジル人らしからぬメンタルの様
に昨年来感じてるので、前節精彩を欠いたマセード
と共に若干心配。

収穫も多い。深井さんが大分J1のスピードに慣れ
もう数試合こなせば中盤で得意のボール狩りが見れ
そう。兵藤のコンディションも随分上がってきた。
横山は前節変わらず安定していた。謙伍と田中の両
サイドも守備と攻撃のバランスは中々良かった。

そして都倉。J1で通用するポテンシャルはある。
中澤とやり合ってその壁は大きかったが、この
タイミングでJ屈指のCBと試合を通じて駆け引き
する経験が得れたのも非常に良かったと思う。

ただチームとして残念だったのは、彼がDFライン
近くまで戻るシーンが特に後半多すぎたこと。苦手
なポストプレーをこなしていたが、彼のストロング
ポイントはCBと駆け引きからよーいドンの裏抜け。
チームのコンセプト的にもその方がリスクが小さい。
彼が守備に戻らなくても良い様に、後ろがもっとが
んばるべき。

昨日から選手達は長いキャンプを終えて札幌に戻り
ホームで練習をスタート。良い切り替えのキッカケ
になるし、何よりも待ちに待ったホーム開幕戦。
ホーム開幕戦のジンクスは気になるけれど、我々も
そんなものを吹き飛ばす雰囲気を作れるだけの力を
昨年のJ2シーズンを通し培ってきた、と思ってる。

今こそチームの力になるべく、最高の雰囲気で迎え
シーズンの、チームの歴史のターニングポイントと
なる試合に出来れば、と思ってます。

取りあえず私も新しく支店に来たメンバーを誘い、
家族4名で来てもらえることになりました。
まずは動員、清武も復帰するらしいが同じく勝ち
の無いセレッソに声援でプレッシャーをかけ、逆
に我が軍には1試合闘う為の勇気を与えましょう。

・・・ところで去年社長が「やめて」って言って
いたらしい、メンキツ君へのブーイングの件。
USも「どんな手を使っても」って書いてたから
この状況だし、やるしかないんだろうね?ww


最近の記事