残留兄さんを蹴落とせ!

2017年08月28日 20:16

2017 明治安田生命J1リーグ 第24節
札幌1-0仙台 厚別公園陸上競技場/9,535人
得点 札幌;53’ヘイス
   仙台;


結局有難い事に、8月の週末全てを札幌で過ごせた。
お陰で家族と楽しい夏を過ごす事が出来、やっぱり
北海道は良いなあと再確認しました。
名古屋に戻れば連日の35度越え。しんどいです。

先週土曜は厚別に行きたかったのですが、友達家族
が私の予定に併せ、早々流しソーメン&BBQを計画
してくれていたので勿論不義理する訳にも行かず。

スマホでDAZN観戦しようと思ったが、全く観れず
DAZNサービスセンターに問い合わせ。結局アプリ
が最新版になっておらず観れなかったのが分かった
のだが、車のTVでチロッと見た時にヘイスの得点
が決まり、その後は談笑しつつツイッターのTLを
ドキドキしながらチェックしてました。

前半は特に札幌が風上ながら仙台にボール保持され、
結構苦しい時間帯が長かったが、四方田監督の指示
通りコイントスに勝った宮澤が陣地変更を選んだ事
が全てで、ここ数試合で試んだ様なポゼッションで
は無く、風上を活かしたアバウトなボール中心とし
ラインを上げ、裏を取りたかった様子。

サカダイの採点でその「アバウトな攻撃」に対して
の評価が低かった事に腹を立てている人が結構いた
様だが、狙ってやってる事に気付かないって当たり
で採点者のレベルを察すれば良い、と個人的に思う。
そもそもウチがどの相手や状況でもパスで対抗する
だけの術を持ってない事を理解してないって事も。

ただその評で評価していた大岩がほぼ都倉を封じて
いたのは事実であり、結果的には余り有効な攻撃に
は繋がっていなかった。
まあ一方大岩はヘイスのヘッダーの際マーカーでも
あり、失点に絡んでいるのでそこまでの高評価では
無いのでは?と思う節もあるけれどw

結局惜しいチャンスになっていたのはやはりセット
プレー&個人技で一人二人剥がした場面で、その点
で言えば今のチームに福森とチャナティップの替え
は利かない、とも言える。

一方で試合中にシーズン序盤からのチームの成長を
感じた場面が、後半中盤の兵藤→荒野の選手交代。
今年の序盤戦で言えば、兵藤を途中交代させるなぞ
中盤の崩壊を意味していた。流石の兵藤も夏場フル
出場は厳しい訳で、ここに替えの利く選手がいるの
は有難い。去年は長引く怪我で不出来の荒野をJ1
の舞台で使い続けたからこそ。

その意味ではマセード→早坂、菅→直樹だったり、
横山の怪我後を河合もコンディションを上げて対応
したり、序盤駒不足感の強かった前線についても、
都倉が軸とは言えヘイス・ジェイ・チャナティップ
と誰が出ても得点に貢献可能な状況になりつつある。
(ここにウッチーと金園が早く絡んで欲しいが・・)
シーズン前補強とシーズンを通しての成長、その上
更に足りないポジションのサマーブレイクでの補強
と、諸々が的確になされたからこそ、と思います。
三上さんをはじめチームとして適格な強化を進めて
おり、予算面も含め札幌としては充実したシーズン
になりつつあるのかな、とも。

ただそれもこれも、残留出来てこそ評価出来る。
今節はあろうことか甲府が川崎を一時逆転してw、
思わず「さすが残留兄さんだなぁ」と思わされたり
したが、ライバルはどこも勝ち点3は取れず。
清水までも勝ち点2差となった。

ただ、Twitterで広島サポが直近5試合の勝点を記し
清水3、札幌4、甲府5、大宮5、広島8、新潟1と
していて、広島が確実に上がっている事を実感。
そりゃ広島はスリータイムスチャンピオンの実力が
あって、実績ある監督と補強ができたんだから。

そうであれば甲府兄さんを蹴落とさないと目標であ
る残留を勝ち取る事は出来ない、と考えるべき。
ここ数年は大宮より、兄さんがラインコントロール
しているしね。兄さんを何とか勝ち点で上回ろうw

次回はホーム磐田戦は参戦予定!
スポンサーサイト

浦和戦、フェアプレーフラッグ体験

2017年08月10日 12:13

浦和戦3

長男が浦和戦のフェアプレーフラッグベアラーに当
選し、その体験が非常に素晴らしかったので今更で
はあるが記録しておきたい。

一番何が印象的だったかと言えば、それはスタッフ
の皆さんのホスピタリティでした。
以下、当日の流れ、感じたことを。

当日は12:15に集合、試合開始の1時間45分前。
これは正直早いな、と思った。スタッフの方からは
「試合開始までスタンドに戻れません」とのこと。
選手とハイタッチ等の人の集合時間はもっと遅く、
正直何やるんだろ・・・と思ってた。

ここでアクシデント。1人当選者が来ない。
ウチ、子供あと2人いるんですよねw
代わりならここにいますよーと心で思ってたら
「来ないのでどちらか代わりにやりませんか?」
キターーー!次女とのじゃんけんで長女が代役を
ゲットwwもの凄くラッキーでした。

当選者はビブス、同行者はパスを受け取り係りの方
にピッチ脇まで誘導頂く。中で暫く待機。
10-20分後からフラッグの持ち方、実際にピッチ内
での練習等を行い、以後はベンチに座ってのフリー
タイム!要は選手アップの前にピッチ内でフラッグ
入場の練習をしなければならないので、集合時間が
早かった、ということ。

浦和戦1

暫くの間札幌のベンチに座ってスタンドを見回して
いました。こりゃ本当に劇場ですね。ピッチを照ら
す照明がスタンドから見るのとは全然印象が違う。
正直遠目だと観客は若干もわっと、暗い印象。
いわゆるステージからお客さんを見る感じです。

その間、スタッフの方が忙しいのに何度も声をかけ
てくれ、「今空けたばかりのボール、触ります?」
と一家族毎に写真を撮ってくれたり、「これ、公式
のメンバー表ですよ」とか、何かこちらが申し訳な
くなる位気にかけてくれるし、他のスタッフも必ず
にこやかに挨拶してくれ、お陰で子供達も緊張する
事無く貴重な体験に終始目を輝かせていた。

浦和戦4

浦和戦5

そしてGK・フィールドプレーヤーの練習が始まった
途端、札幌・浦和のゴール裏の声で雰囲気が一変。
スタンドで観るよりも、下からの目線でみるとその
迫力は凄まじかった。そして浦和サポが凄い、とは
言われているが、そこはホーム札幌の迫力が完全に
上回ってたことは記しておきたい。
この声援を浴びてプレーする選手達は、本当に幸せ
だろうな、と想像した。

ピッチ横で観る選手達の練習、特に控え組でベンチ
脇で鳥かごをやってた伸二の凄さと言ったら。
特に長男は熱心にずっとピッチを観ていた。

隣に500万人目の入場で表彰されてた家族が座って
いたのですが、その横に四方田監督が座って練習を
観始めた。するとその家族に四方田監督から試合前
だと言うのに、来場の感謝の挨拶をされてたのには
監督の人柄を感じました。

その間ドールズが来てハイタッチしたり、選手達も
手を振ればちゃんと応対してくれる。子供達は都度
「ウッチー!」「都倉!」と本当に大喜びでした。

その後、フェアプレーフラッグ入場の大役を長女と
長男の二人が無事務め、キックオフ後にスタンドに
戻りました。

冒頭に書いた通り、スタッフの方々は別に我々専属
で担当している訳ではなく、幾つもの役割をこなし
ている中、涼しい顔で試合に纏わる色んな事を教え
てくれたり、本当に素晴らしいホスピタリティでし
た。それをとにかく伝えたいと思い、このブログに
綴らせて頂きました。

いっぱい写真は撮ったのですが、スタッフの方より
Jリーグの権利関係があり、選手の写真については
SNSでアップしないで、と言われたのでここでは
スタンドの写真のみで。

また応募しようっと。

浦和戦2




最近の記事