FC2ブログ

こちらこそなんまらありがとう

2018年03月19日 11:10

2018明治安田生命J1リーグ 第4節
札幌2-1長崎 札幌ドーム/13,568人
得点 札幌;53’ジェイ、90+4’チャナティップ
   長崎;82’翁長


土曜は奈良へ朝イチで高速バス移動し、7年振りに
高校・大学の友人と会ってきた。奈良市内の寺関係
を中学校の修学旅行ぶりに観光も、正直食も含めて
地味な所が多くwまあ目的は友人と会う事だったの
で早い時間から飲んで、早い時間に近鉄で名古屋へ
戻ってきた。自分もいい歳になって来たので、そろ
そろ会える時に会うべき人に会っておかないと、と
最近思う様になり、無理してでも行く様にしてる。

とは言え、名古屋は関東と関西の中間なのでどこへ
行くにもちょっと頑張れば行ける。東京は新幹線で
1時間ちょいだし、安く行きたければ高速バスも。
関西は近いし、安く行きたければJRや私鉄の鈍行を
使えば2-3千円で行ける。非常にありがたい。

さて昨日は午前出かけ所要をすまし、溜まった家事
を片付け、万全の体制でDAZN観戦。
予想通り、長崎のミラーゲームにして後ろを固めて
からのカウンターに苦しめられる展開。前半はほぼ
効果的な崩しは見られず、長崎が決定機を2度外し
てくれたお陰で何とか0-0で折り返し。

1トップのジェイにチェ・キュベックが常にマーク
に付かれ、三好やチャナも狭いプレーエリアで前を
向けず、長崎ゴール前のエリアを攻略出来ず。
今期ここまでサイドチェンジで局面打開してきたが
相手WBが逆サイドもしっかりケアしており、逆に
カウンターの起点となる場面も多かった。

また運動量が担保されている長崎は試合通じ前プレ
が減衰せず、CB-ボランチへのプレッシャーも激し
い為GKまで戻してのロングボールも多く、ライン
が間延びしルーズボールも回収出来ず。支配率は
札幌でも長崎に完全にコントロールされていた。

ボランチには荒野と深井が入ったのだが、プレスが
キツイ事もあり彼らが真ん中で前を向く場面は殆ど
見られず。確かにリスクはあるけれどあそこで後ろ
へ簡単に下げてしまうとラインはズルズル下がって
しまう。3-4回に1回でも何とかいなして前を向くか
前へのパスコースを作らないと、このサッカーをや
っていく以上厳しいと思う。

後半の先制点はチャナティップのボール奪取からの
すんばらしい体幹の強さで相手に引っ張られながら
も前を向き、相手DF2枚の間に位置取りしたジェイ
へのスルーパス、簡単では無いが流石にこれは外す
筈が無くGKの逆を付き見事にゲット。
終盤運動量の落ちない長崎が圧す展開、82分に追い
つかれ、ドローがやっとか?と思いきや都倉の投入
で相手WBが上がった裏をドリブルさせて押込み、
ほぼラストプレーのFKで福森が狙い通りにジェイ
の頭へ、その折り返しをチャナがヘッダー。
劇的な勝ち越し弾となった。

結局は四方田サッカーかよ!とツイッターのTLには
並んでいましたが、元々狙いはミシャ式と四方田式
のハイブリッドサッカーな訳で、ミシャ式がある程
度構築出来る迄は、昨日の様にいざとなれば無骨な
サッカーも出来る、というのは実際強みだと思う。

また都倉は高さのターゲットでは無く、シャドーの
選手としてスペースへ流れてドリブルさせれば相当
相手に対し脅威になるので、ここまでリーグ戦での
出番が限られているが、自分の活きる方法を掴んだ
とすれば、大きな一歩になったのではないか。

そして何と言ってもチャナ。もはや札幌のメッシと
言っても良い。1点目のスルーパスは彼の真骨頂だ
し、2点目の得点感覚は今期覚醒したと言えそう。
ヒーローインタビューで「なんまらありがとう」
って言ってくれてたけど、今チームが耐えられてる
のは彼がいるから。こっちこそありがとうだよ。
タイ人J初得点は広島のライバルに取られたものの
得点数で上回って行こう。

夜の川崎×名古屋を観て、そのボール回しのレベル
の高さに愕然としました。ミシャ式と違いシステム
化してる訳では無いのに、長崎以上にキツイ名古屋
のプレスを巧みに剥がしてボールをポンポン繋いで
行く川崎、見ていて軽く眩暈がしました。
本来の風間サッカーが出来ずともそれならとGBXの
個人技、活きの良い青木が繰り出す鋭いカウンター
でジョーの決定力を活かそうとする名古屋の試合は
ちょっと別次元でした。ここに札幌が勝てるの?と。

それでも昨年までだったら守ってからのカウンター
しか他に活路が無かった筈。今はまだまだレベルが
違うけれど、もっと精度を上げて行けば状況に応じ
選択肢も増やしていくことが出来る筈だ。

中断期間後はアウェー鹿島戦。
これまでの鹿島戦とは違う展開になることを期待。







スポンサーサイト

勘違い甚だしい、ホーム開幕戦

2018年03月14日 15:18

2018明治安田生命J1リーグ 第3節
札幌1‐3清水 札幌ドーム/19,390人
得点 札幌;15’ジェイ
   清水;26’クリスラン、48’金子、67’河井


今更ながら開幕戦について。

だぞーんのドリンク無料券配布に食いついた子供達
が早く行きたい、というので珍しく最優先先行入場
の時間にドーム着。先週のセレッソ戦のたこ焼きの
件があったので、飲み放題だと思ってたらそうでは
無かった事に気づき、結果子供達のドリンクを多く
買わされるハメになったのはここだけの話。
思い込みでの勘違いはホントダメ。
滞在時間も長くナイトゲームだったし、帰りの地下
鉄は子供達全員ぐったりでした。

過去ドーム開幕戦でナイトゲームって記憶が無いの
ですが、その影響か動員2万人切りは正直試合結果
以上にショックでしたね。道外民でよく知りません
が何でいつもやるTV局周りをしなかったんですか
ね?あれだけ地上波TVの影響力を強調していたの
に、何かDAZNデイだったことが関係しているのか
などと勘繰っちゃいます。試合開始時間についても
当然ながらDAZN主導でしょうから。

ドールズが試合前に居なかったこと、HTのダンス
が無かったことについて「なぜ?」とのツイートも
ありました。DAZNブースに結構長く居ましたね。
HTは100万チャレンジもあったし、なんせJの巨大
パトロンだし、ビールタダで飲ませて貰った訳なの
でw諸々仕方無いのかねえ。

さて試合ですが、正直広島戦、セレッソ戦以上に胸
がワクワクしましたよ!ジェイの得点シーン、兵藤
のサイドチェンジからの駒井の見事なクロスは勿論
でしたが、その前の左サイドでの清水のプレスを掻
い潜ってのパス交換は正直痺れました!

「スゲー!スゲー!」と得点後興奮していたのは今
となってはいい思い出ですw

が。
後半は一転、単調なパターンに清水もすっかり慣れ
てしまい、落ち着いて奪い所を決めて刈られ、且つ
終盤になると疲労からボール運びもままならず。
守備はルヴァン甲府戦の感じ、とまでは言いません
がCBがあっさりサイドに釣られ中を崩される場面
の多いこと多いこと。

セレッソ戦では終盤までもったスタミナ面も顕著に
逓減していったのもどうも気になりますが、よーく
考えてみればホーム開幕勝利や開幕ダッシュを期待
するのはウチのチームにとっては歴史的に見ても酷
だった、と思えばまあ我々も切り替えられますね。

大体前節ちょっと良いサッカーが出来てたくらいで
ウチの長年の伝統が簡単に覆せると思うなぞ、まあ
勘違いも甚だしいw

三好くんが凄すぎて、もはやシャドーとして欠く事
は考えられませんね。ただシュートだけはふかすの
が気になりますが。。深井さんの凄さも改めて実感
出来ました。菅ちゃんと進藤はもっと頑張らないと
ダメだよね?このメンバーの中で自分が出ている事
の意味をもっとよく考えないと。

ってことで今日はルヴァン磐田戦、来週は長崎戦と
ホーム連戦で何とか勝利を手にして貰って、ムード
を変えて欲しいところ。でもジャパネット長崎さん
は高木さんが色々やってくるだろうから、厳しい
戦いになるだろうね。



広島戦旅行記

2018年03月01日 16:11

一昨年亡くなった小学校の担任が、戦争や原爆等の
伝承に熱心な方で、その頃から一度は広島へ行きた
いと思いつつ実現する機会無く。
そして先日再上映していた「この世界の片隅で」を
観て、中盤以降映画館で号泣し続ける程感動した事
でよりその思いも強くなっていました。

栄より人生初の深夜バスに。3列シートだったので
思いのほか快適・・・と思ったのだが、腰痛持ちと
しては結局寝返りを打てないからダメ、という事は
良く分かった。

広島駅に8:00に到着。広電の1日乗車券600円を
購入。明日は宮島行くので、ロープウェー割引券の
付いた乗船券付840円を買おう、と思ってたら張り
紙に「ロープウェー改修の為運休中」と。残念。

2018030116023051b.jpeg
早速広電で原爆ドームへ。「原爆ドーム前」で降車
するとすぐ目の前。正直ここまで生々しい感じで今
もそのまま残ってる事に衝撃。
20180301160226f69.jpeg

その後平和記念公園を散策、TV越しの式典で観る
あの場所に。石碑の言葉が重すぎる。
平和祈念資料館、本館が耐震工事閉館中と。宮島
の件と続き残念だが、新館の展示だけでも十分。。

「この世界の」の中で、すずさんが呉で日常化する
空襲に心を削られ、空襲の無い実家の広島へ帰りた
いと旦那さんへぶつけるシーンが印象的だったが、
「米軍は原爆目標都市には空襲を行わない」と通達
があった、展示に書かれていて、改めてあのシーン
を振り返ると尚の事切なくなってしまった。

被爆者の方々が当時の様子を振り返るビデオに暫く
釘づけにされ動けなくなり、焼け焦げた三輪車、
被爆者の方の残された服、酷い火傷姿の写真の数々
にもう・・・と思いつつ何とか全てを見ました。

言葉が間違っているかもしれませんが、我々日本人
はかの戦争で、戦って、空襲で、原爆で亡くなった
方、あの映画のすずさんの様に悲しみの中で何とか
日常を続ける事で平静を保とうとして、生き残った
方のお陰で今の平和な世の中がある事を、憲法改正
等の議論が活発化している今こそ、その賛否は別と
して改めて思い返さなければいけない、と思う。

他者や他国と真剣に戦うのはサッカー位がちょうど
良いのだ。


その後広島駅付近でお好み焼きを食べ、アストラム
ライン「サンフレッチェ応援きっぷ」600円を購入
し向かうのだが・・・遠い!!時間にすれば新白鳥
から32分なのだが、スピード感の無いモノレール
田舎感が増して行く車窓の景色と相まり、実感的に
は正直J1最悪クラスのアクセス、と感じました。
且つ駅から徒歩10分超の坂道と来たもんだ。

恐らくですが、鈴井さんがいましたw正面に座って
おりましたが、完全にオーラを消そうとしてたので
まあ声はかけませんw遠くまで有難うございます!

20180301160228be0.jpeg
スタジアムの印象も特にありません。典型的陸スタ
で設備も古い。座席は背もたれなし。アウェー側は
ずっと逆光w中に入ると売店は1か所のみでしたが
再入場OKなので、外に出店は結構あってそれは良
さげでした。私は何にも買いませんでしたが。

20180301160228922.jpeg
試合以外のこの日のハイライトは試合開始直後表示
されたこの呼び出し。ハーフタイムにも出たので何
か余程のことがあったのでしょうw

2018030116024881c.jpeg
帰り。袋町近辺でカキ小屋を3件程リストアップし
てたのですが、どこも入れず。面倒臭くなってすぐ
目の前にあったやきとりの秋吉に入ってしまったw
知らなかったのだが、福井の会社なのね。。。
でも超好きな店だった。純けいが旨い、安い、女将
のコールが面白いww店舗名古屋にもあるんだね。

その後最近流行りの汁なし担担麺のキング軒に。
細麺が特徴的。札幌の175℃DENO担担麺が好きな
のだが、あそこよりもっと庶民的な感じ。
実はそばにあったお好み焼きの八昌に行こうと思っ
てたのだが、軽く1時間待ち位の物凄い行列で断念。

201803011602502bf.jpeg
翌日。8時にはホテル出て広島駅からJRで宮島へ。
JRフェリーの方で島についたのは9時過ぎ位。
干潮で、皆近くまで行ってましたが靴を汚したくな
かったw

2018030116031641e.jpeg
想像していたよりも鳥居が大きかったですね。迫力
ありました。出来れば満潮の時にまた来たいな。
色々見て回りましたが千畳閣が個人的好みでした。
秀吉が作ったとか、板壁が無いので高台で解放感も
あり、屋根の張りに木が丸々一本使われてたり中々
の迫力でした。

20180301160251166.jpeg
20180301160310a0a.jpeg
20180301160252b59.jpeg
昨日食べれなかったカキリベンジで牡蠣屋さんへ。
特選牡蠣屋定食と生ガキと白ワイン。
定食には焼ガキ・カキフライ・オイル漬け・カキの
炊き込みご飯・カキの赤だし味噌汁。最高。
全てカキが大ぶり、生も焼きも最高。カキフライが
また最高。仙台のかき徳のと甲乙付けがたい。

食後ものんびり宮島探索し、今度は広電で市内へ。
紙谷町西で降りて広島城へ。この頃にはもはや歩き
過ぎで足が痛くなってきた。結局二日で38,000歩。
広島城は・・・特にありませんw

20180301160312152.jpeg
そこから胡町まで歩いて最後にふみちゃんへ。
うっかり写真撮り忘れたのだが、ウマすぎでした。
前日の店もそこそこ人気店だったのだが、正直昨日
のなんなん?って言いたくなる程美味しかった!
広島焼(というと某機関からの刺客に殺されると聞
ておりますが)のあの鉄板の上でヘラを忙しそうに
チャッチャ捌いて行ったり来たりするあの雰囲気は
凄く「美味しいの作ったる感」があって好きですw

20180301160315194.jpeg
201803011603138f4.jpeg

帰り広島駅でお土産にハスキン磯部氏がイチオシし
てたせんじ肉を探してると、カープグッズコーナー
がずらり。ただ良く見ると地元食品会社とのコラボ
商品だけで1列!!この他にお菓子のみで平棚が。
これ北海道ならもっとやれるでしょ!と思うけれど
残念、まだそこまでの全国的知名度が無いからね。
これと別で公式のグッズショップも。流石グッズの
売上50億超。凄い。

以上、広島戦参戦旅行記でした。


最近の記事