週末いろいろ

2006年02月05日 19:47

金曜日


幕張プリンスで営業ファンクションの会議。
新幹線で東京、京葉線で海浜幕張へ。
東京で京葉線に乗り換えるのに、ながーい動く歩道橋のついた連絡通路。大学時代は南船橋のららぽーとでテニスの大会があったので良く行ったのでこの通路はよく歩いた。

いってびっくり。

PA0_0041.jpg



八重洲口から行って右側がジェフ、左が千葉ロッテ。上のオシムに始まりレギュラー全員。水野はいなかったなあ。あ、ポペスクはまだイタネ・・・
おそらく興味無い人には、ほとんどが無名の選手達だろう。
でも、通勤で毎日通っていれば頭に刷り込まれる。これ、いいなあ~


昼より終日会議、7時ごろ終わり立食。飯は旨かったが、立食は疲れる。それに毎年人が変わるし、仲のいい人達が続々と辞めた。知らない人が多いのも気を遣ってこれまた疲れるのだ。
その後2次会移動、11時ごろに終了し、部屋で後輩の愚痴を1時間程聞いたあと倒れるように就寝。


土曜日。この日は昨日の参加者の有志で千葉セントラルでゴルフ。
朝起きたらびっくり。


PA0_0042.jpg



マリンスタジアムだ~
来たのはガンズがヘッドライナーの「サマーソニック02」以来。
あの時は暑かったし、入場で2時間位並んだ記憶が。
去年はマリーンズのお陰で、あのスタジアムで例年以上に多くの人が飛んだりはねたりしていたのだろうな。


バスで千葉セントラルへ。遠い。
場所は市原。海風が寒い。

PA0_0043.jpg


Bコースを当社会長のご指名(以前一度たまたま同組で回った際、良い勝負をしながら最終2ホールで連続OBを出し一打差で負けた。その際に「サラリーマンだな!」と?評価して貰い、以後名前を覚えてもらった。本気でミスショットだったのにw)もあり、同パーティーに。
前半45ペースで堅く回っていたのに、9番ホールでPar4で9叩いてしまい、49。


会長の奢りで焼酎ボトル一本空け、後半はCコース。気合入れなおし43ペースで回ってたものの、これまたショートで池、3オン4パットの7。巻き返したものの結局47。通算96。会長は86だった。完敗。
やはり北海道時代のように毎週クラブを握るようでないと、ラウンドの終盤に必ずフォームが崩れてくる。そして寄せのショットのミスが確実に増える。
ここのコースは基本的に下り→上りで砲台グリーンになっているか、受けているグリーン(ショートはほぼ全部)が多い。よってアプローチを奥につけようものならオーバーも多いし、パットも厳しい。
パットは3メートル位なら外す気がしなかったが、下りのきついグリーンで3・4パットをやってしまった。


ベスグロの方は81だったが(グロスでも5番目)、ダブルペリアで16人中5番、それでも上位が商品提供者(上席)だった為、繰り上がりで一等商品を貰った。アディダスのゴルフグッズ一式。


バスで五井駅へ。あれ、臨海のある駅じゃん!と一人興奮するが、特に何もなし。早く東京へ行くために、特急わかしおに乗り換える為に蘇我で乗り換え。あれ、蘇我?フクアリの駅じゃん?とまた一人興奮するが、これまた何もなし。
まあ、今年は一回は来たいなぁ。


日曜日。


朝8時から、水漏れの為洗面所のクロスがカビだらけとなった為クロスの張替え作業の第一段階工事の為業者が来る。
その間、夜中録画していたHSV×ビーレフェルト戦とヘラクレス×フローニンヘン戦を観戦。
高原は前半終了で交代。正直、焦っているのか、気持ちが乗ってないのか。高原は良くも悪くも良く動く選手。サイドに流れたり、中盤に顔を出したりしてリズムを作る。
ビーレフェルトはDFラインも高く、中盤のプレスも早かった為HSVも押し上げができず苦しんでいたのだから、尚更持ち味が生きる筈だったが、彼としては希望していた移籍ができなかったことで、「ゴールをどうしても取りたい」なのか、「気持ちが乗らない」のか、前線中央で張っているのだ。
アイウトンも同じタイプだけに(この日に限れば、アイウトンの方がそんな動きが多かった)、HSVの攻撃は停滞。ほとんどボールタッチも無く、これでは交代もやむなし。
後半直後、ラッキーな得点、そしてバルバレスの見事な逆転ゴール。ファンデルファールトが戻ってきたら、バルバレスもFWで使われるだろうし、益々厳しくなった。まあアイウトンもしょうもない出来だったので、どうなんでしょう?


平山の方はヘラクレスが終始おされ気味で展開。前半ハンド、プッシングの反則で2点ゲットも「なしよ~」。
その後特に見所も無く終了。


午後より近所をランニングし、近くの「千湯」というところで風呂&岩盤浴へ。
初岩盤浴だったが、ヨメ曰く「ここは少し熱いね」というように、ちょっと耐えられない熱さ。
40分だったのだが、恐ろしい汗がでて、2度給水の為外に出た。結構サウナなどで慣れているつもりなのにね。


その最中、何故か全裸になってタオルで前を隠して入ってくるオジサンが。きょろきょろしながら全裸で暫く場内を俳諧したあと、着替えに戻る姿は滑稽だった。係りの方は入場の際いったい何を説明したのかね~
そんで、屋上の露天風呂に入り、満悦。


そんな感じの週末。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/118-371d29b3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事