いざ、開幕(札幌編)

2006年03月01日 00:09

20060219.200602195800.jpg


で、


戦力的環境は先日書いたものhttp://saptok.blog12.fc2.com/blog-entry-121.htmlを参照下さい。
ただ、昨日新たに元名古屋のセバスティアン選手の加入が発表されました。
まだ19歳でアルゼンチンの年代代表にも入ったこともあり、ボランチ・トップ下で卓越した技術からパスを繰り出し、FKも蹴れるファンタジスタ型、とのことです。
この選手も早くから狙っており、交渉にかなりの時間を要しました。
ただ、噂ではマジメな選手で、もしやするとしまふく寮に住んでしまう様子。
村野さんもスペイン語習い始めてしまったようだし、こりゃこりゃますます「しまふく寮通信」が見逃せなくなったな。


てなことで。


今年のJ2、正直昇格大本命はでしょう。
(ダイジェストの福永さん昇格レース予想も何故か西の横綱になってたな。東が神戸ってのも意外)
戦力的には降格組のベルディ神戸が上なのは間違いない。
その話は後においておこう。


残留組で言えば、昇格争いに絡みそうな仙台は監督交代。特に仙台は戦力も一旦分解されていることから正直この2チームは序盤で躓くはず。


仙台は正直分からない。昨年は不安定な戦い方だったが、経験豊富、監督としてのキャリアはピカいちであるジョエル・サンタナ(よくJ2のチームに来たもんだ)の手腕やいかにというところだろう。
外国人3人が一掃され、新外国人選手の実力は不明。長年の仙台の顔ザイーも山形へ放出、DFも核であった富澤・根引がいなくなり池田を迎えたものの、ちょっと層が薄すぎる気がする。正直これだけチームが変ってしまっては、「ベットするか?」と言われれば「No」と答えるのが常識。


は戦力的に大塚の抜けた穴は痛いが、レアンドロや財前を補強。戦術的にももともと柱谷→鈴木→樋口と理論的且つ堅実な担い手が多い故、樋口新監督も「去年までのベースを活かして」とのことだから、大きな崩れ無くそうそうに昇格戦線に戻してくるだろう。


逆に今年十分昇格レースに絡んできそうな戦力を擁する横浜FC鳥栖の方が不気味だ。
ただ、横浜FCはベテランの補強が中心なだけに一層の長丁場となる今年のJ2、体力的な問題から戦力の波があるのではないか?あと、カズ・城の2トップが崇められているようだけれども、正直言ってこの二人のペアが強力な得点力を要しているかと言えば疑問。せめて新外国人をとるべき。
鳥栖は不思議なチーム。毎年選手を大幅に入替えながら、松本監督を中心にしっかりチームを纏め、毎年少なからずステップアップしてきている。恐らくは球団の内部環境が改善され、一層プレーに集中できていることもあるだろう。
それに補強も充実。尹晶煥の入団は驚き。C大阪の濱田、草津の山口等を補強し、中盤を再編成した。FWは去年得点力のある二人だっただけに、さらに怖いチームに変貌したと言える。
開幕戦で当るだけに、絶対に最初で出鼻を挫いておきたいところ。


さて。問題の降格3チーム。


以前よりベルディは2兎を追って昇格をのがす、と主張してきたがここへ来て状況が一変。
ラモスが「ジョウダンジャナイヨ!ソンナアジアノヤマオクイッタッテ、ノミニイクトコナイデショ!」と主張して、しょうがなくテレビ局がAFCを丸め込んだのか?
ACL同リーグの2チームが失格扱いとなり、韓国のチームとのみホーム&アウェイで決勝トーナメント行きを争う形に。都合4試合なくなったことになり、これは序盤の戦いにおいては非常に大きい。

そうなると、あの無駄に人ばっかり抱えた「どうみても意味の無い補強としか思えない」人員構成をどうするのか?
という問題も出てくるとはいえ、その戦力は一番と思える。
特にFWは新外国人バジーリオと平本・森本のコンビは、未見のバジーリオ次第だが、J2最強となるのではなかろうか。それに控える飯尾・木島(!!!)も経験十分。
中盤は大野・金澤・大橋+新外国人アナイウソンといったJ1レギュラークラスで揃え、ここ数年活躍を逸しているが廣山も控えている。
DFも数少ない残留組戸川・柳沢に出戻りJ2で一年間経験を積んだ富澤、京都からきた萩村と充実。GKは黒河を清水より迎え、戦力は一新されているものの、J2ではあまりある戦力と言える。
J2はJ1よりも、戦力が揃ったチームが勝ち抜く確率はもっと高い筈なので、ACLの日程が緩くなった今、強大な戦力を誇るベルディの上位進出の可能性が高まってきたのは事実。


も主力選手が抜けたものの、J> 2でしっかり戦えるだけの戦力は補強できており、昇格への力は十分。
もともと思っていたことだが、柏は若い良い選手が多いのに、思うように出場出来ない選手を多く抱えていることから、個人的に応援はしつつも一回J2で戦力を整理して、ベースを作ってあがってきたら強くなるだろうな、と思っていた。
谷澤を筆頭に、近藤、小林亮、小林祐三、中澤、宇野沢。去年ブレイクした大谷もそう。惜しむらくは矢野と永田が新潟へいってしまったこと。彼らを中心にベースを作っていけば、きっといいチームになると思う。
ただ戦力的にはベルディに劣る。特に中盤はリカルジーニョ・ディエゴ次第ではちょっと厳しい。平山・大谷・谷澤に期待したいところ。
それになんといってもFWは北嶋と山下がカムバック。ただ往年の名選手、という印象は拭えず、彼らが爆発的に得点を稼げるとは到底思えない。それに宇野沢とブロッコリーマンw、元東京のチャン。
J ’ s GOALによれば、鈴木達というMF登録の選手がレギュラーとなっていたが、そうなのだろうか?
ただ、これもベルディとの比較論。J2レベルではトップクラスと言ってよいでしょう。
DFは若手を中心に比較的いい戦力が揃っていると思うが、できればベテランの土屋・波戸のどちらかが残って欲しかった。
全員が若いDFラインというのも、少々不安だ。岡山辺りがその辺をカバーできるか? 


神戸は正直昨年しっかり観た事が無いチームの一つ。
降格の要因として、播戸の負傷をきっかけに得点力が著しく落ちたことがあったが、その播戸も移籍、迎えたのが東京期待の近藤祐介と広島の茂木。これも実力的には去年の山形の原・阿部のようにブレイクする可能性を秘めている。ここに平瀬、北野辺りが争うのか。
中盤は見事。層は薄いものの昨年の戦力そのまま、遠藤を底に三浦・朴・ホルヴィはJ2屈指の中盤。
さらにDFラインはメンバーもそのまま、ここにイングランドで「The Wall」と言われたというエメルソン・トーメを何故か獲得できた。
しっかり馴染めればなかなか強力なDFラインを構成できそうだ。


さて、降格3チーム、現在の戦力としてはベルディが頭一つ抜け、神戸はほぼ同格かと思います。
この3チームで共通するのは全て新監督。
ここでラモス・石崎・バクスターで足し算引き算をすると、あくまでも私の主観・イメージなのだが
かろうじてベルディ神戸の順位になりそう。


正直に言えば、ラモスは監督としては成功しないと思う。モチベーターではあると思うけれども、感情的になることが多いし、なにより暑苦しいww
情熱があるのは結構だし、選手として非常に尊敬しているが、柏のヘッドコーチを去年やり、彼の責任ではないとはいえ降格した直後にライバルチームの監督になって「緑の血」だなんだと騒ぐ姿は、正直気に入らない。
それから、ドーハ組辺りの代表クラスから有能な指導者が出ていないと以前も書いたことあるが、ラモスは何故もっと早く指導者の道に踏み出さなかったのだろう?確かに2002年まで沖縄かりゆしで選手兼TDだったり、正式な引退が遅かったのもある。が、もう既に彼は49歳である。監督初年度としては遅すぎる(あれ、沖縄かりゆしでは監督だったんだっけ?まあビーチサッカー監督って肩書きもあったか)。そして脇を固めるのが都並・柱谷弟(と菊池)。これまた監督として一度失敗している二人で固め、いかにもベルディ黄金時代のタレントで、TV的に固めてみました、と思えてしまう。
まあこれは伝統チーム一のタレントへの大いなるヒガミであるんで、是非、監督として結果を出し、この批判を覆して頂きたい。


の順位が下がったのは、どうしても「石ちゃん、またやらんかね」っていうだけ。いい監督だよ。でもこの人の運の無さは天下一品。
神戸バクスターは堅実にチームを作ってくると思う。ミキティの期待に答えるかも。


さて順位予想。


ベルディ神戸で3位以内を占めると予想します。は残念ながら5位あたりか。がまたも4位と予想。6位鳥栖、7位仙台
は降格チーム以外、特に下位チームからなるべく取りこぼさないこと。降格チームとの直接対決は五分で行ければ上等。彼らは必ず序盤に下位チームとやって取りこぼします。降格チームで即昇格できた代表的なチームとして広島がありますが、彼> らはチームのベースは降格してもあまり変わらず、やり方を変えて昇格を実現した。今回の3チームはチーム作りは完全に一からであり、相手よりまず自分達の戦術、となりがち。こうなると下位のチームにも勝ち目が出てくる。


札幌が優位なのは、1.戦術の維持と着実な上積み 2.J2経験が長く、相手と戦い方を知っている こと。
それだけになにより大事なのは、例年失敗しているスタートダッシュが全て。これにつきる。
降格チームが第二クール辺りから徐々に慣れきた時に、どの辺までリードできるか?
そして昨年脆くも失速したように、昇格争いが佳境に入る中で若い選手達のメンタルをどれだけキープできるか。
その意味でも大塚の加入は大きいし、そういう展開であれば是非とも後半戦に向け、途中でのJ1ベテラン選手の補強を期待したい。例えば昇格時新潟の山口のような。


最後に上位3チームの予想。
正直、ACLの日程変更により、ベルディ1位か。そして、そして、2位に。入替戦に神戸が廻るが、J1の16位に予想すると当ってジ・エンドwwという予想をしてみましたがどうでしょう?
こんなクソ予想なんか95%外れてもいいんですが、どうか札幌の昇格だけは当ててくださいな神様。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/125-1b1dcc00
    この記事へのトラックバック


    最近の記事