とりあえず、勝利は良薬

2006年03月27日 00:43

20060327000325.jpg



2006 J League 
division1 第5節

東京2-1京都
得点 東京;2’ジャーン 89’徳永
   札幌;44’パウリーニョ



とりあえず、土曜日の横浜FM×浦和戦の感想は後日。
試合は早々に東京がセットプレーから得点。終始試合を押し気味に進めるが膠着、前半ロスタイムに京都がこれまたセットプレーから同点にすると後半は京都が押し気味に展開。
東京のペースになる時間帯もあったが、シュートまで行かなかったり、オフサイドだったり、決められなかったり。
それでも後半44分、徳永の角度の無いところからのスーパーゴールが決まり、何とか溜飲を下げた試合だった。


基本的に試合のペースを握っていたのは東京。京都は正直、どうにも厳しい。去年の京都の強さを感じているものとしては、こんな筈じゃなかったのにな、という印象。
その京都相手に、セットプレー以外でシュートの展開になかなか持って行けない東京。
珍しくゴール裏比較的中心部でバモっておりました私ですが、周りからはユータ、梶山がバイタルエリアでボールを持てば「シュート打てよ!!」、
両サイドで徳永、ノリオが持てば「勝負!!」と言う声が多く、それに対してのブーイング的なヤジが多かった。


しかし、今日みて確信したことは、目指すべきポゼッションサッカーにおける中盤でのパス回し、連動性に関する共通認識はだいぶ深まったのかな、と思う。
問題は、最終的なフィニッシュが両SBからのクロスしかない、ということ。3歩譲ってそれで良いとして、彼らがサイドでボールを持った際に
①後方でのボランチのフォロー②追い越し③ニアへ飛び込むFW、MF
このいずれも無く、相手DFは真ん中からファーをしっかりカバーしていれば、サイドの深い位置でボールを持たれても全く怖くないのだ。
一番疑問なのは③。ニアに飛び込む選手がいれば、真ん中も空くのだが一試合を通してほとんど見られなかった。これはガーロの指示なのだろうか?


今日も含めたここのところ、徳永・ノリオに対する厳しい意見が多かったが、あれではどうにもならない。「勝負しろよ!!」っていう声が多かったけども、彼らが一対一で毎回勝負を仕掛けて勝てるようなら、枚違い無く海外に行っている。まあクロスの精度には欠けていたけれども。


それと「シュート打て!」の件。これもどう考えたってミドルが入る確率の無いところで「打てよ!!!」って声が多くってイライラした。
そもそも真ん中が全く崩せてないのだ。バイタルエリアでボールを持った梶山、ユータからすれば、FWなり前線に飛び込んでいる選手がスッとDFラインをすり抜けてくれないかな、とか、DFを引き付けて真ん中を開けてくれる効果的な動きを期待するところで、どうしたって真ん中にスペースが無いから細かいパス回しに終始し、結局両SBのサイドのスペースへの飛び込みに期待するしかなく、攻撃がワンパターン。
ここを改善しないと、支配率は高くとも得点に関してはセットプレーと東京伝統の「速攻」でしか期待できないと思う。


今日は実質的な3バックだった。中盤底の伊野波がパウリーニョのマークにつき、ジャーンと茂庭のどちらかがアレモンのマーク。それ故徳永・ノリオはサイドを激しくアップダウン。なにかとサイドを頼られるもんだから、大変なお疲れだったと思う。
伊野波はパウリーニョのマンマークは非常に効いていた。梶山は前述の徳永が上がり目でボールを貰った際のカバーがほとんど無かったのが不満。君がフォローにいけば、得意のドリブルが生かせるだろうに。


ゴール裏全体でイライラが募りに募った44分の徳永のゴール。思わずほっとし、周りの見知らぬ人とハイタッチ。まあ、上手くいかぬもこうやって勝ちを拾いながらちょっとずつ改善していければ良い。
帰り道、試合を見た親子連れの子供達の「試合の一番最初時間と最後時間のゴールで勝ったね~」なんて声がそこらから聞こえていた。
まあ勝利は何よりのクスリ。正直観客動員の少なさには危機感を覚える。しょうがないので厳しい小遣いの中グッズを幾つか購入し、貢献させていただいたw





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/136-3a5150f6
    この記事へのトラックバック

    FC東京、3試合ぶりの勝利

    FC東京はホーム味の素スタジアムで京都と対戦しました。2-1で勝利(得点したのは2試合連続のジャーン選手と徳永選手です)したもののまだまだ、得点にがうまれそうな感じでは



    最近の記事