久々に・・・

2006年04月23日 00:01

2006 J2リーグ戦 第11節
札幌 1 - 2 柏 (13:04/函館/6,608人)
得点者 札幌:9 フッキ
    柏 :66 李忠成'89 鈴木将



気分良ーく、ちょっと前まで試合を観ていたのだが。
久々に、TVで試合を観ながらアパート全室に響きそうな声で
叫んでしまった・・・酒も飲んでたからな。
しかも、今日は敷島に草津×横浜観に行ってたから、録画観戦だったにも関わらず。


「クソが!!選手辞めちまえ!!」 ってね。


少々言葉が過ぎましたね。感情の赴くままに出てしまいました。
叫んだのは中山のフリーのシュートを外したのと、曽田の逆転ゴール時のミス。
ファンの立場であれば、非常に感情的になりやすいシーンでしたね。


本来はそれぞれ個々のミスを責めるべきではないのかもしれない。


同点にされてから、イヤ、2点目を取れそうで取れない、前半から「ウチが支配している」っていう雰囲気そのものの影響だったのかもしれない。
なにより、そもそもフッキの退場が動揺を誘ったのかもしれない。
(もう、フッキの退場は「仕様」だと思うしかないのかも。故にフッキのくだらない退場以上に、その二つのプレーに腹が立ったのです)


その影響があったにせよ、プロとしてあの二つのプレーは無いだろう。
いやいや、ここ何年か同じものを散々札幌で見続けてきているけどね。
でも。
それだけに、今年はああいったプレーを絶対にしない決意で一つ一つの試合に臨んでんじゃないの???


特に曽田!


去年の甲府戦、あの屈辱をもう忘れたんか???
ならいらねーよ。
FWから転向して4年。本当に立派なDFに成長した。
札幌のDFラインで欠かせない存在になっている。
それでも君のそういう軽いプレーは、一向に減らないよね?
チームに一番?長くいて、看板選手であって今年のチーム目標を一番深く理解している身にありながら、ああいったミスの多さはもう許せない。


更に言うなら、今年、非常にいい攻撃を見せるチームにあって、唯一の不安を曽田のポジションに感じていた。
皆が前がかりなだけに、元FWとして、リベロとして、時に攻め上がっていた去年までと違い迷いがあるのか、攻守に不安定なのだ。



中山は今のチーム状況で、少ないチャンスを生かすしかないわけで
あれを外すんじゃ「出たくない」って言っているようなものだ。
俺は君のプレースタイルが大好きだったんだが・・・
正直、ほんの暫くは君がプレーするのは見たくないかもしれない。


と、感情的に吐き出してしまっており、本質はなにも捉えずにココに書いている気がしてならない。でも、これが本音だ。


本来なら試合について細かく振り返れるほどメモっていたのだが、思い返すだけでもムシャクシャする試合だった。
もう忘れよう。しかし、楽しみにしていた来週の今年初観戦となる西が丘、晴天の霹靂。不安で一杯になってしまった。


草津戦の感想は明日にしよう。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/144-3b656845
    この記事へのトラックバック


    最近の記事