大敗後・・・

2006年05月16日 00:01

20060515.200605157892.jpg




1-6での敗退した日曜。



最後の方は冷静に見れちゃいましたが、なーんにも書く気がしなく。
まあ今も大して。


正直、柏戦の敗戦から札幌からは何か大事なパーツが飛んでしまったような気がしてます。
あの敗戦が、正直ここまでの流れを作っているのかな。柏戦の方が、昨日より負け方としては最悪だったし。


長丁場。いやいやまだまだ、と言っていたいところだけれども。
ちょっと長引きそうなショックを、昨日の試合は残してしまった。
それにしても、ああいう「心の折れた」顔を選手にされると堪らない。


特に高原。君はチャンスだったんだよな。正直かなりの期待もしてた。
でも、君が直接原因ではない失点であそこまで自信を無くされると、もうチームに勢いが戻らないよな。


石井はもう少し自分がちゃんと期待されて使われていることを理解して欲しい。それから、あんな雑なポストプレーじゃ2度と先発できないよ。


これまで手放しで褒めて来た大塚も、この日は最悪だったね。彼のボール逸からの失点は、フォローしようのない醜いプレーだった。


まあ、そうは言えども代わりは少ないわけで。期待しているからこその苦言。
短い期間でなんとかメンタルを取り戻して、第一クールのようなプレーを取り戻してくれることを祈る。


あ、4番に関しては20試合くらい帰ってこなくていいよ。
「同じ失敗を繰り返す奴」・・・ってほぼ名指しで批判され、暫くのお仕置きを食らっておきながら、まーた同じことやるんだから。高学歴が呆れるね。インテリっぽく振舞ってるようだけど、実際のところは学習能力ゼロ。


と、選手を責めながらこの試合で一番不満だったこと。
3トップできた神戸に対し、札幌の3バックとWB、ボランチは守備に、攻撃に明らかに戸惑っていた。
特に攻撃時、普段ならCBのボール回しからWB、ボランチへと展開しようにも、相手3トップが中盤の三人とも連携しながら完全にスペースを消しており、どうにもWBが前へ向けず、ボランチは完全に引かないとボールが貰えず、結局プレスに負けてGKに戻すシーンを延々と見せられた。結局そこでショートカウンター気味にボールを奪われては失点。


これに対し、思うように動かない選手達にヤンツーは呆れてばかり。でも自らが取った戦術、WBがスライドして下がって3トップに対応することが失敗に終わった以上、もうひとつなにかきっかけとなる手が打てなかったものか?


正直策も取らぬまま、タダでさえメンタルの弱いメンバーに大敗というショックを与えてしまったのは、監督としていかがなものか。


だからといって、監督交代!!とか声を荒げる気は全く無い。


ただただ、ヤンツーの今年最大の目標は、必ずしも「昇格」が最優先に来るのではなく、あくまでも去年までと同様に「メンタルを強くする」ことや「アクションサッカーを完成に近づけること」なのかなあ、と思わざるをえないような獅子が子供を崖から突き落とすような見捨てっぷりだった気がする。


月末の日立台への参戦の承認がなんとか取れた。
それまでには、少しは・・・頼むね
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/156-b954434f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事