コンフェデ・WY・福岡戦

2005年06月21日 17:51

ところで、週末は数多くのサッカーが。


自分的にはWY>コンフェデなんで、前田のゴールの際には実家だったんだが夜中絶叫してしまい、家族を跳び起こしてしまった。

梶山は手前味噌だけれども、あのチームでは格が違うな。世界相手にもあのHENNTAIドリブルは十分通用するし、ボールも落ち着くからリズムを作っていました。
前田はJでのプレーはほとんど見ていない(J中断前の終了間際に右足を振りぬいたゴールは凄かった)が、流れを変えるプレーヤーだし、なんとなく大黒に似たいわゆるゴールゲッタータイプなのかなーと思った。このチームにはいないタイプだし、貴重な選手ですね。


グループリーグを通じて勝てなかったのは残念だが、最後に執念で同点に追いついて自ら進出を手繰り寄せたのは彼らの力。そしていい経験になるでしょう。
現時点ではベスト16に進出した中でも最弱の部類に入る日本ですが、まだJでも試合経験の少ない彼らには伸びシロがあるはず。すこしづつでいいから、成長した姿を毎試合見せて欲しいものです。


-------------------------


そして日曜のコンフェデ。
メキシコ戦を「ここ3年で一番いい試合」とコメントしましたが、内容的にはそれを十分上回るいい試合でした。欧州王者を完全に攻撃面で圧倒。玉田師匠の外しっぷりは見事でしたが、あれだけいい形を作った結果生まれた大黒のゴール。
ああいう抜け出して後ろから来たボールのシュートを非常に冷静に決められる彼は、やっぱり真のストライカーだな。
今の日本がある程度失点をせずじっくり守備をして、機を見てワンチャンスを狙う、という展開が多かったせいか、スーパーサブ的に後半から投入されるほうが期待感が出てしまうのは間違いなんでしょうか?

個人的なFWのファーストチョイスは久保。久保が軸になって、2トップならその時調子の良いFW(今ならヤナギ)と組んで、後半から大黒!っていうのが理想なのかな、と思っている。


あと4バックにしてから初めてといってイイほど、両サイドバックが俊介や小笠原を追い越しているシーンが多発。観ていて気持ちよかった。
前回激しく怒りを覚えたアレも、攻撃面に関してはかなり積極的に仕掛けてチャンスを作っていたし、又緩急がつけられていたと思います。


ギリシャはユーロの時の鬼プレスは陰を潜めており、予選が危機的状況なだけに集中できていなかったようですね。もともとユーロの時の決定力は確変中だったようで、簡単にゴールを外してくれたし、確かにクロスを上げさせない、数で高さに勝負をかけた日本のディフェンスも良かったのですがそれにしても、という感じ。


終わった後、欧州王者に勝った事実で興奮していましたが、この試合の評価は「ほぼ無抵抗に見えたギリシャ」をどう評価するかにかかってくると思います。
が、試合を録画し忘れてしまい、基本的には今の私の観戦力では、両チームの戦術・戦力を同時に見れる目が備わっていないんで、自分で確かめることは出来ないな。来週のサカダイを楽しみにしよう。いないから、買っといて貰わねば。
 

今スカパーが諸事情でみれない状態なので、モンモンしてます。
福岡戦、誰か見せてくれないかな?
また仙台の先輩に頼むかー
しかし、また博多で最高の結果。やっぱ来年は又行くかー

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/16-a1e22641
    この記事へのトラックバック


    最近の記事