帰ってきました

2005年07月06日 01:05

正直、エントリーが消える度に、続ける気力が薄れるなあ。。。

一昨日、日本に帰ってきました。

ラスベガス→ハワイと8日間、行ってきました。

ラスベガスは有名なホテルと、そこでやっているショー、ショッピングモールを回るだけで終わってしまった感じ。
一応、夜はシルクドソレイユの「O」のショーと、「ブルーマングループ」という人気のショーを観て、本場(?)のエンターテインメントショーを感じることが出来ました。
「O」は、確かに評判通り凄かったです。とにかく、出演者の数が多く、それぞれが得意とするアクロバットを表現力豊かに演じる。それが多様なところが凄い、と感じました。
しかも、しっかり笑いを混ぜるところが好感が持てました。

しかーし。これだけの素材を集められるのはアメリカならでは。でも日本人による演出であれば、これだけの素材があればもっと繊細な演出ができるんだろうな、と非常に自国贔屓ではありますが感じました。
確かに回転ブランコで3方向からアクロバティックに、連続で10分位にわたり飛び込んでいくシーン等衝撃的でした。
でも、技術を惜しげもなくひけらかすのもインパクトはありますが、言葉が分からなくとも、もっとストーリー性等細かく表現する方法もあるんだろうな、と思ったりもしました。

ブルーマングループの方は基本的に3人のパーカッションを基本としたコメディの応酬。その笑いの素については若干基礎の無い僕らにとってはあまり感じない部分もあったけれど、言葉の無いショーの節々で多の多くのアメリカ人と同様に笑うことができたし、ショーとしては優れものでした。

終演後、ロビーに出ていたブルーマンのリーダーと写真を撮ってもらいました・・・


それにしても、久々の海外。
これまで、アジア、エジプトと海外は経験してきました。
その時は、お互いに英語が苦手同士、拙い英語をお互いかわすことで、理解しあえたときにはなんとなく、それぞれ達成感があったりもして、いい関係を築ける時が多かった気がします。
それでも駄目ならボディランゲージ。

それに引き換えアメリカ(ハワイは除くね)の場合。
向こうは通じない相手に対しては基本的に冷たい気がします。
これは仕方ないこと。


ラスベガスはとにかく、暑かった。カジノは、投資金額が少なかったのであまり成果は。。。一応、8千円投入して6千円戻ってきたけど(ホント恥ずかしくなる程賭金低すぎ。それでもパチンコもやらん人間なので、自分の金を賭けていくという行為は、ほぼ初めてです。)ね。


ハワイは気候が良くて(暑くなく、涼しいくらいだけど、海はあったかい)最高でした。


そして、帰ってきてから思ったこと。
意外に1週間くらいじゃさほど大きな変化は世の中に無いなってこと。
札幌負けたのか。
東京、またか。

結婚してしまい、時間が少なく、次いついけるのかという予定組は相当難しくないました。
それでも、「いけるとこに出来るだけ」顔を出して、サポートなり、自分なりの感想なりを今後共まとめて行きたいと思ってます。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/19-7b37ea13
    この記事へのトラックバック


    最近の記事