山形戦観戦旅行③

2006年09月16日 00:53

日曜日。7時起床。


9時の仙石線に乗り、松島海岸へ。
まるで東京の地下鉄のようなホームである。名前からイメージしていた電車と違うな。。。
しかし、市内を少し離れるといわゆるローカル線へと変貌する。


松島海岸着。
遊覧船の時間を確認。先輩より「湾内一周より絶対いい」と聞いた塩釜行は10時発の次は11時。それに乗るべく時間計算しながら観光とすることにし、まずは瑞巌寺を観に行く。


PA0_0087.jpg


寺自体は天長5年(828年)から存在し、仙台62万石を治めた伊達政宗が主に現在の建物を完成させた。慶長9年(1604年)から工事ははじまり、5年がかりで京都等の名工を集めて完成させたという。
その後も造営され、芭蕉も愛した障壁画を数多く保存されている。


PA0_0088.jpg



本堂。この中にさまざまなふすま絵(金屏風的なものから墨画的なものまで)から彫刻等がある。
それよりも純日本的な中庭が印象的だった。本堂を囲む、天然の岩壁を利用し、岩苔の緑が木造の建物の中から眺めると非常に鮮やかである。そして雨戸を取り外した状態の開放感ある本堂は、陽の光とそれがもたらす影のコントラストがこれまた絶妙。


こういうところに来ると、なーんとなく「いいなあ・・・」と呟いてしまう。こういう瞬間に「俺って日本人だなあ」と実感してしまうのだ。


瑞巌寺の手前には昔の偉い方がいっぱい祭られているとか。

PA0_0090.jpg


入り口の付近にいるおばさん数人が「ガイドさせて~」と騒いでいる。


PA0_0091.jpg


外に出て、五大堂へ。
ここへ渡る橋が短いのだが、物凄く怖い。

20060916001856.jpg


物凄い数の島があるな。


間もなく11時。ほとんどの人が湾内一周の船に並ぶ中、一人塩釜行きの列を作る。
船に乗って暫くすると、それなりの人数が乗ってきた。でも、席は余裕な感じ。

PA0_0093.jpg


船着場からみた五大堂。


出航。

えびせんを何故か売っている。なんでだろ~と思っていると・・・


PA0_0095.jpg


次々に船めがけてカモメが飛んでくる。そして、皆が投げるえびせんを見事に皆キャッチしていく。
カモメ達はカキの養殖場の止まり木で待機しており、端から次々と順番を守るかのように船目掛けて飛んでくるのだ。
なんだか、島巡りよりもこっちが目当てなのか?っていう感じの人が多いような。


PA0_0096.jpg


こういったカキの養殖場がいっぱい。生ガキ食いたい~

PA0_0097.jpg


印象に残った島。鐘島。

PA0_0098.jpg


仁王島。岩の上に岩が乗っている漢字。その上にカモメが一匹。かっこいい。この辺が湾内最南端になる。

この後ろにあるのは陸ではなく、桂島。ここには結構人が住んでおり、学校もあるという。すごいな。

20060916002915.jpg


夫婦島の雄島。この反対側に雌島がある。


PA0_0100.jpg


馬放島。その昔病気の馬をここで放牧し、治療したらしい。
切り立った岩が天然のものとは思えない。


約50分の湾内周遊は天気も良く、非常に気持ちが良かった。


港から仙石線の塩釜駅まで徒歩10分。
仙台駅へ戻る。
13時26分のはやてを予約。仙台駅3Fの寿司&牛タン通りへ。
「気仙沼あさひ鮨」という店へ。
ランチの旬の握りを頼むと、セットの中に「ホヤ」の軍艦が。。。
いつぞや、会社の研修できた際に利休の本店でホヤを無理やり食わされ、吐き出しそうになった思い出がある。しまった、頼む前に確認すれば良かった・・・

でも残す訳に行かないしな~と思い切って食べてみた!
んん、別に大丈夫だなあ?ちょっと磯の味がふんわりきたけど・・・
いいものなら、意外に食えるのかもね。
んん、久々にちゃんとした寿司屋で食ったけど、やっぱりんまい!
調子に乗って、追加で旬のカツオを頼む。
気仙沼出身の同僚が「マグロなんかよりも絶対カツオ!ちなみにカツオのたたきなんて、カツオそのものが不味いから火であぶるんですよ!」と煽るもんだから、どんなに美味しいのかと・・・
確かにこりゃ、マグロの赤身よりも味に深みがある。鮮度の落ちるものや旬でないカツオはちょっとクセがあって刺身だとあまり好きじゃないんだけど、これはんまい!


腹いっぱいになり満足し、その足で急いで長い列を作っている牛タンの「利休」へ。
「おみや下さい」と並ぶ列を横目に中へ入る。あ、既にタンのおみやは4袋しかない!お財布を確認し、笹かまも欲しかったのでその内の3つを頂いて行く。


笹かまは散々悩んだ末、阿部蒲鉾店の方にした。先輩に教えて貰ったメーカーのものは、探したが無かった。
さて、じゃビールでも買ってホームへ行きますかね・・・と構内の売店へ入ると、目の前に「縁側押し寿司」1000円なるものを発見!
寿司ネタで、なにより一番好きな「カレイの縁側」が満載の押し寿司と聞いては自分を抑えきれなくなり、つい手が伸びてしまって・・・


仙台を出て約2時間後には帰宅。はやて最高。
そして・・・


PA0_0059.jpg


こんなに土産を買ってしまった・・・
これ、ほとんど全部自分で消化します。。。
仙台、いいわ~



あれ、山形旅行じゃなかったっけ?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/199-161963f5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事