湘南の佐藤悠はそのうざい髪を切れ!

2006年09月24日 20:52

2006 J2リーグ戦 第41節
湘南 1 - 6 札幌 平塚/5,156人
得点:湘南'6 石原
   札幌;'51 大塚、'69・'81・'89・'89フッキ、'77相川



開始6分でま た も や 石 原 に先制された時、「ああ、またか」と思ったけど。


ただ、その直後の右サイドでDF2人をかわしてケンゴからのクロスをファーの関がダイレクトでシュート。そしてフッキが結構距離のあるFKを狙いに行ったのをみて、「こりゃ行けるかも?」と思ったのも事実。


平塚では個人的にいい思い出が無い。
来た試合では勝ちはないかな。しかも、三原さんの靭帯断裂まで見ちゃってて。今年は前回の平塚も負け。しかも厚別では5-1での大敗をしていたりして。負けたくない相手。

060923_1329~01.jpg




前半、風上を取った札幌。相変わらず出足は悪い。
ボールがお互い落ち着かない中、クソラッキーボーイの石原に見事なシュートを決められる。
湘南はアジエル、佐藤のボールキープでタメを作って圧倒するが、得点後は札幌の攻めが目立つ展開。
ただ湘南の中盤はしっかりとフッキ、石井に人数をかけてクサビを潰しに行き、チャンスを潰す。
そんな中でも左の関が単独突破でいいプレーを見せていた。
関の「いいなあ~」ってプレーを目の前で見たのは初めて。
失点後のダイレクトボレーも動き出しが見事だったし、クロス、ドリブル共に良かったなあ。水戸時代のキレが戻ってきた。


前半はコンパクトなラインで守りきった湘南に零封された。
ただ、ゴール裏の雰囲気は悪くなかった。石井謙伍「U-21代表候補選出記念」?コールをPOWERPLAYしたり、雰囲気も数的にも湘南に負けてなかった。


後半。
あれっという間にFKからの芳賀のクロスに大塚が飛び込み同点。
この時、ゴール裏は「次、次!」っていう雰囲気だった。時間帯もあるが、いつもならようやく来たゴールを喜んでハイタッチの雰囲気だったが、ゲームに集中してた。こりゃ、行けるな、と思った。


絶賛売り出し中のケンゴが残念な出来で相川に交代。
石井の代表選出に刺激を受けたのか、相川の出来がいい。
オフサイドになったがいいシュートを打った。
この頃から湘南は前がかりになりながらも集中力が切れており、不正確なプレーになったところを中盤で奪った札幌が前線の早い展開で攻めきって行く。


そして69分に砂川から前線にでたパスを2対2で相川がフッキへ見事なスルーパス、逆転!

060923_1540~02.jpg



この時、狂気乱舞のゴール裏の多くのファンが
「厚別の借りを返せ!」
と声を出していた。ほんとに、いい雰囲気だった。
ここから、札幌のフィエスタとなる。




相川のシザースからの見事なミドル。
フッキのPK。
フッキの右からの見事なFK。
スルーパスを抜け出してのフッキのゴール。


060923_1553~01.jpg




060923_1553~02.jpg



同点になろうが、逆転しようが、選手も、サポも「こんなんじゃ許さないぜ?」という意識があったね。
得点毎のいつもながら嬉しいハイタッチ。4回も(3点目からでした)もやると、いいかげん知らないもの同士、お互いテレてましたww



勝利の「GO WEST」、選手挨拶を経て「大塚」「相川」「フッキ」コール、そしてアウェイ名物「好きです札幌」を歌って散会。
こんなにうまく行く試合もそうそうないけれど、これがあるから辞められない、って後ろのお兄さんも言ってたなw
6点はとったものの、冷静にみてそれほどいい試合ではなかった。
チームは取りあえず昇格するために必須の「10連勝」をしっかりと目標にすべき。
正直随分前に諦めてしまった感はあるけれど、ちゃんと諦めず目指すことで今年を締めくくるべきだ。


ああ、楽しかった。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/203-afc44282
    この記事へのトラックバック


    最近の記事