きっかけ

2005年07月10日 23:31

結婚して、なかなか自分の考えをまとめ上げる時間の余裕が無くなった、という言い訳からブログの更新が途絶えがち。

それにしても、今日は実家より昼過ぎに帰って、某電気屋さんに前もって取引先の担当者に電話を入れて、「纏めて買うから安くしてください」とお願いしていたので、冷蔵庫等計17万円程購入。
そして、その後家具屋さんに行き、家具の下見。


思った程自分のアパートって広くなくって、家具や電化製品を選ぶのにも一苦労。あんなに綺麗だった自分の部屋は既に足の踏み場もなく、その間に色々買ったり、お祝いものを貰うのでちっとも物が減りません。
今、真剣にフリーマーケットで大量処分することを検討しています。


それにしても、昨日の東京戦。


昼間、ちょっと(というか相当)ショックな事実が発覚し、精神的に参っている状態で家族とともに飲みながら、ほぼ酔っ払った状態でMXで観戦しました。


内容は覚えていません。
それでも、歯がゆい試合でした。
これまでの流れもあり、得点の匂いの無い試合でした。
でも、こういう時は決まって「流れには関係の無い意外な得点」
が流れを変えるもの。
いつ、びっくりするような点が生まれるのか・・・
そういう希望的な期待を持って家族と嫁の顰蹙を買いながらも、大声をだしながら応援をしていました。


結果、なにも起きませんでした。
そして、雨の中観客席の前まで行くヒロミ。
FC東京らしさというものに共感し、どんどん東京にもはまっていった。
「継続」と、「イヤな目」のやまかんさんが言うような「漸進」という言葉がピッタリなチーム方針。そして、昨日も嫌な事はあったけれども
、一部を除けば基本的に東京という街にふさわしい(東京という街だからこそ、ああいう常識を知らない訳の分からんヤツも中にはいる、と私は個人的に思っている)クールなジョークの分かる、楽しい仲間がそろっているFC東京の全てが好きだ。


しかし。


いまだにほとんどのネット上の良心的なサポーターのサイト、ブログの住人の方々が「ヒロミ擁護」のような雰囲気があることは、いかにも東京らしいことは感じるものの、危うさもかなり感じている。


そういう私自身、ちーーーーーーーーーーーーーっとも
ヒロミに辞めて欲しいとは思っていない。
むしろ、ずーーーーーーーーーーーーーっと
続けて欲しい。
いつまでも東京の名物は「ピョンピョン」であって欲しいし、これからも名言の数々を残して欲しいなあ・・・・・


でも、勝負の世界では誰かが「批判を浴びながらも」結果を出すために厳しい判断を下す必要がある。
ファンにただただ迎合してはいけない。
「ファンの目線」を大事にすることはフロントの役目。
でも、「ファンとと同じ目線」で決断が鈍ることはあってはならない。
昨日の試合で確信しました。
私達ファンの意見は間違っているかもしれない。



フロントの皆様。
私達の意見は意見として受け止め、必要と感じる時、必要な判断を下してください。
決して、希望はしていません。矛盾しますが、結果そうなれば、やむをえない判断と考えます。
悔しいよ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/21-f6148221
    この記事へのトラックバック


    最近の記事