スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦和っていう街は、なんか肌に合わない。

2006年10月28日 23:39

2006 J1リーグ戦 第29節
大宮 0 - 1 F東京 駒場/10,074人
得点者 東京;'1 今野



駒場は初めて。ていうか、浦和っていう駅を降りた。
イメージしてたのは、大宮みたいな感じだったんだけど・・・
駅とかも古臭いし、駅前も整備されてないし、やっぱ田舎だ。。。


駅前あたりのラーメン屋を検索すると、「羅麺家 匠」ていうところが出てきたので、腹ごしらえへ。青赤の方達も数名。「魚濃厚麺」ていうヤツを。
魚系スープで濃厚。札幌の「すみれ」みたいに、表面の油がスープの熱と旨みを閉じ込める感じのスープ。これが正直油のせいであまりスープに絡まない。よーくかき混ぜてスープを飲むと、これが美味しい。
そして麺も中太のストレート麺で美味い。チャーシューも美味い。
なんか、もったいない感じだな~でも店混んでたし人気あるみたいですな。


さてバス(これが渋滞・・・)で駒場へ。
12時20分くらいについたが、立見席はほぼ陣取りされており、空きが無い。かろうじて一番後ろの場所を確保。


061028_1305~01.jpg


かろうじて反対側ゴールまで見える。これ、2階席は結構観やすいだろうなあ。


土肥ちゃん登場。ここでNTT広告用のセンターサークル用のシートを場内一周し始めた。

061028_1320~01.jpg


アップを始めたのに邪魔!これには東京ゴール裏からブーイング!


061028_1320~02.jpg



そして遅れてやって来たアルディ君にも、ついでにブーイング(笑)


アップのシュート練習を最近興味深く観ている。
なにせ、平山の「絶対に試合ではありえないシチュエーション」でのやさしい正面のシュートが、全く入らない。こないだの大阪戦、中国戦をみて、この日改めて直でみて、こりゃ「ベンチにすら入れられるコンディションじゃない」と確信した。
国見の時の方がよっぽどキレがあったよ。
今年は、諦めてしっかりトレーニングさせたほうがいい。


それとは逆にキレキレのノリオのキャノン砲にはゴール裏も「オーッ!」を連発。あまり入らなかったけどね。


試合開始。ガンバ戦の平山交代後のメンバーから梶山のところを宮沢に変えたメンバー。
そして、開始1分。宮沢のCKを今野が合わせて先制!
そこから、ながーい耐える時間が始まったのだった。


大宮はFWに小林大悟がしっかりボールキープして、押し上げてはアリソンが裏を狙う作戦。小林大悟に納まったところをなかなか東京が奪えず大宮にポゼッションを許してしまう。
東京はなんとか凌いでカウンターを仕掛けようとするけれども、奪う位置が深く、逆に大宮の前線に早めにプレスを掛けられて更にカウンターを食らう展開に。
アリソンのスピードには茂庭、徳永が対応して事なきを得るが、小林大悟がキープしてのパス回しからの攻撃には、どうしてもマークをずらされてミドルを打たせてしまう。
なんとかDFがカット、土肥ちゃんがナイスキープするけれどもやっぱりこの辺は今シーズン中に完全に修正するのは難しいのかもしれない。


攻撃面ではユータが前後左右に出没して奮闘するも、戸田・石川が守備に追われ深い位置から攻撃がスタートするので、前線に人が足りず。
そうなるとトニーニョ(J2時代に良く観たが、昔はでかいが細いイメージだったけど、なんかサイボーグみたいになったな)・土屋の「頑強」というに相応しいCBに真ん中をしっかり押さえられ、なかなかシュートに至らない。
ただユータ自身もトップ下、というより今のチームではセカンドトップの役割なのだから(そうでないと、ゴール前が薄すぎて点が入る気がしないよ)、ゴール前で仕掛けてシュートを打たないと。カウンターからゴール前1対1で左右に味方がいて、相手も7割方パスだって読んでいるのにパスを出してしまうのでは、一層持ち味のパスの良さを消してしまっていると思う。


061028_1528~01.jpg




後半早々、モニが怪我で交代。フミタケIN。今ちゃんがCBに。なんか、遠目で観て今ちゃん不満そうに見えたけど、そんなことなかったかな?
モニ、自分で歩いてたけど大丈夫かなあ・・・
それにしても、今日の主審は完全にホームチームディシジョンと言えるジャッジだった。


その後は完全に大宮ペース。ゴール裏もペースを変えようとチャントや手拍子のペースを変えたり、イケイケも苦労してやってたみたいだけど。この辺はなかなか難しいな。


結局この後藤山Out(ん~、ここのところのフジの出来の悪さは目に余る。。。さすがにスピードは落ちてきたし、フィードが酷すぎ)増嶋を投入し今ちゃんを左SBに、守備に奮闘していたナオをノリノリノリオに(今日は爆発シーン無く、守備に奮闘)交代。
結局、このまま逃げ切った。

061028_1552~02.jpg


ゴール裏の雰囲気は良かった。前節の爆発的な勝利もあったけど、今期の流れからして「過度な期待はしない」っていう暗黙の了解もあったように思えたな。この辺はより「東京バカ度」の高いアウェーサポだけに、みんな良く分かってるな(笑)
素直に、虎の子の1点を守りきった結果に満足していた。
選手も、結果を出せたことに笑顔も見えていた。まあ、これでいいか。
モニも挨拶に来ていた。大丈夫なのだろうか?ならいいんだけど。


最後にインタビューを終えた今野が走って挨拶に来て、走ってそのまま挨拶しながら帰って行った(笑)

061028_1554~02.jpg


ゴール裏の「なんかやれ!」コールも無視(笑)


モニの交代後、なんか怒っているのかな?と感じていたのでそういう気分じゃなかったのかな?ともちょっと思ったが、どうやら苦笑してたようなので、やっぱりテレやさん振りを発揮しちゃったのかね?



帰りにまた渋滞渋滞渋滞。
田舎のくせに信号多いし、せまいのに中途半端に人が多い。


何故か分からないが、その後電車に乗ってからも妙にイライラし、
帰り大宮から新幹線に乗ろうと、大宮駅で特急券を買おうとするが妙に動揺しており、自動券売機の操作が上手くいかない。
駅員に尋ねて時間も無いのにダッシュで改札へ向かうと、乗車券が自動改札から出てこない。
すかさず駅員を呼んで「どーなってんだよ!」と問いただすと
「お客さん、ここ新幹線の改札じゃなくて出口ですよ?新幹線は向かいです」と言われ、なお同様していた私は「なんだよそれ~」と逆ギレ。
ヒドイ逆ギレしていたことにも暫くしてからようやくきづいた程で、
新幹線のホームで反省。


これら全てはさいたま、というか「浦和」っていう街が全く肌に合わないからに違いない、と思った次第。


ていうか、浦和の駅前ちゃんと再開発しろよ!
あのロータリーの動線の酷さは目に余るぞ?
駒場行きのバスがロータリーを2週するような感じで脱出するのには、本当にビックリしたぞ。。。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/213-436b688f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。