スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースの多い日

2005年07月11日 23:32

・橋本真也逝去
プロレスは猪木の現役の頃で止まっている(好きだった選手は木村健吾と星野勘太郎)自分としては、思い入れは無い選手。でも、よくTVで見かけるし、小川とのやりとりは興味の無かった私でも良く知っている。そして何しろ彼は若すぎる。RIP・・・


・東京サポとと東京フロント
昨日、「一部のサポの行動」と切り離して私も書いたものの、色々と考えてみて、なんどとなく繰り返される、「一部の人間」として述べられるその行為は、決して偶発的なものでは無いってことはやっぱり明らかだ。
とある掲示板にあった記載、内容としては、東京はゴール裏を取り仕切るリーダー的チームが無いのが、強制ではない、自発的な応援の雰囲気が良かったが、こういう場合に必ず「一部の個人の勝手な行動」として切り捨てられる。コールの中心となっているメンバーがちゃんとグループとして体をなすべきじゃないか、という意見。基本的に個人で応援に行っている身分として言うべきことではないかもしれないけど、とても共感する内容だった。

それに対して、これまで「甘い」と言われてきたフロント。しかし今回、他サポからもかなり指摘されているように、200人の示威行為を黙認していたのだとすれば(噂を単なる「噂」と考えていたのであれば、それは危機管理能力の欠如)もはやクラブとしてのモラルが欠如しているとしか思えない。これは単なる「甘さ」等という言葉では片付けられない。
昨日のエントリーでも書いたが、チーム方針の良さだと思っていた部分が、こういう危機を迎えた時に「悪い」要素にも見えてしまうのは気のせいでは無いと思う。


・エメルソン

会って話したことも無い人間の性格云々は基本的に言いたくないと思っているので、そういう面には触れたくないが。
私はNumberの「サヨナラなんて言えないよ」だっけ?、あの記事にいたく感動した人間で、札幌を出て行った恨み辛み(?)も消えた気がしていた。自分の居場所を見つけたんだな、と。


なにがあったのかは分からない。


でも、カタールのチームに行くって事はやっぱりカネ?


家庭の事情もあるかもしれない。


でも、ヨーロッパのチームに行くのでも無く、カタールに行くってことをいい意味で納得できる浦和のサポーターっているんだろうか。
それを分かって決断したエメルソンを私は理解することは出来ないだろう。
敵ながら、彼の一流のプレーが見られなくなること、そして欧州で活躍する彼を誇りにするつもりだったが、それが出来なくなることを残念に思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/22-ffd494bd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。