スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球、面白い。

2007年04月22日 20:17

土曜日。


事業協会戦の3回戦で三郷のサンケイスポーツセンターへ。
会場はホームからライト方向への強烈な風。
試合前、ノックを受けるが久々のフライ捕球の感覚もあいまって
非常に難しい。
今日は控え、と事前に言われていたがレギュラーの一人が遅刻、間に合うかということで守備負担の軽いファーストの準備をしとけ、ということになりファーストミットを借り内野ノックにも入った。
でも、ファーストってほとんどやったことがない・・・


ここのところ随分柔軟をやっていたこともあり、足が張ることも無かったが、いきなりファーストで先発なんて・・・とちょっと緊張していると遅刻した選手がなんとか間に合った為予定通り控えスタートとなった。


初回にランナーを一人置いて3番がライトへ引っ張り、打球も強烈だったが、風の影響も受けホームラン。いきなり2点を奪っていいスタートを切ったものの、相手ピッチャーの実力は相当なものだったにも関わらず、なんとなく皆が「いつでも行ける」という雰囲気になってしまった。
その後暫く凡退が続くも、どうも淡白な攻めが続いたのもそのせいだと思う。


3回、快調な軟投派当社エースが先頭の9番にヒットを打たれる。
続くバッターは送りバント。これがピッチャーフライになる。
しかし、ゲッツーを狙いに行った一塁送球が逸れ、結果的に送りバント成功と一緒に。


ここから四球・死球で満塁にしたあとアッサリ押し出し。
2アウトまでたどり着いた後またも死球で同点に追いつかれる。
ここでウチの抑え投手を緊急投入。流石の速球派、ビシッと完璧に抑え同点で切り抜ける。
次の回も完璧に抑えるものの、その抑え投手が攻撃でランナーに出て走らされ、息が上がってしまい次の回一塁に入っていた先発投手をマウンドへ戻した。


そこで、浅いレフト側へいきなりホームラン・・・あっさり勝ち越しを許し、その後やはり攻撃陣が相手投手を打ち崩せず、ついに6回台代打を命じられ、打席へ。
外の速球とカーブのコンビネーションを使う相手投手に対し、追い込まれるまではストレートを狙おうと思っていた。初球が押さえが利かない感じの高めのストレート。
こういう状況なので少し投げさせようとファーストストライクは見逃そう・・・と思っていたところに打ちごろの真っ直ぐが!


ああ~と思ってしまい、次のインハイをつい手を出してファールとなりカウントを取られる。次はカーブが外れ平行カウント。
カーブ6割、ストレート4割で読んで思ったとおり外にカーブが・・・
しかし、技術が追いつかずw結局ライトフライとなった。


次の回からファーストへ入るが、またも狭いレフトへ放り込まれ、4-2。
結局最終回先頭が出たものの、次打者の巧打は不運なファーストライナーとなり飛び出してゲッツーを取られ、万事休す。


勝てない相手ではなかった。都合4安打しか打たれなかった。
しかし、四死球が重なって崩れたこと、中盤に淡白な打撃をしてしまったことで終盤攻守で流れが相手に行ってしまった。


自分もせいぜいカーブをバッティングセンターで練習しときゃなぁ、とか、勝ち越しのホームラン打ったバッターをヤジで少々煽り過ぎたなあ・・・位な反省をしつつ、
「やっぱ野球は面白い!」
との思いを強くした。


西武ドームでの7位決定戦には出られるし、マリンカップなる草トーナメントにも出る模様。負けはしたけど、ちょっと気合はいってきた~
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/257-bac14162
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。