デルデル

2005年07月20日 16:32

05071914.jpg



デルリス、早くもファンクラブ発足?
http://www.kita-nikkan.co.jp/consadole/consa_05072001.html


どうも全体的にこの移籍話に関するニュースソースが少ないので、単に札幌だから扱いが小さい、というだけならいいのですが、ちょっと心配。


賛否両論ある彼の移籍問題ですが、否としてある意見の主なものは
①日本人選手のベースができつつあるなかで、外国人をとる必要性
②そもそも彼はフィットするのか
③そもそも水戸に申し訳ない気がする
の3つではないでしょうか。


①に関しては私自身も若干不安を持っています。ベースができつつある中で、いわゆる「助っ人」の投入によるバランス崩壊、着実に来ているベースアップのスローダウン・・・
札幌は2003年12月3日に「コンサドーレ札幌強化計画」を発表、その中で「アクションプラン」としてステップ1からステップ5までの5段階計画を発表してます。
一部これに関しても賛否両論なのはおいておいて、フロントから特段「今はステップ2ですよ~」とか発表されてないので(と思っているのだが、どっかに出てるのかな?)、個人的には昨年がステップ1、年初よりステップ2に入ったもの、と思っています。
そしてデルリスの獲得は「ステップ3」に突入する、チームとしての決意表明なのではないか、と思っています。
ステップ3「経営基盤の拡大とチーム力の更なる向上 ・収入増加策の継続 ・チーム戦術の徹底と質の向上」

彼の獲得により、ステップ3を進める為の二つの効果が考えられます。
1.試合結果に直接結びつく要素;得点力アップと他の選手への一層の刺激
2.集客面;若い、イケメン、外国人の加入による対外的アピール効果

私は、2がより大きい効果があるかと思います。
イケメンか、という点に関しては個人の趣味もありますので、どう効果として上がるかは読めませんが、いい選手であることは恐らく事実。そして「外国人選手を獲った」という事実は、対外的にこれまでの札幌の流れから一変、「私たちは昇格を狙います」というPRになります。
これが動員に与える影響は少なからずあると考えます。そして結果もついてくれば、なおさらです。
道民の方からよく聞くのは、「昔はコータとかエメとか花のある選手がいたけれど、今はいないから。それなら新庄のいるファイターズに・・・」という意見です。デルリスがそうなれるかは彼とフロントの扱い方次第ではありますが、この可能性を秘めた選手の獲得は大きいと思います。

繰り返し「昇格を狙う」という言葉を使いましたが、これに対しては「今上がったところで十分なベースも出来ていない。昇格すべき時期に来ていない」という考えもあります。
全くその通り。私も賛成です。
ただ、プロチームとして、ファンの期待がある中で「常に勝利する、昇格を目指す」姿勢を見せるのは当たり前。これまで見せれなかったことでファンの多くは離れていきました。
仮にデルリスが大活躍をしたところで、正直3位には滑り込めても、決定戦で勝つ力は無いと私は思ってます。理想としては、昇格戦の痺れる戦いと悔しさを経験とし、来年実力で2位以内に入る、というのが私の考える理想ですね。
ここは、戦う姿勢を見せる意味でも、十分な効果のある補強であると考えます。

②に関しては、基本的にはフィットする、と想像しやすいですね。若くして日本に来て、すぐに結果を残していることからなかなかの選手だと思います(実はここまで書いていながら未見・・・)。
仮に「フィットしなかったら、レンタルなんだし」というのが私の意見です。彼らは「助っ人」。日本人選手のベースさえしっかりと出来ていれば、「助っ人」のポジションは基本的には変わっていくもの。
でも、出来ればレンタル終了後、完全移籍を勝ち取る活躍をして欲しいです。
過去札幌は外国人選手に一喜一憂させられてきました。今回のフロントの判断は「日本で結果を残している」「チームと共に成長できる若手」という今のチーム事情にあった選択肢をしっかり選んだ、良い判断だと考えます。


③これに関しては、仕方ないでしょう。ウチも他にやられているし、水戸サポーターの気持ちを考えれば同情しますが・・


それにしても、発表マダー?
8月6日の草津戦で早速みたいですな。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/26-e125ad44
    この記事へのトラックバック


    最近の記事