スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京論

2007年05月30日 23:00

2007 J1リーグ戦 第13節
FC東京 0 - 1 名古屋 味スタ/22,679人
得点 東京: 
   名古屋:'32 ヨンセン


SA330038.jpg





東京の試合はいつもゴール裏を後ろから眺めるか、中でバモるかどちらかなので席はゴール裏もしくは同2階席で観ている。
が、この日は試合自体をじっくり見たくってU自由に初めて行った。
思ったより観やすくはなかったね。トラック分のスペースがなけりゃ、かなりいいんだろうけど。


入り口ではノッポンがお出迎え。

20070530225945.jpg


妙に愛想が良くて・・・だな。


この日は福西がボランチで先発。梶山が右、リチェが左。ワンチョペ、ルーカスがFWで縦の関係。
DFラインは変わらず。


思ったこと。
ワンチョペはなかなか誰も言いづらいみたいだが、そろそろ断言してもいいと思う。「はずれ」だと。
原さんのサッカーでディフェンスしないFWは機能しない(あのおざなりなチェイスは正直腹が立つ)のもあるが、彼の持ち味は一体何なのか?
ハイボールはちゃんと競らない(当たりを避けてるんだよな)、ポストは納まらない、ゴール前でフリーになれない、サイドに流れてもボールキープできない。かといって強烈なミドルを打つかって言ったら・・・???
やる気の問題だと思う。それならもう使わなくていいんじゃないか?と思う。


梶山は相変わらずムラがあるけど、ボールを奪われた後猛然とダッシュして戻っていったプレーをみて少し救われたwし、ボールキープはさすがだったな。
リチェは一本調子過ぎるキライがあるから、もう少しプレーの幅を広げたいなあ。
ナオは・・・完全に迷っているなあ。それが分かるだけに味方もボールを出さないし。名古屋が少し退いて、東京がボールを持たされた後半に登場したので、彼が生きるスペースは無かった。そこで中へ、中へって行くんだけど。。。



失点シーンはディフェンスがペナ前を横にドリブルする杉本とのスペースを誰も消しにいかず、本田にいい形で渡され、最後はヨンセンへのスルーパスを通され失点。
名古屋もあまり内容的に良くなかっただけに、ここのミスは痛かった。



ファン歴の浅い、且つ札幌と並行で(しかも今年は札幌に圧倒的比重)応援しているものが何をいわんや、ということは重々承知でここ最近の東京についてブログで書いてきたけど。。。



昨日の試合を見て改めて思ったことを、いつも参考にさせて貰っているコチラの大御所http://umanen.org/blog/2007/05/post_235.html#moreが、全てを書かれてました。



あえて書いていくなら、土曜の試合の内容自体は以前に比べ、まずまずな内容だった。
初めて東京の試合を観に来た、というのならそれなりの試合。


しかしサッカーっていうスポーツは戦術、理論は日々進化しているわけで、そういう「根本的なサッカーの質」という意味で、ある意味ピーク?だった04年ナビスコの辺りから東京のサッカーには成長が無いな、とおもってしまう。


志向するサッカーについては、05年から紆余曲折してきて、やっぱり原さんの「サイドを使う縦に速いサッカー(こう纏めるのは暴論かもしれないが)」、っていうことでも問題無いと思う。
ただ、やっぱり志向するサッカーの質は完全に停滞している。
そしてそうなってしまったのは監督・選手・フロントはもちろんだが、ファンの影響も大きいと思うのだ。
これは、こないだのエントリーhttp://saptok.blog12.fc2.com/blog-date-20070410.htmlは勿論、05年辺りからずっと思い続けていること。



各所で書かれている通り、試合後大合唱の「クソレフリー」コールが全てを表しているのかな。
正直、あの試合の締めくくりがレフリーへの批判だったというのは、完全に何かを見失っているとしか思えない。



あー、どうしたらいいんだろう。
悩んだって、こうやって色々書いてみたって、この大きな流れは簡単には変わらない。 暫くはこうやってもがくんだろう。
人生はサッカーだ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/275-c75244b0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。