なんとか一歩!

2007年10月26日 01:00

2007 J2リーグ戦 第47節
札幌 1 - 0 徳島 札幌ド/10,733人
得点 札幌;43' 中山
   徳島


h-sc-071025-1-ns.jpg



このニッカンの写真を観て、小島よしおの「ウェ~~ッ」を思い出してしまった(元気、スマン!!)。



一昨日より、先週引いた風邪の影響か、扁桃腺が腫れたようで会社を休んでしまった。このクソ忙しい時期に。
そのお陰で昨日はオンタイムで試合を観れたぞ。



個人的には前回の屈辱的な鳴門での0-3の「倍返し」と、石田とかいう道都大出身の選手を封殺して欲しい・・・
と期待してたのだが、三浦監督が言うようにダヴィいない、謙伍いない、西谷いない、藤田いないの「ナイナイセブンティーン」状態(なんのこっちゃ)の札幌にとっては「これが今出来る精一杯」だったかと。
全体的には、下位の徳島のボールポゼッション中心に試合展開される厳しい試合でした。



岡本が右サイドで初先発、久々にイタカレもスタメン。フレッシュな両者に期待がかかったけど、「緊張しないタイプ」という岡本も、緊張しない代わりに「掛かりすぎ」な感。クロスが和波を彷彿とさせる(そう言えば元気なんだろうか)宇宙開発を繰り返す。まあ、スルーパスと動きはキレていたので、もうちょっとガマンして使ってみたいとこ。


イタカレは元気ゴールの起点(そのイタカレへのスルーパスは岡本)になったものの、基本的にはダヴィと違って「収まらない」ので、どうも攻撃にリズムが出ない。そういう意味ではまだまだ力不足という感は否めない(三浦監督も「それ程評価できない」と言ってたな)。


守備は前線のプレスこそイマイチだったが、ボランチとバックラインの踏ん張りは見事だった。
相変わらず気になるのは、相手にサイドチェンジをうまく使われると、スナ、岡本が中に絞っているところをうまく使われ、札幌の両SBが相手サイドMF、SBと「1対2」にされてしまい、仕方なくボランチがカバーに行く為、バイタルエリアにスペースが出来る、という悪循環。
そろそろ、何か手を打たないと・・


さて元気。元気が決めれば負けない、不敗神話。
本人曰く「点を決めていないから、そうなる確率が高い」のももっともだが、だったらもっと決めればいい!!
イタカレがGKに当てた時、「元気がこぼれ球に詰めてるなんて・・・ないよな~」と思った瞬間画面に飛び込んできたのが元気だった!
スマン!アリガト~!元気!!


なのに、冒頭の「ウェ~~ッ」は無いよなあw



日曜は四国で愛媛戦!
ここで勝てば、もう暫くいかなくて良い、四国w。
勝つよ!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/327-544a6a21
    この記事へのトラックバック


    最近の記事