スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇格を前に、ついに「与言者・三浦」現る!

2007年10月28日 20:32

2007 J2リーグ戦 第48節
愛媛 0 - 1 札幌 愛媛陸/4,079人
得点 札幌;89' 西


20071028-513028-1-N.jpg



昨日はヨメの両親が泊まりに来ており、日本シリーズを強制的に見せさせられておりました。ヨメ、両親共に完全なニワカ日ハムファン。
盛り上がって観ている中、気持ちは一人上の空、愛媛へ。
そしてダルビッシュのお陰で試合は9時には終り、「次、コンサドーレっますんで!」と言って、情報遮断の末観戦を始めました。


録画だけど、完全に気持ちは生中継。
前半は予想通り無難な展開。
大塚がヒザを抱えて倒れこむ映像はかなりショッキングだった。大丈夫だろうか?


ただ、ここでふと思ったこと。
ヨンデを取った時正直「なんでボランチ?」と思ったけど、こうなってみると「助かった」と思ってしまう。まさか、三浦監督は預言者?と思ってしまった。
その「預言者」っていう言葉は、この試合の最後に思い出されることになるわけで。


ダヴィが戻ってきて、攻撃はそれなりに成立するものの、疲れの見えるスナ、時折光るパスを見せる(42分のヨンデのミドルを呼んだ突破&折り返しはさすがだったが)もののワンプレー毎にムラのある岡本の両翼が押さえられ、且つトップの2人のところでなかなか収まらずどうも攻撃が単発。
愛媛は内村が中心となってパスを回して札幌のサイドを丹念についていくものの、真ん中での怖さが無くまあこれと言って怖い場面は無かったのが救い。後半70分くらいでその内村が負傷退場すると、攻撃は機能しなくなった。


試合は札幌がペースを握りつつ、あまり得点の匂いのしないまま過ぎていく。元気に代わって入った謙伍に「福岡の恩返しゴール」を期待したものの、ゴール前2-2で抜け出したチャンス、GKと1対1まで持っていったフィニッシュを吹かしてしまう始末。


そして、ロスタイム。
勝ち点1、明日の他チームの試合の結果如何では。。。なんて考え始めては、思い返し、おい、なんとかしろよ!!と叫びながら。


4分あったロスタイムが半分過ぎたころ、ソダン大作戦のそのソダンが競ったボールが、愛媛DFラインの裏に。
そこに走り込むのは、岡本に代わって入った、あの西!
ブラジルから強制帰国(違う違うw)させられ、三浦監督が「秘密兵器」と語った、その西。
角度の無い位置からのシュートは、バーへ当たり、ゴール。


その瞬間、泣きましたw
ほんと、録画なんですけど、ずーっとブイ観ながら点入れると信じていて、でもこの展開でそれが実現するなんて。
ヨメに、「そんなに好きなんだね~」って、今更ながら妙に感心される始末。最近涙もろいな。でも、本当に嬉しかった!



「秘密兵器」は、確実に一撃を与えるからこそ、「秘密兵器」たるわけで。三浦監督の予言は見事に当たった、いや、予言なのだから「現実となった」というのが正しいか?


こうなったら三浦監督、景気づけで次の予言をお願いしますよ!
例えば「次はソダンを最初からFWで使います、そして彼のゴールで昇格決定します」とか、夢のあるヤツでもいいですよ・・・ww


しかし西曰く、「シュートでなくセンタリング」だったという事実もまたw


与言者の与言がことごとく当たるわ、ラッキーボーイ、日替わりヒーローが次々現れる今の札幌。
そして劇的な勝利の連続(ここはアクシデントとか、守備の札幌的な意味で)。


こりゃ、いけると思います。
そして、仙台は○、京都は●、ベルディは△。結果も追い風。
時節決まるかな?鳥栖戦に行かれる方には申し訳ないけど、
出来れば次の京都戦での直接対決に勝って、ホームで昇格を祝いたい。
京都戦、多分今日のヨメの感触だと行けると思います。


現地組のシ○さん、遠路はるばるお疲れ様でした。
京都戦でお会いしましょう!
そして、ドームで歓喜の瞬間を。
その為にも、鳥栖戦も一歩前進すべく。







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/328-572b2147
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。