昇格後。

2007年12月05日 21:02

土曜日から、4日。



まだ興奮さめやらず、何かと昇格関連の記事を探したり、夜帰ってきてからは何度も見たはずの水戸戦のビデオを何回目だよ?って程見返したり。


そういえばエルゴラではこんな感じでした。


071205_2013~01.jpg



これは保存版ですな。
ニッカンは写真あり、他は記事のみ。本州ですとそんなもんです。
やっぱ北海道はうらやましいのう。。。


昨日。所用で夜遅くヨメと帰宅。
そういえば久しく自宅のポストを確認しておらず、チラシやダイレクトメールの山。
うんざりして一つづつ眺めていると、北海道フットボールクラブからの葉書が一枚。


「コンサドーレ札幌ホームゲームチケット販売について」
ん?


よーく見てみると、入れ替え戦のものだった。
「さて、コンサドーレ札幌は1試合を残し・・・・万が一破れると3位・京都の結果によっては入れ替え戦に回る可能性も残されています・・・」



そうか。
今日5日水曜日。あの日の結果如何では京都の代わりに闘っているのは僕らかもしれなかったのだな。


しかし、こんな葉書が出されているとは(どんだけポスト見てなかったんだ?という話だが)。ていうか、これまで札幌の歴史で、かような葉書を出さざるを得ない状況は無かった訳で。
そう思ったら、この葉書プレミア付くかな(つかねえよw)?



その内試合の内容については記念なのでwしっかりまとめますが、
この試合でも見れた西・岡本の頼もしさといったら、来期補強が要らないんじゃないか?という錯覚すら覚えてしまうのですが、本当に素晴らしい出来だったな~
ドームは本当にいい雰囲気だったし、試合後のセレモニーも感動的だった。つくづく、こんな日に参戦出来ない自分のツキの無さを痛感する。


さて、昇格してすぐ発表された、毎年仕方ないと思いつつ
やるせない気分になるチームからの戦力外通告。
まず出されたのが和波・関・川崎・岡田・金子・桑原。


和波は情報が無いのではっきりしないのだが、この状況だとやむを得ないだろうか。しかし、札幌在籍も長く、去年はキャプテンも務めた人材。彼には思い出も多い。当ブログでは「ボヨヨンクロス」などと不正確なクロスの代名詞的に表現させて貰ったことも多いがw、おとなしいが人柄も良く、愛すべきキャラクターだった。
このまま選手を続けるのかわからないが、もう一度彼の姿を見たいと思う。


関は昇格のキーマンとして水戸から昨年チームに加わった。
しかし、期待された攻撃面でいま一つ能力を発揮できなかった。
サイドバックの才もあると思っていたので、今期はチャンスがあるかと思ったが、三浦監督の好みではなかったようで機会に恵まれず。
関なら必ず活躍出きる場があるはず。頑張って欲しい。


川崎、去年の幸せな年末(天皇杯)を過ごせたのは君のお陰だった。
本当に有難う。


攻撃にある程度シフトできるJ1でこそ、岡ちゃんの出番が来ると思っていたのに、まさかの戦力外。
浪人生から札幌入り。経歴もユニークだったが攻守に右サイドを蹂躙した君の突破は今でも印象的だ。


「横浜育ちのクレバーな選手」、これが金子への印象。試合終盤にゲームを中盤で締めてくれる、そんな存在。今年はサイドバックもちょっとやったし、幅も広がったはず。必ずまだまだ現役でやれるぜ?


桑原、君は苦しい「5ヵ年計画」を前にした、札幌の希望の星だった。
入団前の君の選手権での活躍を見て、消えかけていた札幌の未来にかすかな希望を見出したファンは多かったんだよね。
それだけでも、札幌サポは君のことを忘れない。有難う。本当に残念だけど、まだまだやれるはず。



そして、そして。


カウエ、イタカレ、なんとブルーノも退団とは。。。


カウエとイタカレは少々仕方ないかと思っていた。
ただ、ブルーノまでとは思ってもいなかった。


どうやら家庭の事情もあるようで、今年同じく家庭を持った自分としては同情もするけれど。。。
なんか悔しいね。


ブルーノは、札幌では久々にキャプテンシーを持った外国人プレーヤーだった。
往年(セレッソ時代)のプレーからの衰えは若干見えたものの、わずか1年でチームの核となった貴重な存在だった。


アディオス、ブルーノ。また会おう。



歓喜の時が過ぎ、僕達は祈願だったこの一歩を、ようやく進むことが出来た。
その代償として、否応なしに無情の別れは訪れる。
それでも。僕らは涙を拭ってでも前へ進むしかないのだ。














スポンサーサイト


コメント

  1. 暢気 | URL | JOOJeKY6

    昇格決定後のエルゴラを見たかったので
    たかおーさんのブログで見れて良かったです。
    ありがとう♪

    桑原は「札幌に帰りたい。札幌に帰りたい」と草津でも言っていたみたいですよ。
    帰らせたかった。
    辛い時期を知っている奴だったから・・・

    三原社長の代わりの
    FKのスペシャリストとなるべく修行に出ていたのにね。
    残念です。

  2. たかおー | URL | -

    暢気さん;たまにはお役に立てて光栄です(笑)他にもダヴィの涙、シャンパンファイトなんかが記事になってましたよ!
    それにしても桑原・・・もうちょっとチームに余裕さえあれば、才能を伸ばして上げられる逸材だったと思ってます。本当に残念ですね。。。
    そういえば社長も引退とか。知人がゴルフ仲間?で良く知っているのですが、みたまんま良い人みたいで。健作も引退ですし、なんか時代を感じますね。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/339-199a2c8f
この記事へのトラックバック


最近の記事