J2 5年間の思い出

2007年12月23日 09:36

ブログ開始前より過去観に行った全てのサッカー観戦試合を記録しています。



長いシーズンも終わり、今年の観戦記録を纏めてみたところ。
通算で札幌の試合は01年から通算で59試合(天皇杯2試合含む)観戦しておりました。
札幌に住んでいた01年、ドーム元年はたったの3試合。関東に来て02年の国立浦和戦で完全に火が着いた私(それでもその年も3試合)でしたが、実質的には03年、J2降格最初の年から本格的に観始めたのです。。


2003年


最初に行ったのがいきなり遠方アウェイの新潟戦。まだ新潟市陸の開催があったころ、雨の降りしきる中カッパも持たず雨に打たれ、なだらかで見難いゴール裏でホベルッチの退場に激怒し、岳也のゴールに歓喜し、1-0の勝利に酔いしれる。
そして「今年は出来る限り参戦しよう」と、その後新潟では定宿になったホンマ健康ランドwで仲間と越之寒梅を飲みながら、深夜まで語った記憶があります。



・・・が、7節の甲府戦、その年の一番の希望、横浜で奥を蹴っ飛ばして札幌に戻ってきたウィルwが目の前で肉離れを起こして戦線離脱(そういえばベットはホームシックだとかフザケタ理由で帰国したなあ)。
そしてビックスワンでの夏の新潟戦、みるも無残な1-5の完敗と、敵将反町から「ギャンブルサッカー」という死者にムチを打つような言葉を投げつけられ、直後にジョアンが「お手上げ」で辞任。
結局この年は9試合参戦1勝4敗4分。良くサポを辞めなかったな。


2004年



5段階計画を掲げて「ダウンサイジング(この頃流行った言葉じゃなかったか?)」した札幌。
外国人ゼロ、若手中心に切り替え、天皇杯優勝のヤンツーを監督に置き「育成」「ベース作り」「アクションサッカー」を目指すスタートの年となった・・・が、8億規模の選手人件費だったものを3億に下げた訳で、そりゃ酷いもんだったね。


初戦は雪のサイスタでさむーいスコアレスドローをみせられた大宮戦。
期待のゲームメーカー、三原社長が靭帯を切って早々に戦線離脱してしまった湘南戦。
前年の活躍で期待の10番、中尾が退場でゲームを壊し試合後「出て来い中尾」コールをした横浜C戦w。
それから引き分けを挟み15連敗。意を決して行った博多の森で涙の1-0勝利、
はじめて「サポをやってて良かった!」と思えたw福岡戦。
こんなとこでJの試合をやっていいのか?と思ったが、お互い内容も低調で、やっぱ会場に相応しかったと結局納得してしまったw夢の島での横浜C戦。


それでも結局この年は年間5勝しかできず、そう考えたら良く1勝でも見れたなって思う。
でもチームの本当の「サイズ」が分かり、背伸びしていた前年までより、なんだか気持ちの良いシーズンだった。
俺たちはここから這い上がるんだ、という遥か彼方の「夢」のようなものを信じる強さを持っていた、いや「信じなきゃやってられねえ」だったかもしれない。
11試合参戦1勝5敗5分。2年間観戦し勝ち試合は2回。ほんと、良くサポを辞めなかった。



2005年


自身の結婚もあり、ほとんど行けず。
前年でサポとしての「不動心」が身についたような気がしたものの、「3歩進んで2歩下がる」状況に「本当は3歩進んで3歩下がってんじゃねえか?」と、やっぱり「勝てない」ことに信じる気持ちも揺らいだ年。


それでも草津という弱小チームがご近所に出来たお陰で、なんとなく群馬にいる時は優越感があったようなw
その年の初観戦は地元敷島での草津戦。スナのオーバーヘッドで4-1圧勝(第三クールは2-1で辛勝w)。
そして仙台での0-4で完敗、8月末参戦した平日ナイターの水戸戦では0-1で負け、この時はあまりの不甲斐無さにサポを辞めたくなった。
05年は6試合参戦2勝2敗2分。


2006年


身の程をわきまえつつも、出来る範囲での適格な補強、そしてフッキという強烈な外国人をチームに迎え「昇格」という言葉を本気で口に出来た年。


首都圏からJ2チームが次々と昇格し、予定もなかなか付かず初戦は4月末の12節西が丘ベルディ戦0-2。
J1並の補強をしたベルディとの「個人能力の差」に改めて気付かされた。それでも嵌った時のテンポの良い攻撃の気持ちよさといったら。ヤンツーが3年間かけて培ってきた「ベース作り」の賜物だった。


平日ナイターの横浜C戦で気持ちのいい逆転劇を見せると、30節味スタでのベルディ戦ではしっかりと前回のお返し。
41節の湘南戦では6-1で圧勝。フッキという強烈なストライカーのお陰もあったが、チームとしての底力が上がったことを確信できた、しかし。


その一方で勝負に対する脆さはそう簡単には拭えず、ヤンツーもあくまで「育てて勝つ」ことをベースにしている為 スカウティングよりもあくまで「自ずのスタイル」を貫き、時には勝利よりも重視している感もあり、良いサッカーは見せるんだけど・・・という試合が多かった。


しかし、昇格が見えなくなり、ヤンツーも「今年限り」と言う雰囲気がしてきた終盤戦、チームが変わった。
最後の柏アウェイ。多分これまで生観戦した札幌のゲームの中で「内容的に」最高のゲーム。 ヤンツー札幌が目指したサッカーの集大成に、選手の「絶対に勝ちたい」気持ちがこの年マックスになったと思える試合だった。


そして天皇杯。フッキの離脱、怪我人続出の中、自らのサッカーを貫いてきたヤンツーが、初めて「勝ちに行く」サッカーをやり遂げ、J1チームを3つ倒して尚、最後もガンバに実力差をみせられつつ尚、一矢を報い「勝ち上がってきたのはフロックでは無い」ということを証明した、素晴らしい幕引きだった。
リーグは11試合参戦6勝3敗2分、天皇杯2試合2勝。



そんな戦いを個人的には4年間続けてきて、07年と三浦監督という「現実路線」の監督を迎え
戦力自体は昨年より正直ダウンした気がするけれど、3年間で積み上げた経験に「勝ちぐせ」
を身に付け、独走と失速、奇跡と色んなものを経験でき、ついには昇格を果たした訳で。
今年は過去最高の14試合参戦。そして8勝3敗3分という勝率も最高だった。
そうなると自分自身もいつの間にか勝ちぐせがついて、昨季までとは違い、勝敗に拘るシーズンだった。
07年シーズンについては、改めて纏めたいなあ。



しかし来シーズンはこの5年以上に、思うようにいかないシーズンになるはず。
正直「勝ち負け」や「内容」に関しては、僕らが持つ力の小ささを改めて認識させられ、もがき苦しむことを覚悟しなければならないだろう。
ただ。ちゃんとサポになってから(?)初めてのJ1なんだし。
来年はJ1ならではのサポライフってやつを、まずは楽しむことが一番、って思ってます。
J2も本当に面白かったけどねw



そして通算勝敗。J24年間で53試合参戦20勝17敗16分、なんとか勝ち越し!
しかし、J1時代の6試合も合計すると20勝22敗17分、あれ?
J1時代の6試合、一回も勝ってないんだよね。。。
華やかしかりJ1時代ですら、勝ち試合を見ていないのだ。



ほんと、俺ってよくサポになったなって、つくづく思うわけで。



(ちなみにFC東京戦は通算35試合14勝14敗7分、その他有料観戦試合(J・JFL・代表戦含、有料でないユースは含まない)は13試合観戦。


 通算観戦試合数は107試合。正確には小学生の時高校の選手権決勝2回観に行っているから、109試合かな?
 そういえば、野球って何試合観に行ったことあるんだろう?)

スポンサーサイト


コメント

  1. 暢気 | URL | JOOJeKY6

    長くなるけれども・・・

    2004の「出て来い中尾」は
    初めてのアウェイ戦でコンサベンチの裏側で見ていました。
    中尾がレッドを貰うと
    私の前に座っていたコンサポが「良いぞ!!中尾!!」と言ったら

    ヤンツーがタタタタッとこっちに駆け寄り「ダメダメ!!」と
    言った人にダメ出しをしていました。
    正直プロスポーツの生観戦と言えば野球しか見た事が無かったので
    このヤンツーの「ダメダメ!!」が
    「あーなんてサッカーは観客と選手・監督・スタッフと近いんだろう」と思いました。
    まぁ今から考えると三ッ沢だから
    あんなにベンチと客席が近いからこそ言われたんだなと思いますが、あの当時はそれに感動しました。
    たかおーさんと面識が無かったけれども
    それが多分一緒に見ていた試合でしょうね。
    それから仙スタ⇒小瀬⇒夢の島と各地を転戦。

    夢の島は田畑のミドルが忘れられない試合でした。
    しかし観難いスタジアムだった。

    まぁ今年はたかおーさんと観戦する事が出来て良かったです。

    来年は仙台に転勤してしまう予定なのですが
    多分「そんなの関係ねぇ~」くらいにホーム&アウェイに行っていると思うので
    また何処かのアウェイで会いましょう♪

  2. たかおー | URL | -

    えーっ?

    暮れの押し迫ったこの時期に衝撃的な告白…異動ですか…まあでも、何処にいても僕らの行動パターンは変わらないですもんね(笑)
    楽しみにしてたコンアシとかの暢気レポートが無くなるのが残念ですが…中尾退場の時のそのやり取り、全然知りませんでした!昔の甲子園阪神戦みたい(笑)夢の島もご一緒してたとは…いずれにせよ、思い出いっぱいですね、J2は。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/345-aa89d30f
この記事へのトラックバック


最近の記事