東京・札幌 近況感想(東京編)

2008年01月09日 20:04

昨日から仕事も始まり、2008年もいよいよ本格的に始まった感じです。


同様にJ各チームも仕事始めとなり、止まっていたチーム関連のニュースもまた
動き出してきました。
その中で、札幌・東京絡みについての感想を。



まず、久々に東京について(本当に久々だ)。


まずは昨年末、揺れに揺れた今ちゃんの去就。
結局は城福新監督の説得で大どんでん返しの残留となりやれやれ。
ここまでロクな補強が出来てない東京ですが、今ちゃんの残留が最大の補強と
言って良い?でしょう。
しかしながら、今年は残ってくれた今ちゃんの為にも東京は飛躍しなければ。向上心が人一倍強い選手だけに、十分高いモチベーションを与えてあげたい。


その今ちゃんを引き止めた城福監督ですが、情熱家であり、理想を求めるスタイルという意味では今の東京にうってつけという印象はあります。が、Jでの監督経験が無いわけであまり多くの期待をしてはいけないかとも。
一つ問題と思うのは、本当に彼以外に選択肢が無かったの?というところ。
奥原コーチ就任も含め、「東京」出身者に拘るあたりがどうも・・・


選手の新陳代謝っていうのは長らく主張してきたのですが、土居・福西がよりによってベルディ、増嶋が京都レンタル、ルーカスがガンバ、阿部ちゃんが湘南、そしてノリオが神戸(!)に完全移籍するという噂まで。ちょっとやり過ぎw  


もしノリオが移籍するとしたら本当に残念。東京で数少ない「華」のある武器をもった選手だけに。 まあその代わり移籍金成金になったわけで、どんだけすんごいのを取ってくるか超期待しているんですけど、今のところ萩・佐原のレンタル、ユースケの復帰のみ。新人では長友と廣永は期待できるけど。。。


噂では羽生・水本・家長へオファーとか。増嶋を出したってことは水本くるのかな?
ただまあ、新外国人次第で優勝は無理でも、それなりに上位を争える程度の戦力ではあるかと(戦力のみで判断した場合)。結局、監督次第と思いますよ。
あとは、左SBかな。



とにかく、東京にとって今年はここ数年の落ちた分を取り戻す年。
城福監督の目指すサッカーに、大きな夢よりも、まずは着実な一歩を期待したい。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/349-7f097e28
    この記事へのトラックバック


    最近の記事