敵地視察(さいたまダービー 浦和×大宮)

2008年04月21日 22:34

2008 J1リーグ戦 第7節
浦和 0 - 0 大宮 埼玉/50,997人



080420_1358~01



前日札幌は神戸戦。
神戸にシュート26本を打たれながら、奇跡的に石櫃のスーパーミドルの1点のみで
なんとか1-1のドローに持ち込んだ。
ショートカウンター主体の神戸なら、もっと札幌ペースに持ち込めるかな、と思ったのだけれど
神戸攻めのスピード感は凄まじかった。まあ、もっとも前半のPKを止めてなかったら、一方的な
試合になっていたかも。
まあそれでも勝ち点1は貴重。よしよし。


それでも来週にはついにアウェイ浦和戦が待っている。究極のアウェイだし、タレント的に言っても
J1最下位の札幌とアジアチャンプの浦和は雲泥の差。
そんな戦いに向けて、こっちも準備せねば、と下見を兼ねて「さいたまダービー」に行ってきた。


感想としては、「今の浦和なら、十分付け入る隙はある」ということ。
そして、「大宮つえ~」である。ただ、これはダービーだった故のモチベーションの高さもあり
通常のリーグ戦とは尺度が違うかとも思う。


前半は浦和ペース。高原は二人を交わしてシュートを放つ等、徐々にコンディションを戻してきている。
ただ、まだ決める雰囲気は無い。エジミウソンも同様。この日は永井も先発、3トップというか誰かが一人引いて2トップワンシャドー的な布陣だったが、唯一永井は脅威。永井が引いてボールを持った時に、もし前にスペースを与えたら、どちらかといえばスピード対応に弱い札幌のDFは永井のスピードあるドリブルをファールでしか止められないだろう。


トゥーリオのボランチは、はっきり言って怖くない。キープとフィードは素晴らしいが、ゴール前以外でパスアンドゴーは無いし、走らない。故に攻撃のスピードが出来ない。
大宮もトゥーリオのところ、及び中盤でのボール奪取ポイントを明確にしており、FWに入る前のところで奪って素早くカウンターを取っていた。


そう、大宮は三浦監督時代の3ラインは健在。高めの位置に狭いゾーンを引いてボールを奪い、
そこからはデニスマルケス、吉原にボールを当てて中盤を押し上げ、小林大悟や金澤がフィニッシュに絡んでいく。カウンターだけでなく、非常に美しいポゼッションを見せるなど、札幌にとって良い見本となるサッカーだった。札幌の目指すべきはこういうサッカーかと思う。


戦術的に近い大宮の戦術がここまで通用するということは、札幌に取って希望となる。
大宮の方が攻守にレベルが高いので、札幌の場合相当押し込まれつつ凌いで凌いで、
という展開であるのは間違い無いと思うが、全員でハードワークすれば十分可能性はあるはずだ。


ただ。
浦和のDFは本当に固い。高さ、強さ、スピード申し分ない。そしてGK都築も非常に安定している。
カウンターの戻りも非常に早かった。この日は堤が右CBで出ていたが、経験の無い割りに
しっかり押さえていた。
相当良い形で大宮も攻めていたのだが・・・



まあ、考えても仕方ない。上等上等。思いっきり「ウチのサッカー」をやってやりましょう。
試合後はせまーいアウェイゴール裏で大騒ぎしてやりますよ。
楽しみだ!



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/374-a55082b8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事