秋春制は北国プロビンチャに対する迫害か?

2008年07月29日 20:03

既にウェブ各所で議論し尽くされてきており、出遅れた感はありますが。。。
(途中まで書いて、ほっておいてしまったので)



「J秋春制」移行を検討 犬飼新会長「かなり進んでいる」



いやいや、「かなり進んでいる」ってどういうこと??
えーっ、具体的に何が?
北陸・東北・北海道のチームは独立リーグにするってこと?
この話題が出る度に、Jリーグにとって「北国のプロビンチャ」なんて
取るに足らない存在なんだな~ってことが良く分かるんだよね。。。



何故何度も議論されてきたとおり、協会が秋春制に拘るのかと言えば、


①過密日程に伴う代表選手の疲弊
②日本人選手の海外移籍問題
③シーズンを欧州スタンダードに合わせる
←これが一番無意味な理由。北欧やロシアは春秋制なのに。 「サッカーの本場のヨーロッパが秋春なんだから、合わせるべき」って、北欧やロシアはチャンピオンズリーグにも参加してるのに、ヨーロッパじゃないって言っているようですね。



ってことで、いずれも札幌や仙台や山形にとってみれば関係無い話。
ましてや、これからJ参入を狙っている富山や福島や松本のチームにとっては
もっと関係ない。
だけど、浦和とか鹿島といったビッグクラブにとっては大きな問題。だからいつの間にか「かなり進んでいる」 話になっちゃってるんだろう。
特に、浦和出身&欧州サッカーにかぶれちゃってる犬飼さんにとっては大問題でしょう。



でも、Jリーグ100年構想にとってこの制度変更が本当にそれ程のメリットがあるかどうか、
本気でよーく検討してくださいよ。




それから、この話題が出ると必ず上がるのが「札幌はドームがあるから大丈夫」
って話しなんだけど、ドームが出来て7年も経つのに、まだ冬は天然芝が使えないって
ことが理解されていない、っつうか、屋内で芝が育っているかのうようなかん違いをしている
人が大半だって事実に物凄く寂しくなるのです。しかも、結構それなりの立場の人がそういう意見を言うんだから・・・



それに試合が出来れば良いわけではなくて、練習場確保の方がよっぽど重要なわけで。
当然冬の期間は外での練習はどうやったって無理で。
じゃあ屋内の人工芝練習場を作れば良いって?それを北国のチームにリーグが一律作ってくれる、
なんて素敵な解決策があるんなら別だけど、そうなると北国からJを目指すチームが出来てきた場合、
昇格されると金がかかる、ってことでリーグから色々妨害されそうだなW



しかも、「2010年を目処に」移行するんなら、もう用地確保とか準備するべきですね!
犬飼さん、早く既存のJチームがある東北・北陸・北海道の現地視察を始めないと間に合わないですよ~



兎にも角にも、前任者じゃないんだから「既に進んでいる」とか、「2010年を目処」とか軽率な発言をせず、もっとしっかり議論した上でサッカーに関わる皆が幸せになる決断をして欲しいと思います。



PS;そういえば札幌戦で新潟サポがこの件で横断幕でメッセージだしてましたよ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/386-5c0a9125
    この記事へのトラックバック


    最近の記事