スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもーい雨の、三ツ沢球技場

2008年08月27日 08:00

2008 J1リーグ戦 第22節
横浜FM 1 - 0 札幌 ニッパ球/9,583人
得点 横浜;54' 小宮山






この日は朝から雨.。
三ツ沢には選手アップ開始直前に到着、更に雨脚は強くなっていました。
そんな中、アウェイゴール裏は立ち見がいる程の満席状態。
雨で出足が悪いだろう・・・とタカを括ってゆっくり行ったのですが。
雨だろうが、最下位だろうが関係無し!の我らがアウェイサポの熱心さに改めて関心しました。



080824_1816~02



しかーし。そんな熱心なサポを前にしてもなお、この日の札幌は内容的に「惨敗」でした。



勝てない札幌はついにシステム変更に着手。
DFは右SBに平岡、CBは箕輪・西澤、左SBを西嶋から坪内に。
そして、3ボランチで西嶋をアンカーに中山・芳賀が若干サイドに張り
トップ下にクライトン、アンデルソン・ダヴィの2トップ。



横浜はオール日本人の構成で小椋・中澤・田中裕の3バック、ボランチを松田・河合、
両翼に小宮山・田中隼、攻撃的MFに兵頭・山瀬兄、FWに坂田という布陣。




正直、三浦さんの采配にもここに来て迷いが感じられる。



前節の京都戦でも後半から3ボランチにし、結果的に京都のシステム変更でWBに張り出した右の渡邊大にサイドを制圧される形になり、逆転のキッカケになったにも拘らず、最初から3バックできた横浜にも同じシステムを採用。
SBの位置取りが低く1対1に弱い札幌は、中盤のサイドがしっかりコースを切って守備をし相手に仕方なく放り込ませ、 それを高さのある4バックが跳ね返して行くのが唯一のストロングポイント。
それが3ボランチだとサイドで主導権を取られ、危険な位置からクロスを入れられ、90分を耐え切れないのだ。




システム変更するとすれば、大宮でも採用していた4-1-4-1にするべきだと思うのだが・・・
そうすれば、4-4-2の時の弱点である「4と4の間」のスペースをフォアリベロ的に埋める選手がカバーでき、サイドを制圧できる筈。
ただそうするとクライトン・アンデルソンの居場所が見出しにくくいのだろう。




試合。立ち上がり15分は札幌が怒涛の攻撃。相変わらずのダヴィの個人技も光ったが、前へ運んで跳ね返されても全員でこぼれ球を拾い、波状攻撃を仕掛ける。これには横浜も面を喰らい耐える時間帯が続いた。が、何とか凌ぎきると後は横浜が圧倒的にボールを支配する。



特に両サイドを起点として山瀬・松田・河合がボールを散らし、いとも簡単に札幌のバイタルエリアへ侵入。 ただ、下位に沈んでいるだけあって「最後誰が決めるの?」という点において意識が希薄というか、札幌DFも必ず体を預けてシュートの目を潰す。



札幌の攻撃に対しては、序盤にやられたダヴィに2人ないし3人でしっかり対応。そのDFの一人はあの中澤である。次第に流石のダヴィも何も出来なくなっていく。
一方のアンデルソンは攻守の切替でターゲットにはなるのだけれど、その後のプレーの選択判断が遅い為、 パスにしてもドリブルにしても選択肢が無くなってしまう。それであれば簡単にはたいて前を向けば良いのだが。。。




決めきれない横浜だったが、後半7分に小宮山が思い切って打ったミドルがゴールに突き刺さり、また立ち上がりの失点を喫す。
その後もポゼッションは横浜。次第に札幌はボールを奪ってもクサビの段階で奪い返され、ボールに絡めないダヴィが前線で駄々っ子のように怒り狂う始末。
西嶋をSBに下げ、平岡に代えてヨンデをボランチに、芳賀に代えて砂川、元気に代えて征也を投入するも、流れは一向に変わらずこのままジ・エンド。




試合後は選手をどう迎えてやったらいいのか分からず、連れと無言で終了と共にスタンドを去ることにした。
チャンスが少ない中で、簡単な組み立てのパスをミスって相手ボールにしてしまうのも、選手の技術レベルからして仕方ないと割り切ったとしても、完全に攻撃はブラジル人に頼りきり、パスコースも作らないわ、預けっぱなしで「後は頼んだ」的な選手の多いこと。
「絶対勝ち点3を獲る!」とかいいながら、正直「本当にJ1残留する気があるのか?」と選手に怒りを覚えてしまったから。




あえて個人を標的にするが、征也は何の為に途中交代で入ってきたんだろう?
確かに守備では頑張る。ただ、負けている場面で彼に期待したいのは攻撃。縦へのスピード。
それなのにスペースには走らない、ボールを貰いに行かない、ボールを持っても仕掛けない。
このままの状態でJ1で折角試合に出ていても、残念ながら何も得るものがないと思う。




残っていた札幌サポはどんな感じで選手を迎えたんだろう・・・
そんなことを思いながら、ビショビショのサンダルを引きずって
三ツ沢を後にしました。
スポンサーサイト


コメント

  1. jj_consa | URL | -

    おはようございます。
    横浜戦お疲れ様でした。
    結構近くで観戦していたのですね。
    カッパを着てしまうとだれがだれだか分からず,探すこともできませんでした。
    あのあとも実は残念会をしたので,たかおーさんも誘おうかと思っていたのですが,残念でした。
    また,次の機会には祝勝会を検討中ですので,その際には是非ご参加下さい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/393-1683aea4
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。