バルサ!バルサ!バルサ!

2008年11月04日 20:22

現在スカパーの欧州サッカーは契約せず、もっぱらWOWOWのみ契約、
海外サッカーはリーガばかり観てます。BSでプレミアもたまにやるしね。
チャンピオンズリーグが観れないのは残念ですが、今はCL単体の契約できなくて
視聴料バカ高くなるからね。




バルサ好きの私としては、開幕ヌマンシアに負け、中々点が取れなくってどうなることかと
思ったけど、 ここ最近の爆発的な攻撃力はたまらなく楽しい。
グアルディオラの采配は如何に?ってところはまだ序盤だし、よくわからないんだけれども
去年と変わった点と言えば




①前からのプレスが早い
②選手ローテーションをしっかりやる
③カンテラ出身選手を積極的に登用
ってとこでしょうか。




①はやっぱりロナウジーニョがいなくなったことが大きいけど、
実は放出要員だったエトーを奇跡的に残せたことが、もしかすると
今期優勝するようなことがあれば一番のポイントになるんじゃないか、
という気がします。
あれだけ献身的に守備をして、サイドにも流れて中盤の上がりも
演出できて、且つあんだけ点の取れるFWって他のリーグでも希少。





②これは昨年まではエトーが途中交代やローテでの休養に結構敏感で
チーム批判をしたりしてたけど、非常に上手くコントロールされている気がします。
しかも、オフシーズンのバランスのいい補強やカンテラ出身者の台頭で
ローテしても全く遜色無いメンバー構成が可能。




③セルジ・ブスケスがいきなり先発で出てきた時は「どうなの?」って思ったけど、
アンカーとして十分起用に答えてるし、ビクトル・サンチェスもまずまず。
元々バルサは下部組織も同じサッカーやってるから、あんまり混乱は無いんだろうね。
ただ、なんでボージャンはあんまり出してもらえないんだろうね。。。




これら3つから言って、とりあえず終焉を迎えたライカールト時代からの
変化をしっかり付けられたという意味で、グアルディオラの第一歩としては上々でしょう。
問題点はこれから迎えるクラシコとか、上位陣と当たった際に浮き出てくるであろう
守備面の整備でしょうかね。
まあこれはバルサの伝統だし、あんだけのポゼッションと攻撃的な戦術を取れば
しょうがないことだけれども、アトレティコ戦なんかもあんなに早い時間に先制しなければ
どう転がってたか分からない試合だった。
これまでリーグ9試合で7試合失点している。




両サイドが上がりっぱなしになるから、やっぱりアンカーが一番のポイントかと。
攻守のバランス感覚と守備面でもう一歩の強さが必要。
セルジブスケスやトゥレの成長、もしくは補強も考えるべきかと。





それにしてもシャビとイニエスタは凄い選手になったもんだ。
イニエスタはポジションもさることながら、ドリブル・パス・シュートどれを取っても万能だし、
シャビはチームのリズムを作る上で、チームで唯一代えの利かない選手だと思う。
プジョル・メッシ・ボージャン・ピケ・ビクトールバルデス、そして今年上がった選手も含め
レギュラーをこれだけカンテラ育ちで賄えるビッグクラブって・・・
・・・札幌もこうなったらいいんだけどね。





一昨日レアルがアルメリアに引き分け(バルサホームで5点取られたアルメリアだけど、
点を取ったピアッティとかほんと良い選手がいるチームだ)の試合をみたけど、
やっぱりレアルの試合は面白くないね。唯一ロッペンのプレーはワクワクさせられるけど・・・
バレンシアは今年まだ未見、アトレティコはまだ不安定、ヴィジャレアルも面白いサッカーだけど
安定せず、好きなセビージャも選手が変わった上CLも戦わなければならず少し苦しいかな。




今年こそ楽しいサッカーのリーガ制覇が観たいなあ。





ps;ベンチでの無表情なグアルディオラが、なんともゾンビホラーの名作?「28日後」の
主人公そっくりだと思っているのは私だけでしょうか?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/406-fdacad0c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事