いいかげん読売はこの惨状(ベルディ)を反省したらどうか?

2009年04月03日 23:25

お飾りもうウンザリ!ラモス常務退任






ラモスの権限とか、それは心底どうでもいい話なんですが、


また、ラモス氏は日本テレビの氏家斉一郎代表取締役取締役会議長(82)と会談したことも明かし「氏家さんに“日本テレビFCになればまた資金を出す。Jリーグと戦ってほしい”と言われた。世の中は不景気。このままじゃウチだけじゃなくいろいろなチームが倒れる可能性がある」と、チーム名に企業名を入れることを禁止するJリーグの方針に異議を唱えていた。


という一文。



まーーーーーだこんなこと言ってんの? 
16年経ってもなーんにも変わってないんだねぇ・・・

それに、ラモスごとき(失礼)にJが動かせるかっての。
チーム名に企業名を入れ、広告効果がもっと高まれば
不景気でも金を出す先はある、という主張は経済原理としては一理ある。
でも、今回の騒動の発端は日テレの業績不振にある。
一時的に資金は大量に引き出せても、1社に偏ったばかりに
今回のような存続すら危うい状況になっている訳でしょ?




バブル崩壊後より企業スポーツは崩壊の一途。更にその傾向は加速している。
スポンサードを受けるにしろ、するにしろ分散化は現代ビジネスの常識。
Jリーグも確かにビッグクラブのほとんどは親会社の力による。
しかし、そういったクラブでも今や地域活動やスポンサーの裾野の開拓、
動員UPといった課題に向き合って努力している。
三菱のレッズですら、07年の営業収入の内4割弱を入場料でカバーしている。
その売上は30億を超えており、ベルディの同年の収入26,7億を軽く凌駕する。
観客を集めることで広告効果も高まり、相乗効果が得られる。
脆弱な動員力のベルディに新しいスポンサーが寄って来ないのも自業自得。




にも関わらずこの発言。
ってことは、地域密着に欠けた過去から続く球団体質が
今のベルディの観客動員とか、不人気に繋がっていることを
可哀相なことにこのご老人達は未だ何一つ学べて無い、ってことだ。





残念ながらベルディはスポーツビジネスとして成り立ってない
日テレ・読売の宣伝効果が無いのはチームが不人気過ぎるからで、
断じてJリーグの理念のせいではない。

なによりまずその現実を直視すべき。
そうでなければ、読売はベルディから完全撤退した方がお互いの為、
と思うのだが、間違っているだろうか?




・・・・・他所様のことで口出ししてスミマセン。。。
まずはテメーのチーム心配しろ、って言われちゃうな。
ただ、このチームを取り巻く環境があまりに悲惨なので
ベルディ関連の記事を見るといつも、一言いいたくなります。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/458-1768d309
    この記事へのトラックバック


    最近の記事