太田 元町家

2005年08月12日 21:49

お昼ラーメン遠征3日目。


今日は昼過ぎにしっかりアポもあったので、太田辺りで勘弁してやるか?と、家系では人気という元町家に。


12:00ちょうど位に店に入った瞬間、ぞくぞくと来店し、あっという間に満席に。
とんこつしょうゆの中盛チャーシュー麺を頼む。
九州系の店に行くとよくありがちな、床ベタベタ攻撃はすごい。かなり濃厚なとんこつ、と聞いているがとんこつが少々苦手になってきた私の口にあうのだろうか、と不安が募る。


だがしかし・・・
最初の一口入れた瞬間、「やべ、前橋の(ニュー)湘家並に濃いかも」と濃いトンコツ特有のザラザラしたスープの舌触りに、予感的中!と思って飲み込んでみると、これが意外や意外、飲みやすい!そして、ちっともくどくない!


ちょっと色も濃い目で、「醤油の味がきついんかなー」とも思ったけども、これもまた全然そんなことはない。人によってはしょっぱい、と思う人がいるかも知れないが、そういう方は味薄めにしてもらえばいいだろう。
久々に、濃厚トンコツのスープをほぼ飲み干してしまった。
非常にまろやかで、醤油とトンコツの絶妙なハーモニー。噂に違わぬ実力、前橋の「きいろ屋」辺りではちょっと足元にも及ばないかも。(最近行ってないので、自信ないが)


麺のほうは家系にしては比較的細めの麺で、スープによく絡む。
さほどインパクトは無いけれど、この店は明らかにスープを飲ませるラーメン。これで何の不満も無い。


一点だけ。
チャーシュー、ちとしょっぱい。
これはちょっと味が濃すぎるのでは・・・
チャーシューの「味薄め」は、できんからなあ・・・


でも、当然ながら近くによったら、また行きたい店になった。


これで、夏のラーメン道場は終了。
少々この一週間は昼食代かけすぎた。
来週はホカ弁かなあ。。。


ちなみに、昨日の万里の麺、なんのスープだったら合うかなあ、とずっと考えていて思いついたのが、坦々麺のスープ!
辛めの挽肉の炒めたヤツなんかに絶妙な絡み方しそうで、想像するとよだれが止まらん!
誰か、小関のお父さんに言ってやって!

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/46-8bec5a2c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事