「誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡」

2009年04月09日 23:47

誇り ドラガンストイコビッチの軌跡




大分古い本で恐縮なんだけれど。





読みやすく、ものの数時間で読了。
ただ、内容は重厚でかなり引き込まれる。
「オシムの言葉」同様、メインストーリーは旧ユーゴの分離独立。
何でこの本を選んだかと言うと、この問題について身近なサッカーを通して知りたかったから。
ストイコビッチのストーリーにも勿論興味があったし。





文中にもあるが、社会主義時代にはユーゴは多民族でありながらも
民族同士が融合した幸せな国家(それがどこまで真実なのかは分からないが)
だったのが、ベルリンの壁崩壊以後自由経済が反映された結果、
南北での経済格差が発生し、各民族が分離独立を望むようになった。
そして結果的に「昨日まで仲良くしていた隣人と殺しあう」
という痛ましい戦争になったと言う。




旧ソ連や北朝鮮のような閉鎖的な社会主義国を世間が象徴的に取り上げることで、
小さい頃から「民主主義の正義」みたいなものを刷り込まれてきたけれど、
ユーゴの件を色々と知るにつけ、何が正しいのかなんて分からなくなる。




ピクシーがベローナで(彼がエラスにいたってのもビックリだが)チーム関係者に
「おまえらはモンスターか?」と言われたというエピソードや
ユーロ本戦の出場を取り消され、代表解散の裁定が下され
空港を出ることもできず、チームメイトと共に悲嘆にくれたというエピソードには
ただただやるせない気持ちにさせられた。





そうした重たい話の一方、ピクシーのプレーについては非常にきらびやかに書かれていること、
民族同士で憎しみあい、散り散りになってしまった「元の仲間」達に対し「サッカーは関係無い」
と当時のプレーを楽しそうに語るピクシーに、読んでいて何度も救われた気持ちになる。



これまで凄い選手・カードホルダーってことくらいしか認識が無かったけど、
ストイコビッチという人間的な魅力的な人物に改めて出会えた気がする。





作者の木村さんは旧ユーゴについて非常に明るいし、
川渕発言の際には日本サッカー界の為にかなり熱く抗議したり、
サッカー寄りの方だと思っていたんですが、
旧ユーゴについてはこの時の取材が初めてだったようだし、
ピクシーがきっかけでサッカーへの関心が湧いたとのことで、少々意外だった。
しかもジャーナリストになりたての頃の処女作だった、ということ。
「オリム~」辺りに比べると確かに構成とかが甘い感じがするけれど
取材対象者に対して熱く、徹底した取材に基づく濃厚な文体はこの頃から変わらず。




金子君辺りに、この人の爪の垢を飲ませてやりたい感じ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/461-39661012
    この記事へのトラックバック


    最近の記事