バルサ×バイエルン・リバプール×チェルシー・バルサ×レクレアティーボ・デポル×アトレティコ

2009年04月16日 22:36

今週観たサッカー




08-09 UEFA チャンピオンズリーグ
準々決勝 1st Leg 
バルセロナ4-0バイエルン


まさかのバルサ圧勝。歴戦の名門チームの選手達が
雰囲気に呑まれたんならそれもショッキングな話だが、
前半のユルユルなディフェンスを見るにつけ、クリンスマンが
バルサのレベルを計り違えていたようにしか思えない。
メッシへのディフェンスはアマアマだし、2列目からの飛び出しには
誰も反応出来ないし、防戦一方ながらも「守る」意思統一が
されていなかった。
8分の1点目が象徴的で、イニエスタがペナ前で
左から右に動いて相手を引き付けPA左にいたエトーへ、
受けたエトーは切り込んでゴール前へ飛び込むメッシへクロス、
これに対しバイエルンはDF3人も寄せていたのにあっさり決められてしまう程
守備意識が淡白だった。
それにしても前半でのバルサの圧倒的なボールポゼッションは圧巻だった。
バルサが獲得を狙っているというリベリがバイエルンにとって
唯一の頼み綱だったが、同サイドのアウベスに
押し込まれ、始動位置が低すぎて何も出来なかった。
既に昨日行われた2nd Legはドローでベスト4進出。
これだけ強ければビッグイヤーも間違い無し・・・だといいんだが。




リバプール1-3チェルシー



ベスト16ではレアルに、リーグではマンUに大勝していたし
アンフィールドでのリバプールに死角無し・・・と思っていたんだけど
何だ?この結果は?と思って試合を観たが、正直終始リバプールの
ペースだったのだが。前半6分のトーレスのゴールを観た時は
「えー、これで負けるの?」と思ったもん。
チェルシーの2点はセットプレーでのDFイバノビッチのヘッダー。
カルーからの高速クロスを点で合わせたドログバの3点目は流石だったが
これもヒディングマジックなのか?
昨日の2nd Legでは一時2-0として奇跡を起こすか?と期待したものの、
結局4-4(!)でリバプール敗退。
最近プレミア観てて、やっぱスペイン繋がりでリバプールが好きだし、
どうしてもモウリーニョんときからチェルシーって好きになれないんで
なんかムカツクw






リーガ30節
バルセロナ2-0レクレアティーボ





開始45秒でイニエスタがゴールした時には
「バイエルン戦のゴールラッシュ再び?」
と思ったが、ローテーションの狭間にあり、流石のバルサも
その後はレクレアティーボとイーブンの戦い。
ピケ・プジョル・エトー・シャビを温存させ、カセレスやグジョンセン、
そしてワントップにはボージャンを起用。
結果的に後半シャビを投入して引き締めざる終えない内容
ではあったが、ほぼローテーションに成功ということで良し。
ボージャンは国王杯の活躍しているけど、もっとリーグでのチャンス
を活かして欲しいんだが、この日ももう一つだったなぁ。
一時期はメッシと比較される位だったのに、すっかり差を付けられて。。。
バレンシアがビジャの後釜にボージャンを狙ってんだとか?




デポルティーボラコルーニャ1-2アトレティコマドリー



堅守のアトレティコが戻ってきた。そして攻撃は手数を少なく
コンパクトなスタイルで2点をゲットし勝利。
何度も言うが、アグエロ・フォルラン・シモン・マキシの攻撃陣は
リーガ屈指。それで欧州カップ圏内ギリギリってほんと解せない。
ただ守備面がこのままの状態を維持出来れば、一つ二つ順位は
上げれそうだ。
デポルもそのちょっと下の順位で健闘中。良くぞここまで戻ってきたなあ。
頑張ってUEFAカップを目指して欲しいところ。
前回見た時はバレロンばかりに目が行ってしまったけど、
グアルダードって良い選手だ。メキシコの若造らしい。
バレロンは最後のスパイス的仕事しかしないのでww
攻撃のタクトは彼。ドリブルがいいね。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/465-e18f6ba6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事