C大阪戦・・・子供と初観戦

2009年04月20日 22:19

2009 J2リーグ戦 第9節
札幌 4 - 1 C大阪 札幌ド/11,035人
得点 札幌;6' 岡本、41' キリノ、49' 西嶋、73' クライトン
    C大阪;19' 香川





IMGP1359_convert_20090420221037.jpg



初めて子供と2人でドームへ。2重の幸せを感じる観戦になりました。




子供がいるので席はバクスタ。隣も小さい女の子がいるご家族で助かった。
(お菓子を頂いたり、いろいろ声掛けして下さって本当に有難うございました)



我が子は初のドームで挙動不審。でも遥か遠いメイン側から出てくる
ドーレ君をすかさずみつけて「ふくろうさん、ふくろうさん!」とおおハシャギ。
すげー目がいいなww
そして持って行ったドーレ君人形を椅子に叩きつけながらw、「おんなじ、おんなじ!」
と興奮気味。・・・しかし試合開始と同時に雰囲気が変わったのを察知したのか、
泣き出し、アイスとジュースを買いにデッキへ上がったら、岡本の先制ゴール!!!!
何とか見逃さずデッキで一人大興奮。我が子はその姿を見てキョトンw

IMGP1365_convert_20090420221122.jpg



結局前半いっぱいなんとか座席で観て、HT以降キッズルームで観戦。
後半30分に座席に戻り、372日ぶりの歓喜の瞬間を迎えました。
試合後隣の席の家族の方から「あなたが来たから勝てたのね」って我が子に言ってくれて、
子はただニコニコしてましたが、パパの方が思わずウルっと来てしまったのは内緒だww



IMGP1375_convert_20090420221236.jpg





ドールズ&ドーレ君の勝利のラインダンスを観ながら「またね~またくるからね」
って言いながらご機嫌でドームを跡に。
最近我が子は「ダッコ病」で全く自分では歩かない。常に12キロの負荷が私の体に掛かっていた為、
一日たった今日も腕と足が重だるい程、体はしんどかった。
それでもコンサの久々の勝利は勿論、夢だった子供と2人での観戦が果たせたことで
久々にクラッシックを大量に消費。なんとも幸せな一日になった。



IMGP1377_convert_20090420221305.jpg


首位セレッソとの対決は正直不安だった。
ノブリンも会見で「運」と言う言葉を使っていたけれど、「テクニックあるセレッソのパス回し」に対し
「札幌の未完成プレッシング」に賭けるのはギャンブルでもあった。
他の監督ならこの試合に限り、多少引いた戦いを選択するかもしれない。
ただ、そこはノブリンだった。



今年のセレッソは本当に強い。
ただ彼等のしっかり繋ぐサッカーと札幌が目指すプレッシングサッカーの
相性は本来良い筈。そこにノブリンは賭けたのかもしれない。
特にキリノの1点目、DFが丁寧に繋ごうとしたところをプレス、
かっさらってのゴールは正にそのポイント通り。
そして、その賭けに勝った札幌の若い選手達は大きな自信を得たと思う。




そもそもチャレンジ&カバーというプレッシングスタイルは、
チャレンジする人間の思い切りの良さ、ポジティブな意識が必要。
それが無いと、逆に相手に簡単にスペースを作られてしまう。
故に首位相手の勝利で得た自信は、この先何試合かの貯金にはなるはず。
そして、この試合が結果として今期の札幌にとってターニングポイントとなることを願う。

IMGP1371_convert_20090420221148.jpg


各選手について、今日はいっぱい褒めたいwww
まず岡本。ムードメーカーたるゆえん、ここにあり。07年後半の調子のりスタイル復活!
それだけじゃなく、藤田と共に頻繁にPA内に飛び込むからゴール前での枚数が多くなった。
尚且つ2列目の飛び込みも活発で、27分にSBの大伍がクライトンがキープする間に
スルスルっとゴール前中央へ。チームとして「奪ったら前へ」の意識が強かった象徴的なプレーだった。




2列目の飛び出しで言えば上里はだいぶ体に染み付いてきた。
加えて11分にDFラインに下げたボールへ猛然とチェイシングしたり、
47分にカウンターから上里がドリブルで持ち上がり、パスを選択せず
そのままミドルを打つ等、思い切りの良い判断が出来るようになった。
(自身のCKから西嶋のゴールはこの直後)




キリノは完全に覚醒。言うことなし。
荒谷は熊本戦でのトラウマが残ることなく、ベテランらしい安定感。
ビッグセーブもあったし、チームを落ち着かせたね。




この試合のMVPはダニルソン。前節ボロクソ言って申し訳無いww
パスが課題だったのが、35分、右サイドから出しどころ無く横パスで回ってきたボールを、
左サイド西嶋が走りこむスペースへ簡単にはたいて出したのを観て
中の人が変わったのかwwと思うほど、確実にプレーしていた。



セレッソは3-4-3、札幌が4-2-3-1でサイドの人数が足りないセレッソは
必ず中でのパス回しでサイドにスペースを作り、WBへボールを出す。
そこの中でのパス回しやクサビに対し、ダニルソンが高い身体能力でチャンスの目を潰す。
お見事としか言いようのない、完璧な出来だった。




セレッソで一言。香川はJ2でのメッシだね。流石代表だわ。



とにかく溜まりに溜まってた鬱憤を、そこにいた皆が晴らせた試合でした。
いつもあんな足がつるようなサッカーはキツイだろうけどね。

スポンサーサイト


コメント

  1. ノンキ | URL | JOOJeKY6

    Re: C大阪戦・・・子供と初観戦

    中2日で良く首位相手に戦ったと思う。

    私は3-1で勝利すると言って


    家族からブーイングを貰った(笑)

    しかし試合結果をみんなで見て

    フフフン♪ と

    高笑いしました。


    草津戦で導火線に火がついた瞬間を見たからね♪

  2. たかおー | URL | -

    Re: C大阪戦・・・子供と初観戦

    父の威厳を見せれましたね(笑)
    >草津戦で導火線に火がついた
    そうか~現地ではそういう雰囲気が感じれたんですね。無失点での勝利は正直無いと思いましたが・・・3-1、ほぼ当りですね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saptok.blog12.fc2.com/tb.php/467-be37f252
この記事へのトラックバック


最近の記事